金の相場は為替によって動く?金と為替の深い関係性とは

NEW
金の相場は為替によって動く?金と為替の深い関係性とは

金を使って資産運用をしたいと考えているのであれば、どのように金の相場が変動していくのか、しっかりと仕組みを理解しておく必要があります。そこで注目したいのが「為替」です。金の相場と為替にどのような関係があるのか、意外な結びつきについて解説していきます。

金の相場は為替で決まる

金の価値自体は、なくなることはありません。しかし、取引相場は日々変動していきます。金の相場変動は為替相場の値動きと非常に密接な関係があり、特に影響を及ぼすと言われているのがロンドン市場とニューヨーク市場です。金取引を考えるなら、この2つの為替相場はチェックしておきましょう。

ドルが高くなると金の相場は上昇

金の相場が上がるタイミングは、円安ドル高のときです。この状態になると金の相場も必ず変化してきます。金を購入するときはできるだけ円高のタイミングを、売却するときは円安のタイミングを狙うのが、一番資産を多く残せる方法です。

株式に投資するのとは違い、金の場合はたとえ為替に動きがあったとしても損をすることはありません。売却せずに手元に残しておく分には、価値が変わることはないからです。ですから、日々為替の動きはチェックしておきたいですが、それほど神経質になる必要はないでしょう。

 

為替はどんなときに大きく動くのか

為替は日々変動していますが、それほど毎日大きく変化するものではありません。世界でどんなことが起こると、大きく為替に影響を及ぼすことになるのか知っておくことで、売買するタイミングも掴みやすくなるでしょう。

世界で経済を揺るがす大きな出来事があったとき

近年ですと新型コロナウイルスの影響により、為替相場は一気に円安ドル高になりました。これは世界の経済状況が悪化したことが原因です。特に株には大変大きな悪影響を及ぼし、資産が紙切れ一枚と化してしまった人も多くいました。

そんな中、まさに独り勝ちだったといえるのが金。円安ドル高になったことで、金の相場が一気に高騰したのです。世界情勢の悪化にも強い金は、投資家たちの間でも注目されることとなりました

他にも自然災害や石油関係、テロや紛争などにより世界で経済危機が起こった時には、為替が大きく変化していきます。どのようなことが世界で起こりそうなのか、世界に目を向けることで、為替の動きが予想できるでしょう。

 

まとめ

現在も円安ドル高が続いています。新型コロナウイルスの影響もあり、しばらくは世界経済が安定しないと予想されていますので、まさに今は金の売り時といえるでしょう。

とはいえ、為替が大きく変動する出来事がいつ起こるかは誰にも予測できません。売買するタイミングを見計らい、上手に金投資を行っていきましょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。