10金(K10・純金)の相場情報・1gあたりの今日の相場

本日の10金(K10・純金) 最新参考買取価格相場 ※2022年12月05日更新

K10

{{au_scrap[6].price}}円
※上記の金額は、形状によって異なりますので詳しくはお電話でお問い合わせください。

10金(K10・純金)の過去6カ月の参考買取価格相場 推移グラフ

相場価格(円/g)

更新

10金(K10・純金)の買取シミュレーション

品位

重さ

g

参考買取相場価格

※上記の金額は、形状によって異なりますので詳しくはお電話でお問い合わせください。
{{pt_scrap[2].price}}
{{pt_scrap[3].price}}

金の高価買取No.1のおたからやキャンペーン・新着情報

※一部実施していない店舗がございますので、詳細は各店舗にご確認ください

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください

10金(10K)について

10金は、手ごろな価格と日常使用に耐えうる強度から多くの方から人気を集める金です。本記事では、そんな10金について詳しく解説していきます。

10金とはそもそも何なのか、10金が持つ特徴や人気の理由についても徹底的に解説していきますので、是非最後までご覧ください。

10金(10K)とは?

10金とは、42%の純度の金の総称です。前提として、金の純度は24分率で表現されています。10/24=42%という事を意味しており、「10金」「10カラット」「10K」「K10」はすべて金が42%含まれている金のことを表しています。

金は24金(純金)、22金、18金、14金、10金といった純度で区分されています。さらに細かい区分もありますがこれらの5区分に分けられるのが一般的です。10金は、金の割合が42%と半分以下という事で、割合が非常に少ない部類です。半分以下という事で中には、金アイテムとして認めない、という考えの方もいるようです。

一方で、古代から人々を魅了してきた金の輝きは、半分以下の42%だからといって、うしなわれたわけではありません。低純度の10金だからこそのメリットも多くあります。10金は、元々ヨーロッパで人気を博していましたが、最近は日本でも普及してきています。

10金(10K)が持つ特徴

14金が持つ特徴とはどのようなものか。純金である24金と比較してその特徴を紹介していきたいと思います。金のもつ輝きは、純度によって変わってきます。純金の輝きは、まさに多くの方が想像する通りの煌びやかな金色を放っています。この特有の輝きは、その純度が低下することに比例して下がっていきます。

14金は上述したように、金の割合が42%という事で半分以下のため、金特有の高級感のある輝きはありません。一方で、金のほかに配合されている金属の色味の影響を色濃く反映するため、純金など他の品位の金では放つことができない独特の色味を持っています。

金は他の金属と容易に混ぜれるのが特徴の一つです。アクセサリーなどに使用される合金の配合比率には規定がないため、各ジュエリーブランドなどがオリジナルの配合で様々な「カラーゴールド」を精製し、発売されるアイテムに使用しています。

また、純金と異なり他の金属を配合している10金は、大幅に硬度が強化されています。特にパラジウムを配合する「ホワイトゴールド」は、硬度の高い金として人気があります。日常的に使用されるアクセサリーなどの素材として重宝されています。

もう一つの純金との違いが、金属アレルギーの危険性があるという事です。純金は金属アレルギーを誘発しにくい金属として知られています。一方で、他の金属を配合している10金などは、金属アレルギーの原因となる可能性があります。特に10金は他の品位の金に比べ、金以外の金属の配合比率が多いことから、扱いには注意が必要です。

10金(10K)が使われる主なアイテム

10金はとりわけアクセサリーなどの日常的に使用されるアイテムの素材として用いられることが多いです。上述したように、10金は、金の配合比率が42%という事で金の割合が少ないため、金の形が崩れやすいという特徴を補完しています。

また、金以外の金属である割金の配合比率によって色味を変えることができることから、各ジュエリーブランドが出したい色味によってカスタマイズすることができるのです。
このように、10金はアクセサリーの素材との一部として使用されるケースが多いです。

10金(10K)が人気の理由

実は一昔前までは、日本のジュエリーショップでは10金を使用しているアイテムは殆ど取り扱いがありませんでした。ジュエリーアイテムの素材として使用されるのは18金や22金といった純度が高いものが主でした。現在でもこうした高純度の金はアクセサリーの素材として重宝されています。

最近になり10金の人気が出てきた背景には「金価格の高騰」があります。金価格が高騰したことにより、18金や22金、純金といった高純度の金は手が出しづらくなってしまってしまったのです。その代わりに、比較的手ごろな値段でオリジナルの輝きを楽しむことができる10金が少しずつ注目を集めるようになったのです。

現在では、「デイリーユースの為の10金」などというように、金の中でも独自の立ち位置を確立しました。低価格なメリットから、相手に過度に気を遣わなくて済むことや、若者でも手を出しやすいという理由で人気を集めています。

また高純度の金は派手すぎる、という考えを持つ人も一定数います。そんな方たちは独特の輝きをもつ10金等を好むようです。煌びやかな純金のように、主張が強すぎない10金のカラーゴールドは、カジュアルなファッションと合わせやすいという特徴もあります。
複数の10金アイテムを持ち、その日のファッションに合わせやすいものを選び、使い分ける人も少なくないようです。

10金(10K)が高価買取可能な理由

比較的手ごろな価格ながら、独特な色味を持つことや、耐久性が高いなどの特徴を持つ10金。現在も金相場は上昇していることから10金のアイテムも決して安くない値段で取引されることが多いようです。
丁寧にメンテナンスを実施している10金のアイテムであれば、買取店に持ち込むことで思わぬ高値が付けられる可能性があります。デザインを評価してくれる買取店であれば、高額査定の可能性は更に高まるでしょう。

おたからやでは金買取で手数料0円

金に関するお役立ちコラム

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る