24金(K24・純金)の相場情報・1gあたりの今日の相場

本日の24金(K24・純金) 最新参考買取価格相場 ※2023年01月31日更新

K24

{{au_scrap[0].price}}円
※上記の金額は、形状によって異なりますので詳しくはお電話でお問い合わせください。

24金(K24・純金)の過去6カ月の参考買取価格相場 推移グラフ

相場価格(円/g)

更新

24金(K24・純金)の買取シミュレーション

品位

重さ

g

参考買取相場価格

※上記の金額は、形状によって異なりますので詳しくはお電話でお問い合わせください。
{{pt_scrap[2].price}}
{{pt_scrap[3].price}}

金の高価買取No.1のおたからやキャンペーン・新着情報

※一部実施していない店舗がございますので、詳細は各店舗にご確認ください

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください

24金(24K)について

本記事では、24金について詳しく解説していきます。
24金とはそもそも何なのか、24金が持つ特徴や人気の理由についても徹底的に解説していきますので、是非最後までご覧ください!

24金(24K)とは?

24金とは、いわゆる「純金」と呼ばれる純度99.99%以上の金のことです。他にも「24カラット」「24K 」「K24」とも呼ばれています。
金では、その純度を示すのに24分率を使って表されます。つまり24金は、24分の24なので100%近で構成されていることを表しています。しかし、実際に不純物が全く混在していないとは言い切れないため、純度99.99%の金のことを、純金と呼んでいるのです。

24金のほかには、ジュエリーに使用されるケースが多い、22金や18金、文房具などの様々な日常アイテムにや工業製品でも使用されることがある14金、10金という品位の金の種類があります。

24金(24K)が持つ特徴

24金のインゴットは、多くの人が思い浮かべるような金そのものの美しい輝きを放っています。最近では、その価値が変動しづらいという観点から、資産として金を保有することを検討する人も少なくないようです。その為多くの買取店では、純金の査定価格を強化しているようです。いつから金は資産価値の高いものとして扱われるようになったのか、実はその歴史はかなり古い時代に遡るのです。

約7000~8000年前、金はすでに現在と同じように価値のあるものとして扱われていました。発見された当初から、その輝きから「富」や「権力」の象徴として、価値が認められていました。実際に、古代エジプトのツタンカーメンやケルト人の墓から見つかったブローチなどの装飾品は、現在も古代の純金アイテムが多く発見されています。

一方で、金は意外とやわらかい金属としても有名です。特に24Kのインゴットはやわらかく、ぶつけてしまうだけでへこんでしまったり型がついてしまうほどです。その為、多くの負担がかかる工業製品には向かないとされており、アクセサリーなどの装飾品の一部としても24Kは慎重な取り扱いが必要とされています。

24金(24K)が使われる主なアイテム

24Kはご存じの通り、資産価値の高いものとして扱われています。実際にインゴットやコインなどは、安定した価値を有する資産として保有されることが多い24Kのアイテムの代表例です。

上記のような懸念点がある一方で、その煌びやかな美しさからアクセサリーの一部として扱われることも珍しくありません。ネックレス、ブローチ、イヤリングなど、日常で頻繁に身に付けるアクセサリーには頻繁に使われています。ただ強度の問題から地金をしっかりとした設計の肉厚のアイテムがほとんどです。

また24金は、インゴットやコイン、アクセサリーだけではなく、日常的に利用されることもあります。例えば食器や仏壇、仏具、印鑑などにも金が用いられることも少なくありません。また意外と知られていませんが、パソコンやスマートフォンにも少量ですが、24金が使われているケースが多くあります。24金は、他の金属と化合しやすいという特徴を持ち、高温環境下でも安定している為、ICチップに使われるボンディングワイヤとして使用されているのです。

24金(24K)が人気の理由

「有事の金」という言葉をご存じでしょうか。そもそも「有事」とは、世界で戦争が始まったり、自然災害が起こったり非常事態が起こっている状況のことを指します。「有事の金」は、普段起こらないような非常事態が勃発することで、世界情勢が悪化した際にも「最後のよりどころ」として安定した価値を担保してくれるという事です。現在でもこの「有事の金」という言葉は顕在しています。戦争やテロ、パンデミックなど世界経済や世界情勢が悪化するたびに、金相場は上昇しています。

特に投資家の間では「安定した資産」として人気を博しています。投資家たちは、分配投資のひとつとして購入することが多いようです。また価値の変動が少ない24金のアイテムを、子供に受け継ぐ資産として購入する方もいます。一部企業では、社員への報酬として小さな24金貨を渡すこともあるようです。

その他にも24金のアクセサリーを好む方たちの間では、その美しさ以外のメリットも人気の理由となっています。例えば、24金は柔らかい素材がゆえに肌に触れた心地よさがあり、アクセサリーとして人気の一因となっています。特に肌に触れやすいネックレスでは、この魅力を体感しやすいようです。

24金(24K)が高価買取可能な理由

24金が高価買取できる理由は、腐食や変色が少なく買い取る商品の品質でマイナスとなることは殆どないからです。また上述したように、金は古来から資産価値があるものとして扱われてきた信頼があり、さらに発掘量が少ないという観点からも高い希少性を持っています。

金が持つ安定性、希少性、信頼力によって、世界中の多くの国で、金製品は現金と交換することができます。また、政府の信用力を担保とした通貨・公債や企業の信頼を担保にした株式・社債とは異なり、これまで金の価値がゼロになったケースはなく、今後もそのリスクは殆どあり得ないとされています。このように24Kは安定性、希少性、信頼力によって現在でも高価で買取されているのです。

おたからやでは金買取で手数料0円

金に関するお役立ちコラム

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る