22金(K22・純金)の相場情報・1gあたりの今日の相場

本日の22金(K22・純金) 最新参考買取価格相場 ※2022年12月05日更新

K22

{{au_scrap[1].price}}円
※上記の金額は、形状によって異なりますので詳しくはお電話でお問い合わせください。

22金(K22・純金)の過去6カ月の参考買取価格相場 推移グラフ

相場価格(円/g)

更新

22金(K22・純金)の買取シミュレーション

品位

重さ

g

参考買取相場価格

※上記の金額は、形状によって異なりますので詳しくはお電話でお問い合わせください。
{{pt_scrap[2].price}}
{{pt_scrap[3].price}}

金の高価買取No.1のおたからやキャンペーン・新着情報

※一部実施していない店舗がございますので、詳細は各店舗にご確認ください

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください

22金(22K)について

金は資産価値が高い金属ですが、評価されているのは純金だけではありません。純金に比べて少しだけ純度を落とした22金もアクセサリーやコインの素材として人気があります。

本記事では、そんな22金について詳しく解説していきます。
22金とはそもそも何なのか、22金が持つ特徴や人気の理由についても徹底的に解説していきますので、是非最後までご覧ください!

22金(22K)とは?

22Kとは、91.7%の純度の金を指します。その他の呼び方として「22カラット」「22K」「K22」とも呼ばれています。
金では、その純度を示すのに24分率を使って表されます。つまり22金は、22/24=91.7%の純度であることを指しているのです。世間的には、22金は24金より純度を落とすことから、ワンランク下の扱いとなっていますが、様々な所で使われている人気の純度の金です。

24金ほどではありませんが、22金も純度の非常に高い金です。その為、自然で個の純度の金が発掘されることはほどんどありません。殆どの22金は、貴金属加工の純度調整によって作られます。金以外の含有金属である「割金」は、銀や銅が使用されています。割金は金の色に影響を及ぼしますが、22金はその純度の高さから24金と殆ど変わらない色味です。

22金(22K)が持つ特徴

22金にはどのような特徴があるのでしょうか。純度が近く多くの人に人気がある純金と比較してその特徴を解説していきます。

22金の1番の特徴は、その「硬さ」にあります。純金は金そのものの美しさが楽しめる一方で、実は非常に柔らかいという懸念点があります。そのため、アクセサリーの素材やインゴット、コインなどの素材として扱うと、形が変わってしまう恐れがあります。22金は2/24の割金が混在してることで、硬さを増大することができます。実際に定量的な根拠として、物質の方さの指標である「ビッカース高度」であらわすと、純金の硬さが25HVである一方で、22金は60HVとなっています。純度を少し落とすだけで、硬さが2倍以上に向上していることがわかります。これが22金が持つ特徴の一つと言えるでしょう。

24金と比べて、純度をわずかに落としてしまう22金ですが、その輝きは十分に楽しむことができます。この硬さと輝きを両立できるメリットから、22金のアクセサリーを愛用する人は多く居ます。特に海外において22金のアイテムは人気が非常に高いようです。

ただし1つでメリットを上げるとするなら、金のレートは純度によって決まっている為、単純の1g当たりの価値は純金に劣ってしまいます。金のレートでは金の含有率がそのまま反映されるため、純金の90%程度といったところが22金のレートになります。

22金(22K)が使われる主なアイテム

22金は特に地金型金貨の素材として人気を博しています。例えば、アメリカの「イーグル金貨」、南アフリカ共和国の「クルーガーランド金貨」、イギリスの「ブリタニア金貨」などが代表的な22金の金貨です。どの金貨もそれぞれの地域の歴史や文化を反映した意匠が施されており、デザインの面などからも非常に高い評価を受けているものです。

また上述したように、純金に比べて硬度が高いことから純金よりも重宝されることもあります。例えば、アクセサリーの素材として使用されるケースが非常に多いです。ただ22金だけでアクセサリーの素材としてしまうと強度の面で懸念が残ってしまうため、美しさを演出するためにピンポイントで使用されるケースが多いようです。

また22金は高給万年筆のペン先素材として使用されるケースも多々あるようです。22金ならではの滑らかな書き心地が特徴で、多くの方から愛用されているようです。

22金(22K)が人気の理由

22金は上述したように、24金と遜色ない輝きを持ちながら、硬度は24金の倍以上という事で非常に汎用性が高く、純金の代替品としてとても人気があります。24金だと硬度の面で懸念が残ってしまう、一方で18金だと純度が低いという事から満足できないというニーズに対して22金は非常に汎用性と代替性が高く、多くの方から22金を素材として使用したアイテムを持っています。

また色味としては、24金に比べて大きな差異はないものの、微妙な色の違いが逆に琴線をくすぐり好まれるケースもあります。この微妙な色味の差異は、完全に好みの問題なので実物を見てどちらの方がいいか検討するのがいいと思います。単純に純度だけで決めてしまうのではなく、色味の微妙な差異を楽しむ方も多く居るようです。

更に、純金が持つ滑らかさは22金でも体感することができます。金属の肌触りが気になるという方も22金でその滑らかさを十分に楽しむことができるのです。特にネックレスやブレスレットといったアクセサリーは個のメリットによる心地よい装着感を十分に楽しむことができるでしょう。

22金(22K)が高価買取可能な理由 

上述したように22金は純度の非常に高い金です。その為、自然な状態でこの純度の金が発掘されることはほどんどありません。そして純金と遜色ない輝きを放ち、更に硬度は純金の倍以上を持っていることから、希少性、汎用性といった側面から非常に人気のある金の品位です。これらの理由からも22金は高価買取で取引されているのです。

また実は流通している多くの金のアイテムは、16金や18金のものが大半です。そのため、22金や純金といった希少性と純度の高い金は、買取店では単純なグラム換算以上の買取価格が期待できます。またそのアイテムのデザイン性も査定価格に加味してくれる買取店なら、更なる高価格での買取が期待できると考えられます。

おたからやでは金買取で手数料0円

金に関するお役立ちコラム

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る