14金(K14・純金)の相場情報・1gあたりの今日の相場

本日の14金(K14・純金) 最新参考買取価格相場 ※2022年12月05日更新

K14

{{au_scrap[5].price}}円
※上記の金額は、形状によって異なりますので詳しくはお電話でお問い合わせください。

14金(K14・純金)の過去6カ月の参考買取価格相場 推移グラフ

相場価格(円/g)

更新

14金(K14・純金)の買取シミュレーション

品位

重さ

g

参考買取相場価格

※上記の金額は、形状によって異なりますので詳しくはお電話でお問い合わせください。
{{pt_scrap[2].price}}
{{pt_scrap[3].price}}

金の高価買取No.1のおたからやキャンペーン・新着情報

※一部実施していない店舗がございますので、詳細は各店舗にご確認ください

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください

14金(14K)について

14金は、手ごろな価格と日常使用に耐えうる強度から多くの方にとってなじみ深い金です。本記事では、そんな14金について詳しく解説していきます。
14金とはそもそも何なのか、14金が持つ特徴や人気の理由についても徹底的に解説していきますので、是非最後までご覧ください!

14金(14K)とは?

14金とは、58.5%の純度の金の総称です。金の純度は24分率で表現されています。
14/24=58.50%という事を意味しており、「14金」「14カラット」「14K」「K14」はすべて58.5%の金のことを表しています。

金は24金(純金)、22金、18金、14金、10金といった純度で区分されています。さらに細かい区分もありますがこれらの5区分に分けられるのが一般的です。18金と14金は一般市場へのアイテム流通も多く、性質も似ていることからもよく比較されます。

14金(14K)が持つ特徴 

14金が持つ特徴とはどのようなものか。純金である24金と比較してその特徴を紹介していきたいと思います。金のもつ輝きは、純度によって変わってきます。純金の輝きは、まさに多くの方が想像する通りの煌びやかな金色を放っています。この特有の輝きは、その純度が低下することに比例して下がっていきます。

14金は純度58.5%で、約40%は他の金属で構成されています。そのため、14金は純金などと比較すると、金の持つ本来の輝きは低くなっています。しかし、だからといってものとしての価値が下がっているわけではありません。14金には、他の品位の金には出せない色味を楽しむことができます。

14金は配合する「割金」によって、色味が大きく異なります。割金に使用される金属としては、銅、銀、パラジウムが代表的なものです。これらの割金との配合によって独特の美しさを放つ金は、「カラーゴールド」と呼ばれています。

また14金は、40%以上の割金が配合されていることから、純金に比べ耐久性や硬さが向上しています。金の持つやわらかいという弱みを補完しているため、純金とは別の用途で重宝されています。例えば、アクセサリーなどに関しては、純金よりも14金のほうが多く使われています。やはり、実用的なものの一部として使われる際には、単純な美しさだけではなく、耐久性といった観点も大事にされます。具体k的な硬さは配合する割金によって異なりますが、特にバラジウムを配合したホワイトゴールドは強度が高く、アクセサリーの素材として重宝されています。

14金(14K)が使われる主なアイテム

14金は割金の配合率によって強度を調整できることから様々なアイテムに使用されています。例えば、リング、ネックレス、バングルなど一般的なアクセサリーでは14金は頻繁に使用されています。14金が一般的なアイテムで重宝されているのは、耐久性という観点はもちろんですが、その他にも14金が放つ独特の色味も人気の理由の一つです。
割金の配合率によってカラーゴールドの色味調整が可能なことから、各ブランドが独自の色味のアイテムをリリースしているようです。

また、14金はアクセサリーなどの素材として使用されるほかには、負荷がかかる箇所にピンポイントで使われる使用用途もあります。留め金にだけ14金を使用しているアクセサリー類は実は多くあります。耐久性と高級感を演出するという二つの役割を両立するためにメガネのフレームとしても使用されることがあるようです。

14金(14K)が人気の理由

14金が人気の理由は大きく3点あります。
まず1つ目が、耐久性があることです。上述したように、純金はやわらかいことからアクセサリーなど日常的に使うものには、使用することが難しいです。しかし割金を配合し、耐久性を有している14金であれば、日常的に使うアイテムでも気兼ねなく使うことができます。

2点目は、割金を配合している事から放つ独特の色味です。14金は、純金とは異なり、金のほかに割金を配合しています。そのことから、金本来の輝きではありませんが、独特の美しい輝きを放っています。使用用途によっては、純金よりも重宝されることがしばしばあるのです。

3点目は、汎用性の高さです。配合している割金を変えることで、好みの色味にカスタマイズすることができるほか、純金などと比べて耐久性が高いため、日常的に使用するアイテムに対する汎用性が非常に高いのです。

また、さらに14金の人気を後押ししているのが、高純度の金アイテムよりも手ごろな価格であるという事です。純度に応じて、アイテム価格は大幅に抑えることができます。また、より手軽に14金の外観を楽しめ雨量に「K14GP」「K14GF」といった金メッキを施したアイテムも流通しています。

14金(14K)が高価買取可能な理由 

上述したように、14金は他の品位の金が持たない特徴を持っていることから、様々なアイテムで使用され、重宝されています。もちろん純金に比べて金の純度が低いため、値段は落ちますが、金相場が過去に比べて高騰している現在、その価格は決して低くありません。

丁寧にメンテナンスを実施している14金のアイテムであれば、買取店に持ち込むことで思わぬ高値が付けられる可能性があります。デザインを評価してくれる買取店であれば、高額査定の可能性は更に高まるでしょう。

おたからやでは金買取で手数料0円

金に関するお役立ちコラム

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る