意外と知らない「金インゴット」の特徴とは?その活躍シーンも解説

NEW

「金のインゴットってなに?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

金のインゴットとは「金の塊」のことです。この記事では金のインゴットがどのように作られ、流通しているのか解説します。さらに金のインゴットは、観光事業でも活躍中です。金のインゴットがどのように活躍しているのか、実際の事例を交えてご紹介します。

この記事を読み終えると、金のインゴットが意外と身近な存在だったことに驚くでしょう。

よく耳にする「インゴット」とは?

「インゴット」という言葉をよく耳にしますが、どんなものか正確に理解している方は少ないのではないでしょうか。インゴットとは、精錬された金属に圧延などの加工を施し、再溶解に適した形状と大きさにした鋳塊のことです。形状は、厚板形やなまこ形が多く見られます。

「鋳塊」とは、温度や成分の調整に加えて、脱酸により化学変化を起こし、1つの形にまとめた固体を指す言葉です。金属が固まって1つの固体にまとまったものをインゴットと呼ぶため、その種類はさまざま。

インゴットといえば「金の延べ棒」を連想し、すべて金と思っている方も多いかもしれませんが、実際には銅・鉛・亜鉛・アルミニウムなども、独特の形をした鋳型に流し込まれることで1つの塊すなわちインゴットとなります。金や銀など古くから貨幣に使用されてきた貴金属も、1つの塊になっているものはインゴットと呼ばれるのです。

インゴットは、他に「ゴールドバー」と呼ばれることもあります。金を鋳型に流し込み、固めて作ったものには変わりはありませんので、同じ金の固体を指す言葉です。

純度と重さが明確に表示されているインゴットは、取引するときにとても役立ちます。重要な情報はすべて表面に刻印されているため、誰が見ても一目瞭然です。

 

「インゴット」と「地金」の違いとは?

「インゴット」と並んでよく目にするのが「地金」ではないでしょうか。「地金」とは、金属を保存もできるようにまとめた固体のことです。固体の状態はどちらも同じですので、勘違いする人も少なくありません。

インゴットは資産としての保有を目的に製造されていますが、地金はアクセサリーなどを作成する前の素材全般を意味しています。そのため、形が整っていなくても金属の塊であれば「地金」と呼ぶのです。

地金というカテゴリーの1つに「インゴット」があると理解しておけば間違いないでしょう。金属の名称の後に「地金」をつけて呼ぶことが多く、金の場合は「金地金」、プラチナの場合は「プラチナ地金」のように呼びます。

素材としての役割をもっているので、地金には形の制限がありません。どんなに小さな粒状であっても地金です。また、数種類の金属が混ざった「合金」だとしても地金として認められます。細かい成分は日本工業規格(JIS)で決められており、以下のように一次と二次に分けられます。

  • 一次地金:鉱石から精錬される
  • 二次地金:処分品をリサイクルして作られる

現在の日本では、鉱山がなくても作り出せる二次地金が主流となっています。買取や投資の場面では「インゴット」も「地金」も同義として扱われることもありますが、「地金」の方が幅広い金属を指して使われる言葉です。

 

金のインゴットを使った観光事業がある

煌々と輝く金塊はお宝のイメージにバッチリ当てはまることから、映画やアニメによく登場しています。それだけ多くの人を惹きつける力があるといえるでしょう。高い魅力をもつインゴットを観光事業に取り入れた例があります。

「本物を生で見てみたい」「もっと詳しく知りたい」という方は、以下のような観光事業もぜひチェックしてみてください。

 

佐渡金山名物「金塊チャレンジ」

日本の金採掘を支えてきた佐渡金山は、国の発展に大きく貢献してきました。現在は閉山となっていますが、江戸時代の財源を支えた歴史的スポットとして資料館が作られ、多くの観光客で賑わっています

この資料館で行われているのが、「金塊チャレンジ」です。透明なアクリルケースの中に12.5kgのインゴットが入っており、ケースに開いた小さな穴から取り出すことができたらチャレンジ成功となります。成功しても残念ながらインゴットが手に入るわけではありませんが、美しい輝きを放つ金塊を前に、試行錯誤してみるのも良い経験となるでしょう。

 

淡路島「1億円で金塊をレンタル」

兵庫県淡路島の「静の里公園」にある資料館では、平成元年からおよそ20年間、金のインゴットの実物がディスプレイされていました

地域活性化のために行われた事業ですが、レンタルの担保は約20年分で1億円だったといわれています。淡路島は、「ふるさと創生事業」で交付された1億円を使って借りたのです。

交付金を補助金事業やモニュメントの設立などに使用する自治体が多かった中で、インゴットを借りてディスプレイした淡路島は大きな話題となりました。全国各地から金に興味をもつ人々が集まり、地域活性化にも大きく貢献したようです。

2002年に開催された日韓ワールドカップの際にイングランド代表のデビッド・ベッカムが直接触れたことで、さらに注目を集めました。

本物は展示期間が終了し、現在は代わりにレプリカが展示されています。

インゴットの返却により返還された1億円のうち、約100万円を使って「金塊バス」が導入されました。外装には市のマスコットキャラクターや宝船、招き猫などが描かれ、車内にも一部金色を用いて豪華に演出されたバスです。

姫路市内を運行している「金塊バス」を見つけると、幸運が訪れるかもしれませんね。

 

金のインゴットは資産運用に向いている

金のインゴットといえば資産運用といっても過言ではないほど、テレビやネットでは話題となっています。インゴットは、なぜ資産運用に向いているのでしょうか。

金で資産運用する際にもっとも優れている点は、価値が安定していることです。資源として限りがある金の価値は、急激に暴落することが考えづらいため、特に世界経済が不安定なときには現金や株、債券よりも注目が集まります

さらに、資源である金には株や債券のように発行元がありません。株や債券を保有していると、万一発行元が倒産すると、価値を失ってしまいます。発行元がない金は、このようなリスクもないので安心して保有できるのです。

昨今の投資ブームでも、金に投資する人は少なくありません。投資家の中でも世界経済に対する不安から、資産を守るために金を保有する人が増えてきています。資産を守るために金を保有するのは個人だけでなく、さまざまな国の中央銀行も同様です。

インゴットは、このような金の投資に特に向いています。1つの塊であるため保管しやすく、傷ついたり欠けたりして価格が下がるリスクも少ないためです。

さらに、インゴットの場合はアクセサリーなどのように加工費用が発生しません。一定の形に仕上げた金塊に刻印を打つだけのため、余計な加工などの費用がかからない分、資産運用に向いているのです。

 

金のインゴットの厳格な規格とは?

投資にも使われる金のインゴットは、その価値を正しく証明する必要があります。そのため厳格な規格が制定されており、規格をクリアしていない場合は市場で取引できません。

アクセサリーなどの加工品にはK22やK18が用いられることが一般的ですが、インゴットの場合はK24の純金のみと規定されています。純金といっても、純度を100%にすることは極めて困難です。そのため、可能な限り純度を高めて作り出されています。

しかし、製造過程で作り出された粗悪品が出回ってしまうこともないとはいえません。また、本物そっくりに作り出された模造品が流通してしまうこともあります。このようなリスクを回避するために、厳格な規格が決められたのです。

インゴットの規格は代表的な取引市場によって決められ、溶解業者や品質保証業者について細かく取り決められています。

 

世界規格「LBMA(ロンドン貴金属市場協会)」

LBMA(ロンドン貴金属市場協会)は、世界の現物地金取引の中心であるロンドンの専門市場で売買される地金を監督している専門業者の団体です。

LBMA(ロンドン貴金属市場協会)公認の溶解業者が製造した地金には「グッド・デリバリー・バー(Good Delivery Bars)」という称号が与えられます。グッド・デリバリー・バーの称号を得るためには99.5%以上の高い純度が必須となるほか、厳しい規格をクリアしなければなりません。

重量と純度が正確に刻印されていることや、認定された精錬会社で製造され、正しく試金が行われていることが必要です。さらに、認定された専門保管業者と輸送業者によって取り扱われることも求められます。

グッド・デリバリー・バーとして認定されたインゴットは世界的に信用され、日本だけでなく海外でも取引が可能です。世界に認定された規格をクリアすることは、もっとも価値のある称号といっても過言ではないでしょう。

 

日本で唯一の公設市場「東京商品取引所」

東京商品取引所は、商品先物取引市場を開設するために作られました。現在では英語表記「Tokyo Commodity Exchange, Inc.」を略して「TOCOM(トコム)」の愛称で親しまれています。石油(原油やガソリン等)先物取引と電力先物取引において、日本で唯一の取引所です。

前身は1951年に設立した東京繊維商品取引所で、1984年に東京ゴム取引所と東京金取引所を統合し、東京工業品取引所が誕生しました。2013年に東京穀物商品取引所から農産物先物取引を引き継ぎ、「東京商品取引所」の名称となって今に至ります。

厳格に規定された基準のもと、世界中の多種多様なインゴットの取引が行われている日本にただ1つの公認貴金属市場です。

 

インゴットはこうして作られる

インゴットの作り方をご存じでしょうか。「金を採掘して形を整えるだけでは?」と思われる方も多いかもしれませんね。実際に、金の採掘が豊富に行われている場所では、採掘した金からインゴットが作られています。一方、採掘量が少ない場所でもできるのが、処分された金製品をリサイクルしてインゴットを作り出す手法です。

採掘が難しい日本でも、この方法でインゴットが作られています。具体的な手順について解説しましょう。

 

  1. 金を集める
    まずは金を集めることから始まります。今や生活必需品となったスマホやパソコンに内蔵される半導体には、豊富な金が含まれていることをご存じでしょうか。
    使用しなくなったスマホやパソコンは、まさに金鉱山といえるのです。また、貴金属などのアクセサリーも集められ、インゴットのための素材となります。
  2. 溶解したあと、再び固体へと戻す
    集めたリサイクル品の形はバラバラなので、一旦溶解してから再び固体に戻します。しかし、金製品を溶かすのはそう簡単ではありません。「王水」と呼ばれる特殊な液体を使う必要があるのです。王水で金製品を溶かし終えたら、還元剤を投入することで固体粉末に戻します。
  3. ろ過して金の結晶粉末を取り出す
    固体粉末を含んだ液体をろ過することで、金の結晶粉末のみを取り出すことができます。金以外の成分は液体に流れ出しているため、取り出した金は99%を超える高純度です。この粉末を乾燥させることで、金の粉末が完成します。
  4. 再び溶かす
    純度99%ではインゴットとしての規格をクリアできないため、再び溶かしていきます。王水で溶かしてろ過する作業を再度行うことで、さらに純度を高めていくのです。精製を繰り返して99.99%以上まで純度を高め、インゴットとしての規格に適合させていきます。
  5. 粉末を固体にする
    粉末になった金を溶かしたのち、固体として仕上げていきます。金を溶かすためには、1064℃以上で加熱し、即座に冷却しなければなりません。この作業で粉末は固体に変化し、数ミリサイズの粒状となります。
  6. インゴットの形に整える
    数ミリサイズの粒を再び1000℃以上で加熱すると、ドロドロの状態に変化します。この状態で鋳型に流し込むことでよく目にするインゴットの形となり、冷えて固まれば純度99.99%の純金インゴットが完成です。
  7. 検査して刻印を施す
    インゴットの仕上げに、検査して刻印を施します。刻まれる内容は、ロンドン金市場の公認マーク(メルターズマーク)や品質、ブランド名などです。
    この刻印によってインゴットの価値や品質が保証され、世界的な信用を得て取引に利用されます。

 

刻印がインゴットの品質を保証する

金のインゴットには保証書はありません。その代わりに、インゴット本体に刻印が施されているのです。この刻印が、インゴットの価値と品質を保証するためにとても重要となります。

インゴットへの刻印にはいくつか種類がありますので、それぞれ詳しく解説しましょう。

 

  1. ブランド表示
    金のインゴットがどのブランドで製造されたか明確にする表示です。LBMAによりグッド・デリバリー・バーとして認定されると、世界的に価値と品質を保証されます。この認定を受けるとグッド・デリバリー・バーとして公認マークを刻むことが許されますが、簡単に認定される規格ではありません。高い基準をクリアしたもののみに認められるマークですので、これが刻まれているインゴットは価値が高いと判断して間違いないでしょう。
  2. 精錬者・分析者のマーク
    精錬業者(メルター)と品位検定業者(アッセイヤー)を示すマークです。メルターとアッセイヤーが同じ場合は、マークは1つだけ刻印されます。製造ブランドがメルターとアッセイヤーを兼ねていると、こちらの刻印が入ることはありません。
  3. 純度表示
    純度の表示は、品位表示と呼ばれることもあります。金のインゴットにとって純度は最重要といっても過言ではありません。そのため、金の純度は目立つように刻印されます。「999.9」の刻印は、純度が99.99%以上のインゴットである証です。4つの9が並んでいることから「フォーナイン」と呼ばれることもあります。フォーナインのインゴットは、最高級の純度を誇るものとして高く評価されることでしょう。
  4. 材質表示
    金のインゴットの場合は、純金を意味する「FINE GOLD」または金を表す「GOLD」と刻まれています。3.の純度と併せてチェックしてみましょう。
  5. 重さ
    インゴットの重さを示す刻印も施されています。「100g」と表記されていれば、100gの重さです。金のインゴットは主に10種類の重さに分かれているため、このいずれかが刻印されています。最小は5gから、もっとも大きいサイズは12.5kgと桁外れの大きさです。・5g
    ・10g
    ・20g
    ・50g
    ・100g
    ・200g
    ・300g
    ・500g
    ・1kg
    ・12.5kg

    投資用として保管や取引するのに適した大きさで作られているため、キリがいい重さになっています。12.5kgの特大サイズのものはテレビや映画などでよく見られる台形の金塊で、その別名は「ラージ・バー」です。
    このように金のインゴットは重さのバリエーションが豊富で、細かく選べます。同じ重さでも、形状は製造元によって違いますので、興味のある方は詳しく調べてみるのも良いかもしれませんね。なお、インゴットの重さを測ったときに、刻印されている重さと1g以上の誤差がある場合には、偽物の可能性もあるので注意しましょう。
  6. シリアルナンバー
    シリアルナンバーはインゴットを本物として証明するために重要です。高価なインゴットは偽物が作られることも少なくありません。インゴット本体にシリアルナンバーを刻むことで、製造数を適切に管理できるのです。仮に同じシリアルナンバーのものがあれば偽物ですし、製造管理されていないシリアルが使われていても偽物と判断できます。シリアルナンバーはインゴットを本物として証明するために、大きな役割を担っているのです。

インゴットを扱う国内ブランド

日本国内で金のインゴットを取り扱っているのは、以下の10社になります。いずれの企業も国際公式ブランドとして認められているため、安心して購入できるでしょう。

 

  • 三菱マテリアル株式会社
  • 田中貴金属工業株式会社
  • 株式会社 徳力本店
  • JX金属環境株式会社
  • 三井金属鉱業株式会社
  • 石福金属興業株式会社
  • 住友金属鉱山株式会社
  • 松田産業株式会社
  • DOWAホールディングス
  • アサヒプリテック株式会社

ブランドごとに刻印の種類に違いがあるため、自分好みの刻印を探しみるのも良いでしょう。購入する際の手数料や購入後の保管サービスについても、業者によって差があります。自分にあった業者で金のインゴットを購入するようにしましょう。

 

インゴットを扱う海外ブランド

日本のみならず、海外にも信頼できるブランドは数多く存在します。信頼度の高い海外ブランドを以下にまとめました。

 

イギリス(貴金属メーカー)

  • JOHNSON MATTHEY
  • ENGELHARD

 

スイス(金属メーカー)

  • ARGOR S.A.
  • ARGOR HERAEUS S.A.
  • PAMP

 

スイス(金融機関)

  • SWISS BANK
  • CREDIT SUISS

 

ドイツ(金属メーカー)

  • DEGUSSA

 

オーストラリア(金属メーカー)

  • Golden West Refining
  • AGR Matthey

 

オーストラリア(造幣局)

  • PERTH MINT

 

カナダ(造幣局)

  • ROYAL CANADIAN MINT MONNAIE

 

その他フランスや韓国、南アフリカにはそれぞれ以下のようなブランドあります。

  • Comptoir Lyon Alemand Louyot(フランス)
  • LG Metals(韓国)
  • RAND REFINERY(南アフリカ)

ブランドごとの特徴を比較してみるのも良いかもしれませんね。

 

金インゴットの購入から保管まで

インゴットの購入方法にはいくつか種類があります。株や債券のような金融資産として取り扱われるため、購入した金のインゴットを手元には置かずに、売買のみを行うことも可能です。

実際に手元に置いておきたい場合は、貴金属メーカーや地金商を通じて購入できます。なお、金属メーカーなどから購入する際にはバーチャージ(手数料)が必要です。500g以上の金のインゴットをまとめて購入すればバーチャージが不要になることもありますが、購入先によって異なります。購入前にバーチャージについても確認するようにしましょう。

2021年9月時点では、金の相場は1gあたり6,900円前後となっています。大変高価なものですので、丁寧に保管するようにしましょう。金のインゴットの価格は金の相場で決まるといっても過言ではありませんが、傷や破損があると価値が下がってしまいます。長期的に資産として保有する場合には、保管方法もしっかり決めておくと安心です。

金のインゴットの購入方法は、大きく2種類に分けられます。選択する購入方法によって保管方法にも差がありますので、ここから詳しく解説しましょう。

 

パターン1:直接購入

金のインゴットは、貴金属店や地金商などに加えて、精錬会社や銀行などの店舗でも直接購入できます。また、店舗を訪問せずに、インターネットで購入することも可能です。

直接購入する際には、偽物を購入することがないよう注意しましょう。高額なインゴットは偽物も多く流通しています。LBMA公認の精錬業者や日本地金流通協会に登録されている業者など、信頼できる業者から購入しましょう。

インゴットを購入した多くの人が自宅の金庫で保管しています。しかし、強盗が入ってしまうこともないとはいえません。自宅保管以外には、保管業者へ依頼する方法や銀行の貸金庫を利用する方法などがあります。購入する業者によっては保管サービスを行っている場合もありますので、気になる場合は問い合わせてみると良いでしょう。

 

パターン2:純金積立

金のインゴットを購入するもう1つの方法は、純金積立です。純金積立では、インゴットを手元には置かず、自動的に業者に預けることとなります。

純金積立の場合の保管方法は、「特定保管」と「消費寄託」の2種類です。どちらの方法にもメリットとデメリットがあるため、それぞれの特徴を理解して選ぶようにしましょう。

  • 特定保管

特定保管とは、購入したインゴットを業者に保管してもらうサービスです。保管している業者が万が一倒産した場合でも、業者の財産とは別に保管されているため、すべてのインゴットが返却されます。預けていても利息などは発生しませんが、必ず返却してもらえる安全性の高い保管方法です。

保管業者の中には監査法人から定期的にチェックを受けているところもあります。このような業者であれば、より安心して預けられるでしょう。

  • 消費寄託

消費寄託も特定保管と同様、購入後のインゴットを業者に保管してもらうサービスです。違いは、消費寄託の場合は金の所有権が保管業者に移ること。そのため、万が一保管業者が倒産した場合には、金のインゴットが返却される可能性は極めて低いでしょう。

消費寄託は不規則寄託とも呼ばれ、預けたインゴットと同種・同等・同量の現物を後日返還すれば良いとされる特殊な契約です。所有権は保管業者がもつことになるため、多くの場合、保管業者がインゴットを運用することで利益を生み出します。こうして得られた運用益は、預けた側にもその一部が還元される仕組みとなっているのが普通です。

利息がつかない貴金属の弱点を補えますが、保管業者の倒産リスクを考えるとデメリットもあります。リスクを承知の上で運用益を獲得したい場合には、消費寄託がおすすめです。

 

金インゴットの偽物には注意しよう!

価値の高いインゴットには、偽物も多く存在します。本物と思って購入したものが、査定してみると偽物だったということも少なくありません。信用できるルート以外で入手したものは偽物の可能性もありますが、偽物と本物にはいくつか違いがあります。一般の方が見てもわかる違いもありますので、まずは下記3項目をチェックしてみましょう。

 

  • 刻印されている重量と1g以上の誤差がある
  • 刻印の仕上がりが雑に見える
  • 磁石を近づけるとくっつく

 

刻印されている重量と1g以上の誤差がある場合は、偽物の疑いがあります。気になる場合には、専門の査定員に正しく判断してもらいましょう。刻印の雑な仕上がりも偽物に多く見られる特徴です。さらに、磁石を近づけてくっつく場合には金の純度が低いと判断できるため、偽物の可能性が高いといえるでしょう。

中には、金と近い比重をもつ「タングステン」という素材を用いた偽物もあります。見た目も金のインゴットそっくりに仕上げてあるため、一般の方が見分けるのは非常に困難です。

信用できるルート以外から入手したインゴットは、一度査定を受けて本物かどうか確認しておくと良いでしょう。

 

金以外にもプラチナやシルバーのインゴットがある

インゴットには、金以外にもプラチナやシルバーなどのものがあります。金のインゴットを投資目的で購入する人は多いですが、プラチナやシルバーは金ほど人気があるとはいえません。金とプラチナやシルバーには、一体どのような違いがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

 

プラチナのインゴット

白金色の輝きが魅力的なプラチナは、貴金属の中でもっとも採掘量が少なく、希少性が高いといわれています。希少価値でいうと金よりも上のはずですが、2021年9月時点では、プラチナの取引価格は金の約半分です。数の少ないプラチナが金より低価格で取引されているのには、大きな理由があります。

それは、プラチナが世界情勢の影響を受けやすいためです。装飾品や投資用としてよりも工業用として使用されることが多いプラチナは、景気の低迷などにより商品開発の鈍化や買い控えが起きると、その影響を大きく受けてしまいます。このように安定性の低いプラチナには投資する人の数が少ないため、相場価格が金より低くなっているのです。

 

シルバーのインゴット

貴金属の中で電気・熱の伝導率や可視光線の反射率が最大とされているシルバーですが、投資市場におけるシェアはあまり大きいものではありません。それは、金やプラチナと比較すると錆びやすい傾向にあり、長期的な保管にあまり向いていないためです。投資する場合はインゴットとして保管しておく必要があるため、保管環境にもより一層の注意が必要となります。

シルバーは、電子機器内の半導体に多く使われ、カメラのフィルムや太陽光電池にも使われている金属です。投資目的で購入する人の数は多くありませんが、太陽光発電の需要アップに伴い相場が上昇するのではないかという予想から、シルバーに投資している人もいます。

 

まとめ

金のインゴットは投資目的で購入する人も多く、生活に身近なものとなっています。観光事業などにも活用されていることから、投資をしていない人にも縁遠いものではないといえるでしょう。

古くより多くの人々を魅了してきたからこそ、高い価値がつき、安定した資産としての地位を確立してきた金。

金のインゴットについて詳しく知った上で、より深く関わってみてください。インゴットを販売するブランドの違いにも注目してみると、また新たな発見が生まれることでしょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。