現代社会で必要不可欠の王水とは?

NEW
現代社会で必要不可欠の王水とは?

常に人間社会の中で高い価値を有している金。もっとも採掘量には限界があるので、自ずと使える量も限られてきます。しかし近年では金を再利用するための様々な方法が注目されており、王水が注目を浴びているのはご存じでしょうか。そこで今回の記事では、ほとんどの人にあまり馴染みのない「王水」について詳しく解説していきます。

王水とは

そもそも王水とは一体どういったものかご存じでしょうか。王水は普通の手段では溶かせられない金属を、まるでバターのように溶かしていく液体のことを指します。以下では実際にどのように作られているのか、またどのような特徴を有しているのかなどについて、詳しく見ていきましょう。

王水の特徴

一番有名な特徴として挙げられるのが、酸性が強く様々なものを溶かしてしまう点です。

一般的な方法では金属を溶かすことはできませんが、王水は違います。特に安定した金属で知られている金やプラチナなども溶かすことが可能であり、非常に危険な液体であるといえるでしょう。

金を溶かせられるので意外に思われるかもしれませんが、例外的に溶かせられない金属が銀です。銀に使用してしまった場合、塩化銀と呼ばれる別の物質が生成されます。 

王水の発見

このような酸性の強い危険な液体がどのように発見されたのでしょうか。

王水は西暦800年前後に、イスラムにいた科学者によって発見されたといわれています。 当時では原材料となる塩酸が発見されていなかったため、硝酸と食塩で偶然同じような反応が得られたのではとの考えが現在では主流です。

実際に当時から中世まで続いた錬金術と呼ばれる学問では、さまざまな化学物質と薬品や食塩などを混ぜ合わせて実験することが盛んに行われていたので、あながち間違いではないでしょう。

王水と錬金術

王水が発見された当時の化学者たちが、血気盛んに行っていた実験が「金」を生み出す錬金術です。

かのニュートンも錬金術を学んでいたのではといわれている程、金を生み出そうとする人類の執着心は強くそれは中世の時代でも変わりませんでした。

そんな中で金でも簡単に溶かす液体として発見された王水は、化学者の中でも驚異的なものとしてみなされます。「金を溶かすなんて、この液体こそがキングだ!」といった化学者たちの考えが由来して、名前が王水になったのではないかといわれているほどです。

 

現代社会でニーズが高まっている?

中世の頃に見つかって錬金術など様々な分野に使用されていた王水ですが、実は現代社会で再びニーズが高まりつつあります。なぜ今更現代社会でニーズが高まりつつあるのでしょうか。その理由について以下で詳しく解説していきます。

現代社会と金

王水のニーズが高まっている理由を知る上では、現代社会における金の重要な役割を知らなければいけないでしょう。

現代社会の最先端技術であるPCやタブレット端末などには、非常に細かい精密機械が必要となってきます。この細い精密機械には様々な鉱物が使用されており、それは金も例外ではありません。

実際に私たちが普段から使っている様々な最先端技術の使われている電子機器には、金が原材料としてふんだんに使われています。

採掘では追いつかないため

はるか昔から現在まで、金は採掘されることによってようやく様々な用途へと使える状態になります。現在でも最先端技術だけではなく、美容製品から医療関係まで幅広く使われているのはあまり知られていません。

もっとも毎年採掘から取られる量は上限があり、現代社会で使われている様々な用途に対して金の供給は追いついていません。

そのため最先端技術の塊である電子機器や、金が大量に使われている工業製品から使われている金を取り出してリユースする必要があります。そこで大活躍するのが王水です。

さまざまな金属を溶かし続ける王水

現代社会ではすでに使われなくなった電子機器や工業製品は、私たちの身近に数多く存在します。

例えば不法投棄によって誰も触らなくなったゴミの山の中には家電製品などが数多く存在しており、その中には考えられないほどの金が眠っているのです。実際に日本でもリサイクルに関する法律を導入して、電子機器から金を採取するようになったら年間で何千トンもの金が取れるようになったといわれています。

そしてこのリサイクルの時にあらゆるものを溶かしてしまう王水は活躍するのです。実際にリサイクルなどが積極的に行われるようになってから、王水の使用頻度が爆発的に上昇したともいわれています。

 

まとめ

現代社会の進歩によって再び脚光を浴びるようになった王水。実際に理科の授業の実験で目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。小学生でも目にするような液体が現代社会で必要不可欠なほどニーズがあるのは、少し面白い事実といえるかもしれませんね。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。