「金」は確かな価値を持つ!初心者向けの資産運用に向く理由とは

NEW
「金」は確かな価値を持つ!初心者向けの資産運用に向く理由とは

安定した資産運用として、実物資産である「金」を選択する人は多くいます。特に初心者でも始めやすい投資方法として注目を集めていますが、なぜ初心者に向いているかご存じでしょうか。「金」が資産運用に向いている理由と初心者が始めやすい魅力を解説します。

「金」の資産運用は「価値」が分かりやすい

希少価値が高く安定した価値を持つ「金」は、価値が分かりやすいことから資産運用として多くの人に選ばれています。初心者にとって、よく分からないものや不安定なものに「投資しよう」とはなりにくいでしょう。価値が分かりやすいのは、「金」の大きな特徴です。

 

価値がある「金」

「特別な金属」として世界中の人々に認められている「金」は、昔から大切にされてきました。「金」自体の価値が認められていることにより、日本だけでなく世界で大きな出来事が起こったとしても価値がなくなってしまうことはありません。資産運用するうえで価値がある、価値がなくならないことは大きなメリットになるでしょう。また、資産運用を始めるときの安心材料になり、初心者へのハードルを下げてくれます。大きなお金を資産運用させようと考えている人はもちろん、小額から始めてみようと考えている人にとって、「分かりやすい価値」「認められている価値」は投資したいと思わせる魅力があります。

 

インフレに対しても強い

モノの値段が上がり続けるインフレになると、金の価格も上昇していきます。「金」は日本だけでなく世界中で求められる価値があるからこそ、安心した資産運用として選ばれています。たとえ日本経済が悪化したとしても、「金」を保有していればリスク対処につながっていきます。世界中で認められているからこそ、売買の需要と供給のバランスが取れ、安定した資産運用につながるのです。金塊など大きなものではなく、金貨のような小額から購入できるからこそ、初心者に向いています。安定的な資産運用ができるとしても、最初から大きな金額を投資できる人は少ないでしょう。小額から投資でき、無理のない範囲で安定した資産価値を得られるのです。

 

「金」の資産運用は長期投資に向いている

資産運用として「金」を選択する場合は、長期投資を目的にしましょう。「金」のメリットは安定した価値ですが、それは短期間で利益につながらないデメリットでもあります。しかし、長期的に保有することで安定的に資産価値を高められます。今後、「金」の採掘量が減少することで価値が上がるのであれば、今のうちに購入したほうがいいと考える人も多いようです。

 

「金」は保守資産

大きな価格変動が起こりにくい「金」は、短期間で利益を出すことは難しいでしょう。その反面、急激に価値が下がることも少ない傾向にあります。万が一何か起こったときの財産、保守資産として保有しておきましょう。初心者にとって短期間で多くの売買をおこなうより、長期的に保有するほうが好まれる傾向にあります。これは売買回数が増えることで損するリスクが増えること、手間が増えることが関係しています。長期的に運用したい人、売買回数は少なくしたい人にとって、「金」はぴったりです。

 

長期保有でリスク回避

短期保有ではなかなか利益を得られませんが、長期保有することで利益を得たり、リスクを回避できたりします。「金」の相場は年々上昇しており、長く持ち続けることで大きな利益を得られる可能性があります。短期的な売買を繰り返すよりも、長期的な目線で保有したほうがリスクにも備えられます。損する可能性をできるだけ低くし、そのうえで最大限の利益を出すことが資産運用のだいご味です。「金」においては長期保有によって、リスク回避や大きな利益を得ることにつながります。地球上に存在する「金」の量は変わることはありません。したがって日常生活にも欠かせない金の価値は上がっていくと予想し、早期購入、長期保有する人は多いでしょう。

 

安定した「金」投資でもリスクは伴う

「金」の資産運用は安定していると説明してきましたが、投資している以上はリスクが伴います。リスクのない投資方法はありませんが、できるだけリスクを減らした投資方法はあります。まずは「金」投資にはどのようなリスクがあるか理解し、リスク回避や軽減のためには何ができるのか知りましょう。

 

所有しているだけでは利益はない

資産運用には、投資しているだけで配当や優待などを得られる株券や投資信託などがありますが、「金」投資においては売却しない限り利益はありません。また、万が一価値が下がった状態で売却してしまうと利益は得られず、損益になってしまいます。売却時期の見極めや長期保有によるリスク回避など「損しない工夫」はありますが、絶対に損しないわけではありません。投資している間にも何か得たい場合は、株券などほかの投資方法を選択するのも1つの方法でしょう

 

今後の予測がポイント

「金」投資の重要で難しいポイントは、今後の動向を予想すること、そしてその予想をもとに決断することです。「金」投資を始める場合は過去から現在の相場や動向をチェックし、今後の動向を予想しましょう。そして、今買うべきか見極めて売買の決断を下す必要があります。売却時も同様に、過去から現在の動向をチェックし、売却のタイミングを見極めなければなりません。購入や売却のタイミングを見極め、決断できる心の準備が必要です。

 

価値の見極めが重要

「金」で資産運用を考えているなら、価値の見極めが重要です。購入時はもちろん、特に売却時においてはタイミングによっては利益が大きく変わってきます。日本経済や世界情勢はもちろん、金の相場や動向は常にチェックしておきましょう。

 

いつ「金」投資を始めるか

初心者が「金」投資を始めるタイミングを見極めるのは、かなり難しいでしょう。始めるタイミングによってはすぐに利益が出る可能性もありますが、「金」の場合は利益が出ても少額でしょう。長期的な保有を目的にするならば、「金」投資は早めに始めましょう。保有期間が長くなることで運用期間も増え、リスク軽減につながります。ただし、自己判断だけでなく専門家の意見を参考にし、どのタイミングで、どれほどの資産を運用するか決めると良いでしょう。ただし、最後に決断するのは自分自身ですので、購入を決断できる心の準備をしておきましょう。

 

まとめ

初めての資産運用は不安に感じる部分もありますが、安定した価値と長期保有によって利益が出やすい「金」は初心者に人気があります。小額から始められるので負担も少なく、長期的に持ち続けることでリスク軽減にもつながります。ただしかならずリスクは伴うので、動向をチェックして対策しましょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る