1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. 金・プラチナ・貴金属のお役立ちコラム
  4. 金貨の価値が決まる要素とは?
    日本・海外の種類や
    売却のポイントを解説

金貨の価値が決まる要素とは?
日本・海外の種類や
売却のポイントを解説

金の買取価格は、2023年9月に史上初めて1万円台を記録しており、現在も高い水準を保っています。

金を主要な素材とする金貨には、金そのものの価値はもちろん、コレクターズアイテムとしての価値も加わります。買取価格は発行枚数や人気の高さによっても変わりますが、貴重で価値の高いアイテムだといえるでしょう。

なかでも人気があるのは、大きなイベントや皇室での記念行事に合わせて発行される「記念金貨」です。

この記事では、金貨の価値を決める要素や、日本と海外で発行された代表的な金貨について詳しく解説します。また、金貨を売却するときのポイントや、買取査定を依頼する際の注意点なども紹介します。

金貨とは?価値が安定している理由や種類も紹介

金貨とは、金を素材に用いて作られた貨幣のことです。金は世界中で流通しており、その価値も安定しています。

ここではまず、金貨の価値が安定している理由や、金貨の種類について見ていきましょう。

金貨の価値が安定している理由

金貨は、政府が発行する公式な貨幣です。その品質と重量は法的に保証されており、信頼性の高い安全資産として評価されています。

通常の通貨や株式などの資産は、発行する国や企業が破綻すると「無価値になってしまう」というのを聞いたことがある方もいるでしょう。

しかし、金は、そのものが「実物資産」としての価値を持っています。そのため、金貨には信用リスクがありません。

また、金の価値基準は、世界共通のものとなっています。その信頼性の高さから、世界中で取引されており、金貨は安定した価値を保っているのです。

ほかにも、以下のような金そのものの特性が、金貨の価値の安定につながっています。

  • 美しい光沢
  • 希少性と偽造の難しさ
  • やわらかさと加工のしやすさ

金が放つ光沢には、ほかの物質では表現できない独特な雰囲気があります。この美しさも、金貨の価値を高めている一因でしょう。

また、金は地球上で限られた量しか存在せず、その希少性も価値の安定に寄与しています。金の「偽造が難しい」という特性も、信頼性と価値を支える要因です。

さらに、金は「やわらかく加工がしやすい」ため、金貨は簡単に作れます。ほかの物質と化学反応を起こしにくい性質から、腐食や色褪せの心配もありません。

金貨の価値は、これらの要素によって安定しているといえます。

金貨の種類は3つに分かれる

金貨には、大きく分けて3種類のものがあります。ここでは、それぞれの特徴について紹介します。

1.地金型金貨

地金型金貨とは、投資を目的に発行される金貨のことです。これらの金貨は各国の造幣局で鋳造され、含有される金の品位(純度)や重量は政府によって保証されています。

地金型金貨は、金の含有率が99.99%の「純金」のものが主流ですが、含有率91.7%のK22で鋳造されている金貨も少なくありません。

地金型金貨の買取価格は、含有する金そのものの相場により決まるのが通常です。保存状態が良く再販可能なものに関しては、プレミア価値が上乗せされるケースもあります。

2.収集型金貨

収集型金貨とは、国家行事などを記念して発行される金貨のことです。「記念金貨」とも呼ばれます。

発行枚数が少ないためコレクション性が高く、投資目的に集める人も多いのが特徴です。

日本で発行された記念金貨の場合、プレミア価格がつくケースはあまり多くありません。地金の価格をもとに売買される傾向があります。

3.通貨型金貨

通貨型金貨は、記念金貨の一種として発行されます。収集型金貨との違いは、額面価格で流通している点です。

例えば、「天皇陛下御即位記念10万円金貨」などが挙げられるでしょう。この金貨は額面のとおり10万円で購入でき、10万円分の買い物に使用できます。

一方で、購入したときよりも売却時の金相場が上昇している場合には、額面の価格以上で売れる可能性もあります。

金貨の価値が決まる2つの要素

金貨の価値は、何によって決まるのでしょうか。それには、おもに以下の2つの要素が関係しています。

  • 素材としての価値
  • コレクターズアイテムとしての価値

それぞれの要素について、以下で詳しく見ていきましょう。

素材としての価値

金貨の素材である金は、1gあたりの価格によって取引されています。そのため、金貨の価値は、含まれる金の含有量によってある程度決まります

このとき、金の取引価格は、日々変動しているのがポイントでしょう。

例えば、2024年1月現在、金1gあたりの取引価格は10,000円台で推移しています。2021年の9月には6,400円程度だったことから、この2年間で3,600円以上も上昇しているのがわかります。

なお、金の輸入が自由化された1973年の取引価格は、1gあたり690円程度でした。この50年で、金の価格は14倍にも高騰しているのです。金そのものに、高い価値があることがうかがえます。

コレクターズアイテムとしての価値

金貨の価値を決めるもう一つの要素は、コレクションの対象としての価値です。

金貨は投資目的だけではなく、コレクション性の高さから世界中で人気があります。イベントなどで発行される記念金貨のなかには、発行枚数が限られており入手自体が困難なものも少なくありません。

手に入りにくく人気のあるものほど、いわゆる「プレミア価値」がついて価格が高くなる傾向があります。

記念金貨を売却する際には、コレクターズアイテムとしての価値がどの程度あるのかも調べておくとよいでしょう。

なお、記念金貨については以下の記事も併せて参考にしてください。

<関連記事>記念硬貨の価値はこれから上がる?売却のコツと高額記念硬貨10選を紹介

日本の金貨の種類5選

日本で最初の記念金貨は、1986年に発行された「天皇陛下御在位60年記念10万円金貨」です。

世界と比較すると、日本の記念金貨の歴史は浅いですが、1986年以降に発行されたおもな金貨を以下に一覧します。

区分 金貨の種類
皇室関係 (昭和)

  • 天皇陛下御在位60年記念10万円金貨

(平成)

  • 天皇陛下御即位記念10万円金貨
  • 皇太子殿下御成婚記念5万円金貨
  • 天皇陛下御在位10年記念1万円金貨
  • 天皇陛下御在位20年記念1万円金貨
  • 天皇陛下御在位30年記念1万円金貨

(令和)

  • 天皇陛下御即位記念1万円金貨
オリンピック関連
  • 長野オリンピック冬季競技大会記念1万円金貨(フィギュア)
  • 長野オリンピック冬季競技大会記念1万円金貨(ジャンプ)
  • 長野オリンピック冬季競技大会記念1万円金貨(スピードスケート)
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念1万円金貨(流鏑馬)
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念1万円金貨(勝利と栄光)
スポーツ関連
  • 2002FIFAワールドカップ記念1万円金貨
  • ラグビーワールドカップ2019日本大会記念1万円金貨
博覧会関連
  • 2005年日本国際博覧会記念1万円金貨
震災復興関連
  • 東日本大震災復興事業記念1万円金貨(ハトと地図)
  • 東日本大震災復興事業記念1万円金貨(学校と鯉のぼり)
  • 東日本大震災復興事業記念1万円金貨(折り鶴と地図)
  • 東日本大震災復興事業記念1万円金貨(自然と鳥)

上記のなかでも代表的なものについて、詳しく見ていきましょう。

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨

1986年に1,000万枚、翌1987年に100万枚発行された純金製の金貨です。

額面価格の10万円は、日本の記念金貨としては最高額となっています。日本で初めて発行されたものであるため、海外でも人気の高い記念金貨です。

では、実際にどれくらいの価値がある金貨だといえるでしょうか。ここでは、素材としての価値を計算してみましょう。

この金貨の重量は、20gあります。純金製のため、金の含有量も20gです。仮に、金の買取価格が1gあたり9,000円だとすると、査定額は額面価格を超えて18万円ほどになる可能性があります。

天皇陛下在位記念金貨の買取情報をチェックする

天皇陛下御即位記念10万円金貨

1990年に200万枚発行された記念金貨です。天皇陛下御在位60年の記念金貨と同様に純金製で、額面価格も10万円と同じですが、重量は1.5倍の30gとなっています。

金の含有量が多い分、素材としての価値は高いといえるでしょう。買取査定を依頼した場合の査定額も、こちらの金貨のほうが高くなると考えられます。

天皇陛下御即位記念金貨の買取情報をチェックする

長野五輪冬季大会記念1万円金貨

長野県で開催された冬季オリンピックを記念して、1997年から翌1998年にかけて発行された純金製の金貨です。3回に分けて5万5,000枚ずつ発行されており、それぞれ図案が異なります。

この金貨の重量は15.6gとなっているため、金の買取価格を1gあたり9,000円とすると、約14万円の価値があると計算できます。素材としての価値だけで、額面価格の1万円を大きく超えているのがわかるでしょう。

2002FIFAワールドカップ記念1万円金貨

日本と韓国で開催されたワールドカップを記念して、2002年に発行された純金製の金貨です。額面価格は1万円で、発行枚数は10万枚となっています。

重量は、長野五輪冬季大会の記念金貨と同じ15.6gです。この金貨も、素材としての価値だけで額面価格を超えているのがわかるでしょう。

日本国際博覧会記念1万円金貨

2005年に開催された日本国際博覧会(通称「愛・地球博」)の記念として、前年の2004年に発行された純金製の金貨です。額面価格は1万円、発行枚数は7万枚となっています。

この金貨も、重量は15.6gです。長野五輪冬季大会や2002FIFAワールドカップの記念金貨と同様、素材としての価値が額面価格を超えているのがわかります。

海外の金貨の種類5選

海外の記念金貨も、日本と同様に国家的なイベントなどに合わせて発行されます。

例えば、「イタリア 50リラ金貨 王国50周年」や「カナダ連邦100年記念 20ドル金貨」は、国をあげた周年記念として発行されたものです。偉人に関するイベントを記念した、「英領ヴァージン諸島 ローランドヒル没後125年 75ドルバイメタル金貨」のようなものもあります。

これらの金貨の額面価格は、素材としての価値と同じにはなっていません。多くの場合は、実際に使われている金の価値よりも低めに設定されています。

海外の金貨には、コレクションとしてプレミアがついて高値で取引されているものも数多くあります。なかでも代表的といえる海外の金貨を見ていきましょう。

【アメリカ】イーグル金貨

1795年から存在する、アメリカ合衆国の歴史ある金貨です。現在のイーグル金貨は1986年に発行されたもので、純度はK22(91.7%)となっています。

金貨の表側には自由の女神、裏側には白頭鷲(イーグル)が描かれており、アメリカを象徴するデザインといえるでしょう。

イーグル金貨には、サイズと額面価格の異なる4種類があります。最大のものは重量が1オンスで、額面価格も50ドルと最も高くなっています。

【カナダ】メイプルリーフ金貨

メイプルリーフ金貨は、カナダ王室造幣局が1979年から発行している金貨です。

非常に知名度が高く、現在では世界一流通している金貨だといわれています。純度はK24(99.99%)となっており、投資目的で取引されることも少なくありません。

金貨の表側には、エリザベス2世の肖像、裏側にはカナダ国旗のモチーフにもなっているサトウカエデの葉が描かれています。全部で5種類があり、重量1オンス、額面価格50カナダドルのものが最大です。

メイプルリーフ金貨の買取情報をチェックする

【オーストリア】ウィーン金貨

ウィーン金貨は、1989年にオーストリア造幣局により発行されました。純度はK24(99.99%)で、メイプルリーフ金貨と並び人気の高い金貨です。

金貨の表側にはパイプオルガン、裏側には管弦楽器が描かれています。「音楽の都」として名高いウィーンを象徴するデザインといえるでしょう。

大きさは5種類あり、重量1オンス、額面価格100ユーロのものが最大です。

【南アフリカ】クルーガーランド金貨

クルーガーランド金貨は、南アフリカ共和国政府が1967年から発行している金貨です。純度は、イーグル金貨と同じ、K22(91.7%)となっています。

主要な金貨としては長い歴史を誇っており、メイプルリーフ金貨が世界一になる以前は、最も流通量の多い金貨でした。裏側には、南アフリカに生息する「スプリングボック」という動物が描かれています。

クルーガーランド金貨には、額面が設定されておらず、重量も当初は1オンスのもののみでした。1980年以降は、1/2オンス以下のものが加わり、全部で4種類となっています。

クルーガーランド金貨の買取情報をチェックする

【中国】パンダ金貨

パンダ金貨は、1982年から発行されている中国の金貨です。表側には、ジャイアントパンダが描かれており、デザインが毎年変わる点は、この金貨の特徴といえるでしょう。

純度はK24(99.99%)で、おもに5種類のサイズが流通しています。重量1オンス、額面500元のものが最大です。

また、パンダ金貨には、5オンスや12オンス、1kgなど金貨としては珍しい大きさのものも存在します。コレクターにとっては、集める楽しみのある金貨だといえるでしょう。

金貨の買取情報をチェックする

金貨の価値を損ねずに売却するポイント

金貨の価値を損ねずに売却するためには、以下のようなポイントがあります。

  • 価値が高まっている時期に売る
  • 無理に金貨を手入れしない
  • 付属品を用意しておく

それぞれ詳しく見ていきましょう。

価値が高まっている時期に売る

相場価格(円/g)

金の価格は、需要やインフレ円安などの要因によって変動します。金貨を売却してより多くの利益を得たいのであれば、金の価値が高まっている時期を狙うのがおすすめです。

近年は、金の買取価格が上昇傾向にあるため、金貨を売るのに適した時期ともいえるでしょう。

なお、金貨を銀行や郵便局で両替してしまうと、額面の金額しか受け取れません。金貨の価値を最大限に活かすためには、専門の買取業者などを利用するのがおすすめです。

今日の24金の買取相場を見る

無理に金貨を手入れしない

金貨の手入れは、無理に行なわないように注意しましょう。

保存状態によっては、金貨の汚れや変色が目立つ場合もあるかもしれません。しかし、あまり強く磨くと表面に傷が付いたり、変色がひどくなったりしてしまうこともあります。

結果として、かえって金貨の価値が損なわれるケースも考えられます。無理な手入れは行なわず、そのままの状態にしておくほうがよいでしょう。

また、金貨のパッケージなどが未開封の場合は、開けずに買取査定に出すのがベストです。パッケージに傷や汚れがあったとしても、開封していないほうが査定額も高くなる可能性があります。

付属品を用意しておく

金貨を購入した際に付いていた化粧箱や説明書・保証書などの付属品が残っているなら、セットで査定に出すようにしましょう。

付属品の有無が、金貨そのものの査定結果に影響することはほとんどありません。一方で、金貨の付属品がすべてそろっていれば、付加価値が付いて評価が高くなる可能性もあります。

金貨の買取査定を依頼する際の注意点

金貨を売却する際には、いくつか注意したいこともあります。ここでは、買取査定を依頼する際に気を付けたい、以下の3つについて紹介します。

  • 迅速・丁寧な対応をしてくれる業者を選ぶ
  • 海外の金貨は額面を下回るケースがある
  • 本人確認書類を用意しておく

迅速・丁寧な対応をしてくれる業者を選ぶ

金貨の買取査定を依頼する際には、迅速で丁寧な対応をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

金の価値は日々変動するため、査定に長い時間がかかると、想定した価格で売却できなくなってしまうかもしれません。業者のWebサイトなどで、査定のスピードについて確認しておく必要があります。

また、業者の対応が丁寧かどうかも、チェックしたいポイントです。電話・メールでの問い合わせや店舗への訪問をする前に、利用者の口コミ情報なども参考にするとよいでしょう。

なお、金貨の適正な査定には、専門知識と経験が求められます。そのため、信頼できるスタッフが在籍しており、金貨の買取実績も豊富な業者を選ぶことが大切です。

査定結果に満足できないときは、売却をキャンセルできる業者なら、さらに安心でしょう。

海外の金貨は額面を下回るケースがある

海外の記念金貨は、素材として使われている金(地金)の値段よりも額面が低く設定されているものがほとんどです。

しかし、記念金貨の価値は、製造・流通コストや人気の高さなどにも左右されます。場合によっては、査定価格が額面を下回ってしまうケースもあるでしょう。

また、金製品は人気が高いため、偽造品も多く出回っています。日本ではそのような金貨の流通はほぼありませんが、海外には偽物のリスクもあるのです。

海外の記念金貨を査定してもらう際には、査定結果が額面を下回る可能性を考慮しつつ、偽造品か本物かを正確に見極めてくれる専門店に依頼しましょう。

本人確認書類を用意しておく

買取業者は原則、古物営業法に基づいて売り主の身分を確認しなければなりません。そのため、金貨を売却する際には、買取業者から本人確認書類の提示を求められます

どのような書類が必要なのか、事前に確認して用意しておきましょう。

個人で売却する際に必要な書類は、一般的に以下から1点です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 特別永住者証明書
  • マイナンバーカード

ただし、買取価格が200万円を超える場合は、原則、顔写真付きの身分証明書が必要です。顔写真のない身分証明書しか用意できない場合は、健康保険証に加え、以下のような補完書類も提示する必要があります。

  • 公共料金の明細・領収書
  • 社会保険料領収書
  • 納税証明書(身分証明書に記載された住所と同一のもの)

また、2020年2月4日以降に発行されたパスポートには、現住所が記載されていないため、現住所が確認できる補完書類も併せて提示する必要があります。

なお、法人が金貨を売却する場合は、一般的に以下のいずれかの書類が求められます。

  • 登記事項証明書(現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書)
  • 印鑑登録証明書

必要な本人確認書類は、買取業者によっても異なるので、詳細は売却を依頼する業者のWebサイトなどで確認してください。

金貨の買取査定は
「おたからや」へご相談を!

金貨の買取査定は、全国に1,000店舗以上を展開している買取専門店「おたからや」にお任せください。

「おたからや」では、最新の相場を熟知した経験豊富なプロの査定士が査定を行ないます。世界44ヵ国との取引実績があり、海外の記念金貨でも適正な査定が可能です。

また、最寄りの店舗での「店頭買取」のほか、査定員がご自宅までうかがう「出張買取」も実施しています。どちらも査定料や出張料などの手数料は発生しません。

付属品がない金貨でも、「おたからや」なら査定が可能です。どのような金でも買い取りの対象となっていますので、お気軽にご相談ください。

金貨の買取情報をチェックする

まとめ

金貨は、信頼性の高さと取引のしやすさにより安定した価値を保っています。

金貨の価値は、素材として用いられている金そのものの価値に、コレクターズアイテムとしての価値も加味して決まります。入手が困難で人気のある金貨には、思わぬ高値がつく場合もあるでしょう。

金貨を売却する際は、金の買取価格をチェックしたうえで、迅速・丁寧な対応をしてくれる買取業者に査定を依頼することが大切です。

「おたからや」では、経験豊富なプロの査定士がどのような金貨でも価値を正しく見極めます。独自の高価買取キャンペーンも多数開催しておりますので、金貨の売却をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

金相場高騰中!
2024年現在金相場は1グラム1万円を超え歴史的高値を更新中。
金を高く売るためのコツは、「金の価格が高いときに売ること」と「高値で買い取ってくれる専門店に売ること」です。金の価格は現在非常に高騰しているため、売却にはベストなタイミングといえます。
金の高価買取は「おたからや」へ

その他の金貨
コラム記事

金貨買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す