1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. 金・プラチナ・貴金属のお役立ちコラム
  4. 【2024年の金価格予想】
    暴落する場合の理由とは?
    金投資の方法や買取の
    ポイントも解説

【2024年の金価格予想】
暴落する場合の理由とは?
金投資の方法や買取の
ポイントも解説

金は安全性の高い投資対象として知られており、有事の際に備えて蓄えている人も少なくありません。実際、金の買取価格は2023年9月に1万円台に突入し、12月4日には1gあたり1万928円(小売価格・税込)の最高値を更新しました。

金価格は安定して上昇しているように見えますが、2024年以降に暴落してしまう可能性はあるのでしょうか。金を保有しているのであれば、その価値が減じる可能性や、高く売るためのコツなどに精通しておくことが大切です。

この記事では、金価格が暴落する場合の理由や、金の高価買取のポイントなどについて解説します。

今日の金1gあたりの買取価格相場表

金のレート(1gあたり)
K24{{k24_price}}+{{ diff_pre_k24_price }}円 K23{{k23_price}}+{{ diff_pre_k23_price }}円 K22{{k22_price}}+{{ diff_pre_k22_price }}円
K21.6{{k21_price}}+{{ diff_pre_k21_price }}円 K20{{k20_price}}+{{ diff_pre_k20_price }}円 K18{{k18_price}}+{{ diff_pre_k18_price }}円
K14{{k14_price}}+{{ diff_pre_k14_price }}円 K12{{k12_price}}+{{ diff_pre_k12_price }}円 K10{{k10_price}}+{{ diff_pre_k10_price }}円
K9{{k9_price}}+{{ diff_pre_k9_price }}円 K8{{k8_price}}+{{ diff_pre_k8_price }}円 K5{{k5_price}}+{{ diff_pre_k5_price }}円

最新の金の買取価格を確認する

金価格の最新相場は高値で推移している

2023年12月4日には、国内の金小売価格の指標となる田中貴金属工業の店頭小売価格が、1gあたり1万928円と最高値を更新しました。過去を振り返ってみると、2000年以降は金価格が上昇トレンドとなっています。

一般的に、金価格は世界情勢が不安定になるほど上昇します。このことは、2001年の世界同時多発テロや、2008年のリーマンショックなどをきっかけに金価格が上がっていることからもわかるでしょう。

最近では2023年3月に、シリコンバレー銀行の経営破綻や、クレディ・スイス銀行の経営危機などが相次いだことも、金の需要増の要因となりました。

国や企業への信頼が揺らぎ、通貨や株式の信用度が下がるにつれて、安全資産である金の需要は増加するのです。

ここからは、約20年にわたって順調に上がってきた金価格が暴落する可能性はあるのかを解説します。

【金価格予想】
暴落する場合の4つの理由

相場価格(円/g)

金価格予想のなかでも、特に短期的な予測を立てるのは専門家でも難しいといわれています。それでも、金価格が下落する一般的な理由を押さえておけば、収集した情報と合わせて金価格を予測しやすくなるでしょう。

ここからは、金価格が暴落する場合の一般的な理由を紹介します。

金の供給量が増える

金に限った話ではありませんが、市場に出回っている量が潤沢で、人に求められていないものは価値が下がります。したがって、金の供給量が増えればそれだけ金の価値も下がることが予想されます。

例えば、世界のどこかで巨大な金脈が見つかり、金の採掘量が格段に増えれば、金製品の価値は薄れていくでしょう。

とはいえ、金の供給量が増えて需要が下がる可能性は、あまり高いとはいえません。

地球上にある金の総量は約25万t(トン)といわれており、現在までに採掘された量は約17万~19万tです。そして、現在も年間約3,000tのペースで金の採掘が進められています。

近い将来、地上にある金を再利用するほかに手段がなくなり、金の需要はさらに高まることが予想されています。

世界経済が安定化する

世界情勢による影響も、金の価値が下がってしまう要因として挙げられます。

投資家のあいだでも人気の高い金ですが、経済が安定している時期は、金以外の投資対象が注目されます。逆に経済が失速し、さまざまなリスクを抱えている時期は、金の保有量を増やす投資家が多いのです。

つまり、経済が安定しているときは金の価値が下がり、混乱しているときには上がるのが一般的だといえます。

例えば、ロシアとウクライナの戦争による「ウクライナショック」が落ち着いた場合、金価格が下落する可能性はあります。また、世界的な金融不安が解消された場合も通貨や株式の信用が復活し、金価格下落の契機となる可能性があるでしょう。

金価格の予想をなるべく正確に立てるためには、世界経済の動向にアンテナを張って注視しておくことが求められます。

政策金利が上昇する

金は物質として希少であり、価値がゼロになる可能性が低いため、持っているだけで安心感を得られる資産だといえます。その一方で、配当金や利子などの恩恵を得られないのが難点です。

政策金利が上昇した場合、金利が付く預貯金の魅力が増すため、金から通貨へと資産を移動させる投資家が増えます。反対に、政策金利が引き下げられると通貨の価値が下がり、リスクヘッジの効果がある金の需要が増します。

政策金利と金価格は逆相関の関係といわれており、政策金利が大幅に上昇すれば金価格は下落する可能性が高いでしょう。

ただし、近年ではその他の政治的要因なども考慮したうえで、金に投資する層が増えました。政策金利が上がったからといって、一概に金価格が下がるとはいえないので注意が必要です。

インフレ状態を脱却する

インフレとは、継続的に物価が上昇する状態のことです。インフレが起こると相対的に通貨の価値が下がります。

例えば、アフリカのジンバブエでは2000年代にハイパーインフレが起こり、100兆ジンバブエドルという天文学的な数字の紙幣が発行されました。約300兆ジンバブエドルが日本円で1円にしかならない状態になるなど、大きな混乱を招いたことで知られています。

インフレによって通貨の価値が下がったときは、多くの人が金に投資することで損失を抑えようとします。そうすると金価格は上昇しますが、問題はインフレ状態から脱却したときです。

インフレ状態から抜け出した場合、金よりもほかの投資資産の需要が増え、金相場が下落する可能性があります。インフレが起こって金に投資した場合は、経済が正常化するタイミングを正確に見極めることが重要です。

【金価格予想】
暴落する可能性は高い?

前述のとおり、金価格の短期的な動向を予想するのは、専門家でも困難とされています。一般的に、金価格は複数の要因が絡み合って変動するものであり、要因のすべてを把握して、それぞれの影響を正確に見極めるのは不可能でしょう。

短期的に見れば、金価格の上昇が落ち着いたり、急落したりする可能性も否定はできません。

とはいえ、金の埋蔵量には限りがあり、ジュエリーや工業用途など幅広い需要もあります。金の価値がまったくなくなるとは考えにくく、長期的に見れば金価格はゆるやかに上昇することが見込まれています。

金や金製品の売却を考えているのであれば、予想外の出来事で金価格が暴落する前に、上昇しているタイミングで決断するのがおすすめです。

金の売り時については、以下の記事で詳しく解説しています。

<関連記事>金の売り時はいつ?売却のタイミングを見極めるには相場を知ろう

今日の金の買取価格を確認する
今日の金の買取価格相場(1gあたり)を見る

金の価値が下がる前に
知っておきたい投資方法5選

金投資にはさまざまな方法があり、どの方法と相性が良いのかは人によって異なります。それぞれの投資方法の特徴を知り、自分に合った投資先を探してみるとよいでしょう。

ここからは、金の価値が下がる前に知っておきたい投資方法を5つ紹介します。

1.ゴールドバー・金貨

最初に紹介するのは、ゴールドバー(インゴット)や金貨を現物購入して所有し、購入時と売却時の価格差で利益を得る投資方法です。

金を手もとに置いておけるので安心感があり、好きなタイミングで売ることができます。金価格は日々変動するため、安く買って高く売れば効率的に利益を得られるでしょう。

ゴールドバーや金貨を所有するデメリットは、管理の手間がかかることです。現物であることから、盗難に遭うリスクも少なからずあります。

銀行などの貸金庫に預ける場合、コストがかかる点に注意が必要です。盗難のリスクを考慮しつつ、なるべくコストを抑えた保管方法を工夫するとよいでしょう。

2.投資信託

特定の投資信託商品を購入し、資産運用は専門家であるファンドマネージャーに任せる方法です。ゴールドバーなどを購入する場合と異なり、現物の金を自分で扱うことはありません。

投資信託のメリットは、資産運用の手間がかからず、投資のプロに合理的な運用をしてもらえることや、少額から取引をスタートできることです。ただし、運用コストが発生する点はデメリットだといえます。

また、上場している投資信託「ETF」を利用する方法もあります。一般的な投資信託が1日1回の取引であるのに対し、ETFの場合は取引時間内であれば何度でも取引可能です。

3.純金積立

純金積立は、証券会社や銀行などで口座を開設し、金を継続的に購入する投資方法です。毎月の投資金額を決める定額積立と、投資する金の量を決める定量積立の2種類があります。

純金積立のメリットは、計画的に資産を形成できることです。毎月1,000円程度から始められるところも多いため、気軽に金を積み立てたい人に向いています。

ただし、金の値動きによっては損失が生じるおそれもあります。金融機関によっては積み立てた金が引き出せない場合もあるため、事前に確かめておきましょう。

4.金先物取引

金先物取引とは、将来の金価格を予想して購入、または売却する投資方法です。金価格が上がると予想する場合は購入から、下がると予想する場合は売却から取引を始め、差額による利益を目指します。

金先物取引のメリットは、少額の投資でもレバレッジを効かせて大きな利益を得られることです。その反面、予想が外れた場合は大きな損失が生じるリスクもあります。

価格変動に影響する情報を集めて、将来的な値動きを正確に予想する自信があり、資金に余裕がある方は、金先物取引に挑戦してみるとよいでしょう。

5.金CFD

金CFDとは、金価格を指標とした差金決済取引のことです。金を保有することなく、証拠金を担保にした売買の差額によって利益を得ることができます。

最大20倍のレバレッジをかけられるため、少額の証拠金でも大きな利益を狙えるのがメリットです。ただし、レバレッジをかけすぎると、ロスカットが行なわれる可能性もあるので気を付けましょう。

ロスカットとは、損失の拡大を防ぐために、損失が一定以上に達した場合に強制的に決済が行なわれ、損失額が確定される仕組みのことです。

金・金製品をなるべく
高価買取してもらうポイント

長期保有を前提としていない場合、金の買取価格が上昇傾向にあるタイミングで売却するのが一般的です。買取相場は細かく変動するため、動向を確かめながら高値が付いたときに査定に出すとよいでしょう。

また、金や金製品を売却するときは、事前にお手入れをしておくことが大切です。

特に、アクセサリーなどは見た目も査定額に影響するため、やわらかい布などで拭いて汚れを落としておくことをおすすめします。ただし、金はやわらかく変形しやすいので、力を入れてごしごしと擦るのは厳禁です。

ハイブランドのジュエリーについては、付属品を保管していないか確認しておきましょう。付属品をそろえて査定に出したほうが、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

さらに、適正価格で買い取ってくれる優良な業者を選ぶことも重要です。

買取業者のなかには、買取相場や純度、重量などをごまかそうとする悪質な業者も存在します。金の売却で損をしないためにも、豊富な実績がある優良業者に査定を依頼しましょう。

今日のインゴットの買取相場を見る
今日の金の買取価格相場(1gあたり)を見る

金・金製品の買取査定は
「おたからや」へ

「おたからや」は、全国に1,000店舗以上を構えている国内最大級の買取専門店です。

店頭買取、または自宅にいながら査定を依頼できる出張買取のいずれかを、都合に合わせて選べます。どちらも査定料や出張料などの手数料は無料なので、お気軽にご利用いただけます。

また、「おたからや」には経験豊富なプロ査定士が多数在籍しており、金地金や金アクセサリー、金貨など、さまざまな種類の査定に対応しています。お客様が査定結果に満足して売却を決めた場合、その場で現金買取なので安心です。

金や金製品の売却を検討している方は、「おたからや」の無料査定をぜひご利用ください。

おたからやの金買取の詳細をチェック

その他の金価格・相場
コラム記事

金価格・相場買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す