ブランド時計
2021年11月5日

ロレックスが本物か確かめる方法!こうすれば本物かわかる!

NEW
ロレックスが本物か確かめる方法!こうすれば本物かわかる!

正規店で購入したロレックスには、商品に保証書(ギャランティーカード)が付属しているため、これで本物であると判断する人も多いでしょう。しかし、中古品を購入したときには、保証書がないこともあります。こうなると本物かどうか不明な場合もあるでしょう。このような悩みを持つ人に本物を知る方法を紹介します。

時計鑑定士なら安心して任せられる

簡単にロレックスの偽物を見破る方法

ロレックスの真贋を見分けることは、簡単なことではありません。その理由としては、ロレックスの偽物は多種多様であることが挙げられます。同じような偽物を作り続けるばかりではなく本物に少しでも近づけるための進化をしているため、一言で伝えられるようなノウハウは殆ど存在しません。仮に、一箇所だけマークが異なっているものが出て来たときには素人であれば偽物と判断できる可能性はありますが、時計鑑定士はそれだけで判断することなく、他にも偽物だと疑わしい部分をしっかり調べたうえで総合的に判断するため安心です。

時計を見た瞬間に違和感がないか、時計に触れたときに痛くないのか、見えない部分が雑になっていないか、文字がぼやけていないか、時計を動かしたときに異音がしないのか、これらは基本的な時計鑑定士によるチェック項目です。他にも、1つでも偽物と断定できる重要な項目や2つ重なることで疑惑が濃くなる項目、3つ重なると偽物確定など状況証拠を積み上げて判断していきます。

 

数多くの鑑定は視覚や手感を鍛える

鑑定の際には、時計を目視したり触れたりして偽物か否かをジャッジします。なかでも、時計を実際に身につけて痛いと感じたり、ゴツゴツした感触があったりなどの印象を受けるものは偽物の可能性が高いです。これも時計を数多く鑑定することで得られるノウハウですが、経験は視覚および手の感覚を鍛える効果があります。時計には、ブレスレットの取り外しをするときにフリップロックを使いますが、偽物の中にはフリップロックの仕上げが雑なものが多く、実際に身に着けるとそれがわかるそうです。このように、時計鑑定士に依頼すると、素人ではわからないような細かな偽りを見つけてもらうことができます。、所有しているロレックスが本物であるのか否かを知りたいときには、経験豊富な時計鑑定士に鑑定してもらうと安心です。

 

まずはセルフ鑑定から!見極めるポイントは5つ

セルフ鑑定の方法

セルフ鑑定は、自らロレックスが本物であるのか否かの判断するための手法で、プロが作っているのか否か、本物と偽物の根本的な違いを探ることから始めます。本物のロレックスは、細部まで丁寧に作られていますが、偽物は大量生産が優先になるため、本物に似せようとしても細部が雑になっていることが珍しくありません。

 

ポイント1:刻印とクラウンマーク

ケース部分には刻印がありますが、これはブレスレットを取り外すことで見えるケース側面にあるものです。この刻印は、リファレンス番号とシリアル番号が刻まれており、保証書にも同じ番号が明記してあります。しかし、この刻印がないものは偽物の可能性が高いです。本物は、ブランドの顔であるクラウンマークについて、角部分の一つ一つがシャープになっていて頭部分は大きく開いている点が特徴となっています。

 

ポイント2:針の仕上がり

針は、横や真正面から見ても仕上がりそのものがきれいな状態ですが、偽物などでは磨き残しが生じているケースがあります。

 

ポイント3:カレンダーなどの塗料や針やカレンダーの動き

カレンダーの数字は、塗料がきれいに塗られていて剥れなどがないものが本物です。左右上下に偏っていることがなく、針の動きがスムーズで、午前0時になったときには瞬時に日付が切り替わります。

 

ポイント4:ガラス面の傷や透かし模様

ロレックスのガラス面はサファイアクリスタルと呼ばれる特殊な鉱石でできており、ダイヤモンドの次に硬い鉱石であることから表面に擦り傷がつくことはほとんどありません。また、ガラス面にはクラウンマークの透かしが入っているため、確認することをおすすめします。

 

ポイント5:ブレスレットや竜頭など面取りや側面のネジ

ブレスレットやラグ、そして竜頭などの面取りは適切になっているのか確認しましょう。また、側面などに使われているネジは丁寧に磨かれているか、ネジ回りには隙間がないかも確認ポイントです。

 

残念ながらセルフ鑑定の確実性は低い

スーパーコピー品はセルフ鑑定では見分けが困難

ロレックスの偽物と一口で言っても、一瞬で偽物と判断できるものもあれば、判断がつきにくいものなど様々です。特に、スーパーコピー品と呼ばれるものは精巧な作りをしており、専門家が入念にチェックをしなければ見分けられないことがあると言います。スーパーコピー品を本物と信じ、長年着用していて売却の際に偽物とわかることもあるようです。そうならないためにも、買取店などの鑑定士に見てもらうことをおすすめします。

 

セルフ鑑定ではロレックスの特徴を把握する必要がある

ブレスレットの側面には、コマを繋げて固定するためのネジが使われていますが、本物の時計に使われているネジは1本1本丁寧に作られていて、磨き込まれている点が特徴的です。固定されている状態では隙間が全くなく、ネジの長さはブレスレットの幅と同一サイズとなっています。複数のネジが使われているため、全てをチェックする必要がありますが、これには労力が必要なだけでなく、作業中にネジをなくさないように注意が必要です。偽物はネジ周りに隙間がある、ネジの長さがブレスレットの幅よりも短いなどの違いがあります。ただし、ネジの長さは素人でも確認はできますが、丁寧に作られていて磨き込まれているなどの作業はスーパーコピーも同じように行われている可能性が高いです。そのため、これだけで本物などの判断をすることはおすすめできません。

 

ムーブベントの動作音もセルフ鑑定では難しい

セルフ鑑定の項目の一つとして、ムーブメント動作音の判定が挙げられます。時計本体を耳に当てて動作を聞く関係方法です。本物の場合はシュルシュルなどの独特の音がしますが、偽物の場合はカラカラやカタカタなどのような乾いた音がします。ただし、音の聞き分けは素人では難しい場合が多いでしょう。仮に本物と偽物の2つが目の前にあり、それぞれの音を聞き分けるのであれば判断できますが、自分が持っているものだけで判定するのは困難です。

 

正規店にオーバーホール依頼するのも一つの手段

ロレックス正規店にオーバーホール依頼

高級腕時計を長く使い続けるためには、3年に1度などの割合で分解修理を依頼することが推奨されています。分解修理は、故障が原因で行うものではありません。オーバーホールを実施して劣化している部品を新しいものに交換する、分解しながらパーツをきれいに磨いて必要な個所にグリスを塗布するなどの作業です。オーバーホールはロレックス正規店で行うと、その時点で本物と偽物の判断ができます。どのような鑑定を行っているのかは不明確ではありますが、ロレックス正規店のオーバーホールは本物のロレックスのみの取り扱いとなっているためです。そのため、正規店のオーバーホールを実施できたときにはそれが本物の証になります。

 

日本ロレックスに見積もり依頼

オーバーホールを依頼するとき、どのくらい費用が掛かるのでしょう。特に初めて依頼するときには気になりますが、日本のロレックスは見積もりを依頼して費用を確認したうえでお願いすることが可能です。このとき、保証書などの書類の有無は関係ないため安心してお願いできます。また、見積もり依頼の段階で断られることがなければ本物の可能性が高くなるでしょう。ただ、断られてしまう理由の中には、保証書が偽物という場合があります。その場合や保証書がない場合は時計本体を日本ロレックスに送付しなければなりません。時計本体を送付してオーバーホールを断られないのであれば本物の可能性が高くなるため、まずは正規店にオーバーホールの見積もりおよび依頼をおすすめします。注意しならないことは、30年以上前に製造されたロレックスの時計は、例え正規品でもオーバーホールができず断られる場合がある点です。これは、あまりにも古くて交換用の部品在庫がないなど理由があるため、アンティーク時計などは時計専門店で鑑定を依頼するのがベストでしょう。

 

安心してロレックスを売却するために

オークションなどで販売するとき

ネットオークションを活用されている人も多いと思いますが、ロレックスの腕時計がネットオークションに登場することも決して珍しいことではありません。保証書や箱などの付属品が揃っているものなどは、出品されるとコレクターなどが入札することが多いでしょう。また、入札者の数が増えてくると値段が上がってくるため、高価な値段で売却できる可能性も高くなります。ネットオークションの出品者の多くは、ノークレームノーリターンを希望していることが多いのですが、ロレックスの出品者にはそのような傾向が少ないです。購入したロレックスが偽物だと判明した場合には、出品者の品位に関わり、場合によっては損害賠償請求を起こされる可能性があります。本物であることを十分確認したうえで出品することが求められているのです。

 

買取専門店の無料査定を使う方法もある

どのような売却方法を使うにしても、売却したいロレックスが本物であるのか否かをはっきりさせることが安心して売却するときの重要なポイントです。ネットオークションを使う場合でも、事前に本物であることが証明できていれば商品の概要ページなどで正規品であることをアピールすることができます。入札する人にも安心を与えられるため、入札数をアップさせることも可能でしょう。オーバーホールを依頼すると正規品であるのか否かが明確になるだけでなく、長年使い続けていたロレックスもオーバーホールで新品のときと同じ状態に戻すこともできます。また、購入してからそれほど長く使っていないときは、ロレックスを専門に買取しているお店の無料査定を使う方法もおすすめです。査定の際には鑑定士が時計の品質や状態などを細かくチェックするため、本物であることの証明に加えて買取価格の目安にすることもできます。なお、無料査定は数社を利用することで高く売れるお店を見つけるときにも役立つでしょう。

 

まとめ

ロレックスが本物であるのか否か確認する方法をご紹介しましたが、本物であることを明確にしたうえで売却することのメリットは大きいことがわかりました。事前に時計鑑定を利用して正規品であることを把握することで、売却の際の売り主買い主両方の安心に繋げることができます。セルフ鑑定でもある程度は偽物のジャッジはできますが、スーパーコピーのように精巧に作られているものはプロの経験やノウハウが欠かせません。無料査定の利用やロレックス正規店のオーバーホールを活用することをおすすめします。

 

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。