ロレックスの定番モデルヨットマスターの資産価値と魅力に迫る

NEW
ロレックスの定番モデルヨットマスターの資産価値と魅力に迫る

ロレックスのヨットマスターは、ドレスモデルとスポーツモデルの中華院に位置する人気定番モデルです。価格帯はミドルクラス以上になり、資産価値も小さくありません。古いモデルでも人気があるので、使わずに眠らせておくならば査定に申し込んで見るのがおすすめです。逆にオーバーホールをして、数年ぶりにもう一度愛用してみても、魅力を感じることが出来るモデルになります。

ドレスウォッチとスポーツモデル

ロレックスは数々の先進的な機構を開発して、機械式時計をリードし続けてきたパイオニアです。現在の時計ブランドの定番的な機能や装飾などは、20世紀にロレックスが生み出した価値観も数多くあります。螺子巻き式や手巻き式から自動巻きになる過程や、懐中時計から腕時計に進化してゆく経緯の中では、とても重要な役割を担ったのがロレックスに他なりません。
ビジネス用途からスポーツやアウトドアアクティビティ、レジャースタイルまでさまざまなシーンで使う時計を提供してきました。ドレスダウンを狙って敢えてスーツスタイルにスポーツモデルを組み合わせてもいいですし、頑丈なケースで防水性が高い基本性能を持ったドレスモデルを、逆にアウトドアで使うことも新鮮味があります。
ヨットマスターのコンセプトは正にその通りです。スポーツで使うことを想定しておりますが、ラグジュアリーな高級感が印象に残るモデルになります。イエローゴールドの美しい輝きは、上品でありながらアクティブで活動的な野趣を持っているのが特徴です。
ロレックスのヨットマスターは1992年に登場し、大型のメンズモデルからボーイズサイズやレディースまでラインナップしております。さまざまなシリーズの中でも、ミドルクラスより上のランクのシリーズなので、資産価値も十二分に持っているのが特徴です。1997年にはシリーズ展開を拡大しました。
オイスタースチールとエバーローズゴールドのロレゾールモデルが加わり、マスキュリンで美しく都会的でありながら、週末を海辺で過ごす贅沢な雰囲気に似合うウォッチに進化しました。展開はさまざま選べるので、ダイヤルをチョコレートカラーにしてベゼルをプレーンなローズゴールド、そしてオイスタースチールのコンビネーションにすれば、繊細なダイバーズウォッチのような外観になります。選ぶ仕様によりストイックなモデルから、ラグジュアリーな雰囲気まで海のように幅広いイメージが広がるモデルが、ロレックスヨットマスターの真骨頂です。

ヨットマスターの特筆点

ヨットマスターは両方向回転式のベゼルを持つ、マリンエディションが開発コンセプトです。ディープシーのような潜水モデルではないために、逆回転防止ベゼルは採用されておりません。海上の移動時にブイとブイの間を計測したり、セーリング時間をチェックするために両方向回転ベゼルを採用しているのです。
ヨットマスターの進化の過程では、ロレゾールモデルの登場からロレジウムへ続き、さらにベゼルの表面やインデックスにプラチナが付いたモデルもあります。コンビネーションモデルではなく、ソリッドなシルバーカラー統一モデルなど、数多くのバリエーションが生まれて現在に至っているのが特徴です。
2007年にはヨットマスター2、2011年にはローズゴールドとステンレスのコンビモデルが発売され、2013年にはオールステンレス素材が誕生するなどシリーズは拡大を続けております。2015年にはラバーベルトタイプが加わり、ストイックな外観に生まれ変わりました。2019年位はロレジウムがマイナーチェンジによるアップデートをするなど、基本構造を守ったまま小さな進化を繰り返して完成度を上昇させております。
海や海辺の生活を楽しむことがコンセプトであり、大人の余裕を感じさせるのがヨットマスターの魅力です。派手ではなく地味でもなく、自身のライフスタイルをこよなく愛するように、このヨットマスターとの生活をスタイルにすることがコンセプトなのです。リラックススタイルで過ごし、それでいて脱力し過ぎずに規範を守ることが重要になります。
堅牢で優雅でありながら耐久性に優れ、機能的であることはエレガントで行動的な生活をサポートしてくれる存在です。ロレックス社はマリンスポーツとの関りも深く、1958年には有名なニューヨーク・ヨットクラブとパートナーシップ契約を行いサポートをしていました。その後はメインスポンサーとして、海上レースの支援を行っています。そうした経験をフィードバックして作ったヨットマスターは、最高の洋上時計の一つなのです。

ヨットマスターはタフなマリン仕様

ロレックスのデザインの中で重要な位置づけになっているベゼルは、ポリッシュモデルやフルーテッドベゼルが有名です。航空機のエンジンをベースデザインにした、エンジンターンドベゼルはフルーテッドの前身になります。旧型のエアキングなどはファインリーエンジンターンドベゼルを搭載し、シャープな印象を表現していました。他にもサンダーバードベゼルやバーク仕上げなど、高級モデルに使われる仕様があります。
ヨットマスターは両方向回転式の立体加工されたレイズド仕上げの目盛りのベゼルを採用しており、控えめながら視認性が高いことはマリンスポーツモデルに相応しい仕上げと言えそうです。1999年にロレジウム系でオールステンレスモデルを出して人気になりましたが、ミドルクラス上位のシリーズのために一度廃盤になりました。近年ではオイスタースチール&プラチナモデルとしてラインナップに復活して人気を呼んでいます。
見た目はラグジュアリーでドレス系とスポーツモデルの中間的な立ち位置ながら、マリンスポーツを背景に開発を行っているために耐衝撃性能や対磁性能は低くはありません。雰囲気だけのスポーツカジュアルではなく、しっかりとした実力派の時計なのです。防水性能は日常生活ではオーバースペックな100メートルクラスなので、タフな環境でも安心して使うことが出来ます。ロレックスの時計の優れている店は、繊細な機械式時計でもタフで耐久性が高いことで日常生活での装着に制限が少ないことです。
ヨットマスターのラインアップを見ると、レディースサイズの展開が確認出来ます。カップルや配偶者とお揃いで使えば、アウトドアアクティビティから日常生活まで使えるペアウォッチになるのです。プレゼントに最適ですし、結婚指輪の代わりにロレックスを贈り合ってもいいかもしれません。最高の実用品として、人生の配慮になってくれることは間違いありません。耐久性が高くアフターケアにも力を注いでいるブランドなので、もしもの故障でも安心です。

中古市場のヨットマスター

ミドルクラスのより上位のランクの立ち位置のロレックスヨットマスターは、二次流通でも高い人気を誇っております。現行商品でもプレミア化をしており、定価以上で取引きが行われているのが特徴です。人気のある商品なので市場在庫数が豊富なので、現行では廃盤になってしまったモデルでも中古市場で探すことも可能になります。
逆に人気シリーズだからこそ、使っていないヨットマスターや買い替えの需要でも、リセールバリューを期待することが可能です。現在ロレックスは世界的に空前のブームを迎えており、人気シリーズは1.5倍や2倍などの価格で取引されているモデルもあります。ヨットマスターも人気なグループであり、欲しがる人は少なくありません、手放したいと思ったら、まずは査定の依頼をしてみるといいでしょう。程度が良いことや付属品が完品であること、人気のバリエーションモデルならば中古でも定価付近や、場合によっては定価以上で買取ってもらうことが出来ます。
ヨットマスターはお馴染みのロレジウム素材の中でも、特別に美しいロレジウムを採用しております。美しい光沢感は、ワンランク上のラグジュアリー感が特徴です。ケースやブレスレットにはステンレススチールを採用し、文字盤にはプラチナを奢っているモデルもあります。従来のスポーツウィッチよりもリッチでプリミティブであり、存在感のあることがヨットマスターの利点です。
ヨットマスターが初登場したのは1992年になります。その頃は超大型のフェイスを持つ、ダイバーズ系時計やパイロットウォッチの人気が高い時代でした。スペック重視でありクロノグラフ系や、飽和潜水などの数値がキャッチセールスのポイントになっていたのです。
その対極の存在としてヨットマスターは誕生しました。高い防水性ではなくクルージングやセーリングなど、海上や海辺のスポーツを優雅に楽しむための大人の時計です。富裕層がターゲットモデルであったために、スタート時には金無垢モデルのみの展開でした。

ヨットマスター最注目モデル

ヨットマスターはドレス系とスポーツ系の中間的な立ち位置であり、スポーツモデルのグループに属しているものの、開発コンセプトはフレキシブルなのがメリットです。ヨットマスターは現在までにさまざまなモデルが生み出されてきており、ミドルクラス以上の価格設定のために資産価値も十分に持っております。バリエーションの広さや思い切りの良い、強い個性を持っているモデルなど中古市場で探している人も少なくありません。
ヨットマスターロレジウム126622モデルは、独自の金属の鈍い輝きがシックで魅力的です。ロレジウムはロレックスのステンレスにプラチナをコンビにしたモデルの名前になります。904Lステンレスと、950プラチナを使った大人のためのラグジュアリーなラインアップです。サンドブラスト処理とヘアライン加工によるシルバーのツートンが、渋みと落ち着きを醸し出しており、ヨットマスターの中で高級ラインの製品になります。
定価は約約140万円弱で、二次流通の買取価格は220万円前後です。重量感のあるデザインで人気が高く、ヨットマスター独自のロレジウムが所有欲を駆り立ててくれます。ヨットマスターの中でも一位二位を争う人気モデルです。
ヨットマスターオイスターフレックスブレスレット126655モデルは、パヴェダイヤモンド入りのダイヤルが印象的な逸品になります。実用的な宝飾時計として、ヨットマスターのシリーズの中に組み込まれました。隙間なく敷き詰められたダイヤモンドのゴージャス感と、水面に太陽光が当たり輝く光景がシンクロし、海辺に似合う特別製の時計に仕上げられております。
宝石の輝きとロレックスの技術力のシンフォニーがどこまでも美しく、スポーティーでありながら大きな資産価値を生んでくれる一本です。定価は驚きの500万円越えですが、中古価格の買取は400万円前後が相場になります。このレベルになるとスポーツウォッチではなく、ドレススタイルと言ってもいいかもしれません。

ヨットマスター人気モデル

ヨットマスターはフレキシブルなシリーズになります。コンセプトは海辺の生活であり、セーリングやクルージングなどを楽しむ大人の休日が情景的に最適です。ダイバーズ系の外観をしておりますが、潜水は想定していません。しかし水辺で使うのには十分な100メートル防水機能を持っており、時計を気にせずにマリンスポーツを楽しめるスペックを所有しております。
ヨットマスターロレゾール126621は、ブラウンフェイスにローズゴールドのベゼルがペールカラーになっており、清潔で爽やかな印象のヨットマスターです。チョコレートダイアルと60分目盛りが親和性が高く統一感を感じさせるデザインであり、数字と目盛りはレイズド仕上げでミニマムな印象が心地よい効果を残してくれます。細かいサンドブラスト仕上げのベース、外周の光沢仕上げなどの手間がかかったベゼルです。定価は約140万円弱になりますが、中古市場で人気と高い相場を維持しており、買取価格は280万円前後が提示されております。
ヨットマスター金無垢16628は、美しいイエローゴールドの美しさと、ずっしり重い金無垢の重厚感が特徴的な一本です。この押し出しの強いヨットマスターは、好き嫌いがハッキリ分かれるかもしれません。しかしその点はやはりロレックスであり、全体的に品を感じさせる仕上がりになっております。よく見ると光沢ポリッシュばかりではなく梨地仕上げの部分もあり、ゴージャスな美しさの中にクラフトマンシップを感じさせてくれるのです。廃盤品のために定価は不明ですが、中古市場では300万円から400万円で販売されております。
ヨットマスターロレゾール16623モデルは、904Lステンレスと18Kゴールドのコンビネーションモデルです。現在は廃盤モデルとなっておりますが、レトロでクラシックな雰囲気が一周回って新鮮な魅力を放っております。程度により買取価格の差が大きいモデルであり、100万円弱から150万円程度で取引が行われることが多いようです。

まとめ

ヨットマスターは1992年に、ラグジュアリー路線の海辺のマリンスポーツモデルとして発表されました。美しさと堅牢なタフさを兼ね備えた、基本性能が高いドレスとスポーツの中間的な時計です。数多くのバリエーションを持ち、オイスターベルトとオイスターフレックスベルトがラインナップされているなど、ストイックな外観から豪華でラグジュアリーな外観まで、幅が広いことがヨットマスターの特徴になります。

ヨットマスター買取ページはこちら

ロレックス買取ページはこちら

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る