宝石・ジュエリー
2021年11月4日

【ペクトライト-Pectolite】の買取

NEW
【ペクトライト-Pectolite】の買取

ペクトライトは世界各国で産出されている鉱物ですが、一部地域でしか見つからない希少な色もあります。硬度はあまり高くありませんが、アクセサリーやジュエリーに使われることもある石です。ここでは豊富な色合いを持つペクトライトの特徴から宝石言葉や価値、価格などを紹介しましょう。

ペクトライトの特徴と宝石言葉

ペクトライトはソーダ珪灰石とも呼ばれている鉱物です。世界で初めてペクトライトが発見された場所はイタリアで、1828年のことでした。ペクトライトにはさまざまな色のものがあります。中でも、見る人に穏やかな海をイメージさせる青色のペクトライトは、ラリマーと呼ばれており高い人気があります。モース硬度は4.5から5程度で、比較的柔らかい石ですが、光沢もあり、透明や半透明をしているのが魅力でしょう。中には、キャッツアイ効果が見られるものもあります。人気の高いブルーのペクトライトのラリマーは、まるで南国の海のような明るい青に白が混ざった模様が特徴的です。この石の宝石言葉は、「安らぎ」や「愛と平和」です。

 

ペクトライトの色と魅力

ペクトライトは透明や半透明をしており、人気の高い青色のものが多く流通しています。これはブルーペクトライトと呼ばれる石で、水色から青までの濃淡があり、白い模様が入っているのが特徴的で、水面に起こる波紋のように見えます。この南国の海のような色と模様が人気の理由であり、美しさが魅力でしょう。これらの他にも、ピンクや無色、白などさまざまな色合いのものが存在しています。淡いイエローやグレーなどもペクトライトにはあります。これらのような色は含まれている成分によって決まり、銅を含んでいるものは青、マンガンだとピンクになるのが特徴です。ピンクのペクトライトにはキャッツアイ効果が見られるものもあります。

 

ペクトライトの産出国

無色から白やグレー、さらに黄色やピンクなどさまざまな色合いを持つペクトライトは、世界の各地で見つかっています。北米のアメリカ合衆国やカナダだけでなく、他にもスウェーデンやロシア、イタリアなども産出国として挙げられます。さらに、モロッコでも発見されたことが確認されています。特に人気の高いブルー系のペクトライトであるラリマーは、ドミニカ共和国とバハマで見つかっています。しかし、バハマでは採掘されていないため、ラリマーは主にドミニカ共和国でのみ採掘されている石と言えるでしょう。ブルー系のペクトライトは、これらの地域の他にもチェコで発見されていますが、それほど数は多くありません。

 

ペクトライトのお手入れと保管方法

ペクトライトの石は、アクセサリーやジュエリーに加工されることもあります。特に人気の高い青色のものは、ネックレスやブレスレット、指輪などの装飾品に加工されています。しかし、ペクトライトはモース硬度が4.5から5程度と比較的低い石です。それほど硬度が高くないため衝撃に弱く、割れやすい石でもあります。また、ナトリウムやカルシウムが含まれており、水分や紫外線にも弱いのも特徴です。手入れをする際には、長時間水に浸けておくことは避けましょう。できるだけ乾拭きで汚れを落とすのみにし、水洗いする際には短時間で済ませ、完全に水分を取り除くことがおすすめです。保管の際には紫外線や湿気を避けることや、硬いものに当てないよう注意することも大切です。

 

ペクトライトの市場価値

世界の各地で産出されているペクトライトは、他のメジャーな宝石と比較すると、それほど市場価値が高いわけではなくありません。特に人気のあるブルー系以外のものはニーズが低く、あまり注目されることもないでしょう。ドミニカ共和国で採掘されているラリマーと呼ばれる青色のペクトライトだけは、比較的珍重されています。白や淡い黄色、グレーなど他の色と比較しても市場価値が高いです。青色のペクトライトであるラリマーの宝石言葉は、「安らぎ」や「愛と平和」です。スピリチュアルな考え方が好きな人たちの間では、パワーストーンとして注目されており、人気を集めています。品質の良く価値の高いものは、高い値段で取引されることもあります。

 

ペクトライトの値段と価格相場

ペクトライトは、それぞれの色によって評価が大きく変わることが特徴的でしょう。ラリマーとも呼ばれるドミニカ産の青いペクトライトは、特に評価が高く、価格も他の色に比べて高くなっています。ペクトライトの価格の相場は、品質や大きさによって異なります。大きさの小さいものなら、数千円から数万円ほどで取引されることが多いでしょう。一般的に不純物が少ないと評価が高くなり、不純物が多いと評価も価格も下がります。ラリマーに関しても、それぞれの色によって、品質の評価が変化します。より青が濃いものは、淡い色のものよりも評価が高いです。特徴的な青と白い模様のバランスも重要であり、青が少なくて白が多いと、価値が下がる傾向にあります。

 

まとめ

ペクトライトは世界の各地で産出されている石です。特によく知られているのは、海をイメージさせる水色をしたラリマーと呼ばれる種類で、宝石言葉は「安らぎ」や「愛と平和」です。水色の他にも、ピンクや淡いイエローをはじめとしたさまざまな色のものがあります。硬度は比較的低く、水分や紫外線にも弱いためお手入れや保管方法には注意が必要です。市場価値はそれほど高くなく、小さなものなら数千円から数万円ほどで手に入ることもあります。しかし品質の良い青いペクトライトは評価が高いです。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。