【ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)-RutileQuartz(RutilatedQuartz,RutilelatedQuartz)】

NEW
【ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)-RutileQuartz(RutilatedQuartz,RutilelatedQuartz)】

針水晶とも呼ばれるルチルクォーツは、内包物の美しさが多くの人を惹きつけている鉱物です。宝飾品に加工されることも多く、魅力ある石です。ここではルチルクォーツの特徴や産出国、さらに市場価値や価格などをご紹介します。

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)の特徴と宝石言葉

ルチルクォーツは、ルチレイテッドクォーツやルチルレイテッドクォーツとも呼ばれることがある鉱物です。日本語では「針入り水晶」と呼ぶこともあります。この石は、二酸化ケイ素が結晶化されてできるクォーツ(水晶)の中に、針状の金紅石の結晶が内包されているのが特徴です。金紅石とは二酸化チタンの結晶のうちの1つで、光が当たると赤みを帯びた色合いに見えたことからこの名が付きました。また金紅石そのものは、ルチルとも呼ばれています。ルチルクォーツ中に内包されているこの金紅石の結晶は、ごく細い金色の針のように見えることが多いです。一般的にルチルクォーツといえばこのような金色の金紅石が入っている物を指しますが、異なった色の結晶が内包されている場合もあります。さらに珍しいものとして、キャッツアイ効果と呼ばれる猫の目のような細い光の筋が見られるルチルクォーツが見つかることもあります。ルチルクォーツのモース硬度「7」で、比較的硬い石です。また8月の誕生石としても知られているほか、パワーストーンとしても人気のある石です。ルチルクォーツの宝石言葉には「洞察力」や、「真実」などがあります。硬い石の内側にはインクルージョンがあるのに、それが透けて見えることからこのような宝石言葉が生まれたと考えられています。

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)の色と魅力

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツは、石英とも呼ばれる鉱物の結晶であるクォーツの中に、色の付いたインクルージョンが入っているのが特徴です。内包物の色は金・赤・黒のいずれかで、クォーツそのものは一般的には無色透明となっています。インクルージョンの量が少ない場合には、透明の鉱物の中に少量の針金状の鉱物が入っているように見えます。しかしインクルージョンの量が多い場合には、全体が金色や赤、茶色、黒などの色をしているように見えることもあるのが特徴です。金色の内包物が入っているものは、その色から「ゴールドルチルクォーツ」と呼ぶこともあります。ごく細い金色の針か金髪が入っているように見える場合が多いです。光が当たると、ゴールドの輝きが美しく見えるのが魅力となっています。また「タイチンルチルクォーツ」は、いくつかの針状結晶がまとまり束になっているように見えるのが特徴です。束の金紅石とばらけた金紅石のバランスが美しいとして、ルチルクォーツは愛好者を惹きつけています。一般的に良く知られた内包物は、キューピットダーツと呼ばれる直線的なタイプが多くあります。しかし中には、湾曲した金紅石が入っているものもあり、これらを「ヴィーナスヘアルチルクォーツ」と呼びます。まさに、ヴィーナスの髪の毛のような美しさがある石です。

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)の産出国

キラキラと輝く細い針金のような内包物が入った水晶であるルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)は、世界の様々なエリアから産出していて、日本でも山梨県で見つかっています。中でも良く知られた有名な産出国には、南アメリカに位置するブラジルが挙げられます。ブラジルの南東部にはミナスジェライス州という地域がありますが、ここは水晶の採掘が盛んな地域です。採掘された水晶は各国に輸出されています。水晶を採掘するための鉱山があり、産出される水晶の中にはインクルージョンを持つルチルクォーツも見つかっているのです。また同じように水晶を採掘するための鉱山があるアメリカ合衆国の南部に位置するアーカンソー州も、ルチルクォーツを産出しているエリアとして有名です。ルチルクォーツを産出している地域は他にも様々なところがありますが、その1つはロシアです。さらにスイスやフランスなどでもルチルクォーツは採れることがあります。それに中国やマダガスカル、オーストラリアなども産地として知られています。これらは水晶の産出地でもあるのが特徴です。ルチルクォーツは金紅石のインクルージョンが入った水晶ですが、そのような金紅石入りのクォーツと入っていないクォーツは産地もほとんど共通しているのが特徴です。

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)のお手入れと保管方法

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)を使用したアクセサリーやジュエリーをお手入れする場合には、基本的に柔らかい布でから拭きをすることをおすすめします。柔らかい布であれば表面に傷が付くリスクを減らすことができると考えられるからです。ルチルクォーツはモース硬度が7という比較的硬い石ですが、硬い物が擦れると傷が付くことがあります。そのようなことを避けるためにも、傷になりにくいような柔らかい布で汚れを吹き落とすのがおすすめです。汚れが落ちにくい場合には、少量の水を使って汚れを拭く方法でも問題ない場合がほとんどです。この場合には濡らした布を、よく絞ってから使用するようにします。ジュエリーやアクセサリーとして身に付けたルチルクォーツは、汚れをすっきりさせるために水洗いをしたくなる場合もあります。しかしジュエリーやアクセサリーに加工されているものは、水洗いするのは避けた方が良い場合が多いです。例えば穴の開いたビーズ状のものは穴の中に入った水分を取り除きにくく、パーツが劣化する可能性があります。ルチルクォーツを保管する際には、傷が付かないように気を付けてしまっておくのがおすすめです。例えば他の金属製のアクセサリーと一緒に無造作に置いていると、擦れて傷が付くことがあるからです。

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)の市場価値

美しい金や黒、赤などの内包物が人目を引くルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)は、それぞれの石によって内包物の入り方が違っています。さらに内包物の色や量なども異なっているものです。インクルージョンによって魅力が高められているルチルクォーツは、内包物と全体のバランスなどによって市場価値に差が出てきます。まず市場価値が高いといわれているルチルクォーツは、水晶部分の透明度が高いことが特徴です。それから内包物は金紅石のみである方が、他のインクルージョンもあるものと比較すると評価されています。そして内包物のバランスも重要なポイントとなり、バランス良くインクルージョンが入っていると美しく見えるので市場価値も高いです。そしてあまりに金紅石の量が少なすぎると評価されにくくなり、多くの金紅石が入っている物の方が市場価値は高いとされています。これらに加えて、カットの仕方も評価を左右することになるのが特徴です。美しくバランスよくカットされている物の方が価値は高いです。また金や黒などの色のルチルもありますが、中でも「レッドルチルクォーツ」と呼ばれる赤みがかったルチル入りのものは高い値段で取引されています。綺麗に発色している赤い金紅石が入ったものは、希少であるため価値が高いです。

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)の値段と価格相場

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ/ルチルレイテッドクォーツ)の値段は、幅広いです。例えば比較的安いものなら、数千円くらいで購入できることも少なくありません。しかし安価である代わりに、ものによっては内包物が少なかったり、内包物のバランスに難があったりすることもあります。より品質が上の、水晶の透明度が高く、ルチルが沢山入っていたりバランスよい見た目になっていたりするルチルクォーツの場合は、10万円前後の値段になることが多いです。勿論それ以上の値段が付くものもあり、場合によっては100万円を超える価格が付いているルチルクォーツもあります。さらに色の出かたによっても価格相場は異なって来るのが特徴で、例えば金色のルチルが入ったゴールドルチルクォーツなら、色がよりゴールドに近い色の方が価格相場は上がります。板状や束状のルチルが入るタイチンルチルは、色が鮮やかでルチルが多く入っている物の方がそうでない物と比較すると、前者の価格相場が高いです。赤いルチルが入ったレッドルチルクォーツは、他の色よりも高い値段が付く傾向がありますが、中でも赤色が強く出ているものほど良いとされています。注意したいのが黒いルチルが入ったもので、金紅石ではなく針状のトルマリンだった場合、価格は大きく下がります。

まとめ

ルチルクォーツは、透明な水晶の中に金・赤・黒などの内包物がある石です。宝石言葉は「洞察力」や「真実」などです。世界各国の水晶の産地で産出されており、中でも有名なのはブラジルやアメリカです。お手入れをする際には柔らかい布でから拭きするのが最もお勧めですが、よく絞った布を使って水拭きする方法でも構いません。収納する際には傷が付かないように配慮します。ルチルクォーツの市場価値は質や色によって大きく違います。安い物は数千円から手に入りますが、高いものは百万円を越えます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る