【コモンオパール-Commonopal】

NEW
【コモンオパール-Commonopal】

オパールは種類が非常に豊富な宝石です。種類によってそれぞれ特徴に違いがあり、中にはオパールの一般的な特徴を持っていないものもあります。コモンオパールも独自の特徴を持つ宝石として人気ですが、ここではこの宝石の魅力や特徴についてご紹介します。

コモンオパールの特徴と宝石言葉

コモンオパールの大きな特徴としてあげられるのは遊色効果を持っていないことです。遊色効果とは光が当たった時に宝石が多色に輝く現象のことです。虹のような美しさを持っていることから、宝石の魅力の一つになっています。オパールは一般的に遊色効果を持つことで知られる宝石ですが、コモンオパールには有色効果はありません。そのために、光の多い場所でも宝石本来の色や見えやすくなっています。地色がどのような色かによって、コモンオパールは細かく区別されていて、乳白色の地色を持つものを特に、ミルキーオパールと呼んでいます。オパールは和名を普通蛋白石と言い、モース硬度6.5の硬さがあります。これは鉱物の中では比較的硬い方です。オパールは10月生まれの人の誕生石なので、コモンオパールも誕生石として使用されることがあります。コモンオパールには宝石言葉もあり、基本的にはオパールの宝石言葉と共通しています。その中の一つが「希望」という言葉で、希望にあふれた将来を象徴するパワーストーンとしても、コモンオパールは人気があります。「幸せ」もコモンオパールの宝石言葉の一つで、幸せな人生を送りたい人のためのパワーストーンとしても人気です。「潔白」という意味もあり、白いオパールのように清らかな美しい心を象徴しています。

コモンオパールの色と魅力

コモンオパールは幅広い種類の色がある宝石です。通常のオパールと同じように白い色の石も多くあります。白のコモンオパールにはこの宝石らしい清らかな美しさがあり、普通のもののように遊色効果がないために、白本来の色をより楽しめるのが魅力です。白よりも乳白色に近い色のものもあり、全体的に色調が白のものより柔らかくなっています。乳白色で薄いピンク色のコモンオパールの魅力は、白のものよりも優しく可愛らしい雰囲気があることです。女性のアクセサリーとしても最適な色で、身に着ける人の女性らしさをさりげなく引き立ててくれます。コモンオパールには黄色のものもあり、黄色の石はイエローオパールという名称で呼ばれることもあります。イエローオパールの魅力は、白や乳白色にはない華やいだ雰囲気があることです。明るい色なので若い女性にも似合いやすい色です。コモンオパールには緑色のものもあり、緑色の石は特にグリーンオパールと呼ばれています。グリーンオパールには複数の種類があり、プラースオパールやマスカットオパールなどの種類が有名です。青色をしたコモンオパールはブルーオパールという別名があり、アンデスオパールやぺルビアンオパールなどの種類があります。オレンジ色や褐色をしたものもあり、それぞれ独特の魅力があります。

コモンオパールの産出国

コモンオパールは世界中の広い地域で産出されている天然石です。コモンオパールの産地の一つとして知られているのはメキシコです。ケレタロやサカテカス、マグダレナなどの地域で採掘できます。オーストラリアもコモンオパールの産地として有名な国で、クイーンズランドやライトニング・リッジなどの地域に採掘場があります。南アメリカ大陸にもこの天然石を産出できる地域はあり、ブラジル産の石も市場で取引されています。ペルーもコモンオパールを採掘できる国です。アフリカ大陸にもコモンオパールを産出している国は多く、エチオピアが特に有名です。エチオピアはウォロという場所に採掘場があります。タンザニアもアフリカでコモンオパールを産出できる地域で、国内の全域で採掘できます。ジンバブエでもこの天然石を産出していて、国内の各地で採取できます。アフリカ大陸の最南端にある南アフリカも、コモンオパールの産出国です。国内の全域で採掘することができます。ヨーロッパではチェコがコモンオパールの有名な産出国として知られていて、ヴァレチュという地域で採掘できます。アジアではカザフスタンで採掘することができ、国内の各地で産出されています。日本もコモンオパールの産出国の一つで、富山県などで採掘できます。

コモンオパールのお手入れと保管方法

コモンオパールは通常の宝石とは違った方法でお手入れをする必要があります。お手入れの方法に違いがある理由は、オパールは内部に多くの水分を含んでいるからです。コモンオパールも内部に含まれる水分の割合は高く、多いものでは成分の10パーセント程度を水分が占めています。お手入れをする時にも水分の量を考慮してクリーニングする必要があり、水をかけて洗ってしまうと中に含まれている水分が外に流出してしまう危険性もあります。そのために、コモンオパールをお手入れしたい時には、できる限り水を使用しないでクリーニングした方が最適です。表面に汚れが付いてしまった場合にも、乾いた軟らかい布を使用してふき取ったほうが、石にダメージを与えにくくなります。コモンオパールは熱や乾燥にも弱い性質があるので、保管する場所にも注意が必要です。風通しの良い場所に保管しておくと乾燥しすぎてしまうことがあり、表面が割れてしまう原因にもなります。あまり乾燥していない、適度に湿度のある場所に保管しておくのが最適です。エアコンを使用している部屋なども注意が必要で、除湿機能を頻繁に使用している場合、部屋の中が過剰に乾燥してしまい、石が割れやすくなることがあります。コモンオパールは直射日光にも弱いため、日当たりの良い場所も避けて保管する必要があります。

コモンオパールの市場価値

コモンオパールは通常のオパールよりも、宝石としての市場価値が低いものが多くなっています。ジュエリーの素材に使用されることもあまりありません。コモンオパールは天然石の一種という形で、市場では取引されることが多いです。パワーストーンとして売買されることが多いのもコモンオパールの特徴で、宝石用に取引されているものよりも、市場価値は低めです。値段が安いために、低価格のアクセサリーの材料に使用されることも多く、コモンオパール自体の価格が低いために、誰にでも購入しやすい価格の商品がそろっています。コモンオパールの中でも乳白色に色がついたミルキーオパールは他のものより比較的価値が高いものもあり、市場でも人気があります。ミルキーオパールにはさまざまな色のバリエーションがあり、赤と乳白色が混ざったものや、茶色と乳白色が混じったものなどがあります。黄色と乳白色が混じったコモンオパールはクリーム色になることから、市場でも高めに評価されています。コモンオパールの中でも特に高い市場価値を持っているのは、透明に近い色を持つ石です。この石はジュエリーオパールと呼ばれていて、独自の美しさを持っているために、市場での評価も高くなっています。このタイプのコモンオパールはジュエリーの材料として使用されることも多く、宝石として加工されてから使われています。

コモンオパールの値段と価格相場

コモンオパールの値段は、商品の種類によって大きな違いがあります。石だけを販売している商品もあり、5000円程度の価格で販売されている商品も多数あります。原石の状態でパワーストーンとして販売されている商品もあり、100グラム以下の重さの商品ならば、3000円以下の価格で販売されているものも多いです。コモンオパールの原石は産地によっても価格に違いがあり、日本からも近いアジアで産出された原石ならば、2000円以下の価格で販売されていることもあります。色によっても価格には違いがあり、色の濃いコモンオパールが使用されている商品の方が、価格が高めの傾向にあります。加工されたコモンオパールを使用したジュエリーも多く販売されていて、その中でも特に数が多いのは指輪です。使用されているオパールの色の種類もさまざまですが、多くの商品は5万から10万円程度の価格で販売されています。他の宝石が一緒に使用されているものの中にはさらに高額な商品も多く、ダイヤモンドとコモンオパールが一緒に使われているものもあります。こうしたタイプの商品の場合、ダイヤモンドの価格が高いために、10万円以上の価格で販売されていることも多いです。ですが、高額な宝石が一緒に使用されていない商品ならば、手ごろな価格で購入できるものが多くなっています。

まとめ

オパールの一種であるコモンオパールについて紹介してきました。通常のオパールとの大きな違いは、遊色効果がないことです。遊色効果とは光に当たった時に虹色に輝く効果のことで、この効果がないことにより石の地色が見えやすくなっています。コモンオパールをお手入れする時には慎重に取り扱う必要があり、内部に水分を多く含んでいるために、水で洗うのは厳禁です。保存場所にも注意が必要で、乾燥しやすい場所や日光の当たる場所を避ける必要があります。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る