1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド時計のお役立ちコラム
  4. ロレックスを売ると
    税金は発生する?
    気になる腕時計売却の
    お金まわりについて紹介

ロレックスを売ると
税金は発生する?
気になる腕時計売却の
お金まわりについて紹介

高級腕時計の代名詞ともいえるロレックスは、世界中の人々から愛されており、安定した需要があることから高価格で売却できることもあります。

ただし、高額での売却となると、気になるのが税金です。「ロレックスを売ると税金が発生するのか?」「確定申告が必要なのか?」と不安な方も多いでしょう。

先に結論をいうと、ロレックスを売ったときに税金が発生することは基本的にほとんどないので、まずは安心してください。時計は生活用動産といい、通常生活に必要とされる不動産以外の財産にあたります。生活用動産の場合、譲渡によって得られる利益は課税対象にならないのです。

お手持ちのロレックスを手放そうとお考えの方は、ぜひ買取専門店の「おたからや」にご相談ください。ロレックスをはじめとした高級時計の買取実績豊富で、最新相場での高価買取が可能です。査定は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ロレックスの買取情報をチェックする

ロレックスを売却しても
基本的に税金は発生しない

高級時計の代表格ともいえるロレックスは、資産価値が高く、売却額も高額になる可能性があります。すると、売却によって得た利益が課税対象になるか不安になるのも当然でしょう。

ですが、冒頭でも述べたとおり、ロレックスを売ったときに税金が発生することは基本的にほとんどありません

通常、資産の譲渡や売却の際には、譲渡によって得られた所得(譲渡所得)に対して課税が行なわれます。譲渡所得の対象となる資産には、建物、土地、借地権、株式などのほか、金地金、宝石、書画、骨とうなどが挙げられ、これらに時計は含まれません。

腕時計は生活に必要な「生活用動産」といい、譲渡によって発生した利益に課税されることはないのです。ロレックスのような高級時計も例に漏れず、売却をしても税金は発生しないので安心してください。

購入額よりも売却額が高くても
問題なし

ロレックスの腕時計を買い取りに出した場合、まれに購入時よりも高値で買い取ってもらえて、利益が発生することがあります。もうけが出るのはうれしいですが、「さすがに利益が発生したら税金がかかるのでは?」と思っている方もいるでしょう。

もし売却で利益が出たとしても、腕時計が日常生活に欠かせない生活用動産であることに変わりはありません。よって、税金が発生することはないので、売却を考えているロレックスの価値が上がっているなら、積極的に買取専門店に相談することをおすすめします。

貴金属と異なり
売却額が30万円を超えても
税金はかからない

ここまで、ロレックスの腕時計は「生活用動産」であり、買い取りに出して売ったとしても基本的には非課税であることをお伝えしてきました。

この「生活用動産」について国税庁のサイトを調べると、「衣服、家具、じゅう器、通勤用の自動車などの生活に通常必要な動産」のことを指す一方、「貴金属や宝石、書画、骨とうなどで、1個または1組の価額が30万円を超えるもの」は除外するとあります。

「買取額が30万を超えたら課税になるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、その点も安心してください。腕時計は貴金属や宝石などに該当しないため、30万円の壁についても気にする必要はないといえるでしょう。

ロレックスの売却を検討されている方は、査定無料の買取専門店「おたからや」にまずはご相談ください。

ロレックスの買取情報をチェックする

ロレックス売却で例外となる
2つのケース

これまで解説してきたとおり、ロレックスの腕時計を売却しても税金が発生することはほとんどありません。ただし、課税対象になってしまう例外のケースもあります。

ここからは、ロレックスの売却で税金が発生する2つのケースについてわかりやすく解説していきましょう。

ラグジュアリーモデルを売却する場合

伝統的なデザインと高い機能性で人気の高いロレックスは、ビジネスシーンやカジュアルに使いやすい硬派なイメージのプロフェッショナルモデルと、装飾性が高くフォーマルシーンにも使いやすいドレスウォッチを含むクラシックモデルの2種類に分けられます。

注意したいのはクラシックモデルに分類される、装飾性が高くラグジュアリー感のあるドレスウォッチです。

決して数は多くないですが、ロレックスには、本体に宝石がちりばめられているものや金無垢モデルなどがあります。

こうしたラグジュアリーモデルのロレックスは生活に必要な生活用動産というよりも、実用性の低い貴金属とみなされ、課税対象となることがあるのです。

売却を継続して繰り返している場合

もうひとつのケースは、ロレックスを継続的、あるいは頻繁に売却している場合です。

繰り返しになりますが、ロレックスを売却する際に非課税になるのは、ロレックスが腕時計で生活用動産だからです。そのロレックスを日常的に多数取引している場合、生活用動産の売却ではなく営利目的の事業とみなされ、利益は「事業所得」となります

結果、事業所得に対して税金が発生するのです。

とはいえ、所有していたロレックスを数本まとめて売却に出す程度であれば事業目的とみなされることはないので安心してください。

例外に該当するロレックス
売却時のみ確定申告を!

ロレックスを売却した際に前述の例外に該当し、課税対象になってしまったときは、確定申告を行ないましょう。納税は国民の義務ですので、譲渡所得を計算し、今年度の正しい税額を納付しなければなりません。

譲渡所得とは、売却によって得られた金額から取得費と譲渡費用、さらに譲渡所得の特別控除額である50万円を差し引いた金額のことです。実際に計算するときは、以下のような式になります。

譲渡所時の金額=譲渡価額−(取得費+譲渡費用)−50万円(最大)

取得費とは、そのロレックスの購入時の価格です。譲渡費用は売却のために発生した費用のことを指し、具体的には買取店までの交通費などが挙げられるでしょう。

例として、120万円で購入したロレックスを200万円で売却できたとしましょう。買取店までの交通費には、1,000円がかかっているとします。

譲渡所得の金額=200万円−(120万円+1000円)−50万円

この場合、譲渡所得は29万9,000円になります。この金額をもとに、確定申告を行なってください。

確定申告する必要がありながら期限に遅れたり、申告を怠ってしまったりした場合、無申告加算税や延滞税などが課されます。

また、確定申告で申告・納付した金額が本来納めるべき額より少なかった場合、過少申告加算税も発生するため、計算は間違いのないように注意し、期限内に申告・納税するように気を付けましょう

ロレックス売却の税金に
まつわるよくある質問

続いては、以下2点のよくある質問に回答していきます。

・確定申告が不要になるケースは?

・ロレックスを相続したあと売却する場合は?

なるべく確定申告をしたくないと考えている方、ロレックスを相続したけれど税金に関して不安や疑問がある方は、参考にしてください。

ロレックス売却で確定申告が不要になるケースは?

確定申告は難しい、面倒というイメージが強く、慣れた人でも慎重に進めなければいけない作業です。できれば確定申告を避けたいという人も多いでしょう。

装飾が多く貴金属とみなされるモデルのロレックスを売却したときや、事業目的の売却だとみなされて課税対象となったときも、まずは落ち着いて譲渡所得を計算しましょう。

計算の結果、譲渡所得がマイナスになれば税金が発生することはなく、確定申告も不要です。確定申告の有無にかかわるので、譲渡所得の計算は正確に行ないましょう。

相続したロレックスを売却する場合の
税金は?

ロレックスを相続したけれど使用する機会がないなどの理由で、売却を考えている方もいるでしょう。相続したロレックスを買い取りに出す場合でも、これまで解説したとおり、課税されることは基本的にありません

ただし、相続の際には相続税が発生する可能性があります。

親族が亡くなって遺産を相続する際に気になる相続税は、遺産の総額が基礎控除額を超えると発生します。基礎控除額は以下の計算式で求めることが可能です。

基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の人数)

相続税の課税対象になる財産には、土地・建物などの不動産や金融財産のほかに、家具や貴金属、書画骨とう、自動車といった動産などさまざまなものがあり、ロレックスは動産にあたります。

相続したロレックスの価値(買取業者などに査定をしてもらうのがおすすめです)は遺産総額に加算されます。この遺産の総額が基礎控除額を超えたときに相続税が発生するため、その場合は確定申告を行ない、定められた金額を納税しなければなりません。

ロレックスは非常に価値の高い腕時計であり、所有しているモデルや本数によっては、相続税が発生するかしないかの分かれ目になります。まずは相続した遺産の内訳や総額をしっかり確認しましょう。

相続税についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

<関連記事>ロレックスに相続税は発生する?相続が発生する前に押さえておきたい基礎知識

基本的に税金の心配は不要!
ロレックスを高く売るなら
「おたからや」

ロレックスの売却では、今回紹介した例外の2ケースを除けば税金が発生することはほぼありません。お手持ちのロレックスを手放そうかと迷っている方は、まずその点について安心してください。

そして、せっかく売却するなら、専門的な知識を持ったプロの査定士が在籍していて、ロレックスの買取実績豊富な店舗を利用し、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。

2024年現在、物価の高騰と円安傾向により、輸入製品の価格がどんどん上がっています。併せてロレックスの買取価格も高騰しているため、売却するなら今がチャンスといえるでしょう。

全国に1,000店以上の店舗を展開する買取専門店の「おたからや」は、ロレックスの買取実績も豊富です。厳しい専門研修を受けたプロの査定士が自信をもって査定し、ご納得いただける価格を提示いたします。

査定にかかわる費用はすべて無料で、店頭買取のほか、便利な出張買取もあります。また、Webでの簡単査定も可能なので、なかなか時間が取れないという方はぜひご利用ください。

「おたからや」では傷や故障のあるものも含め、どのような状態のロレックスでも査定が可能です。お手持ちのロレックスを手放そうと考えている方、なるべく高額で売却したいという方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

ロレックスの高額買取についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてください。

<関連記事>ロレックスの価値を最大限に引き出す!?査定の方法やポイントを把握しよう!

ロレックスの買取情報をチェックする

まとめ

多くの人々に愛され、資産価値の高いロレックスの腕時計は、実用性の高い生活用動産とみなされる資産です。そのため、買い取りに出しても利益に対して課税されることは基本的にありません。

まれに税金が発生してしまうときもありますが、その場合はきちんと確定申告をして納税を行ないましょう。

ロレックスの売却を考えているなら、買取実績豊富な「おたからや」をご利用ください。プロが確かな目で査定を行ない、納得いただける買取額をご提示できるよう努めます。

査定は無料ででき、査定額を見てからの買い取りキャンセルももちろん無料です。売却を迷っている方は、「おたからや」無料査定をぜひご検討ください。

ロレックスの買取情報をチェックする

その他のロレックス
コラム記事

ロレックス買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す