ロレックスに相続税は発生する?相続が発生する前に押さえておきたい基礎知識

NEW
ロレックスに相続税は発生する?相続が発生する前に押さえておきたい基礎知識

家族が亡くなった場合、故人の持っていた財産は遺産相続により、相続人が受け継ぐことになります。故人がロレックスを持っていた場合にも遺産相続の対象になりますが、ここでは、こうした場合の法律関係について詳しく紹介します。

相続税は身近な税金のひとつ

相続税は遺産を相続したときに、国民が納める義務がある税金です。どこの家庭でも発生する可能性があるため、一般の国民にとっても身近な税金のひとつです。この法律では亡くなった人のことを被相続人と言い、故人の資産を受け継ぐ人間のことを相続人と言います。税金を支払う義務があるのはこの相続人です。基本的に故人から財産を受け継ぐ人が納税義務者となりますが、誰が遺産を引き継ぐかは、被相続人自身が生前に決めることもできます。遺言を残せば特定の人間に特定の財産を譲り渡すことも可能で、この場合にはその人に税金を支払う義務があります。故人が自分の遺産を誰に譲り渡すか決める前に亡くなった場合には、法定相続人が遺産を引き継ぐ権利を獲得し、税金を納める決まりです。法定相続人とは故人の親族のことで、故人に子供と配偶者がいる場合には、それらの人間が財産を引き継ぎ相続税を支払い、被相続人に配偶者や子供がいない場合には、両親が法定相続人となり相続税を支払います。両親もすでに死亡している場合には、兄弟が法定相続人になることもあります。

 

ロレックスも相続税の課税対象になる

相続税の対象になっている物は故人の遺産です。すべての物が課税の対象になっているわけではなく、一部の物については課税の対象外になっていますが、故人がロレックスを所有していた場合には、課税の対象です。税金を課せられない物は、墓地や仏壇などに限られていて、時計は基本的に非課税の財産とはみなされないために、相続する人には税金を納める義務があります。課税される物は金銭に見積もることができる経済的な価値のある物ですので、高額で売却することも可能なロレックスは経済的な価値があるとみなされて、課税の対象になっています。ロレックスを相続した場合には、その時計の金銭的な価値が課税標準となって税額が計算されますので、価値の高い物ほど税金が高くなる仕組みです。ロレックスの中でもそれほど高額ではない物については、あまり高額な税金は課せられないこともあります。ですが中古でも数百万円程度の価格で取引されている高額のロレックスの場合には、課税標準額も高額になり、納税額も大きくなることがあります。

 

相続税が確実に発生するのであれば生前贈与を検討するのがおすすめ

ロレックスが非常に高額であり、相続税の納税義務が確実に発生する場合には、生前贈与を検討した方が支払わなければならない税金の額が安くなることもあります。生前贈与とは財産を所有している人が生きている間に、特定の物を譲り渡す行為のことを言います。生前贈与も相続と同じように課税の対象になります。贈与が課税の対象となる理由は、そうしないと相続をした場合との釣り合いが取れないからです。ですが、生前贈与は相続と比較した場合に有利な点が多いために、前者の方法を選択して自分の財産を家族などに譲り渡す人が増えています。生前贈与が納税額という点で有利な理由は、基礎控除という制度があるからです。税金は課税標準額に税率をかけて計算されることが基本ですが、基礎控除額があれば、一定の税金については納税義務がありません。贈与税の基礎控除額はひとり当たり110万円と決められており、110万円までの贈与をした場合には税金を納めなくても良いことになっています。そのためにロレックスの価値が110万円以下ならば、1円も贈与税を納めなくて済みます。

 

不要なロレックスがある場合は売却するのもひとつの手

不要になったロレックスがある場合には、専門店に売却することもひとつの方法です。売らないで手元に残したままでいると、遺産相続が開始されたときに遺族が多額の相続税を支払わなければならない場合もあります。特に数百万円以上の価値があるロレックスを所有している人は注意が必要です。110万円以下の価値ならば、生前贈与で納税額を減らすこともできますが、それ以上の高い価値を持っている物の場合、贈与で家族などに譲り渡したとしても、高額な贈与税のかかる場合があります。そうした点を踏まえても、不要になったロレックスを売却することは有利な方法であり、税金対策としても効果的に利用することが可能です。例えば高級なロレックスを専門店に買取してもらえば、高い価格で査定してもらえる場合も多いため、多くの現金収入を得ることができます。そのお金で仏壇などの相続税課税の対象とならない物を購入すれば、効果的な節税対策となります。お墓を購入する資金を作るためにロレックスを売却することも可能です。

 

まとめ

ロレックスを所有している人が課せられる可能性のある税金のことについて紹介してきました。遺産相続により家族が故人のロレックスを引き継ぐ場合には、相続税を納める義務があります。ロレックスの金銭的価値が高い場合には、高額の税金を納めなければならない場合もありますので、あらかじめ対策をしておいた方が有利なこともあります。税金対策として有効な方法が生前贈与で、110万円以下の物ならば基礎控除の枠内ですので非課税です。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る