1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド時計のお役立ちコラム
  4. パテック フィリップの
    値上がりモデル15選!
    価格高騰の理由や
    入手時の注意点も

パテック フィリップの
値上がりモデル15選!
価格高騰の理由や
入手時の注意点も

パテック フィリップは、最新の価格改定により各モデルの定価が上昇しました。さらに、中古市場でも人気が高まり、実売価格も高騰傾向にあります。

この記事では、パテック フィリップの代表的なモデルについて、値上がり状況を紹介します。価格が上がっている理由と今後の動向も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

【2023年最新】
パテック フィリップの
値上がりモデル15選

パテック フィリップの時計は、2023年8月1日に価格改定が実施され、各モデルが値上がりしました。以下では、値上がりしたモデルをコレクションごとに紹介します。

<各コレクションの定価推移一覧>

モデル名 コレクション名 改定前の価格 改定後の価格
ノーチラス 7118/1A-001 430万1,000円 481万8,000円
ノーチラス 7118/1R-001 778万8,000円 874万5,000円
ノーチラス 5811/1G-001 938万3,000円 1,052万7,000円
アクアノート 5167A-001 326万7,000円 366万3,000円
アクアノート 5167/1A-001 374万円 419万1,000円
アクアノート 5968R-001 1,017万5,000 円 1,141万8,000 円
カラトラバ 7200R-001 430万1,000円 481万8,000円
カラトラバ 6007G-001 509万3,000円 570万9,000円
カラトラバ 4997/200G-001 517万円 579万7,000円
コンプリケーション 5212A-001 517万円 579万7,000円
コンプリケーション 5396R-011 771万1,000円 865万7,000円
コンプリケーション 5905R-010 1,009万8,000円 1,133万円
Twenty~4 4910/1200A-001 215万6,000円 240万9,000円
Twenty~4 7300/1200A-001 394万9,000円 443万3,000円
Twenty~4 7300/1200R‐001 684万2,000円 767万8,000円

※2023年11月時点

ノーチラス

1976年に誕生したノーチラスは、パテック フィリップ初のスポーツウォッチとして「カジュアル・エレガンス」を体現したコレクションです。

スポーツウォッチの機能性と高いデザイン性を兼ね備え、スポーツからフォーマルまで幅広いシーンで活躍します。

ノーチラスのデザインは、ウォッチデザイナーの巨匠として知られるジェラルド・ジェンタが手がけました。八角形のケースや水平エンボス文字盤など、独自のセンスが光るデザインは、多くのファンに支持されています。

7118/1A-001

7118/1A-001の定価は、430万1,000円から、481万8,000円へと値上がりしました。

7118/1A-001は、2015年に加わった自動巻きモデルで、レディースサイズとして展開されています。深いブルーの文字盤に、ノーチラスを象徴する水平エンボスが施され、上品で洗練された雰囲気を演出しています。

7118/1R-001

7118/1R-001の定価は、778万8,000円から、874万5,000円へと値上がりしました。

高級感を醸し出すローズゴールドのケースとブレスレットが特徴的で、温かみと華やかさが、ノーチラスのデザインに溶け込んでいます。サテン仕上げとポリッシュ仕上げが施されたブレスレットは、フィット感も良好です。

5811/1G-001

5811/1G-001の定価は、938万3,000円から、1,052万7,000円へと値上がりしています。

5811/1G-001には、贅沢な雰囲気のホワイトゴールド製のケースとブレスレットが使用されています。外に向かって濃くなるグラデーションの文字盤も印象的です。

アクアノート

1997年にデビューしたアクアノートは、スポーティで洗練されたコレクションです。ノーチラスにインスピレーションを受けたデザインであり、より丸みを帯びたケースが特徴となっています。

また、アクアノートならではの特徴として、紫外線に強く耐久性に優れた「トロピカルバンド」が挙げられます。トロピカルバンドは水や摩擦にも強く、カジュアルなシーンでも気にせず使用できるうえ、豊富なカラーバリエーションも魅力です。

5167A-001

5167A-001の定価は、326万7,000円から366万3,000円に値上がりしました。

5167A-001は、アクアノートコレクションのなかでもカジュアルなデザインが人気のモデルです。トロピカルバンドの模様に合わせた文字盤の意匠が特徴的で、高いパフォーマンスとデザインの融合により、万能なハイクラス・スポーツウォッチと言えるでしょう。

5167/1A-001

5167/1A-001の定価は、374万円から419万1,000円に値上がりしました。

5167/1A-001は、ほかのアクアノートと異なり、ラバーバンドではなくブレスレットタイプを採用しているため、よりエレガントなスタイルです。

また、印象的なワッフルダイアルも、このモデルの個性を際立たせています。

5968R-001

5968R-001の定価は、1,017万5,000 円から1,141万8,000 円に値上がりしました。

アクアノートコレクションのなかでも、華やかな印象を与えるローズゴールドモデルです。特筆すべきは、ブラウン・ソレイユ文字盤の美しさで、文字盤中央から外に向かって、濃いブラウンからブラックへとグラデーションがかかっています。

カラトラバ

カラトラバは、1932年に発表されたコレクションです。シンプルで気品のあるラウンド型腕時計で、その洗練されたデザインは、エレガンスと実用性を見事に両立していると言えるでしょう。

ラウンド型腕時計の傑作として知られ、パテック フィリップの代表的なモデルとして時計愛好家に高い評価を得ています。

7200R-001

7200R-001の定価は、430万1,000円から481万8,000円へ値上がりしました。

7200R-001は、カラトラバの歴史を受け継ぎながらも、現代のエレガンスを追求したレディース向けモデルです。クリーム・グレイン文字盤が優雅な雰囲気を醸し出し、スペード型の針が繊細で洗練された印象を与えます。

6007G-001

6007G-001の定価は、509万3,000円から570万9,000円へ値上がりしています。

このモデルは、従来のカラトラバとは一線を画す、よりカジュアルなデザインが特徴です。カラーは、イエロー、レッド、スカイブルーの3色展開です。

4997/200G-001

4997/200G-001は、定価が517万円から579万7,000円へ値上がりしました。

このモデルは、上品で華やかなデザインが特徴です。ベゼルには76個のダイヤモンドが配され、贅沢な輝きを放っています。ミッドナイトブルーの奥行きある文字盤が印象的で、洗練された印象で女性の手もとを引き立てます。

コンプリケーション

コンプリケーションは、時刻と日付表示以外の複雑機構を備えたシリーズで、パテック フィリップの技術力が光るコレクションと言えます。

年次カレンダーやデュアル・タイムゾーンなど、高度な技術力を駆使した機能が搭載されています。

5212A-001

5212A-001は、定価が517万円から、579万7,000円へ値上がりしました。

曜日・日付のカレンダー表示機能に加え、週番号を表示する機能を備えています。文字盤に手書き風の数字や文字が施されており、オリジナリティあふれるデザインが魅力です。

5396R-011

5396R-011の定価は、771万1,000円から、865万7,000円へ値上がりしました。

5396R-011は、年次カレンダーを搭載したモデルです。18Kローズゴールドのケースと乳白色のオパーリン文字盤(粒子仕上げが施された白に近いシルバー文字盤)が、エレガントな印象を与えます。

5905R-010

5905R-010の定価は、1,009万8,000円から、1,133万円へ値上がりしています。

5905R-010は、自動巻きフライバック・クロノグラフと年次カレンダーを備えています。ローズゴールドのケースにブルー・ソレイユ文字盤を組み合わせた、モダンでエレガントなカラーリングが特徴です。

Twenty~4

パテック フィリップのTwenty~4は、1999年に登場したレディースコレクションです。「24時間(twenty four)」という名前のとおり、現代の忙しい女性を24時間サポートすることをコンセプトとしています。

このシリーズは、パテック フィリップの中で女性のために作られた唯一のコレクションであり、比較的リーズナブルに手に入るモデルも用意されています。

4910/1200A-001

4910/1200A-001は、定価が215万6,000円から240万9,000円へと上昇しています。

このモデルは、クォーツ式ムーブメントを搭載しています。クォーツ式ムーブメントは、水晶振動子による高精度な時間精度が特徴であり電池式なので、機械式と比べて手間がかからないのがメリットです。

7300/1200A-001

7300/1200A-001は、定価が394万9,000円から443万3,000円へと値上がりしました。

ダイヤモンドが贅沢に施されたベゼルと、ブルー・ソレイユ文字盤が目を引くモデルです。洗練されたデザインが特徴で、エレガントな印象を与えます。

7300/1200R‐001

7300/1200R-001は、定価が684万2,000円から767万8,000円へと上昇しています。

ローズゴールドのブレスレットと160個のダイヤモンド付きベゼルが特徴的なモデルです。Twenty~4シリーズのなかでも高級感あふれるデザインで、贅沢な装飾が施されています。

パテック フィリップは
なぜ高い?
値上がりしている4つの理由

パテック フィリップはもともと高価なうえ、昨今はさらに価格が上がり続けています。以下ではその理由を4つ紹介します。

老舗ブランドでステータス性が高い

パテック フィリップは、1839年に創業されたスイスの高級時計メーカーで、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ ピゲとともに「世界三大時計」の一つとして知られています。

歴史と技術力に裏打ちされた老舗ブランドであり、「雲上ブランド」と呼ばれる高いステータス性が特徴です。

過去には、ヴィクトリア女王やローマ教皇といった歴史的な偉人たちが愛用していた事でも有名です。

資産価値が高まっている

パテック フィリップの時計は、時計ブームとともに需要が拡大し、実物資産としての価値が上昇しています。

そのため、価値が上昇した際に売却して利益を得る「時計投資」のターゲットとしても、パテック フィリップの人気は高まっています。

このような状況から、需要に対して供給がますます不足する傾向にあり、現在では正規店で定価購入するのが困難なほどです。

他ブランドを圧倒する技術力がある

前述したパテック フィリップの「コンプリケーション」は、高度な技術力を要する複雑機構を備えたコレクションです。

パテック フィリップは、コンプリケーションを幅広く展開する技術力を持つ点で、他ブランドを圧倒しています。

コンプリケーションウォッチは、製造に高度な技術と手間がかかり高額になるため、シリーズ化する事はメーカーにとってリスクが高いと言えます。

この事から、コンプリケーションウォッチを展開する場合、ハイエンドモデルとして発表されるのが一般的です。

コンプリケーションのラインナップをそろえ、かつ安定的に供給できるのは、パテック フィリップの技術力があってこそといえます。

製造数が限られている

価格高騰の要因として、製造本数の少なさも関係しています。パテック フィリップは年間に6万本ほどしか製造しておらず、人気モデルともなるとかなり入手しづらい状況です。

需要に対して供給が限られている事から、ブランドの高級感や希少性が強調され、市場での品薄感と価格の高騰につながっています。

パテック フィリップは
今後も値上がりが続く?

パテック フィリップの時計は、特にノーチラスやカラトラバなどの人気モデルが資産運用の対象となり、その需要が高まっているのが現状です。

これにより、リセールバリューも高騰しており、人気が衰えなければ、長期的に見てさらに値上がりが続く可能性があります。

一方で、老舗ブランドであるため中古市場には多種多様なモデルが流通しており、なかには購入価格を抑えられるモデルも存在します。

また、金融や経済が市場に影響を与える事も考慮すべきでしょう。歴史的にも、金融情勢の影響で高級時計の需要が減少し、市場価格の下落につながったケースが見られます。

そのため、パテック フィリップの価格動向を正確に予測するのは難しいと言えるでしょう。

値上がりしている
パテック フィリップを
入手する際の注意点

高級ブランドのなかでも製造数が限られ、値上がりが期待されるパテック フィリップですが、入手する際はいくつかの注意点があります。

1点目は、購入実績の重要性です。パテック フィリップは製造数が少なく、富裕層向けであり、人気モデルは購入希望者に優先順位が付けられている事があります。

そのため過去の購入実績がない場合、いきなり目当てのモデルを入手するのは困難です。

もし予約リストに登録できても、毎年の入荷本数はモデルごとにほぼ決定しており、購入実績によっては入手できないおそれもあります。まずは200万円~300万円台の比較的リーズナブルな価格帯で、入手しやすいモデルから購入実績を積み重ねていくと良いでしょう。

2点目は、相対的に見たパテック フィリップの知名度の低さです。パテック フィリップはステータスの高い腕時計ブランドですが、ロレックスやオメガに比べると一般的な知名度はあまり高くありません

せっかくパテック フィリップを手に入れても、周囲は価値に気付かない可能性もあり、場合によっては後悔するかもしれません。このような後悔を避けるためには、事前に利用シーンや購入の目的を明確にしておく必要があります。

値上がり中のパテック フィリップは買取価格も高騰している!

販売価格の値上がりにともない、中古市場においてもパテック フィリップの人気は高まっています。買取価格も高騰しているため、パテック フィリップを手放す事を検討している方は、今が絶好の売り時と言えるでしょう。

なお、パテック フィリップの査定額をアップさせるためには、購入時の付属品をそろえて買い取りに出すのがポイントです。またクロスなどで拭いて、できるだけ良い状態に整えておくと、査定額が上がる可能性があります。

パテック フィリップの
買取査定は「おたからや」へ!

「おたからや」は全国1,000店舗以上展開しており、世界44ヵ国との取引実績もある買取専門店です。店舗は販売スペースのない買取特化型で、販売に関するコストを一切かけず、買取金額に還元しています。

パテック フィリップの買い取りでは、最新相場を熟知したプロの査定士が、時計の状態や希少性などの価値を的確に評価します。

「おたからや」では、「店頭買取」や「出張買取」、さらに概算の査定額を知ることができる「WEB査定」から査定方法を選べます。

また、故障した時計や、変色・サビのある時計など、状態の良し悪しにかかわらず、どんな状態の時計でも査定できます。

愛用していたパテック フィリップの現在の価値を知りたい方も、まずはお気軽にご相談ください。

パテック フィリップの
買取情報をチェックする

ブランド時計の買取情報をチェックする

まとめ

パテック フィリップは、世界的な高級時計ブランドです。老舗の歴史と技術力から、高額な値段が付いています。また、ステータス性、資産運用対象としての価値、限られた製造本数から、市場価格は現在も高騰傾向にあります。

パテック フィリップは中古市場でも人気があり、過去に入手したモデルが現在では思わぬ価格まで値上がりしている可能性も考えられるでしょう。

「おたからや」は、パテック フィリップの市場価値を見極めたうえで査定額をご提示致します。査定額にご納得いただける場合のみ買い取りしているので、愛用していた時計の売却を検討している方は、ぜひ「おたからや」にご相談ください。

パテック フィリップの
買取情報をチェックする

ブランド時計の買取情報をチェックする

ブランド時計相場高騰中!
近年、インフレや円安の影響でブランド時計全体の買取相場が高騰しています。
高級ブランド時計の多くは価格改定がされており、新品・中古問わず需要が高まり買取価格も上昇傾向にありますので、売却にはベストなタイミングといえます。
ブランド時計の高価買取は「おたからや」へ

その他のブランド時計
コラム記事

ブランド時計買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す