日本へ海外から金を持ち帰る際は気をつけよう。日本の金輸入のきまり

NEW
日本へ海外から金を持ち帰る際は気をつけよう。日本の金輸入のきまり

金の価格は下がることを知らずに毎年高騰しています。そんな金を資産として購入する人がたくさんいるのです。日本で買う分には大丈夫ですが、海外で金を買って日本へ持ち帰るときには注意が必要となります。金を海外から持ち帰るときのきまりを知らず、捕まってしまうことは避けたいです。楽しい海外旅行を台無しにしないためには知るべききまりを覚えておきましょう。

最近では金を海外から日本に持ち帰ることが得であると分かるようになり、組織がらみで金の密輸をする人がいます。そのため、最近は密輸対策のために厳しく検査されているのです。

以下では金を海外から持ち帰るときのきまりや注意点と実際に金の密輸のメカニズムについて解説していきます。

金を個人で輸入したときのきまり

基本的には金の相場は世界中同じです。金製品を買うことだけであれば、どこで買っても同じ価値になります。海外で金製品を買ったとしましょう。きまりを知らずに金を日本に持って帰ると、日本の空港で捕まることや罰金を払うことがあるのです。そうならないために以下のきまりをしっかり覚えましょう。

金を海外から持ち帰る際のきまり

  • 純度が90%を超えている金が1kgを超えているときは税関に報告すること。
  • 海外で購入したものが20万円を超え、その中に純度が90%を超えている金が含まれるときは税関に報告すること。

ここでポイントとなるのは2つ目のきまりです。これは金だけではなく、海外で買い物した全ての商品に当てはまりますので覚えておいてください。20万円を超えない買い物は税金のかからない免税になりますので、確認しておきましょう。

金輸入のきまりを守らないとき

上記ルールを思らなかった場合は下記の罰則があります。

関税法と消費税法違反であり、立派な犯罪です。5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金が科せられることがあります。未遂も同罪です。

ここでポイントとなるのは未遂も同罪であることです。「きまりを知らなかったから持ち帰ってしまった。」このような言い訳は通用しません。知らなかったを言い訳にしないために海外旅行のような日常と違うことをする際は特別なきまりがないか確認しましょう。

 

金を密輸している人

上記のきまりを守らずに金を日本に持ち帰り、もうけようと考えている人がいます。これを密輸といい、密輸は正規の手続きをしないで輸入することを意味しているのです。

密輸をしてまで金を持ち帰る人はどういったメカニズムでもうけているのでしょうか。

免税の仕組み

金は上記きまりのように海外から日本に持ち帰られる量は決まっていて、一番多くて20kgです。海外で購入できる商品は免税制度が適用されている場合があります。免税制度とは海外の消費税を払わなくてもいいメカニズムです。購入するときと出国の際に免税手続きを取ることで適用されます。

免税店と呼ばれるお店に売られているものは、税金を排除しているお店もあるのはご存じでしょうか。こちらは買う際に税金がかからないのです。このように免税される方法もあります。

金を密輸してもうかる仕組み

金を日本に持ち込んだときにもうかるメカニズムについて簡単に説明します。海外で金を購入したとします。そのときに消費税はかからず、10万円分買いました。その金を日本に密輸できたとします。金の相場は世界共通であり、下がることはあまりありません。日本で海外で買った10万円がそのまま10万円で売れたとしましょう。日本ではこれに消費税の10%がかかるため、11万円で売れる仕組みになっています。海外で買った金を日本で売ると、1万円もうかりました。

このように消費税分もうかるメカニズムになっています。日本はどんど消費税が上がってきているので、消費税が上がるにつれ密輸のトラブルも増え続けているのです

 

まとめ

金を海外から持ち帰る際のきまりを解説してきました。金を持ち帰る際のきまりは2つあり、どちらも気をつけておきたいです。きまりを知らなかったからといって見逃してくれる法律ではありません。知らないことが罪になることもあります。しっかり、きまりや法律を調べてから海外旅行に行きましょう。きまり内であれば金の輸入で小遣い稼ぎはできそうですが、トラブルに巻き込まれたりルール違反したりしないよう、気をつけましょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。