金投資を始める前に!知っておきたい基本知識

NEW
金投資を始める前に!知っておきたい基本知識

資産を増やす方法のひとつとして人気がある投資。中でも金投資は、安心資産として投資家の間でも注目されています。金投資とは一体何なのか、始める前に必ず知っておきたい金について徹底解説していきます。メリットデメリットも踏まえた上で、賢く金投資を行っていきましょう。

金投資とは

金は有事の金といわれ、安定資産として親しまれています。世界の経済状況が不安定になっても、価格が下落しないことや、金そのものの価値は一生変わることがないため、株や債券、不動産などと違い、損をすることがほとんどない低リスクで行える投資方法です。

株や債券などは、会社の経営が悪化したり倒産したりすれば、持っている株がすべてただの紙切れとなり、一銭も資産として残らなかったという事態も想定されます。しかし、金投資であれば、金を売却しない限りはすべて自分の資産として残り続けます。資産は増やしたいけど、あまりリスクは負いたくない、簡単な方法で投資がしてみたいという方にもおすすめの方法です。

 

金投資の種類と特徴

金投資と聞いて、多くの方が思い浮かべるのが「金そのものを購入する方法」ではないでしょうか。もちろんその方法もありますが、金投資の種類はそれだけではありません。予算によっておすすめの投資方法も異なるため、まずはどんな種類の投資方法があるのかを知っておきましょう。

金地金

ゴールドバーとして親しまれている金地金。別名インゴットとも呼ばれる。金の塊を購入する方法です。手元に金の現物を残すことができることもあって、とても人気がある投資方法となっています。光輝く純金のゴールドを所持しているだけで、なんだか幸せな気持ちになります。購入する重さは自分で選べ、5gから購入することができ、気軽始めやすいでしょう。

しかし、少しの量しか購入しないと、たくさんの資産を作ることは正直難しいです。さらに500g以下の金を購入する場合は購入や売却する際に手数料が必要となってしまいます。金地金を購入する際はある程度まとまった資金を用意し、手数料が不要な500g以上を購入するのがおすすめです。

金貨

金貨も金地金同様に現物を購入する方法となります。よく金地金と金貨は同じと考える方も多くいらっしゃいますが、同じ金でも少し異なります。金貨はデザイン加工費などが必要となるため、金地金よりも価格が高く設定されているところが多くあります。とはいえ、購入する量によっては、金貨の方が安くなることもあるため一概には金地金の方が安いとはいえませんが、少量の購入を考えているのであれば、金貨を検討してみてもいいかもしれません。

ただし、金地金同様に金貨も購入量が少ないと購入手数料および売却手数料が必要となります。予算はいくらあり、購入したい量の金貨と金地金でいくらくらい差があるのかをしっかりとリサーチした方が良いでしょう。手数料も店舗によって異なりますので、店舗選びも慎重に行ってください。

純金積み立て

金投資をしてみたいけどあまり予算がないという方に人気があるのが純金積立です。金そのものを購入するわけではないため、手元に金を残しておくことはできませんが、1000円ほどから毎月積み立てをすることができます。

口座を開設するのもとても簡単で、審査なども一切不要です。積み立て金額は自分で設定でき、毎月決められた口座から引き落とされるシステムなので、とても簡単に運用できるでしょう。積み立てをしている間は特に何もする必要はありませんが、売却するタイミングだけは自分で見極めなくてはいけません。積み立て額が少ないと一定額溜まるまでに時間はかかりますが、長い時間をかけて無理なくコツコツ貯めていきたいという人には向いています。  

金関連ファンド

株や債券などと同様に少し知識が必要になりますが、投資信託(ファンド)を行う方法もあります。金ETF(上場投資信託)などからお金を集め投資していきます。国内の金相場のみで運用している投資信託や、ドル建で運用している投資信託など、いろいろな種類があります。

為替変動によって常に相場が動き、今まで紹介した方法よりも若干リスクを伴うことが多いです。ある程度まとまった資産も必要になりますし、投資経験があるという方向けと言えるでしょう。

 

2021年の金相場、今後はどうなるか

金は2020年に起きた新型コロナウイルスの影響を受け世界情勢が一気に不安定になったことで、過去最大の高値を記録しました。通常、このようなことが起こると価格が下落すると思われがちですが、金のすごいところは有事に強いということです。下落するどころか、どんどん相場が上がるので、「有事の金」と呼ばれている理由が分かります。

2020年ほどの勢いがないものの、現在も高値をキープしている金相場。今後もそれほど大きく下がるところは今のところないと予想されています。まだコロナ禍の生活は続きますし、世界経済が安定するまでに時間を要することでしょう。

とはいえ、世界でどんなことが起こるのか未来は誰にも予想ができません。紛争が起きて世界情勢はさらに不安定となれば相場が上がりますし、コロナが収束して経済状況が一気によくなるという可能性もゼロではないということ。世界でどんなことが起こる可能性があるのかを常に情報収集しておくことが大切です。

 

金相場が急落する要素とは

今のところ高値をキープしている金ですが、どんなことが起こると金の相場が急落してしまうのでしょうか。下落する要素を覚えておけば、金の売買するタイミングを掴むことができますので、必ず知っておいてください。

米ドルの価格上昇

金の相場はドルの価格と非常に強い結びつきがあります。金の相場を知るには、ドルの動きを見ておくのが一番簡単な方法です。金とドルは全く逆の動きをしており、米ドルが上がれば上がるほど、金の相場は下がる仕組みとなっています。

今後ドルの価格が一気に上昇した際は、金は大きく下落する可能性があるということです。急落したときに金を売却するのは絶対にNGですが、逆にこのタイミングを狙えば金をお得に購入することができます。

需要の減少または供給の過多

金の供給量が増えているのも関わらず、購入者がいなければ需要と供給のバランスが取れなくなり、金の価格は下落する要因となります。これは金に限ったことではありませんが、物がどんどん作られているにも関わらず買い手がいなければ、価格を下げるしか売ることはできなくなっていきます。金は「物」であるため、このようなことが起こる可能性もあるということです。

金は非常に人気がありますので、需要が減る可能性は今後も少ないと考えられますが、今後あまりに供給が増えることがあれば、このような事態に陥ることもあるかもしれません。

経済の安定

経済が不安定になると、金の相場が高騰するというお話をしてきました。その逆で、経済が安定することで金の価格は下落してしまいます。昨年のコロナ騒動の他にも、過去にはオイルショックやアメリカで起きた同時多発テロ、東日本大震災などのタイミングで金は大幅に価格が高騰しました。そのあと世界経済が安定していくに連れて、下落もしくは高騰することなく同じ相場を維持する傾向にあります。

経済が安定している社会が本来は望ましいのですが、金投資をする場合はできるだけ経済が不安定である方が資金を増やすことができます。

社会不安や平和リスクの緩和

経済の安定と同じく、社会で今後起きることへの懸念や平和へのリスクが緩和されていけば、価格は下落していくでしょう。今後、社会が安定していく見通しが立てば、投資家たちが金を購入するのを控えてしまい、需要と供給のバランスが取れなくなることがあるからです。

ここまで予想することは大変難しいですが、コロナが収束したあとに大きな問題が世界(特にアメリカ)で起こらなければ、リスク緩和されることもあるといえます。

 

金相場の急落……可能性はある?

金を投資するにあたってやはり避けたいのが相場の下落でしょう。今は高騰していても、今後急落することはあるのか、可能性だけでも知りたいものです。金がもし下落してしまったらどうしたらいいのか、対策方法も合わせて解説します。

短期的に見れば急落の警戒が必要

やはり一番懸念されるのは、コロナが落ち着いて経済が安定していくことです。2020年ほど経済状況が悪い状況に行くことは恐らくないと思われます。世界規模で大きな出来事が起これば、そのあとは相場が落ち着くのが金相場です。数年の短期的にみたら、下落することは十分あるといえます。

ただ、下落といってもそれほど長い間続くことはないと予想されます。みなさんもご存知の通り、世界中で大きな事件は頻繁に勃発するものです。下落しては高騰するを繰り返すのが金相場です。

長期的に見れば急落の可能性は低い

金を投資するときは、購入して短期間ですぐに売るという資産運用はしません。5年以上所持することで、売却時の税金が半分になるためです。この先急落したとしても、また高騰するタイミングはきっとやってきます。たとえ急落したとしても、そのタイミングで売却しなければ損をすることがないので、大きな問題ではないでしょう。金の良いところは、自分でリスク回避ができることです。もし購入後に下落してしまっても、「いつか高騰したときに売ろう」と長い目で金投資を行ってください。

 

金投資のメリット

有事にも強い金ということはお分かりいただけたと思います。今後、安定した資産を確実に作りたいという人へ、金が持つ最大のメリットを解説していきます。どうして近年投資家たちの間で金投資が注目されているのか、きっと分かっていただけるでしょう。

無価値になることがない

もし銀行が破綻してしまえば、お金は失いますし、会社が倒産すれば株の価値はまったくなくなり、一文無しになることもあります。でも金は、どんな事態が起こっても、金そのものが持つ価値は永遠になくなることはありません。

金はこの先採れる限り、価値を持ち続けてくれる素晴らしい資産です。最近は銀行にお金を預けていても利息がほとんどつかず、増やすことは難しいですが、お金ではなく金に買えることで、価値の高い資産を持ち続けることができます。

価値基準が世界共通

金の価値はもちろん日本だけで認められているわけではありません。世界中、どこの国でも共通の価値があるところが金の良いところといえます。世界で認められている価値がある金だからこそ、世界情勢に敏感でたとえ状況が悪化したとしても、その価値を維持し続け高騰することができるというわけです。世界中で共通した価値を持つ物は、それほど多くはありません。まさに金はその代表といえるでしょう。

 

金投資のデメリット

金のいいところやメリットをたくさん紹介しましたが、デメリットももちろんあります。他の投資と違いリスク回避はしやすいですが、デメリットもしっかりと理解した上で金投資をするのが自分に合っているのか判断していきましょう。

配当や利子がない

金は株や不動産とは違い、配当金や利子などがまったく付きません。株や不動産のみで生活をしている人も多くいますが、金の場合は毎月安定した収入が入ってくることはないため、金のみで生計を立てるということは不可能です。その代わりリスクが低いわけですが、利子も付かないということを覚えておいてください。

長い目で見れば、資産を残すことができますが、「短期間で今すぐにお金を増やしたい」という人には金投資は向いていないといえます。金を投資する際は、あくまでも「将来相場が高いときに売却すれば臨時収入が入ってくる」という感覚で購入した方が良いでしょう。

管理リスクを伴う

非常に人気があるゴールドバーの購入。しかし、大量の金を自宅に置いておくことはおすすめできません。金庫を置き、自宅で保管する方もいますが、金庫は震災がいつ起こるか分からないため、非常にリスクを伴います。震災時に紛失してしまったり、自宅を長期間空けることで、窃盗にあうことがあるからです。実際に、東日本大震災が起きたとき、たくさんの金庫が盗まれるということがありました。

可能な限り、銀行などで貸金庫を借り保管しておいた方が良いでしょう。しかし、貸金庫にはコストが必要です。貸金庫の大きさや、年月にもよりますが、半年~1年ほど預けるだけで数万円はみておく必要があります。金地金を購入するときは、こういったコストも必要になることを頭に入れておかなければいけません。

 

まとめ

デメリットも少なからずある金投資ですが、断然メリットの方が多く投資についてあまり知らない方でも簡単に投資を行うことができるので、ぜひ安全資産として検討してみてほしいと思います。すべての方に金投資が向いているとは限りませんが、永遠に価値を持ち続ける金で、長期間コツコツと資産を増やしてみてはいかがでしょうか。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る