金投資するなら純金積立の定額購入か定量購入がおすすめ!

NEW
金投資するなら純金積立の定額購入か定量購入がおすすめ!

有事の金と呼ばれ、低リスクで安定資産を作り出せるため金投資は非常に人気となりました。不動産や株のように大きな利益は生みませんが、世界共通の高い価値を持ち続け、インフレにも非常に強いため長期にわたって確実に資産を増やしたい人に金は愛されています。

金投資はどんな方法があるの?

金に投資すると聞くと、みなさんはどんな方法を思い浮かべますか?多くの人が「金そのものを購入する」と思っているのではないでしょうか。もちろん金の塊であるゴールドバーの購入も人気の投資方法ですが、それ以外にもいくつか投資方法があるのでご紹介します。

純金積立がおすすめ!

金投資には、現物購入、投資信託、金ETF、先物取引、純金積立があります。投資自体が初めてである場合は定量購入できる現物購入もしくは、純金積立が非常におすすめ。現物購入は実際の金を手元に残しておけるので人気の投資方法ではありますが、ある程度重さのある物を購入することになるのでまとまった資金が必要です。もちろん少量購入も可能ですが、少量だと大した利益が生み出せないため多くの人は数百万円かけて現物を購入します。

一方で純金積立は少額で始めることができ、毎月積立てて金を購入します。予算が少なくても簡単に始められるため、初心者でも簡単にできる投資方法として人気です。

 

定量購入と定量購入の違いは?

純金積立をする場合は、定期購入と定量購入の2つから選択します。定額購入であれば予め自分で設定した金額を毎月入金し、定量購入であれば自分が購入したい金の量を購入する形です。前者は毎月決まった金額ですが、後者であればそのときの相場によって金額が変わるため、購入の量が多いと相場次第では多少のリスクを伴うでしょう。定量購入は1gから可能ですので、投資に慣れていないようであれば少ない量から始めてみてください。

おすすめは定期購入!

定期購入は1000円から始められるところがほとんどですので、初期投資はほとんど必要ありません。できるだけコストをかけずに金投資を始めてみたい人に向いています。定量購入とは違い、相場に左右されず毎月一定額のみで済むため、安心して積立することができるでしょう。

しかしいくら毎月かかるコストは少額とはいえ、全くリスクがないわけではありません。他の投資方法よりはリスク回避が非常にしやすいものですが、全くリスクがない投資は存在しないことを覚えておきましょう。積立をしたあとはしっかりと相場を確認し、売却を行う必要があります。いつ相場が高騰しそうなのか為替相場などを見ておかないと、元本割れすることがあります。

まとめ

まとまったお金がなくても、純金積立であれば少額から投資できます。相場が高騰するタイミングで売却できれば、しっかりと資産を作れるでしょう。安定資産と呼ばれる金で、将来の貯蓄額を増やしてみてはいかがでしょうか。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る