宝石買取の色石の査定金額を少しでも上げるために考慮すべきこと

NEW
宝石買取の色石の査定金額を少しでも上げるために考慮すべきこと

日本の家庭には沢山の宝石類やジュエリーが眠っているといわれています。高度成長期には女性たちがこぞって高品質な宝石を買ったためです。今ではタンスの肥やしになっていることも多いようですが、こうした宝石は売却したほうが賢明でしょう。

色石は査定金額の決定が極めて困難

日本の高度成長期、女性たちはあるCMにくぎ付けになりました。婚約指輪は給料の3か月分というキャッチフレーズがセンセーショナルなCMです。女性たちはプロポーズの際には高価なダイヤモンドのエンゲージリングをもらいたいと羨望のまなざしでCMを見るようになりました。西欧の文化に乗っ取り、ダイヤモンドリングを差し出され膝をついて求婚してほしいと強いあこがれを抱く女性が多くなったのです。このシチュエーションはまさに、シンデレラのおとぎ話やハリウッドの映画のヒロインの様であり、女性たちは宝石やジュエリーに関心を抱くきっかけにもなりました。女性の社会進出も見られるようになり、お給料を貯めて色石の宝石やジュエリーを購入する女性も増えたのです。現代では、多くの家庭にそのころに購入された色石の素晴らしいジュエリーが使われずに眠っているといわれています。宝石をタンスの肥やしにするほど無意味で勿体ないことはありません。宝石買取業者に買い取ってもらうのが賢明でしょう。しかし、色石の鑑定は極めて難しく、困難であるといわれています。プロの鑑定士でも石の価値を見極めて適正な評価格を算出するのは難しいのです。それゆえに、色石宝石のジュエリーは高額さ手が難しいジャンルであると認識されています。ではなぜ色石鑑定が困難なのか詳しく紹介しましょう。

事前に知りたい!色石の査定金額の相場

宝石の中でもルビーやエメラルド、サファイアと言った三大半貴石のジュエリーはとても人気があります。赤、緑、青といった三原色は、多くの女性の心を魅了してやみません。インパクトがある発色は、見ているだけでも美しさに吸い込まれ心が癒されるでしょう。三大半貴石は、現代では鉱山が閉山になるなどの理由から採掘量が年々減少しています。巨大な大きさの原石を発掘できる確率も少なくなっているため、希少性がますます上がりました。宝石店や百貨店でルビーやエメラルド、サファイアのリングやネックレスを購入するとなると、かなりの予算を覚悟しておく必要があります。クオリティが良くカラット数が1.5から3カラット前後でも50万円から100万円は必要です。一方買取においては、購入時のような高額な査定を期待することができなくなっています。例えば鑑定書を紛失もしくはもともと鑑定書がないような色石の宝石の場合、プロの宝石鑑定士であっても価値を正確に査定するのが困難です。それは、昨今レーザーや加熱することによって、人工的に色を着色しているルースが多いことから生じます。ノンヒートの天然のルースは市場にほとんど出回っていないこともあり、鑑定時にヒートとノンヒートを肉眼で鑑定するのは不可能に近いのです。そのため、買取業者は適正で正確な買取査定額を提示することが困難となりました。色石の宝石はダイヤモンドなどと比較しても低い査定額が提示されることが多く、相場的には定価の一割の額にも満たないともいわれています。

高額査定には買取店の選択が重要

買取市場では、プロの宝石鑑定士でもレーザーや加熱で着色されているかどうかを見極めるのは困難であるため、ダイヤモンドと比較するとどうしても色石は安く査定されがちです。そのなかにあってもできるだけ高額査定で買い取ってほしいと思うのは当然のことでしょう。購入時にはダイヤモンドと引けを取らない程の高額なルビーやサファイアである場合には、一円でも高く買い取ってほしいと思うのが人情です。高額査定のためには、買取店選びが重要となります。買取店は質屋、リサイクルショップ、ブランド買取、宝石貴金属専門買取が主なものです。ただし、買取店の中にはアルバイトスタッフなど素人同然の人がデータベースだけを手掛かりに査定するケースも見受けられるため注意しましょう。安く買いたたかれないためには、やはり宝石貴金属専門買取業者を選び、鑑定士はどのような資格を持っているかを注意深く確認することが大事です。古物商、ダイヤモンドソムリエやGIAやCGLなどの宝石鑑定士の資格を持っていると安心でしょう。買取実績が豊富であれば、適正かつ正確に査定してくれるだけでなく、それなりの査定額が期待できます。実績や資格に関しては、宝石貴金属買取業者のホームページで事前に確認してから、査定に宝石を持っていくとよいでしょう。また、口コミ評価も非常に参考になります。

高額査定で素敵な買取ライフを

高額査定で自身の色石の宝石を買い取ってもらうことは、良いお小遣い稼ぎになったり家計の足しにしたりすることができます。さらに、タンスに眠らせているのではなく、本当にその宝石を必要としている人に譲るという気持ちを持つことも大事です。ダイヤモンドやサファイア、ルビーやエメラルドはこの世の物とは思えない美しさを持ち、地球が人間に与えてくれた自然の遺産であると言っても過言ではありません。こうした地球からの貴重な贈り物を、タンスに眠らせるのは本当にもったいないことです。特に経済成長が目覚ましい人口の多いインドや中国では、豊かになるとともに宝石類の需要も非常に高まっています。ルビーや珊瑚の赤は、中国人にとって縁起色であり、中古品でもニーズが高いです。翡翠やエメラルドのグリーンも中国人が好きな色で、資産保全として所持している家庭もあります。インドも同様で、ダイヤモンドやゴールドを好み、身に着けて資産保全としている人が多いです。このように本当に身につける機会があり、必要としている人に譲ることが、SDGsやリサイクルが叫ばれる今の時代において大事でしょう。宝石自身も人の目に触れ愛され、身につけられることで本当の美しい輝きを放つことになります。宝石の買取ライフは、売却した人や買い取った人を豊かな人生にしてくれるのです。

色石を高く売るコツまとめ

三大半貴石の色石をできるだけ高額で買い取ってもらうためには、買取業者の見極めが大事です。プロの鑑定士で有資格であり、買い取り実績が豊富であれば適正価格で鑑定される可能性が高くなるでしょう。しかし、どれだけ鑑定経験が豊富で資格を持っていても、ノンヒートか加熱加工済みかを見極めるのは非常に難しく、鑑定士であっても限界があります。そこで色石のジュエリーを高額査定してもらいたい場合には必ず鑑定書を持参しましょう。そこには非加熱か過熱化効果が必ず書かれているため、これがあると適正価格で鑑定してもらえます。鑑定書があり、ノンヒートで正真正銘の天然、かつカラットが大きく、透明度とカラーが申し分なく、インクルージョンが見られない場合にはかなりの高額が期待できます。鑑定書がない場合には、色石自体の高額査定を期待せず台座の地金のゴールドや、プラチナでできるだけ高額査定を期待するとよいでしょう。それにはゴールドやプラチナの重量、純度が重要になってきます。そこで一点だけではなく、複数個の宝石やジュエリーを査定してもらいまとめて買い取ってもらうことがおすすめです。複数個まとめることで希望の買取額に近づけることができます。ブランドの刻印が付いたもの、特にフランスの高級ジュエリーブランドの宝石を査定に出すと比較的高額査定が期待できるでしょう。色石の宝石であってもノーブランドよりもブランドであれば査定額が高くなります。

まとめ

色石の宝石のジュエリーはレーザーや加熱で色を付けていることが多いため、プロの鑑定士でも適正な査定額を提示するのが難しいとされています。できるだけ高額査定を期待するのであれば、宝石貴金属専門買取業者に鑑定書を持参し、鑑定してもらうとよいでしょう。鑑定書がない場合には、査定額は購入時の一割の額に満たないことを覚悟する必要があります。また、ノーブランドよりもフランスなど老舗ジュエリーブランドの刻印などがあるものの方が高額査定を期待できます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る