宝石・ジュエリー
2021年11月1日

ダイヤモンドとサンゴ(珊瑚)の違いや買取評価の情報を比較!

NEW
ダイヤモンドとサンゴ(珊瑚)の違いや買取評価の情報を比較!

ダイヤモンドとサンゴはどちらも宝石店で人気のある商品ですが、その特徴には大きな違いがあります。見た目はもちろんですが、お手入れの方法や、査定の基準にもそれぞれ違いがあります。ここでは、ダイヤモンドとサンゴに関する情報について、まとめてご紹介します。

ダイヤモンドとサンゴ(珊瑚)の特徴や見た目の違い

ダイヤモンドとサンゴにはそれぞれ独自の特徴があります。ダイヤモンドの大きな特徴としてあげられるのは、硬度が非常に高いことです。天然の鉱物の中では一番硬度が高い物質として知られていて、硬度10の硬さを持っています。他の金属で作った刃物を使用しても、傷をつけることさえ非常に難しい鉱物です。その一方でサンゴは、硬度があまり高くないことで知られています。サンゴの硬度は3.5で、金属では銅と同じような硬さです。鉄製の刃物などでも簡単に削ることができます。ダイヤモンドとサンゴは見た目にも大きな違いがあり、ダイヤモンドは無色で透明なものが多くなっています。その一方でサンゴは色がついているものが多く、赤やオレンジ、ピンクなどの色があります。黒やブラウンなどの色の濃いものもある一方で、白い色のサンゴも生息しています。ダイヤモンドの中にも無色以外のものがあり、産出できる場所が非常に限られていることから、無色透明のものよりも貴重な宝石として、高値で取引されていることが多いです。ダイヤモンドとサンゴはその性質にも違いがあり、サンゴは植物と動物の両方の特徴を持っている生き物です。ダイヤモンドは生物ではなくて鉱物で、炭素が主な成分になっています。色のついたダイヤモンドは、内部に含まれる窒素の割合が異なっています。

ダイヤモンドとサンゴ(珊瑚)のお手入れや保管方法の違い

ダイヤモンドもサンゴも、定期的にお手入れをしていないと、汚れが取りにくくなってしまうことがあります。ですが、この2つの宝石は性質が大きく異なっているために、お手入れの方法もそれぞれ違いがあります。ダイヤモンドの汚れを落とす時に使用できるのは中性洗剤です。そのまま直接かけるよりも、水の中に薄めて使用した方が、ダイヤモンドにあまり負担をかけることなく洗うことができます。水の中に入れて洗うことで汚れが取りやすくなり、指では落としにくい細かい部分に汚れがある場合には、毛先が柔らかいブラシを使用して落とすこともできます。汚れを落としきったら水で洗剤をしっかりと洗い流して、十分に乾燥させる必要があります。その一方でサンゴの汚れを落とす場合には、種類によっては洗剤が使用できない場合があります。こうしたタイプのサンゴを洗いたい場合には、水だけを使用して洗うのが基本的な方法です。ただし、あまり長時間水で洗っていると、サンゴが劣化する原因になる場合もあるので、あまり時間をかけずに手早く洗う必要があります。サンゴは水で洗った後に十分に乾燥させることが非常に重要で、通気が良いところで自然に乾かすのが最適な方法です。ダイヤモンドは光や温度の影響を受けにくいので、どこでも保管しやすいですが、サンゴは光や温度の影響を受けやすいため、光の入りにくい冷暗所に保管するのがおすすめです。

ダイヤモンドとサンゴ(珊瑚)のアクセサリーの違い

ダイヤモンドとサンゴでは、使用されているアクセサリーの種類にもそれぞれ違いがあります。ダイヤモンドは硬度が高いため傷がつきにくいので、幅広い種類のアクセサリーに使用されている宝石です。特に多く使用されているのが指輪です。ダイヤモンドはカラット数が小さいものでも非常に存在感があるので、結婚指輪などにも多く使用されています。また、ブレスレットの材料に使用されることも多い宝石で、複数のダイヤがちりばめられている、非常に豪華なブレスレットも販売されています。ネックレスも1粒ダイヤのものや連になった豪華なものまで幅広いデザインで使用されることがあり、他の宝石のネックレスよりも高額な商品が多い傾向にあります。ピアスも販売されていて、カラット数の小さいものならば、価格が手ごろなものも見つけやすくなっています。サンゴも幅広い種類のアクセサリーに使用されている宝石で、球形のものは指輪などにも使用されていますが、硬度が低く傷つきやすいため比較的指輪は少ないようです。ペンダントにもサンゴは使用されていて、コーディネートにアクセントをつけたい時のワンポイントとして使いやすいです。ネックレスも販売されていて、球状のサンゴを複数つなぎあわせて作られたものが多いです。サンゴは男性向けの商品では、サンゴを使用したループタイなども販売されています。

ダイヤモンドとサンゴ(珊瑚)の評価や人気を比較

ダイヤモンドとサンゴでは、それぞれ評価や人気にも大きな違いがあります。多くの人に人気があるのはダイヤモンドで、日本だけでなく、世界中でも最も人気がある宝石の一つです。ダイヤモンドが宝石の中でも特に高い人気があるのは、宝石の中でも一番硬度が高いからです。強くて美しいというイメージをダイヤモンドは持っているために、多くの人にアクセサリーとして愛用されています。ダイヤモンドはブライダル関係の商品としても非常に人気があり、結婚指輪に贈られることが多いのは、この宝石が永遠の輝きを持っているからです。永遠の愛を誓う二人にふさわしい宝石として、多くのカップルに選ばれています。サンゴも人気のある宝石で、特に日本人には昔から高く評価されています。周囲を海に囲まれている日本はサンゴを採取しやすい地域なので、昔からさまざまな装飾品に使用されてきました。日本産のサンゴは非常に質が高いことでも知られていて、国外でも高く評価されています。サンゴは年輩の人にも人気のある宝石で、他の種類の宝石にはない独自の魅力があります。着物の帯留めなどにも使用されていて、幅広い用途で使用されています。価格が安いものも多いことから、誰にでも購入しやすくなっているため、若い人にも人気がある宝石です。

ダイヤモンドとサンゴ(珊瑚)の値段と価格相場を比較

ダイヤモンドとサンゴでは、販売されているアクセサリーの価格にもそれぞれ違いがあります。一般的にダイヤモンドを使用したアクセサリーの方が、価格相場は高めになっています。ですが、商品によってはサンゴを使用したアクセサリーの中にも高額なものがあります。ダイヤモンドがついたアクセサリーの中でも特に多く販売されているのは指輪ですが、使用されているダイヤのカラット数によって、価格には大きな違いがあります。1カラット未満の大きさの指輪ならば、10万円以下の価格で販売されていることも多く、比較的購入しやすくなっています。1カラット未満の指輪であっても、カラーダイヤモンドは無色のものより高額な商品が多く、20万円以上の価格で販売されているものも多いです。指輪の場合、本体に使用されている素材によっても価格が大きく異なり、プラチナを使用した商品の中には価格が100万円以上するものもあります。サンゴの指輪は、ダイヤモンドよりも価格の差が少なくなっていて、多くの商品が5万円から20万円前後の価格で販売されています。サンゴはネックレスの方が安い商品が多く、5千円以下の価格で販売されているものもあります。色の濃いサンゴを多く使用したネックレスの中には高額の価格がつけられている商品もあり、30万円以上のネックレスも販売されています。

ダイヤモンドとサンゴ(珊瑚)の査定基準と買取店の上手な選び方

ダイヤモンドとサンゴでは、買取に出した時の査定基準にも違いがあります。ダイヤモンドを査定する時に重要な基準となっているのは4Cという基準です。そのうちの一つがカラットで、これはダイヤモンドの重量のことです。カラット数が大きいほど、高い価値を持っていることから、買取店でも高く評価されています。クラリティも4Cの基準の一つで、透明度の高さによって、買取額にも大きな違いが出ます。透明度の高いダイヤモンドは評価が高くなっていて、大きくても全体的ににごりがあるものは、その分評価が低くなります。カラーもダイヤモンドの価値を決める重要な要素で、無色のダイヤモンドよりも、色のついたものの方が高く評価されることが多いです。色のついたダイヤは産出量が少ないため、買取店でも貴重品として評価しています。ダイヤの査定額を決めるもう一つの要素がカットで、ダイヤモンドの輝きを増す質の高いカットが施された商品は、高額で取引されています。サンゴにはダイヤモンドとは違った独自の査定基準があり、特に評価額に大きな影響を与えているのが色と種類です。色が濃いものの方が高額で評価してもらえることが多く、血液のように赤い色をしたサンゴは特に高い価値を持つものとして取引されています。買取店によっても査定価格に違いがあり、宝石に関する知識や資格を持っているスタッフが鑑定をしているお店であれば、適正な価格で評価してもらいやすくなります。

まとめ

ダイヤモンドとサンゴに関する情報について、まとめて紹介してきました。どちらも人気のある宝石ですが、ダイヤモンドは炭素から作られている鉱物で、サンゴは生物であるという違いがあります。ダイヤモンドもサンゴもさまざまなアクセサリーに使用されていて、ダイヤモンドは結婚指輪としても人気があります。サンゴはネックレスなどにも使用されることが多く、価格の安い商品も多く販売されています。買取店ではこれらの宝石を、それぞれ別の基準で査定しています。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。