カラーダイヤモンドの一種「ファンシーイエローダイヤモンド」とは?

NEW
カラーダイヤモンドの一種「ファンシーイエローダイヤモンド」とは?

色の付いたカラーダイヤモンドの中には「ファンシーイエローダイヤモンド」と呼ばれるものもあります。ここでは黄色い色をしたイエローダイヤモンドの特徴やその希少性、さらに価値を左右する要因や相場などについてご紹介します。

イエローダイヤモンドの特徴

ファンシーイエローダイヤモンドは、黄色い色をしているダイヤモンドのことです。一般的にダイヤモンドといえば、無色透明のものをイメージする人が多くいます。しかしこの石は透明感がありながらも、黄みがかった色の付いていることが特徴です。自然界にあるもので最も硬い物質として知られる無色透明のダイヤモンドは、炭素のみでできています。とはいえ炭素以外の物質が混じることで、さまざまなファンシーカラーダイヤモンドが生まれます。例えばホウ素が混ざると青いブルーダイヤモンド、窒素が混じり炭素が欠けるとピンクダイヤモンドになるといった具合です。イエローダイヤモンドの場合は、少量の窒素が混じることであの宝石ならではの黄色い色が付きます。色付きのものや無色透明のものなどがあるダイヤモンドの中で、最も産出量が少なく希少価値が高いのは無色透明のものです。また青やピンクなどのさまざまな色があるカラーダイヤモンドの中でも、イエローダイヤモンドには比較的採掘量が多いという特徴があります。

ファンシーイエローダイヤモンドの希少性

不純物が含まれていないものが少ないため、無色透明のダイヤモンドは希少性が高いと考えられています。また色の付いているカラーダイヤモンドの中で、最も希少性が高いとされているのは彩度が高いピンクです。同じように彩度の高い青や緑も希少であるため、価値が高いといわれています。これらのダイヤモンドと比較すると、黄色いイエローダイヤモンドは、比較的産出量が多いため希少性も低くなることが特徴です。ただし、黄色いダイヤモンドの中にもカラーのグレードがあります。このカラーグレードの中で最も彩度が低く色の淡いものはベリーライトイエローです。これは希少性が低いため、比較的安価で流通しています。一方、最も色が濃く彩度が高いものは、ファンシービビッドイエローと呼ばれており、イエローダイヤモンドの中ではこれが最も希少性が高く、高い値段の付く傾向にあります。これらのようなカラーグレードには8段階あり、その中でファンシーイエローと呼ばれているのは濃い方から4番目の色です。

ファンシーイエローダイヤモンドの価値を左右する要因

無色透明のものやピンク、ブルーなどのダイヤモンドと比較すると、希少性が低く価格は下がるイエローダイヤモンドですが、鮮やかに発色しているものの場合には高い値段が付いていることもあります。色が淡いものの場合には、手の届きやすい価格で売られていることも少なくありません。しかし彩度の高い鮮やかな色のイエローダイヤモンドの場合には、何倍もの値段になることもあるのです。またファンシーイエローダイヤモンドの価値を左右する要因には、カラット数やクラリティ、カットなどもあります。カラットは重さで、この数が大きいほど価値が高いとされています。クラリティとは透明度のことです。傷や内包物があると透明度に影響を与えますので、透明度は高い方が良いとされており、傷や内包物が見つからないものは最も高いランクに評価されます。これらの他に、カットも評価を左右するポイントです。原石から切り出したダイヤモンドは美しく見せるために加工されますが、このカット技術によって評価や価値が変わってきます。

ファンシーイエローダイヤモンドの相場

ファンシーイエローダイヤモンドの相場は、他のカラーダイヤモンドや無色透明のものと比較すると安い傾向にあります。古くからダイヤモンドは透明のものほど良い、と考えられてきました。しかし近年注目されることが増えているピンクやブルーなどのカラーダイヤモンドは、色が濃く鮮やかであるほど評価が高くなっています。色付きのダイヤモンドが注目される機会が増えていることから、ファンシーイエローダイヤモンドの価格も以前と比べると上昇傾向となってきました。また黄色いダイヤモンドの相場も、それぞれの石の大きさや色によって変わってくることが特徴です。透明に近い淡い色のものの場合には一般的に手頃な価格となりますが、鮮やかな色の場合には相場も高くなります。ファンシーイエローダイヤモンドは、世界のさまざまな地域で採掘されますが、大きなものとなると限られた地域でしか採掘できません。そして他のダイヤモンドと同様に、ファンシーイエローダイヤモンドも大きなサイズのものは希少であるため、価格の相場も高くなりがちです。

まとめ

イエローダイヤモンドは、黄色い色をしていることが大きな特徴です。無色透明のダイヤモンドや、青・ピンク・緑などのダイヤモンドと比較すると希少性は下がります。ただし鮮やかな色や彩度の高いものの場合には希少性が上がります。色やカラット数、傷や内包物の有無、カット技術などはファンシーイエローダイヤモンドの価値を左右する要因です。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る