ウィッテルスバハ・ダイヤは過去最高の20億円で落札されるほどの価値がある

NEW
ウィッテルスバハ・ダイヤは過去最高の20億円で落札されるほどの価値がある

ダイヤモンドは高額で売れることをご存知ですか?ダイヤモンドは非常に希少なものなので、価値が相当高く、億を超える額にもなります。そして、ウィッテルスバハ・ダイヤが稀ですが20億円で売れたこともダイヤモンドの価値の高さを語っています。

ブルーダイヤモンドとしては過去最高値の落札額

ブルーダイヤというホウ素成分が入っているものは、ホウ素があまり取れないため採掘量が減ってしまい、価値が高額になりがちです。相場で言うと1,000万は超えてきており、数は少ないですが億超えも存在します。そのような中、20億円の価値を持ったブルーダイヤモンドがあったことには驚くばかりです。世の中、平均生涯年収は2億円くらいですが、20億円とは金銭感覚が狂ってしまいます。もう働かなくても十分過ぎです。このようにダイヤモンドは価値が高く、特にブルーダイヤモンドには高額な価値が付くことになります。

ウィッテルスバハ・ダイヤは今でも謎が多い

インドで作られたウィッテルスバハ・ダイヤは1664年にフィリップ4世が婚礼のために買い取ったと言われていますが、その後のダイヤの経緯は明らかになっていません。そのような中、結局そのダイヤはドイツのウィッテルスバハ家にたどり着き、それがオークションに出され、20億円という価値が付いたところからウィッテルスバハ・ダイヤと言われています。このダイヤが何故オークションに出されたかなどについては謎に包まれています。また何故20億円という超高額な価値で売れたのかも謎になっているのです。

もともとはドイツのウィッテルスバハ家が所有していた

もともとは、ドイツのウィッテルスバハ家が持っていましたが、その前の17世紀にはフィリップ4世が使用していました。そこからの経緯は明らかになっていませんが、後にウィッテルスバハ家にたどり着き、そのダイヤが家族に代々継がれていったとされています。そのため所有者はウィッテルスバハとなり、よってダイヤの名前もウィッテルスバハ・ダイヤになります。そこから売却されて20億円の価値が付いたというわけです。それは予想落札額を大きく上回る額となりました。落札されたダイヤモンドの中で、今までで最も高い価値が付いたと言われています。

まとめ

経緯は明らかではありませんが、とにかくウィッテルスバハ家が所有していたダイヤモンドに超高額な価値が付いたというわけです。家族で代々受け継がれてきたダイヤモンドが予想価格よりも大幅に上回る20億円という落札結果になりました。それは今までで最も高い価値が付いたとされていることから有名なダイヤモンドとなりました。またオークションで落札された宝石としても世界最高額となっています。さらに最近ではダイヤモンドの価値が上がっているため、これからますます落札額は上がっていくことが予想されます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る