同じものなのに違いがあるのか?「宝石珊瑚」と「サンゴ」に関する話

NEW
同じものなのに違いがあるのか?「宝石珊瑚」と「サンゴ」に関する話

宝石珊瑚とサンゴが同じ種類のものであると勘違いされることはよくあります。ですが、この2つのものには大きな違いがあります。違いを知っておけば、サンゴの種類を見分けることができるので便利です。ここでは、宝石珊瑚とサンゴの違いについて詳しく紹介します。

「珊瑚」と「サンゴ」と書くのには理由がある?

サンゴはカタカナでそのまま表記されることもあれば、漢字で珊瑚と書かれることもあります。二通りの書き方で書かれることがあるのは、どちらを使用するかによってイメージが異なってくるからです。サンゴと仮名で書いた方が文章のイメージに合っていれば、カタカナの方が使用されることが多いです。さまざまな世代の人を読者としている軽めの文章などでは、サンゴと仮名で書かれることが多くなっています。その反対に漢字で珊瑚と書くと、カタカナよりも重厚なイメージになります。そのために、硬い文章などでは、珊瑚という漢字が使用されることが多くなっています。ですが、基本的にはどちらの字を使用しても良いので、文章を書く人が自分の好みに合わせて使用できます。子供でも読みやすくするという目的で、サンゴが仮名で書かれる場合もあります。

世界も認める日本産珊瑚の美しさ

珊瑚はどこの国の海に生息しているかによっても、その特徴に大きな違いがあります。国によって特徴が違うのは、海の環境がそれぞれ大きく異なっているからです。一続きにつながっている広い海であっても、緯度や経度が変わることにより、水温も大きく違ってきます。一般的に緯度の低い地域の方は水温が高くなっていて、珊瑚が生息するためには最適な環境になっています。日本国内の海も美しい珊瑚が生息していることで有名ですが、姿が美しいのは、この生物にとって生息しやすい環境が整っているからです。日本の中でも海中に珊瑚が暮らしている地域は限られていて、沖縄や九州地方近海など、一年を通して水温が高い地域でのみ生息しています。こうした地域の珊瑚は、世界的に見ても非常に価値があることで知られていて、高く評価されています。

宝石として高い評価を持つ日本産珊瑚

日本産の珊瑚は、宝石としても高い価値を持っています。日本産のものが高く評価されている理由としては、他の地域に生息されているものに比べて、色がきれいなものが多いからです。その中でも、赤サンゴは特に価値の高いことで知られています。日本産の赤サンゴは色が美しいだけでなく、品質が高いことでも知られているので、海外でもよく取引されています。赤一色の美しい姿は装飾品としても人気が高く、リビングなどに置きもの代わりに飾ることもできます。ですが、日本産の赤サンゴは昔と比較してその数が少なくなっていることから、外国に輸出される量は年々少なくなっています。そのことで逆に、日本産珊瑚の希少価値は高まっていて、より高い価格で取引されるようになりました。珊瑚からとれる丸玉も、同様に高い価値を持っています。

宝石珊瑚の正体とは何なのか

宝石珊瑚と一般のサンゴは、生息している環境に大きな違いがあります。宝石珊瑚の正体とは、深海に生息している生物のことです。一般のサンゴは海の中でも比較的浅い場所に生息していることが多く、サンゴ礁を形成していることも多いです。サンゴ礁は他の生物たちの住み家にもなっています。ですが、宝石珊瑚は100メートル以上深い海の底に住んでいることが多く、浅いところに住んでいるサンゴのように、サンゴ礁を形成することもあまりありません。光の届きにくい海の底で単独に暮らしている生物で、成長のスピードも浅い所に住んでいるサンゴより遅いのが特徴です。その分、深海に住んでいる宝石珊瑚は硬度が高いことでも知られていて、宝石のような硬さをもっています。世界の広い地域の海の底に生息していて、アジアだけでなくヨーロッパでも採取することができます。

最も価値のある珊瑚とはどんな珊瑚?

珊瑚の中でも最も価値のあるものとして知られているのは、色が鮮やかなものです。色が薄いものは、その分だけ評価が低くなります。宝石として人気がある赤サンゴも、種類によって価値に違いがあり、一番評価が高いのは赤が非常に濃いものです。赤サンゴの場合には、赤に黒が少し混じっているような色合いのものが、一番価値があるとされています。その反対にピンクに近いものは、それほど高い価値はありません。住んでいる場所によっても色合いに違いが出る場合があり、最高級の赤サンゴは深海の深い場所に生息していることが多いです。最も評価が高い珊瑚は、全体的に色のムラがないという特徴もあります。色合いが濃いものであっても、濃い部分にばらつきがある場合には、最高級のものとはみなされません。表面にヒビが入っていないことも、高い品質の条件です。

まとめ

珊瑚のことについて、詳しく紹介してきました。珊瑚には一般のサンゴと宝石珊瑚の2種類がありますが、一般のサンゴは海中の浅い場所で生息しています。サンゴ礁を形成するのもこのタイプのサンゴです。宝石珊瑚は海中の深い場所に生息していて、単独で生活していることが多い生き物です。光が届きにくい場所に生息しているので成長は遅いですが、浅い所に住むサンゴよりも硬さがあるのが特徴です。日本産の物は特に高く評価されています。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る