高級ブランドに使用される風防の種類と加工方法について

NEW
高級ブランドに使用される風防の種類と加工方法について

腕時計はブレスレットなど、様々な部品が集まって一つの形を作っています。その中で文字盤を覆っているのが、風防と呼ばれる部分です。ガラスとも呼ばれており、通常は透明になっています。風防の種類は1つではなく、ミネラルガラスなど複数のタイプが実はあるものなのです。風防にはどんな種類があるのか、また加工や交換の方法について説明したいと思います。

 

リッチな風合いと強度の高さが魅力のサファイアクリスタルガラス

風防に使われている素材の中で、最も新しいタイプと言われているのがサファイアクリスタルガラスです。1970年代に入り、クオーツ時計が急速に普及しました。この素材を使った商品がどんどん販売されるようになり、今に至っています。

 

①サファイアクリスタルガラスの特徴

純度がとても高い酸化アルミニウムであるアルミナを使用しており、美しい色彩が印象的なサファイアと組成が似ているという特徴を持っています。とても硬く、加工がとても難しいとされている素材です。加工が困難なため、サファイアクリスタルガラスを使用した高級ブランドの腕時計では、フラットなタイプが多いとされています。ただ一部のモデルでは、緩いラウンド状になったドーム型が採用されています。

 

②割れる時は派手に割れるのが欠点

ちょっとした傷にも負けない強度を誇るサファイアクリスタルガラスですが、耐久性に優れている点が大きな魅力です。そのため高級ブランドの腕時計では多く使用されており、美しい見た目なので全体的に華やかさを持たせることができます。強度に優れている素材なので、もしも割れた場合にはひび割れどころではなく、派手に割れてしまいます。割れてしまった場合にはリペアを行うのは困難なので、交換をしなければなりません。

 

比較的安価で耐久性にも優れたミネラルガラス

現在販売されている数多くの腕時計に関して、ミネラルガラスを使用しているタイプは非常に多いと言えます。低コストで製造ができるというのが大きな理由とされており、強度の面でも優れているので重宝されているのでしょう。

ミネラルガラスは無機ガラスとも言われており、プラスチックではなくガラスの素材です。強度に関してはプラスチックとサファイアクリスタルガラスの中間に位置しており、簡単に割れないという点は大きな魅力です。ミネラルガラスをそのまま使用しているモデルもあれば、強度をさらに高めるためにコーティングを施しているタイプもあります。

サファイアクリスタルガラスほどの強度がないミネラルガラスは加工がしやすく、耐久性をアップさせるためにフラットではなくドーム型になっているモデルが多いと言えます。長年使用していると表面に微細な傷がついてしまうことがあるので、この点はデメリットと言えます。

 

アンティークウォッチの風合いが素敵なプラスチック風防

1920年代になり、プラスチックの風防が使われ始めました。現在使用されている素材の中でも最も古く、随分前に製造されたアンティークな腕時計を見てみるとプラスチック風防が使われていることが多いと言えます。プラスチック風防はアクリルガラス、また有機ガラスと呼ばれることもあります。

古い歴史を持つプラスチック風防は、他の素材に比べてアンティークな雰囲気を感じさせる点が大きな魅力です。ただ強度という点では、ガラスの素材に比べて弱いという弱点を持っています。ちょっとした衝撃で傷がつきやすいので、丁寧に扱う必要がある素材です。

プラスチック風防は強度の点で劣りますが、現在でもまだまだ現役として使用されています。オメガのスピードマスターなど、高級ブランドの腕時計に採用されることもあるのです。独特の風合いが腕時計に個性をもたらしてくれますし、根強いファンも多くいます。

 

風防の加工方法に関して

風防を加工する場合には、フラットだけではなくおしゃれなドーム型などがあります。ここでサファイアクリスタルガラスに関して一般的に行われている加工の方法について、ご紹介しましょう。

 

①無反射コーティングガラス

この方法では光の反射を適度に抑える効果があり、一部の高級な腕時計で採用されています。光の反射を抑えることによって、文字盤がスッキリと見えるようになります。

 

②ドーム型に加工したサファイアクリスタル

サファイアクリスタルガラスはプラスチックに比べてはるかに硬いため、加工をするのがとても難しいとされています。そのため一般にサファイアクリスタルガラスを使用した風防は、フラットタイプになっています。ただ高級ブランドの腕時計の中には、加工が難しいドーム型になっているタイプも見られます。ドーム型になっていることで、デザイン性の良さをアピールすることができます。

 

③カーブしているサファイアクリスタル

硬いサファイアクリスタルガラスをカーブ状に加工するのも、高い技術力を要求されます。

フランクミュラーでは、カーブ状になったサファイアクリスタルガラスが使用されていることがあります。スタイリッシュな印象を抱かせる効果があり、ワンランク上の高級感をもたらしてくれます。

 

風防の交換は正規店が最適

もしも風防に傷がついた場合には見た目が悪くなるだけではなく、文字盤や内部のパーツが腐食してしまう可能性もあります。修理が大掛かりになるほど修理代が多くかかってしまうので、傷ができたらすぐに修理を依頼しなければなりません。

プラスチックの風防に関しては、比較的リーズナブルな料金で修理をすることが可能です。しかしサファイアクリスタルガラスの場合には、一般的に修理代は高額になってしまいます。

風防の修理では交換が多く、この作業は正規店や地域にある時計の修理業者が行います。正規店では高級タイプの腕時計に関する専門知識と修理技術を持った職人が対応しますが、一般の修理業者の中には技術力の点で満足できない会社もあります。安心して風防の交換を依頼するためには、高くても正規店を選択することをお勧めします。

 

まとめ

腕時計のガラスである風防は、歴史の長いプラスチックだけではなく強度の面でメリットがあるガラスもあります。いずれも見た目や耐久性など、様々な点で違いが見られます。高級ブランドの腕時計を購入する場合には、風防の種類にも注目してみてください。

ロレックス買取ページはこちら

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る