ブランド時計
2021年11月5日

ロレックスの腕時計が市場で評価される理由は多彩なモデルにあった!

NEW
ロレックスの腕時計が市場で評価される理由は多彩なモデルにあった!

ロレックスは、世界的に知られる有名時計ブランドで名実ともに腕時計業界の中でも最高峰とされます。人気モデルともなると、新品を販売している正規店でも在庫の品薄状態が続いており、中古市場も活性化されるなどの人気を持ちますが、その人気の理由がどのようなものか解説することにしましょう。

ロレックスの代表的なモデル

ロレックスを代表するモデルには、GMTマスターやエクスプローラー、サブマリーナーやデイトジャスト、デイトナやヨットマスターなどがあります。GMTマスターは、1950年代半ばに登場したツートンカラーが特徴的なモデルで、二つの地域の時間帯を同時に確認できるなど、誕生当初は画期的な腕時計としてパイロットを中心に人気を集めました。

エクスプローラーは、1953年に登場したタイプIと1971年に登場したタイプIIの二つがありますが、ロレックスによる腕時計の耐久性を世の中に周知させる役割を担うモデルです。エベレスト初登頂の際にも利用されていたのがエクスプローラーIでシンプルデザインと高い視認性が特徴的です。

サブマリーナーは、1953年に登場したモデルで高い防水性および耐久性を持つダイバーズウオッチです。世界初の100メートル防水性能を備えたモデルとして歴史に名を刻んだ名品とされます。デイトジャストは、1945年に登場したもので普遍的な美しさを備えたデザインが特徴的。ロレックスの看板ともいえる高い認知度を持ち、モデルチェンジが行われてもデザインそのものが大きく変化することはありません。

デイトナの名前の由来は、1935年に車での地上最高速度を出した場所を意味する、モーターレースとの結びつきが強いコスモグラフです。ヨットマスターは、1992年に発表されたモデルで比較的新しい機種です。スポーツモデルの中では初のボーイズとレディースもラインアップ、これによりペアウオッチとして高い人気を集めました。

 

腕時計に使用される貴金属のカラー

金は貴金属の代表格でありロレックスにも使用されていますが、イエローゴールドは金が75%で銀および銅が25%を配合した合金です。イエローゴールドの配合率に対し銅の割合を増やすと、少し赤みを持つピンクゴールドを作ることができます。愛好家の間ではブラック文字盤との組み合わせで高い評価を得ている、特に女性からの人気を集めている貴金属カラーです。ロレックスのピンクゴールドは、プラチナを添加してオリジナルカラーを実現していて、エバーローズゴールドと呼びます。

ホワイトゴールドもロレックスで使用されている人気貴金属カラーで、75%の金に対して銅や亜鉛、銀などの金属を配合して作られています。ホワイトの名がついていることから連想できますが、銀白色が特徴で、配合率次第でプラチナのような強い輝きを放てるなどの魅力もあります。ちなみに、プラチナは貴金属に分類される金属の中でも最も高価な存在で、プラチナ単体で放つ強い光沢は、高級腕時計やさまざまなブランド品素材で活用されています。さびや腐食などに強いため、日常的に利用することが多い腕時計の素材には最適です。ちなみに、デイデイトはロレックスの最高級ラインに位置づけされているモデルですが、デイデイトは一般的に腕時計に使用されるステンレスやチタンではなく、イエローゴールドやエバーローズゴールド、ホワイトゴールドやプラチナのみです。デイデイトを見ることでそれぞれの貴金属のカラーを比較することができます。

 

ロレックスのブランド力は豊富なバリエーション

サブマリーナーは、現代のダイバーズウオッチの基礎を築き上げたモデルで、スポーツウオッチの中でも高い人気を集めています。防水性の点においては、ロレックスのシードゥエラーやディープシーと比べると劣りますが、人気の高さなどからも再販価格としてはロレックスの中では折り紙付きです。ダイヤルベゼルや文字盤上の表記文字など、カラーリングにより赤サブやグリーンサブ、青サブなど複数のバリエーションに富んでいることも特徴です。カラーバリエーションが豊富にあるので、好みの文字盤やデザインの腕時計を選択できること。これがロレックスに人気が集まる理由の一つといえましょう。

サブマリーナーは、ロレックスの中でも歴史を持つ機種で、短期間での生産モデルも含め、アンティーク市場の中でも人気を誇る機種が多数存在しています。貴金属のカラーの中でも解説したデイデイトも素材にこだわり、4種類の素材バリエーションが存在しているため、好みのカラー素材を使った腕時計を入手できる魅力を持ちます。なお、ロレックスにはステンレスとゴールドを組み合わせたロレゾール素材のモデルも存在しています。ステンレスに対してピンクゴールドやプラチナ、イエローゴールドなど、さまざまな組み合わせが存在している点も、好みのデザインカラーを選べるメリットに繋がる部分です。

 

ロレックスの腕時計の市場での価値

エバーローズゴールドやイエローゴールド、ホワイトゴールドなどロレックスの貴金属モデル、コンビモデルのロレジウムやロレゾールなどは、一般的なステンレススチールとは異なり華麗さや豪華さなどを与える要素を持つ素材です。ロレックス腕時計の人気を高める要素の一つになっています。ロレックスは、再販に有利で資産価値が高いといわれている人気ブランドで、デイトナやGMTマスター、エクスプローラーやサブマリーナー、シードゥエラーはこれから価格が高騰すると予測が行われている代表的なモデルです。

デイトナは、中古市場での値段が定価を上回ることでも有名なモデルで、Ref.116520の場合は2000年から2016年まで16年間製造されていたデイトナの定番モデルです。ロレックス初の自社製クロノグラフを搭載しています。製造期間そのものが長いため製造時期によりデザインや機能性に若干の相違があり、これが価格に影響を与えることも少なくありません。ただ、Ref.116520は他のプレミアムモデルとは違って製造時期が後期の方が買取価格は高くなっています。これから年数が経過することで、コンディションが良い個体が市場から減少していく。そのようなときに状態が良いものは、すさまじい価格を高騰させるポテンシャルを秘めているといっても過言ではないのです。

 

まとめ

ロレックスが中古市場でも人気を集めている理由は、バリエーションが豊富なモデルが多くあることや使用されている貴金属に魅力があることなどが挙げられます。また、デイトナなどの場合は、中古市場での売買価格が定価を上回ることもあるなど、一般的なブランド品買取ではありえないような事象が起きていることも少なくありません。現在、ロレックスの正規品はモデルにより品薄状態で、欲しくても買うことができないモデルも存在しており、中古市場の活性化は品薄も要因していると考えられます。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら