1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド時計のお役立ちコラム
  4. ロレックスは2本目が買えない?最新の購入制限モデル一覧や買うためのポイントも紹介

ロレックスは2本目が買えない?最新の購入制限モデル一覧や買うためのポイントも紹介

高級時計の代名詞ともいえるロレックスは、世界的に人気が高く、資産価値も高い腕時計です。そのため、シーンに合わせて使い分けるために2本目の購入を検討している方もいるでしょう。

しかし、ロレックスの一部のモデルは2本目の購入を制限されています。簡単に2本目を購入できないため、注意が必要です。

本記事では、ロレックスの購入制限の概要や、制限されているモデルの一覧などを解説します。2本目を購入する際のポイントも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ロレックスは2本目が買えない?購入制限の概要や背景とは

ロレックスは人気の高い腕時計です。1本持てば2本目が欲しくなる方も少なくないでしょう。しかし、ロレックスの一部のモデルは、2本目の購入に関して制限が設けられているため注意が必要です。

ここではロレックスの購入制限の概要や、その背景について解説します。該当モデルを購入するために必要な書類もまとめていますので、事前に確認しておきましょう。

購入制限の概要

ロレックスの購入制限は、2019年11月から正規販売店で導入された、日本だけのシステムです。対象は一部モデルのみですが、2本以上購入する予定がある方や、すでに2本目に欲しいモデルが決まっている方は注意する必要があります。

購入制限の詳しい条件は以下のとおりです。

・購入制限はロレックス正規販売店で購入した対象モデルにのみ設けられる

・対象のモデルを購入した場合、同一リファレンスナンバーのモデルは5年以内の再購入ができない

・対象のモデルを購入した場合、別リファレンスナンバーのモデルは1年以内の購入ができない

・対象のモデルを購入する際は、身分証明書の提示が必要となる

リファレンスナンバー(Ref.)とは

リファレンスナンバー(Ref.)とは、時計の製品番号(型番)のことです。ロレックスの場合、ケース側面の12時の位置に記されています。

リファレンスナンバーは、モデル番号やベゼル(風防の外側のリング状の枠)のデザイン、ケース・ブレス(ベルト)の素材などを表しています。

リファレンスナンバーを正しく読み取れれば、さまざまな情報が正しくわかるということです。

ちなみに古いモデルのリファレンスナンバーは4桁、2024年現在は6桁で表示されています。桁が増えるにつれてロレックスの新しいモデルであることがわかるのが特徴です。

購入制限されている背景

2本目のロレックスを検討している方や、ロレックス愛好家にとって厄介な購入制限ですが、どのような理由で設けられたものなのでしょうか。

まず大前提として、ロレックスは世界的に人気を誇る腕時計です。そして、市場価値をキープするために流通量が抑えられており、需要に対して供給が追い付いていないという状況があります。

そのようななかで転売を防止し、ロレックスをなるべく多くの人が購入できるようにするために設けられたのが、2本目に関する購入制限です。

ただし前述のとおり、購入制限は日本のロレックス正規販売店が自主的に取り組んでいるものになります。スイスのロレックス本社をはじめ、世界各地のロレックス販売店では導入されていません。

購入制限モデルを買うための必要書類

購入制限が設けられているモデルを購入する際は、顔写真入りの身分証明書が必要になります。

具体的には、運転免許証やマイナンバーカードなどです。パスポートを提出する場合は、健康保険証と併せて提出することで現住所を証明できます。

提出した身分証明書の情報は、日本の正規販売店間で共有されます。また、購入時に購入制限に関する同意書への署名も求められますので覚えておきましょう。

【2024年版】ロレックスの購入制限モデルを一覧で紹介

ここでは、購入制限のあるロレックスのモデルを一覧で紹介します。

ロレックスは、購入制限のあるモデルとないモデルとで、手に入れられるハードルが大きく変わります。ロレックスの購入を考えている方は、モデル選びの参考にしてください。

購入制限モデル リファレンスナンバー(Ref.)
サブマリーナー 124060
サブマリーナー デイト 126610LV

126610LN

GMTマスターⅡ 126720VTNR

126710BLNR

126710BLRO

デイトナ 116500LN
シードゥエラー 126600
エアキング 126900
エクスプローラー 124270
エクスプローラーⅡ 226570
シードゥエラー ディープシー 126660

136660

※2024年時点

購入制限のあるモデルについて、それぞれ特徴を簡単に解説します。

サブマリーナー(Ref.124060)

サブマリーナーは、1953年に発表されたロレックス初のダイバーズウォッチです。デザイン性はもちろん、機能性にも優れています。

なかでも、2020年に発売されたRef.124060は、耐久性・防水性ともに高く、ロレックスのスポーツモデル(プロフェッショナルモデル)のなかでも高い人気を誇ります。

デイト窓(日付窓)のない、クラシカルかつシンプルなデザインが特徴です。発光素材を用いているため、海の中や暗闇の中でも高い視認性を保ちます。また、新世代ムーブメントと呼ばれるCal. 3230を搭載しているのも特徴です。

サブマリーナー デイト(Ref.126610LV)

サブマリーナーシリーズのうち、日付をチェックできるデイト窓の付いているものがサブマリーナー デイトです。300mの防水機能が付いているため、ダイビングやサーフィンといったマリンスポーツの場面でも活躍するでしょう。

Ref.126610LVは、クールでありながら存在感を主張するグリーンのダイアルが印象的な腕時計です。一目で日付を確認できることから、ビジネスや日常のシーンでも使いやすさがあります。

2010年の発売開始以降、継続して人気のある商品です。

GMTマスターⅡ(Ref.126720VTNR)

GMTマスターは、1955年に航空会社の依頼で誕生したパイロットウォッチです。回転ベゼルと24時間針によって、異なる2ヵ国の時刻を瞬時に確認できます。個性的な機能で、高い評価を得ているモデルです。

GMTマスターⅡはGMTマスターの後継モデルになります。一度に3ヵ国の時刻を確認できるようになっただけではなく、個性豊かなカラーリングも特徴です。

なかでもRef.126720VTNRは、グリーンとブラックの個性的なベゼルが目を引きます。日常使いはもちろん、トラベラーズウォッチとして海外旅行などでも重宝するでしょう。

デイトナ(Ref.116500LN)

デイトナロレックスを代表する人気シリーズで、1961年に発表されたクロノグラフモデル「コスモグラフ」がベースになっています。クロノグラフとは、ストップウォッチ機能のことを指します。

Ref.116500LNは、ブラックとホワイトのコントラストが印象的なデザインです。セラミック製のベゼルは、耐傷性や耐蝕性に優れています。

さらにルミネッセンス素材(発光素材)を採用しているため、暗闇の中での視認性が高いのが特徴です。スポーツシーンはもちろん、ビジネスシーンや日常使いにも活躍するでしょう。

シードゥエラー(Ref.126600)

シードゥエラーはサブマリーナーの上位機種にあたるダイバーズウォッチです。1978年以降、水深1,220mまで耐える深海潜水が可能になりました。防水性能はもちろん、堅牢性にも優れているのが特徴です。ダイバーや深海調査などのシーンで使える時計として、世界中の方から愛されています。

Ref.126600はシードゥエラーの誕生50周年の節目を記念し、2017年に発売されました。シンプルかつ硬派なデザインであり、黒いダイアルの中に赤字で記された「SEA-DWELLER」が印象的です。

エアキング(Ref.126900)

エアキングは、1930年代から現在に至るまで、航空業界とロレックスをつないできたモデルです。デイト窓のないシンプルなデザインで、クラシカルな雰囲気と高い機能性を備えています。

特徴的なのは「3・6・9」のアワーマーカーと、飛行時間が読み取りやすいミニッツスケール(分表示)です。個性的なインデックスで視認性が高いため、空の上だけでなく、日常的にも使いやすいでしょう。

ちなみにダイアルに記された「Air-King」の文字は、1950年代当時にデザインされた書体を用いています。王冠マークも黄色にデザインされ、ほかのモデルにはない特徴が印象的です。

エクスプローラー(Ref.124270)

エクスプローラーは、登山家や探検家のために開発されました。高い視認性と堅牢性が特徴であり、実用的でシンプルなデザインが魅力です。シーンを問わず使いやすいことから、ロレックスの中でも高い人気を誇ります。

なかでもRef.124270は、2021年に誕生しました。36mmのケースサイズと、大きく記された「3・6・9」の文字が特徴的です。 

エクスプローラーⅡ(Ref.226570)

1953年に誕生したエクスプローラーの上位版として、1972年にエクスプローラーⅡが誕生しました。通常の12時間表示ではなく、24時間表示のベゼルと24時間針を搭載しているのが大きな特徴です。視認性が向上しているほか、機能性が大きくアップしています。

2021年に販売されたRef.226570は、42mmと大きめのケースと、オレンジの針が個性的なデザインです。異なる2ヵ国の時刻を瞬時に確認することができるため、ビジネスシーンでも使いやすいでしょう。

シードゥエラー ディープシー(Ref.126660)

シードゥエラー ディープシーは、ロレックスのダイバーズウォッチのなかでもっとも高い防水機能を誇るのが特徴です。水深3,900mまでの防水性能を備え、耐水性と耐圧性に優れています。高い精度と信頼により、プロダイバーだけではなく、多くの方から支持されているモデルです。

Ref.126660は、2018年に発売されました。ステンレススチールとチタンを組み合わせた、シンプルなブラックのダイアルが特徴的です。ケースに厚みがあるものの、軽量であるため、ビジネスや日常使いにも差し支えないでしょう。

ちなみに、Ref.126660の後継モデルとして2022年に誕生したのがRef.136660です。Ref.126660はすでに生産終了となっています。

ロレックスを2本持ちするときの選び方

2本目のロレックスの購入を検討する場合、頭を悩ませるのは「どのモデルを買うか?」という部分です。気に入っているシリーズを買い足すのか、あるいはまったく異なるシリーズから購入するのか、迷う方も多いでしょう。

ロレックスを2本持ちするときのおすすめの組み合わせとして、以下2つが挙げられます。

・ドレス系とスポーツ系(クラシックモデルとプロフェッショナルモデル)

・現行モデルとアンティークモデル

パーティーやフォーマルシーンで使いやすいドレス系と、ビジネスやカジュアルで合わせやすいスポーツ系を2本持ちすれば、あらゆるシーンで愛用のロレックスを着用することができます。

具体的な例として、基幹モデルのデイトジャストと、スポーツ系のエクスプローラーの組み合わせがおすすめです。

また、機能性の高い現行モデルとアンティークモデルを2本持ちすれば、そのモデルの歴史や変遷を知ることができ、いっそう魅力が増します。アンティークにはアンティークならではの良さがあり、独特の風格を感じさせてくれるでしょう。

具体的な例として、シードゥエラーの現行モデルと、人気の高いシードゥエラー1stモデルのアンティークロレックスの組み合わせが挙げられます。

なお、場合によっては、ロレックスと別の人気ブランドの腕時計を組み合わせるのも選択肢の一つです。購入制限により2本目のロレックスを購入できない場合は、別のブランドも検討してみるとよいでしょう。

2本目のロレックスを購入する際の注意点

2本目のロレックスを購入する際に、知っておきたいポイントや注意点があります。事前に確認しておきましょう。

海外正規店で購入する

繰り返しになりますが、ロレックスの一部モデルに設けられた購入制限は、日本の正規販売店が自主的に取り入れているものです。そのため、海外の販売店では2本目も問題なく購入できます

ただし、人気のモデルは海外の販売店でも品薄になりやすく、購入できない可能性があることも理解しておきましょう。

また、海外のショップや量販店で買付けた商品を販売している並行輸入店、もしくはインターネットショッピングで購入するのも選択肢の一つです。この場合は、正規店よりも価格が高くなりやすい点に注意しましょう。

家族・友人に購入してもらう

購入制限が設けられているモデルを購入したとしても、制限を受けているのは購入した人だけです。家族や友人などに協力してもらえば2本目の購入ができます

一緒に住む家族や親しい友人など、信頼できる人と来店し、名義を借りるのも一つの手段です。この方法であれば、同伴する人を変えるだけで何本でもロレックスを購入できます。

中古品を購入する

購入制限は正規販売店でのみ取り入れているルールです。したがって、中古市場では一切制限がありません。中古に抵抗のある方もいるかもしれませんが、なかにはかなり状態の良い中古品もあります。

購入制限のあるモデルを購入したけれど、どうしても2本目のロレックスが欲しいという方は、一度中古市場をチェックしてみるのもよいでしょう。

購入制限以外のモデルを狙う

どうしても欲しいモデルが購入制限モデルであるという場合を除き、最初から購入制限以外のモデルを狙うのも賢い方法です。

ロレックスの購入制限は、基本的にスチール製のモデルに設けられています。そのため、外装にゴールドが使われた「金無垢モデル」やゴールドとステンレスを組み合わせた「コンビモデル」など、見た目に華やかさのあるおしゃれなモデルは制限の対象外です。

特に、金無垢モデルのロレックスは安定した資産価値があるため、資産形成の一環として購入するのもおすすめです。購入制限モデルが欲しいものの、購入可能になるまでどうしても待てないという方は、一つの案として検討してみてください。

2本目のロレックス購入に際してよくある質問

ここでは、2本目のロレックス購入に際してよくある質問と回答を紹介します。2本目の購入に関する疑問や不安がある方は、事前に確認しておきましょう。

Q.別店舗では購入制限モデルを買える?

別の正規店であっても、制限期間中に2本目を購入することはできません。購入制限モデルを購入する際は、顔写真入りの身分証明書の提出が必要です。購入者の情報は店舗間で共有されます

Q.電話での在庫確認はできる?

転売防止のために、ほとんどのロレックス正規販売店は電話での在庫確認を行なっていません。そのため、実際に店舗に足を運んで在庫を確認する必要があります。

また、予約や取り置きなども基本的にできません。購入したいという強い意志があるなら、諦めずに何度も店舗に足を運びましょう。

Q.規制開始前に購入制限モデルを買っている場合はどうなる?

購入制限が設けられたのは2019年です。そのため、それよりも前に購入していた場合は、一切制限がかかりません。現在は購入制限の対象になっているモデルであっても、問題なく2本目を購入できます。

Q.1本目のロレックスは売っても問題ない?

問題はありません。ただし、購入後にすぐ売却すると転売だと思われる可能性があり、ロレックスからペナルティを課されるリスクがあります。

また、購入制限のある1本目のロレックスを手放したとしても、2本目についての制限が消えるわけではないので注意しましょう。

買取業者を選ぶ際は、信頼できる査定士が在籍しており、ロレックスの高額買取実績の豊富な店舗に依頼することが大切です。

買い取り業者については、以下の記事で詳しく解説しています。

<関連記事>ロレックスを適正価格で売ることができるおすすめの買取専門店の魅力

ロレックスの買取情報をチェックする

まとめ

ロレックスは世界的な人気を誇り、需要の高い時計です。本当に欲しいと思っている人の手もとに届くように、一部のモデルで購入制限を設けています。ただし、この制限は日本の正規販売店のみが取り入れているものであり、海外の販売店は該当しません。

2本目のロレックスを購入しようと考えている方は、購入時の注意点を確認しておきましょう。

もし手もとにあるロレックスを手放すことを考えているなら、時計の買取実績が豊富な買取専門店「おたからや」にご相談ください。

付属品がないものや、修理やオーバーホールをしていないものでも問題ありません。どのような状態でも、プロの査定士がしっかりと査定させていただきます。

査定にかかわる費用は一切かかりません。悩んでいる方は、お気軽にお問い合わせください。

ロレックスの買取情報をチェックする

ブランド時計相場高騰中!
近年、インフレや円安の影響でブランド時計全体の買取相場が高騰しています。
高級ブランド時計の多くは価格改定がされており、新品・中古問わず需要が高まり買取価格も上昇傾向にありますので、売却にはベストなタイミングといえます。
ブランド時計の高価買取は「おたからや」へ

その他のロレックス
コラム記事

ロレックス買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す