ブランド品
2021年11月5日

使い勝手が良いから普段使いにもおすすめ!エルメス「ガーデンパーティー」

NEW
使い勝手が良いから普段使いにもおすすめ!エルメス「ガーデンパーティー」

高級バッグのイメージが先行しがちなエルメスですが、カジュアルな場面に向く名品も数多くリリースしています。見た目はもちろん、機能の充実したトートバッグであるガーデンパーティーの秘められた魅力について解説します。

人気があるのは理由がある!エルメス・ガーデンパーティー

ガーデンパーティーは、OLや大学生を中心に幅広い世代に使用されているバッグです。多くの女性に愛される理由の一つに、収納力の高さが挙げられます。PMよりも大きなサイズであれば雑誌・書籍や教科書、A4の書類は楽々収納できます。飲料やタオルなど、大量の荷物を放り込んでも耐え得る収納力と耐久性は特筆すべきポイントです。

トートバッグであるため開口部が大きく作られていること、ワンボタンでバッグを開閉できることがメリットです。バッグの中身を探したり、たくさんの荷物を収納したりする際にも手間がいりません。内部には仕切りがない大胆な構造となっているため、急ぎのときに手早く物を見つけたり収納したりすることも簡単です。細部の作り込みも職人がこだわり抜いて設計しており、収納して運んだ際に中の物を傷めたりする心配がない点も注目すべきポイントです。内ポケットが搭載されており、携帯や財布などの小さい荷物を収納できます。

丸みを帯びた柔らかな台形のシルエットは、シンプルでありながらも所有する満足感が得られます。マチが広いのは収納力を高めるためだけでなく、愛らしい見た目を獲得するのにも一役買っています。ガーリー過ぎないデザインであるため、女性はもちろんのこと男性でも使いやすい点も大きな魅力の一つといえるでしょう。

 

園芸用品が元って本当?!ガーデンパーティーの収納力

庭園を意味する単語、ガーデンが冠されている通り、ガーデンパーティーは本来は園芸用品を収納するために作られたバッグでした。ヨーロッパ諸国では園芸が盛んであり、庭作りのための仕事道具を持ち運べるバッグの需要は必然的に高まります。植物を育てるために培養土を作ったり、植木を剪定したり庭のプロデュースをしたりと、園芸家の作業は多岐にわたります。そのため必要な道具も多彩であり、ハサミ・ナイフなどの刃物類やスコップ、針金やスケッチブック・筆記用具など、持ち運ぶべき荷物は非常に多いです。必要なときにすぐに取り出せて、使い終えたら移動時にさっと収納できるような手軽さが重要となります。ワンタッチで開閉できる、大口の開口部が設けられたのはそういった園芸家の需要からきています。

毎日多くの物を持ち運ぶため、日々の酷使や道具の重量に耐えられる頑丈さも必要です。馬具工房からスタートしたエルメスの職人たちは、耐久性を高めるべくバッグの設計や縫製にこだわりました。加えて持ち手が重量に耐えられるよう、強固な構造に仕上げられています。

現行のモデルは女性、男性を問わず、またシーンを選ばず使えるよう、コットンキャンバスおよび皮革の2種類の生地を採用しています。ガーデニングに限らず、いろいろな用途に使えるよういくつものサイズが用意されている点も人気の理由の一つです。

 

ガーデンパーティーに使われている素材をチェック

ガーデンパーティーに採用されている素材は、大きく分けてコットンキャンバス系とレザー系の2種類です。カジュアルな見た目と柔軟な生地が普段使いにマッチする、コットンキャンバス生地を用いたモデルから見ていきましょう。フランス語でキャンバス(帆布)を意味する「トワル」が、素材名に入っていたらコットンキャンバスを使用した製品です。トワルを用いたモデルは、エルメス内でも価格は手頃で、なおかつカジュアルでありながら上品さが漂うのが大きな特徴です。素材が異なる2本の糸によって、平織り構造で編み込まれた生地を用いており、耐久性が高く傷や摩耗に強いため、ガーデンパーティーをはじめさまざまなモデルで使用されています。単色の細い糸で編まれた、トワルオフィシェも人気の組み合わせの一つです。マットな雰囲気がこの生地の特徴であり、柔らかな印象を与えます。織り目が模様に見えるトワルシェブロン、ナイロンと綿の混合素材であるトワルミリタリーも人気です。

エルメスといえば皮革素材という方も多く、ガーデンパーティーとの相性も良いです。革職人が織り成す、上質なレザーと柔らかなデザインのハーモニーが楽しめます。雄の子牛を使った皮革であるネゴンダは、型押しを施したことで柔らかい上に傷がつきにくく仕上がった素材です。コットンキャンバス生地よりも少し高級感が高まるため、フォーマルなど硬い場面でも使いやすいです。エルメスで定番の革素材であるエプソン、硬質な生地であるカントリーも人気があります。

 

サイズ展開も豊富なガーデンパーティー

豊かな収納力が魅力のガーデンパーティーには、5種類ものサイズが展開されています。最小サイズはTTPMであり、縦15cm、横24cmと8インチのタブレット端末よりわずかに大きい程度です。小振りなため、実用性よりも装いのアクセントとして使うのが良いでしょう。小さいとはいっても携帯電話や財布、メイク道具は収納できるため侮れません。

次にわずかに大きいのがTPMで、縦は21cmで横は32cmとA4サイズほどの大きさです。タオルや小さめの本、手帳などお出かけのお供に最適です。ショルダー用のストラップも付随しているため、多用途に使えるアイテムといえます。

人気があるのが、縦24cm、横36cmと少し大きめのPMサイズです。B5サイズのノートや書類がすっぽり収まるため、ビジネスおよび通学バッグとして使えます。いろいろなシーンで使えるため、プレゼントとして選ばれることも多いサイズです。PMよりも横に少し広がったMMサイズは、キャンバス生地のモデルが多くリリースされています。マチ幅も増えているため、仕事、学業はもちろん荷物の多い主婦の方にも人気です。

最大のモデルであるGMは、日帰りから1泊の旅行にまで使える大容量バッグです。縦は36cmで横幅は50cmと、書類はもちろん大きめのノートパソコンも入ります。旅行から出張まで、気軽におしゃれに使えるのがGMサイズの魅力です。

 

カジュアルにも使えるから人気!ガーデンパーティー

高級バッグが多いイメージのエルメスの中でも、カジュアルに使えるためガーデンパーティーは非常に人気のモデルの一つです。コットンキャンバス生地を採用した製品は、柔軟かつ耐久性に優れているため、お出かけから日々の買い物まで幅広く使えます。一方オールレザーの製品は、少し上品な雰囲気が漂うためビジネスやフォーマルな場でも使える便利なアイテムです。仕事場にそのまま持って行け、スーツ・ジャケットに合わせやすいのも大きなポイントです。

カラー展開が多いのも特徴であり、特にナチュラルは人気があります。カジュアルな装いからクールな服装にまで、気軽に合わせることができます。硬軟ともに合わせやすい、灰色と茶色が絶妙なバランスで混ざったエトゥープも人気です。エルメスを象徴する色味の一つであるオレンジ、淡く柔らかな印象のブルージーンもおすすめの色味です。ハンドル部とライン、本体の生地とがツートンカラーになっている製品も人気があります。

なお、普通に使っても愛らしいガーデンパーティーですが、ちょっとした小物を用いてアレンジできるのも魅力です。ハンドル部分をリボン結び状態にしたり、革手袋や手袋ホルダーを付けてみたり、エルメスの逸品・ツイリー(スカーフ)で包んでみたりと自分なりに変身させて楽しんでみると良いでしょう。

 

まとめ

もともと園芸用に開発されたガーデンパーティーは、庭作りの道具を収めるための収納力や荷物の出し入れが容易な開口部を備えた機能的な製品です。日々の運搬に耐え得るよう、高い柔軟性と耐久性を備えている点も大きな特徴です。カジュアルでありながらも気品が漂うルックスにより、シーンや用途を選びません。5種類のサイズと、エルメスの職人たちが培ってきた優秀な素材の中から、用途に見合った組み合わせを見つけて普段の装いに加えましょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。