ブランド時計
2021年11月5日

ロレックスを買取査定するとき、付属品の有無による査定額の違い

NEW
ロレックスを買取査定するとき、付属品の有無による査定額の違い

ロレックスは、商品単体の価値はもちろん、その付属品にも高い価値が存在するものです。付属品の価値を理解している人の中には、それだけを収集して保管している人も少なくありません。査定額にも影響を与えるものですので、まずはそれらの価値を知ることから始める必要があります。

付属品は時計本体の価値を高めるため、あるものはすべて一緒に持ち込むのが良い

ロレックスの魅力は、世界的にも認知度が高く買取を行うときにも高額になりやすい点です。100年以上の歴史が存在するため、ブランドとしての信用度が高くその品質は世界でもトップです。そのため、商品のブランド力や希少性を加味しても価値の高い商品として認識されており、この影響もあって、ロレックスを購入するときに得られる付属品にも高い価値が存在します。付属品の種類は多く、専用の箱や保証書、取扱説明書やタグなどが存在します。これらを保有している場合は、時計を単体で持ち込むよりも全て一緒にして査定を行ってもらった方が高額になりやすいです。ロレックスの付属品が一緒にある場合、その品質や精度を証明するための手助けになるからです。高級なブランド品は、そこに利用されているムーブメントにも高い品質が保証されています。しかし、この保証を客観的に証明するためにはメーカー側が正規に発行したり生産したりした付属品が必要です。その規格を証明するための客観的な証拠にもなりますので、そういった付属品を保有しているだけでも大きな価値が生まれます。実際に、ロレックスの厳しい審査を通過した時計として組み上げたことを証明するために、これらの付属品が用いられているという背景が存在しています。通常の時計とは考え方が異なりますので、査定を行うときには一緒に持ち込む方が賢明です。

 

特に重要な付属品は専用の箱と国際保証書

ロレックスの付属品で査定額を引き上げる要素に、箱と国際保証書の2つがあります。これらは、商品の信用性や保証を担保する意味でも非常に重要だからです。ロレックスの特徴は、商品の管理体制が整っているという点です。普通、商品の取引を行うときには商品や顧客の情報を厳密に管理できるわけではありません。個人のプライバシーの問題もありますので、購入された商品の情報を追って詳細に調べることができないからです。しかし、ロレックスの場合は専用の箱や国際保証書を用いることによって、どこで販売された商品であるのかを容易に把握できる体制を整えています。まず、ロレックスには内箱と外箱が存在しますがこれらは時代ごとに形状やデザインが異なっているのです。例えば、現代販売されている商品と一昔前に購入されたものでは、付属品の形からして違うことがわかります。国際保証書に関しても、同様です。定期的に形状や記載されている内容に変更を加えることによって、いつの時代のどの地域で販売されたのかを容易に確認できるよう工夫をしています。このような分類が簡単であるため、当然、提供されている当該ロレックスにどれだけの価値があるのかを客観的に証明しやすくなります。そのため、箱と国際保証書には付加価値として非常に高い評価が与えられているのです。

 

ロレックスのオリジナル付属品をコレクトするロレックスファンたち

ロレックス愛好家の中には、付属品を集めている人も少なくありません。これは、付属品そのものにも大きな価値が存在するからです。ロレックスに用いられている付属品は、時代ごとに作られている背景が全く違います。本来であれば、生産数が多かったり市場に流通している数が多かったりすれば、これらの付属品に価値は存在しませんが、実際には、ロレックスの生産数そのものは少ないわけではありません。時代によっては、100万以上の生産をして市場で手に入れられるようにしています。しかし、時代ごとによってデザインや形状に変化があるロレックスの付属品は、その時代に入手できないと廃盤になってしまいます。この場合、時計だけではなく付属品も二度と手に入れることができなくなるのです。例えば、国際保証書の場合は希少性が存在します。これは、ロレックスが国際保証書を再発行しないという立場を貫いているからです。ロレックスは、自社で厳格な管理体制を構築しており不正な取引や捏造を許していません。その影響もあって、保証書の管理は購入者の責任で行うようにすすめています。つまり、その商品に提供されている保証書は文字通り世界でたった一つしか存在しない状況なのです。生産数が多くあっても、それに付属するものはたったの一つしかないので好んで集める人が後を絶たない状態なのです。

 

時計と一緒に付属品も大切に保管しよう

付属品は、一度消失すると二度と手元に戻らないと考えておいて間違いありません。特に、ロレックスはその傾向が強いので必ず厳重に保管しておく必要があります。ロレックスは、自社のブランド価値を守るために対策を講じていますので、付属品の勝手な加工や生産、発行を許していません。もともと、世界的にも認知度が非常に高く、捏造や加工などが施された付属品も多い現状だからです。実際に、海外では保証書に名前が記載されているだけでも敬遠するコレクターも多いです。本来、ロレックスは名前の部分に関しては塗り潰して利用できるように配慮しています。しかし、それを買い取るコレクターにとっては名前の部分に存在するこういった不純物を敬遠する傾向が強いのです。このように保証書として使えるからといって、それが全て等価に扱われるわけではないという点には注意が必要です。また、付属品を大切に扱っておけば売却する側も査定を行ってもらうときに楽な立場になります。例えば、希少性が高くコレクター的な価値がある場合、それが本当にその時代のものと証明することは難しい現状です。しかし、正規の箱や保証書、タグなどがあれば瞬時にそれが本物であることを証明できます。シリアルナンバー等を確認すれば、不正に扱っているものではないと証明できますので付属品も本体と同様に丁寧に扱うことは重要です。

 

ロレックスの買取相場を知ろう

ロレックスの相場は、その買取を行う店舗の基準や時代背景によって若干異なることが事実です。ただ、一般的な買取相場については相応の基準も存在します。ロレックスが特殊な点は、他の時計と比較しても相応の流通量があるにもかかわらず、需要が高すぎるため入手困難になることが多い点です。つまり、需要に反して供給量が追い付いていない状態なのです。この場合、自然と価格も大きくなりますので、査定にも大きな影響を与えます。これは、客観的な指標にも現れています。時計の買取相場では、そのブランドがどれだけの価値を有しているのかを示す買取率がとても重要です。購入価格から何パーセント分で買い取ってもらえるのかを示す指標で、この数値がロレックスはいつの時代でもトップクラスです。品質が悪いと50%を下回ることもありますが、ロレックスの場合は品質が保てていれば、それはほぼありえません。うまく状態を維持しておけば、本体価格の平均70%以上で売却できるものが大半です。また、付属品の状態もこれに影響を与えます。特に、ロレックスのように付属品の再発行を認めない立場を有している場合、その付属品にもコレクター的な価値があります。それは生産されている時計の量に反して一つしか付属品が存在しないからです。店舗によっては、その付属品の価値だけでも数万円以上になることが珍しくありませんので、これらの要素を加味しながら相場を計算することが重要です。

 

まとめ

ロレックスの付属品の価値が高い理由は、その時計に対して世界に一つしか存在しない点が大きいです。時計単体の生産量が多くても、それに付属している箱や保証書は二度と発行してもらえません。その商品のブランド力や品質の担保、そして保証を行ってもらうための希少価値のあるものです。この影響で、コレクターアイテムとしての価値も高くこれだけでも数万円以上の価値が生まれます。査定を行うときには、これらを一緒に提供することでより高い見積もりになります。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。