ブランド時計
2021年11月5日

買取不可になりやすい時計の種類や破損状態とは?買い取ってもらうコツ

NEW
買取不可になりやすい時計の種類や破損状態とは?買い取ってもらうコツ

破損や故障などで壊れた時計は買取をしてもらえない、このように考え買取を諦めてしまう人も少なくないようです。しかし、実はワケありの時計でも売れる場合があり、しかも高額査定が付くこともあります。ここでは買取不可の境界線や、売れやすい人気時計について確認をしていきましょう。

壊れた時計も買い取ってもらえる?

一般的に、壊れた時計は価値がないように考えられがちです。ファッションとして時計が使われることも多いですが、本来は時刻を確認するためのアイテムですので、用をなさない状態では価値を感じにくいものです。しかし壊れた時計でも売却ができたという事例は多くあり、積極的に買取を行う業者も存在します。

ワケありの時計でも売れる理由はいくつかありますが、一つは修理を行った上で販売をするからです。動かない物でも手を加えることで問題なく動作するケースもあり、修理後は正常動作品として売ることができます。自社工房を持つ買取業者も中にはありますし、低コストで修理を行い販売することで利益を出すこともできるのです。

コレクター向けアイテムとして買取を行うこともあります。たとえ壊れた状態の物でも欲しがる愛好者もおり、中古市場で高額で売買されていることも少なくありません。趣味で分解をしたり直したりなど、こうした需要の存在も売れる理由です。

部品取り用の目的で買取をされるケースもあります。修理をして販売を行うと解説しましたが、直すための部品を調達する手段として買取が利用されている一面もあるのです。使える部分が多く残っていればそこに対して価値が付き、一見すると使い道がなさそうな物でも良い価格で引き取ってもらえることもあります。

 

腕時計の破損にはどんな種類がある?

一口に壊れた時計と言っても、破損内容はさまざまです。ありがちなものがガラスにひびが入ったり割れてしまったりする事例です。文字盤を保護する素材にはガラスが用いられていることが多く、落下や衝突などによって破損をすることがあります。また、ガラスの破損に伴い文字盤やクロノグラフにまで影響が及ぶこともあるでしょう。ガラスが割れても問題なく動作していることもありますが、見た目が悪いなどの理由で使わなくなる人もいます。

時計の針が動かない故障も一例です。単なる電池切れやゼンマイ切れというだけではなく、内部にトラブルを起こし動作不良に陥っているパターンもあります。修理をするにしても費用が掛かりますので放置されがちです。

ブレスレットやストラップが破損をするケースもあります。時計を腕に固定するための重要なパーツですが、何かの拍子に取れてしまう場合もあるのです。自力で直せる物もあるものの、細かい作業が必要になることもあり、結局、面倒になって放置してしまうこともあるでしょう。

こうした破損例以外にも、腕時計はさまざまな理由で壊れることがあります。精密な構造で作られている道具ですので、強い衝撃などをきっかけに故障に至ることもあり、そして知識や技術がないと直すのも難しいことからそのまま眠らせてしまうオーナーは珍しくありません。

 

こんな時計は「買取不可」と判断されやすい

故障をしている時計でも買取をしてもらえる場合があります。ただし、どのような物でも売れるわけではありません。次のような状態の物は買取不可と判断される可能性が高まります。

まず文字盤が破損している場合です。文字盤は腕時計の顔とも言える存在ですが、繊細な造りになっている物が多く修理の難易度も高まります。コストも掛かってしまうため、時計買取でも敬遠されやすい状態と言えるでしょう。

針が動かない場合も買取が困難になる可能性が高いです。特に原因を特定することが難しそうな場合は、買取業者としても修理をするための手間やコストを鑑みて価値を付けにくく感じます。単なる電池切れが原因の場合でも、買取業者によっては買取不可にすることもあります。中でも総合買取店の場合には時計に専門性があるわけではありませんので、軽微なトラブルであっても買取対象外にしていることがままあるのです。

ケースの破損も敬遠される傾向が強いと言えます。ガラスや裏蓋、胴部分などのことですが、修理が困難であるとともに、内部のモジュールにまで影響をきたしている恐れがあることから買取を難しくさせます。買取に至るには、基本的には修理ができる状態、あるいは故障があっても見た目がある程度、整っている状態が望ましく、あまりにも破損が目立つ場合は買取不可になる可能性が高まるでしょう。

 

破損や故障があっても高級ブランドなら買取OKの場合が

破損や故障のある時計が売れる場合もあります。しかしながら元値がリーズナブルな物は不具合を抱えていると売れない場合がほとんどです。修理をして再販をしても利益になりにくいですし、そもそも新品で安く買える物は中古自体の需要がありません。金額のボーダーラインは買取業者によっては判断が分かれるところですが、大体10万円以下の物ですと買取が厳しくなる傾向があります。

逆に、価格が高い高級ブランドの物ならば、破損や故障がある場合でも売れる可能性が高いです。高級ブランドは、新品の物は価格が高いために中古の需要が多くあります。修理をして販売をする場合も十分に利益につながる可能性が高いですし、それゆえに不具合のある品でも買取をしてくれる業者も多くあるのです。

使っている内に壊れてしまった時計や、遺品整理で出てきた動かない時計など、ひとまずは買取に出してみる価値があります。人気のある時計ですと高額査定が付くチャンスもあり、期待以上の買取価格で売ることができたというケースも実際にたくさんあるのです。特に、誰もが知るような有名ブランドなら積極的に査定に出してみることはおすすめと言えます。たとえ年季の入った古い物でも買取対象になることもありますので、古くて売れなさそうと簡単に諦める必要はありません。

 

「ロレックス」なら高確率で買取OK!

高級ブランドの物は故障をしていても買取される可能性が高いです。中でも時計買取において有利になりやすいものがロレックスでしょう。誰もが知る時計ブランドであり、世界中に愛好者がいる王道的な存在です。

ロレックスが売れやすい理由は、何といっても抜群に人気が高いブランドだからです。高級腕時計の代名詞とも言え、新品中古問わず需要があります。比較的、手を出しやすい中古を積極的に狙う層もいますし、買取業者としても扱いやすいブランドですので、故障や破損をしている状態でも買取を前向きに検討してくれます。

気になる買取価格ですが、コンディションにもよるものの、数万円から数十万円で売れるケースもざらです。中に水が入ってしまった物や、ガラスの割れたジャンク品でもこうした価格で売れるケースもあることから、中古市場でいかに高い人気を誇るブランドなのかをうかがい知ることができます。

ただ、いくら人気のロレックスといえど、査定を受ける場所を誤ってしまうと期待するほどの金額が付かないこともあります。大切なのは時計買取を専門にしている業者に相談をすることです。自社修理や広い販路などを持ち、壊れた状態でも買取ができる可能性が高まります。また、買取業者により査定結果は違いますので、いろいろなところに相談をした上で売却先を決めるようにしましょう。

 

まとめ

故障をした時計を眠らせているオーナーは、案外少なくありません。いつか直そうと思っていた、もったいなくて捨てられないなど、さまざまな理由で放置されがちです。そのような時計は買取査定に出してみることもおすすめです。たとえ壊れてしまった時計でも価値ある品なら思わぬ高価格を付けてもらえる可能性があります。特にロレックスをはじめとした高級ブランドは、壊れていても高価買取がされるケースも多く、満足度の高い金額で手放せるはずです。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。