ロレックスヨットマスターに使われている素材やモデルの種類とは

NEW
ロレックスヨットマスターに使われている素材やモデルの種類とは

航海のために設計されたヨットマスター、その名の通りヨットクルージングなどのマリンスポーツを楽しむ富裕層のための時計として発売され、スポーティーでありながらも上品なデザインが人気を集めています。その歴史こそ浅いものの、初代モデルから現在の最新モデルまで8世代に渡り試行錯誤され、さまざまなモデルが登場しています。今回はそんなヨットマスターの種類や、こだわり抜かれたその素材についてもご紹介していきます。

 

人気モデルのロレックスヨットマスターとは?

ヨットマスターとは、ヨットクルージングなどのマリンスポーツを楽しむ富裕層向けに設計、デザインされたラグジュアリースポーツウォッチのことです。登場は1992年とデイトナやサブマリーナー、エクスプローラーなどよりは歴史が浅いものの、その華やかなデザイン、上品な色合い、かつスポーティーな全体像が多くの時計愛好家の心を掴みました。

 

ラグジュアリースポーツウォッチとして世に出たヨットマスターは、スポーツウォッチとしては異例のオールステンレス不採用という設計で、イエローゴールドやプラチナをふんだんに使用しています。ラグジュアリーでもプロフェッショナルモデルには変わりませんので、防水性能も100m、耐磁、耐衝撃性などにも優れ、実用性にもすぐれた時計となっています。これまでスポーツウォッチはメンズしかなかったのですが、ヨットマスターに関してはレディースやボーイズといったサイズも展開され、女性の細い腕にも美しく映えるスポーツウォッチとして人気を集めていました。

 

2014年以降、女性用のレディースサイズのモデルは生産が終了してしまっていますが、それでも中古市場で根強い人気があるモデルとなっています。使われている素材も華やかで、スポーツをしない日常使いでも毎日を華やかにしてくれる時計として注目を集めています。

 

ヨットマスターに使われている素材の種類について

スポーツウォッチでありながらもヨットマスターはオールステンレスを採用していません。今でこそロレジウムやロレゾールといった他素材と融合させたロレックス独自のものを使用していますが、初代モデルに関してはオール金無垢というスポーツウォッチに有るまじき素材を採用していました。初代ヨットマスターの金無垢素材も品がある優しい輝きを放っています。現行モデルにはないラグジュアリーな見た目は、富裕層のスポーツウォッチとして注目を集めた素材でした。

 

現在主に使われている素材には、ロレジウムとロレゾールと呼ばれるものがあります。それぞれロレックスが独自に名付けた造語で、ロレジウムは「ロレックス」「ステンレススチール」「プラチナ」を組み合わせたもの、ロレゾールは「ロレックス」「ステンレススチール」「ゴールド」を組み合わせたものとなります。

 

ロレジウムは1999年に発表されて以降、ヨットマスターにのみ使用され、ケースとブレスレットに堅牢性の高いステンレススチールを、ベゼルディスクと文字盤にはプラチナを使用し、強度を保ちながらプラチナの優しい輝気と重厚感が抜群の存在感を与えます。ラグジュアリーなドレスウォッチにはない強度とスタイリッシュ感、スポーツウォッチにはない豪華で上品な輝きは瞬時に人々の心を掴み、以降飛躍的に人気が高まったのです。さらに文字盤カラーブルーが追加されると、再び注目を集めたのです。このブルーカラーの文字盤にもプラチナ素材が使用されており、他の時計には見られない白銀の品のある輝きに黒味を帯びたダイヤル部分は、モダンな雰囲気を作りだすことに成功しました。このブルーカラーの登場により、ヨットマスターはさらに人気を集めることになります。

 

ゴールド素材と組み合わせたロレゾールは、ラグジュアリースポーツウォッチのコンセプトにピッタリの組み合わせで、ステンレスとゴールドの織り成す独特の輝きが注目をあつめました。2016年以降はイエローゴールドだけではなくエバーローズゴールドも追加されますが、本来ローズゴールドは色落ちしてしまう素材です。エバーローズゴールドはロレックスが少量のプラチナを加え、加工し、色落ちしにくいローズゴールドを生み出したのです。

 

ヨットマスター第6世代より取り入れられたオイスターフレックスブレスレットも、ロレックスが生み出した独自の素材です。ロレックス初のラバーブレスレットは着用時にかゆくならずにフィットするよう、縦方向クッションシステムというものが採用されています。ブラックカラーも上品なブラックで、エバーローズゴールドとの相性が抜群の素材です。ラグジュアリースポーツウォッチならではの、エレガントにかつスポーティーな見た目を作りだした素材と言えるでしょう。

 

その他のロレックスのシリーズでも使われているようなロレゾールから、ヨットマスター独自のロレジウム、オイスターフレックスブレスレットなど、さまざまな素材が採用されているのがヨットマスターの特徴です。こうした独自の素材が、ヨットマスターにしかない独特の輝きや高級感を与えているのです。

 

初代 ヨットマスター 16628 

1992年に発売された初代ヨットマスター 16628は、ベゼルを含めケース、ブレスレット全てが金無垢素材でできています。文字盤の種類もホワイト、ブルー、シャンパンやシェルなどが採用されており、一番手に入りやすいホワイトでも200万円近い金額で取引されています。ロレックスの時計は経年とともに価値がさがることもなく、プレミア価格がついて高騰する傾向にあります。初代のヨットマスターの象徴でもある金無垢素材は劣化にも強く価値も落ちにくい素材です。中古であったとしても一生ものの時計として今でも人気の高いモデルです。

 

初代ヨットマスターから通常のメンズサイズである40mmのもの、34mmのボーイズサイズ、29mmのレディースサイズの3種類が同時展開され、ペアウォッチとしての需要も高まったモデルでした。ほかのスポーツモデルにはないレディース、ボーイズサイズの展開、オール金無垢素材の使用が注目され、ラグジュアリースポーツウォッチの名を轟かせたのです。特に現在展開されていないレディースサイズは今後さらに需要が高まる可能性もありますので、価格が高騰する前に入手しておきたいサイズでもあります。

 

初のロレジウム素材、第三世代 ヨットマスター 16622 

第三世代最大の特徴といえば、ヨットマスター初の実装となるロレジウム素材のモデルです。文字盤に使われたプラチナが上品に輝き、当時のプラチナジュエリーとしての需要も相まって直ぐに定番モデルへとのし上がりました。1999年から2012年までの期間製造されていましたが、その独特の落ち着いたデザインは今でも人気で、中古相場は100万円前後となっています。

 

ケースとブレスレットにステンレス、ベゼルと文字盤にプラチナを使用したモデルで、全体的に上品な白銀カラーが特徴的なモデルです。ゴールドとは違った優しくかつ重みのある輝きが、ラグジュアリースポーツウォッチとしての需要にぴったりと当てはまり、多くの人に愛されるモデルとなりました。

 

レディースサイズは2014年以降ヨットマスターから外れていますので、レディースサイズのロレジウムヨットマスターがほしいということなら、この第三世代は外せません。ラグジュアリースポーツウォッチではあるものの、現行品のモデルより安価で手が出しやすく、さらに状態の良い中古品も多いので、とにかくヨットマスターが欲しいという方におすすめのモデルです。また、後述もしますが、最新モデルには無いシルバーの美しい文字盤も特徴ですので、今後こうした独自のデザインによって価格が上がる可能性があります。

 

ロレックス初のラバーブレスレットが実装された第六世代 ヨットマスター40 ロレゾール 116655

第六世代にはロレックス初となるラバーブレスレット、「オイスターブレックスブレスレット」が登場します。同じくロレックス独自のエバーローズゴールドと抜群の相性で、上品かつモダンな雰囲気が人気を集めました。ラバー素材でありながらかゆくなりにくく、特許を取得した独自のクッションシステムが快適な着け心地を実現しています。黒一色にアクセントになるエバーローズゴールド、そして文字盤中央に飾られた赤い「YACHT-MASTER」のロゴがお洒落にまとめられています。オール金無垢素材やロレジウムなどにあった豪華な印象とは異なり、優しく落ち着いたブラックカラーはカッコイイモデルとして大変人気を集めています。

 

第六世代にあたる116655は現在市場でも滅多に出回っていないレアモデルとなっています。取引価格も定価を超える270万円前後で取引されており、2019年の生産終了が今後価格にどのように影響してくるのか大変注目が集まっているヨットマスターです。

 

また、同様にエバーローズゴールドが実装されたモデルが第七世代となる116621で、116655の翌年2016年に発売されました。こちらはブレスレット部分も定番のメタルブレスレットにすることで、今までのヨットマスターらしいデザインを保ちつつ、どこか落ち着きのある色合いにまとめることができたのです。いずれのモデルも少し小さめのボーイズモデルも発売されていますので、ちょっと文字盤が大きすぎるという場合にはボーイズモデルをチョイスしてみても良さそうです。

 

最新世代のヨットマスター ヨットマスター40 ロレジウム 126621と126622 ヨットマスター42 226659

そして最新のヨットマスターである最新世代が2019年に発表されました。ムーブメントをCal.3235へ移行するためのモデルチェンジとなり、パワーリザーブ70時間に加え、今まで以上の耐久性を誇るモデルへとステップアップしていったのです。より磁気にも強くなっていますので、更に実用性に優れた時計へと進化しました。この世代からロレジウムのヨットマスター 126622は、ダークロジウムとブルーの文字盤の二色展開となり、以前まであったプラチナベースのシルバーの文字盤は廃止されています。上品なエバーローズゴールド輝く126621は、チョコレート文字盤とブラック文字盤が健在です。今のところ出始めということもあり、大きく価格は変動していないのですが、廃止されたモデルのシルバー文字盤に希少性が注目され、シルバー文字盤のヨットマスターの価格が高騰する可能性があります。

 

ヨットマスター42 226659はいままでのヨットマスターにないデザイン性が話題になっています。こちらは発売から非常に人気が高く、価格相場は350万円を超えています。これまでの豪華で華やかに見える金無垢やプラチナ製のベゼルではなく、ブラックセラミックを使用することで全体的にマットな仕上がりとなっています。落ち着いたブラックに上品なホワイトゴールドが輝き、よりスポーティーでカッコイイラグジュアリースポーツウォッチとして誕生しました。第六世代同様、今後も価格が上がっていくことが大いに期待できるモデルです。

 

最新モデルはロレジウムが使用されたエバーローズゴールドカラーとプラチナカラー、そしてホワイトゴールドを使用したブラックが際立つ226659が登場しました。発売当時より価格は確かにおちついてはいますが、それでもプレミアがついて定価を上回る価格で取引されています。とくに今でも品薄状態が続いているヨットマスター42 226659は今後も大きく価格が上がることが予測されますので、購入を考えている人は見かけたらすぐにでも入手したい一台となっています。

 

ヨットマスター2とは

2007年の登場からよりヨットレースに特化した上位モデルとして登場したのがヨットマスター2です。搭載されているレガッタ・クロノグラフは確かにヨットレース以外で使うシーンはごく限られています。しかしこの機能を搭載するのにも、ロレックスのような高い技術が必要となっており、日常的に機能は使用しなくても欲しいという愛好家が居るくらいのモデルとも言われています。デザインもブルーのベゼルが上品かつ非常に視認性が良く、お洒落なアクセントになっていますので、普段使いのために着用していてもどこか様になるのが特徴です。

 

人気を集めているレガッタ・クロノグラフとは、10分から1分までをカウントダウンできる計測機能が搭載されている時計のことで、ヨットレースで必要不可欠な高性能なカウントダウン機能が注目されています。確かに日常的に使うシーンはあまりないかもしれませんが、その機能を搭載した文字盤の複雑かつ機械的なデザインは大変おしゃれにまとまっていて、デザイン性もぐんとあがっていることがよくわかります。

 

また、ヨットマスター2に関してはオールイエローゴールドも現行モデルで存在していますので、お洒落かつ華やかなヨットマスターが欲しいと考えている人にも嬉しいラインナップです。セラミック製のブルーのベゼル部分はゴールド、シルバーどちらにも美しく輝きますので、どのカラーもおすすめのデザインです。

 

まとめ

ラグジュアリースポーツウォッチとして高い人気を誇るロレックスヨットマスターは、現在8世代のモデルに加え、ヨットマスター2が存在しています。初代ヨットマスターは今のヨットマスターには無いオール金無垢素材といったジュエリーとしても楽しめる見た目もまた、特徴的で、今のヨットマスターにはないレディースサイズも展開しています。

 

ヨットマスターにしか使われていない素材、ロレジウムやオイスターフレックスブレスレット、他の定番モデルにも採用されたロレゾールなど最新技術がふんだんに盛り込まれたヨットマスターは、発売当時から根強い人気を誇っています。とくに生産終了モデルであるプラチナベースのシルバーの文字盤は、上品かつプラチナジュエリーのような輝きが大変人気を集めており、今後も価格が上がる可能性が高いモデルです。オール金無垢のように素材自体に価値があるもの、デザインや技術に価値があるもの、他のロレックスにない特殊なデザインが人気を集めているものとヨットマスターはどのモデルも人気の出る要素がもりだくさんです。歴史自体は浅いのですが、今後大きく価格が上がる可能性もあるラグジュアリースポーツウォッチですので、1本持っておいて損は無い時計といえます。

ロレックス買取ページはこちら

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る