1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド時計のお役立ちコラム
  4. 人気が高まる
    サブマリーナグリーンサブ!
    価格高騰の理由と
    高く売る方法を考えよう

人気が高まる
サブマリーナグリーンサブ!
価格高騰の理由と
高く売る方法を考えよう

ロレックスのサブマリーナでは、定番のブラックだけではなく、グリーンサブも人気です。ではグリーンサブが人気の背景には、どのような理由があげられるのでしょうか。価格が高騰している理由と合わせて、高く買い取ってもらうポイントを考えてみましょう。

なぜグリーンサブの人気が
高まっているのか

高級時計ブランドであるロレックスの中でも、人気が高いモデルの1つがサブマリーナです。サブマリーナについて聞かれた場合、定番のブラックや爽やかな印象のある青サブをイメージする方も多くいます。定番のカラーバリエーションだけではなく、グリーンサブも多くの時計ファンから愛されている存在です。また現行モデルだけではなく、すでに製造終了しているものも高い人気があります。

ではサブマリーナの中で、グリーンサブ116610LVに人気が集まる理由には、どのような背景があげられるのでしょうか。コアな時計ファンから高い支持を受ける理由の1つが、製造期間が2010年から2020年と現在は製造していないモデルだからです。ですが10年という限られた製造期間であっても、時計ファンの中に確かな存在感を残し、製造終了から数年が経っても多くのコレクターに注目される存在となっています。

実際にグリーンサブの特徴として注目するべき点として、従来採用されていたブラックダイヤルではなく、グリーンダイヤルが備えられているというポイントがあげられます。ベゼルに加えて文字盤のカラーも統一したオールグリーンモデルということで、今までと異なる色の使い方が注目を集めました。

ダイヤルにおける色の違いに加えて、ディティールも旧作から進化したポイントの1つです。細かなディティールが美しいと、見た目にこだわりたい方からも高い評価を得ています。

そしてベゼル素材は、アルミからセラクロムに変更されています。セラクロムベゼルは美しい光沢がある素材です。ベゼル素材の変更に加えて、夜光塗料をスーパールミノバからクロマライトに変更するなど、従来のものから変わった点がいくつかあります。さまざまな変更によって、特徴的なデザインに加えて時計としての品質の高さを兼ね備えているのが、サブマリーナグリーンサブが人気を集める理由につながっています。人気の理由は1つだけではなく、多くの理由が重なって洗練された1つの時計が完成していることが、多くの方から高い評価を受ける理由につながっていると押さえておきましょう。

他にはない
グリーンダイヤルが魅力

発売されているグリーンサブには、2003年に発売された「16610LV」、2010年発売の「116010LV」、2020年発売の「126610LV」の3モデルがあります。同じグリーンサブであっても、モデルの違いによって異なる特徴を持っていると押さえておきましょう。異なる特徴を持っている中で、注目するべきポイントとなるのがダイヤルカラーです。

2003年と2020年に発売した2つのモデルでは、ダイヤルカラーがブラックです。一方で2010年に発売した116610LVのみダイヤルカラーがグリーンです。ほかのモデルとは異なる色が採用されていることが、2010年に発売した種類が高い人気を集める理由につながっています。

2010年に製造が開始されたモデルは、2020年で製造を終了して次の世代に変わりました。しかし次の世代でグリーンダイヤルが継承されなかったことで、116610LVは唯一のグリーンダイヤルを持っている種類になっています。唯一無二の存在かつ製造が終了しているモデルという点が、時計としての価値を高めて、中古市場で探している方が多くいる理由の1つです。

実際の中古時計市場について考えた場合、現行モデルと旧型の個性が異なるものは珍しくありません。実際に現行モデルとは違う個性を持っている旧型の時計は、中古市場で価格が高騰する傾向が見られます。グリーンサブの旧型は、新型にはない特徴を持っていることで、価格高騰の影響が色濃く出ています。

また2020年に製造が終了したばかりという点も、2010年発売の旧型のグリーンサブが高い人気を持っている理由の1つです。製造終了から比較的早い段階であれば、中古市場であっても状態が良いものを見つけられる可能性が高くなります。状態が良いものを見つけやすい今のうちに良個体を見つけたいという投資家の思いが合わさった結果、廃盤後の価格高騰が起きています。ちなみに2010年のモデルは、2020年発売のものより1㎜小さい40㎜ケースです。サブマリーナの標準サイズが40㎜なため、サイズ感がしっくりくるという人気の理由もあります。

グリーンサブにおける
買取価格の変化を知ろう

サブマリーナの中でも高い資産価値が期待できるグリーンサブ116610LVですが、どのように価格が推移していく可能性があるのでしょうか。実際に購入や資産価値に期待した保有などを考えている場合、今後の見通しも含めて検討することが大切です。

実際にグリーンサブ116610LVの価格推移をみると、相場が120万円ほどのタイミングもあれば、300万円を上回る金額になったタイミングもあります。状況によって相場が大きく変わるのには、需要の変化や社会情勢が大きく影響を与えています。そこで買取価格の変化について考えていくのであれば、金額だけではなく、どのような背景から相場が変わっているのかという点も合わせて考えるようにしましょう。

グリーンサブ116610LVの相場が下がっていたタイミングは、製造終了が決まる直前です。製造終了が決まる直前である2020年3月ごろは、世界的に感染症が広まって経済が落ち込んだ影響で買取相場も大きく下がりました。このタイミングでは、相場は120万円ほどに下落しています。

しかし新しいモデルの発売が発表された5月以降では、市場価値が右肩上がりに高まっています。新型モデルとダイヤルカラーが異なっているなどの影響で、製造が終了した旧型に注目する方が増えたことが、価格高騰の理由です。

そして製造終了から買取価格が上がり続けた116610LVは、2021年の下半期に200万円の大台を突破しています。2022年には300万円を上回る買取価格になったタイミングもあります。2年ほどの間に、買取価格が2.5倍近く上昇しました。

一時的に買取価格が300万円を超えるタイミングがあったものの、その後は下がり相場となっています。下がり相場といっても、230万円前後の相場となっていることから、人気の高いモデルであることがわかります。またグリーンサブは国内だけではなく、海外でも高い人気があります。製造数が多くない腕時計なので、今後も需要が下がる可能性は低いです。需要が高いことで、相場もある程度の金額を保ち続けると考えられます。

高く買い取ってもらう
コツとは?

サブマリーナの中で高い資産価値を持っているグリーンサブ116010LVですが、いくつかのポイントを押さえることで、より高く買い取ってもらえる可能性があります。未使用品だけではなく中古品でも高い買取価格が期待できるため、ポイントを押さえて良い条件で買い取ってもらえるようにしましょう。

実際に買取価格を高くしてもらうポイントの1つが、付属品も合わせて買取査定に出すことです。価値があるのは時計だけだから、買取に出すときも時計本体だけあれば問題ないと考えている方もいます。確かに時計本体だけ査定に出した場合でも、ある程度の金額にはなります。ですが付属品があるかどうかだけで、数万円の差がつくこともあるという点を踏まえたうえで買取を利用することが大切です。

グリーンサブにおける付属品には、箱や保証書のほかに、説明書や予備のコマなどがあげられます。自分が使わなかった付属品であっても、あるかないかで大きく買取価格が変化するからこそ、付属品も合わせて査定に出すことを忘れないようにしましょう。特に保証書があるかどうかは、時計の価値を大きく左右するポイントの1つです。保証書を紛失してしまった場合でも、改めて部屋の中で保証書を探してから買取を利用することが大切です。

さらに116610LVなどの高級時計の買取で大切なポイントの1つが、時計のコンディションです。状態が悪い時計は買取価格が下がる傾向にあるため、少しでも良いコンディションで買取に出すことが大切です。

汚れが目立つ状態の場合、傷があるような印象を与えてしまうため、買取価格が下がってしまう可能性があります。ちょっとした汚れの分で損をしないようにするために、売る前にきれいな柔らかい布で汚れを拭き取るなどの方法で簡単なお手入れをしましょう。少し拭き取るだけでも、コンディションが良くなるので買取価格が高くなる可能性もあります。傷が多いように見えると、再販前のメンテナンスにお金がかかるため、業者側が買取価格を下げます。一方傷がなくてきれいな状態だと、オーバーホールのみで再販が可能なので、買取価格が上がりやすいと押さえておきましょう。

キズがあっても
高く売れる可能性はある

グリーンサブの116610LVにおいて、一番高く売れるのが未使用かつ傷や故障などがない個体です。ですが少しでも使った中古品の場合、気を付けて使っていたつもりでも傷ができてしまうこともあるでしょう。実際に傷ができてしまったモデルの場合、買い取ってもらうのは難しいと判断してしまう方も多くいます。多少の傷があったとしても、人気が高いモデルである116610LVは問題なく買い取ってもらうことが可能です。傷がないものより買取価格が下がってしまいますが、品薄状態が続く116610LVでは、ある程度の高価買取が期待できます。

一番注意が必要なのが、傷があるという理由だけで買取をためらってしまうケースです。少しでも傷があると高く売れないという思い込みによって、相場が高いタイミングで売り損ねてしまうかもしれません。多少の減額はありますが、少しの傷なら一定の減額にしかならないので、タイミングを逃さず売りに出すことが大切です。

また傷があるグリーンサブの場合、買取に出すのではなく先に修理を依頼しようと考える方もいます。ですが自分で修理に出してきれいな状態にしてしまったとしても、修理代がかかった分だけ買取で損をするリスクがあります。買取業者側は、自社や提携工房でメンテナンスをしてから買い取ったグリーンサブを再販します。そのため傷があっても買取が可能なので、事前に自分で修理を依頼する必要はないと押さえておきましょう。状態が気になる場合、一度買取店へ行って相談してみるのも1つの手です。

ほかにもグリーンサブの116610LVの買取で注意が必要なポイントの1つが、利用する店舗によって買取価格が異なることもあるという点です。そのため少しでも高く買い取ってほしいなら、複数の店舗に査定依頼を出して金額を比較しましょう。直接複数の店舗へ出向いて金額を比較しなくても、一括査定サービスを利用することも可能です。一括査定サービスであれば、自宅にいながら複数の店舗の査定額がわかります。比較した中で最高値の店舗を選ぶことで、一番良い条件でグリーンサブを売れます。

まとめ

グリーンサブの中でも人気が高いのが、2010年に製造が開始された116610LVになります。2020年に製造が終了して、他のモデルとは異なるグリーンダイヤルを採用していることが理由で価格が高騰しています。買取を利用する場合には、相場と高く売るためのコツの確認が大切です。

サブマリーナ買取ページはこちら

ロレックス買取ページはこちら

その他のブランド時計
コラム記事

ブランド時計買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す