高級腕時計ロレックスだからこそ使われている素材へのこだわり

NEW
高級腕時計ロレックスだからこそ使われている素材へのこだわり

高級時計といえば?と聞くと必ずと言っていいほど名前が挙がるのはロレックスでしょう。ロレックスは高級時計の呼び名に十分すぎるほど、素材にこだわっています。ロレックスの素材へのこだわりには、一体どのようなものがあるのでしょうか。

長く使えるために必要な頑丈さ

ロレックスのブランド創始者であるハンス・ウィルスドルフは、「時計は、衝撃や気温差・磁場・摩耗など、どんな条件下でも正確な時間を刻まなければならない」という考えの人物でした。彼の信条を受け継ぎ、ロレックスは100年以上にわたり最高の品質を追求し、力学や物理学・素材やマイクロテクノロジーのエンジニアだけではなく、ムーブメントの組立担当者や試作モデル製作者、統計学者などスペシャリストが協力し、試作時から各モデルに最適な解決策を見つけるべく動いています。ロレックスはその品質を保つために数多くの検査を実施しますが、中でも衝撃や落下への耐久研究には力を入れています。研究では拍手などの日常的な衝撃と、意図しない落下といった不意の衝撃の二方向から観察されました。またケースやブレスレット、ムーブメントには経年テストを行っており、ダイアルが経年で変色しないか、部品同士の結合部分が摩耗してこないかを検査しています。こうした頑丈さへの探究心によって、ロレックスの時計が最初のスケッチ以降完成するまでに、何千時間という時間が費やされています。

 

ケースに使われる素材からわかる独自性

時計を動かす内部部品(ムーブメントと言います)は、非常に精密に組み合わさっています。そのような内部を守る重要な役割を果たしているのがケースです。ロレックス独自のものとして知られているのが、オイスターケースと呼ばれるものです。これは1926年に開発された、ベゼル(時計の外側の風防の輪の部分)と裏蓋、リューズ(時計の横につけられた突起)がミドルケースにねじ込まれた、世界初の腕時計用防水ケースでした。このオイスターケースの一部で使われているのが、オイスタースチールという金属です。時計の外装では、さびにくいという理由からステンレススチールが使われます。ステンレススチールは種類によって番号があり、通常の時計は304、高級時計のあるブランドでは316Lが使われています。ロレックスが使用するステンレススチールは904Lという種類で、304や316Lと比較しても丈夫で耐食性に優れていることが特徴です。904Lは加工が難しく、形を変えるために大型のプレス機が必要になりますが、ロレックスはその設備を導入し、他社の追随を許さない独自の時計を作ったのです。

 

非凡なこだわりが見られる全てのパーツ

ロレックスの並々ならぬこだわりは、耐久性や外装だけではありません。針やリューズといった目に見える部品が美しいのは言うまでもありませんが、特筆すべきはムーブメントです。特にオイスターモデルに搭載されているパーペチュアルムーブメントは、ロレックスの時計がいかに素晴らしいかという名声を得る過程を語る上で欠かせない存在です。ムーブメントの心臓部として、ゴールドの天輪(テンワ)やロレックスオーバーコイルヘアスプリングといった部品はもちろんですが、真骨頂はその繊細な仕上げでしょう。パーペチュアルムーブメントは、防水ケースの内部に収められているため、ロレックスが認定した時計メーカー以外は見ることができません。それにもかかわらず、ロレックスの時計製造の伝統に基づき、プレートと歯車はサーキュラーグレイン仕上げが施され、ねじ頭は鏡面研磨されて角は面取りされています。着用者の目に触れないところにまで作りこむ丁寧さやこだわりが、ロレックスのブランド力支える力となりました。さらに、ロレックスのムーブメントは年々進化しており、より良いものを追求するモノづくりの姿勢が見られます。

 

究極の時計を生み出すロレックスの素材への探究心

ロレックスの素材へのこだわりはとどまることを知りません。貴金属やステンレススチール、セラミックといった素材は、その後の製造工程に大きな影響を及ぼすため、時計素材の選定に厳しい基準があります。例えば、ゴールドはロレックスが長年使用してきた金属ですが、使用しているのは750パーセントの純金に適度の量の金属を混合した合金である「18ct(カラット)ゴールド」しか使用しません。この18ctゴールドには、ロレックスが独自に開発したエバーローズ(ピンクゴールド)や、イエロー、ホワイトという種類がありますが、これらの特性に合わせて適切な金属が混ぜられることで高い耐久性や研磨のしやすい素材が生まれました。他にも、過酷な環境でも美しさと機能性を維持したいという思いから、ロレックスはセラクロムベゼルを開発し、特許を取得しています。硬いセラミック素材を使用しており、傷がつきにくく、紫外線によって退色するのを防ぐことができます。素材自体への探究のほか、素材と素材の組み合わせを何度も研究した結果、ロレゾールといった名品が誕生しました。

 

素材の違いが影響する価値

外装から内部の部品に至るまで素材を選び抜き、さらには素材の開発までしてしまうロレックスですが、このような素材へのこだわりは、ロレックスの時計の価値にどのように影響を与えているのでしょうか。ロレックスは当時、性能が良くなく単なるアクセサリーになっていた腕時計が、将来に信頼性も兼ね備える時計になる、という創始者のハンス・ウィルスドルフの予見から始まります。精度の代名詞ともなっている時計ですが、その精度を保ち、守るための部品の基となっているのは、ゴールドやステンレススチール、セラミックといった素材です。これらの素材によって時計の精度が守られ、実用的で耐久性に優れた時計となり、長持ちする時計=価値が長く続く、ことになりました。また、ロレックス投資という言葉があるほど、それ自体にブランドとしての価値があるのは皆さんもご存じでしょう。これは、ロレックスという時計そのものに魅力を感じる人が多いのです。自社でこだわり抜いた素材が集結し、構成する部品も自社で作りこんでいるロレックスウォッチだからこそ、良質な素材と純正品部品の集合体として高い価値があるのです。

 

それぞれの素材を長持ちさせる注意点

こだわり抜いた素材で出来上がるロレックスですが、残念ながら、どんなに大切に使っていても日々の使用によって少なからずダメージを受けてしまいます。メンテナンスを一切行わなかった場合、腕時計の寿命は10年ほどと言われますが、ロレックスも例外ではありません。しかし、ロレックスの場合は時計を作る段階でしっかりとした専門技術で製造されているため、毎日のお手入れは必要がありません。ただし、時計の輝きは日々の使用で鈍くなってしまうことがあるため、時々マイクロファイバークロスでの吹き上げを行うのがベターです。そして、時期が来たらオーバーホールを受けることはロレックスの寿命を延ばすうえで大切です。オーバーホールとは、腕時計を分解し、各部品をきれいに洗浄したうえで、可動部にはオイルをさしてそれぞれのパーツの劣化を防ぐ作業のことです。3年に1回ほど、少なくとも10年に1回はオーバーホールを受けるのがよいでしょう。オーバーホールを定期的に実施することによって、普段は目につかない腕時計内部のさびやパーツの折損などに気づくことができ、これらを予防できます。したがって、オーバーホールは時計の寿命を延ばすために重要な役割を果たしているのです。

 

最新のモデルに使われる素材

ロレックスの2021年最新モデルにはどのような素材のこだわりがあるのでしょうか。現在発表されている最新モデルの1つ目は、オイスターパーペチュアルエクスプローラーの新世代モデルです。エクスプローラーはサー・エドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイという登山家が達成したエベレストの初登頂を受けて発表された、探検家や登山家向けの時計です。新世代エクスプローラーには、イエローロレゾールという、オイスタースチールと18ctイエローゴールドを組み合わせたデザインが登場しました。過酷な環境でも耐えうることをテーマとしているエクスプローラーの堅固性と信頼性を象徴するように、新世代エクスプローラーの36mmのオイスターケースは、高い防水性能が保障されています。ミドルケースは耐食仕様の合金であるオイスタースチールの塊から製造され、クリスタルは耐食性に優れたサファイヤが使用されています。さらに、ブレスレット部分には堅固性で知られるオイスターブレスレットを備えていますが、新世代モデルではロレックスが特許を取得した、セーフティキャッチ付きのブレスレットを取り付けています。

 

素材にこだわる高級時計の魅力

素材にこだわる高級時計について、素材から来る美しさのほか耐久性にも優れている点、そして価値が高い点は前述してきましたが、高級時計を持つことにはどのような魅力があるのか、3つの視点からお伝えします。1つ目は、時計そのものの魅力です。ロレックスは素材などにこだわり抜いていることは前述した通りですが、その資産価値の高さから投資対象にもなっています。日常的に使えることに加えて、ロレックスをどうしても欲しい、という中古品の需要が多いことから「時計は資産」とも言われています。2つ目は、高級時計を身に着けることによる自分自身の満足度の向上です。高い時計を身に着けている、という満足度はもちろん、老舗ブランドの伝統的な技術に接したり、高級時計店の良質なサービスに触れたりといった、ワンランク上の世界を知ることができます。3つ目は、ロレックスなどを身に着けている人を見た他人への好影響です。見る人が見れば価値が分かるので、ビジネスの場ではコミュニケーションのきっかけになったり、出会う相手に信頼感を与えたりします。高級時計はなかなか手が出せるものではないため、憧れの対象にもなることができます。

 

まとめ

高級時計の代表格として認知されているロレックス。創業から最新モデルまで、細かなパーツ一つひとつや、素材を開発するまでとことんこだわっている様子からは、ブランドとして、また高級時計としてのプライドが感じられます。そのようなこだわりが、腕時計を投資対象とするまでに高い価値が付くことになった秘密でした。持つことで自分にも他人にも良い影響を与える、魅力的なロレックスは、知れば知るほど奥が深く、今後の新作にも注目です。

ロレックス買取ページはこちら

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る