ロレックスの型番人気ランキングを総チェック!人気モデルに共通する魅力とは?

NEW
ロレックスの型番人気ランキングを総チェック!人気モデルに共通する魅力とは?

ロレックスは高級腕時計ブランドのひとつとして広く知られています。格調高いブランドであり、身に着けることがステータスとなっています。時計好きにはもちろん時計好き以外の人間からも憧れの対象となっています。こういったロレックスですが多様なモデル展開があり、毎年新しいタイプの時計が出ていることから多様な腕時計がラインナップされています。どういったモデルが人気となっているのかは知っておきたいところです。ここでは、モデル別の特性や魅力を確認した後で型番ごとのランキングを見ていきます。

知らなかった型番ごとの良い点が見つかるかもしれませんよ。

 

ロレックスの人気モデルをおさらい

ロレックスには多くのコレクションがあります。大きく分けてもクラシックとプロフェッショナルの2つに分かれます。クラシックは昔ながらの時計のデザインを残していながら、上品な質感や外観が多くのファンを魅了します。一方プロフェッショナルではアクティブな場面が想定される職業に向けたモデルが多くリリースされており、耐圧や耐水性に優れた実用的なモデルが特徴となっています。その中でも人気のモデルはどのようなものになるでしょうか。

 

  • サブマリーナー

サブマリーナーシリーズはロレックスの中でも定番的なプロフェッショナルウォッチとして知られています。初めてラインナップされたのは1953年、水深100mまでの防水性能を持った実用的な腕時計としては世界で最初のものでした。これ以降、サブマリーナーは他ブランドも含めた全てのダイバーズウォッチのベンチマークとなり、歴史的な価値を持つモデルになります。

 

ベゼルはダイバーのことを考えて、時計回りにしか動かないようになっており、如何なる状況でも正確な時間を計れるようになっています。セラミックやロレックス独自素材であるセロクラムインサートによって作られているので腐蝕や傷がついてしまうのを防ぐことができます。

 

サブマリーナーシリーズにはデイト(日付)つきのものとノンデイトのものの2つがあります。どちらを好むかはファンによって分かれますがデイト付きのものが比較的人気の様です。

 

  • エクスプローラー

探検家や冒険家、科学者へ向けて製作されたコンセプトを持つのがエクスプローラーシリーズになります。こちらも1953年に発表されています。

時に極限状態の中で使用される時計であることを前提にデザインが施されており、実用性を高めるためのデザインが随所に施されてきました。ブラックダイアルに大きく3,6,9と数字がデザインされており、ひと目見ただけで大体の時刻を把握することができます。

探検家が訪れる先によっては光が届かない暗闇が存在することも覚えておかないといけません。エクスプローラーにはクロマライトと呼ばれる特殊な蛍光塗料が用いられており、これは各針とダイアルデザインにコーティングされています。これによって暗闇であっても正確な時刻を把握することができるようになるのです。

1971年には後継シリーズとなるエクスプローラーⅡが発表されます。こちらは元来持っていた技術を活かしながら更なる進化をもたらしました。エクスプローラーⅡシリーズに特徴的なのはオレンジ色の24時間針です。これによって長時間の暗所での活動があったとしても体内時計を乱してしまうことを避けられます。

 

エベレスト登頂隊などが装着することでテストしたフィードバックを開発に活かし、過酷な条件でも正確に動作するように設計がなされてきました。使われている素材は両シリーズともスチール製であり、落下などによる衝撃に耐性を持っています。防水性能もあり、あらゆる場面が想定された仕様であることがわかります。アクティビティなどを積極的に行う人であれば選びたいモデルになりますね。

 

  • GMTマスターⅡ

GMTマスターⅡは初代モデルのGMTマスターを引き継ぐ後継モデルとして1982年に発表されました。こちらのモデルは世界中を飛び回るユーザーに向けて作られたユニークなベゼルデザインが何よりの特徴です。

両方向に回転するベゼルは2色のカラーリングに別れています。これはベゼルを動かすことで2種類の時刻に対応するためです。2色のベゼルがひと目みただけで昼夜感覚を得るのを助けてくれているのです。

 

  • デイトナ

デイトナはプロのレーサー向けに1963年に誕生しました。トッププロのドライバーたちは1秒を常に争っています。そんな中では正確な時刻を刻み続ける時計の存在が大事になります。ダイアルデザインには3つのカウンターが左右と下方に組み込まれており、時計側部に配置されたプッシャーを押すことで時間の計測が行えます。ベゼルには一般的な時刻表記ではなく、独特な数値が記されています。これはタキシメーター目盛りといい、特定の距離間の平均速度を算出するものになっています。

ロレックスはモータースポーツの大会へのスポンサード等も行っており、業界との深い関わりがありました。ドライバーたちに正確な時刻を知らせるために実用的に設計されたこちらのモデルは一般のユーザーにも独特なデザインなどから人気を博しています。

 

ロレックスではこれらのような実用的なモデルが多くの人気を集めています。デザインも落ち着いたものが多いことが仕事でもプライベートでも使いやすく、状況に対応しやすい特性を表しています。確かな技術とデザインが伴う多様なモデルから自分の好みを選べるのもロレックスの強みと言えますね。

 

ロレックス専門店での人気ランキング

ロレックスの人気モデルは先述した通り、複数ありますがそのモデルの中でも特に人気となる型番があります。ここからはロレックスの腕時計を扱う専門店が公表している売上ランキングから型番別の人気を見ていきましょう。

 

1位 サブマリーナー 126610LN ブラックダイアル

売り上げにおいてトップを誇るのはロレックスのダイバーウォッチシリーズとして知られるサブマリーナーのデイト付き型番となります。こちらは2020年からサブマリーナーシリーズがリニューアルしたことによって生まれた型番となり、それまでの11610LNから型番も変わっています。このリニューアルによって時計自体にも変更点がありました。まず、ケースサイズのサイズアップです。以前までの11610ではケースサイズは40mmとなっていました。それが126610からは41mmとなり、1mmのサイズアップとなっています。

それ以外にはダイアルデザイン下部のSWISSとMADEの間にクラウンマークが入るようになりました。

サブマリーナーは全体の特徴として、シンプルなデザインと利便性が挙げられます。こちらのデイト付きモデルに関して言えば日付も確認できるうえ、ロレックスというブランド性を見せびらかすことなく装着することができます。

こちらの型番のスペックは、基本素材はステンレスとなります。ムーブメントは自動巻きとなっており、300mまでの防水対応になっています。夜行素材にクロマライトが使用されており、長時間かつ暗所でも見やすい仕様になっています。

ムーブメントの自動巻きに関してはパワーリザーブが約70時間と長く、あらゆる場面において使いやすい仕様です。また、スイスのクロノメーター協会によるクロノメーター規格もパスしているものになります。これはムーブメント内部の精度や信頼性のテストを通過することで規格を得ることができるもので、各試験所において15日間ものテストが行われています。

クロノメーターによって品質が保証されていれば、安心して使用することができますね。

 

2位 エクスプローラーⅠ 124270 ブラック

こちらのエクスプローラー124270は2021年に新しくリリースされた最新のモデルとなっています。無骨な見た目ながら品格漂う風格を兼ね備えています。エクスプローラーは2000年にケースのサイズが36mmから39mmへの大型化が施されていました。しかし、2021年のこちらのリニューアルから元の36mmへの原点回帰を果たしました。昔からのファンにとっては嬉しい変更だったようです。

昔ながらの歴史的な伝承と最新の技術が交錯したこちらの型番はロレックスの中でも将来的に歴史的な意味合いを持つでしょう。

日本において124270が人気を博すのはケースの小型化が理由にあるかもしれません。大型の腕時計は小柄な日本人には重く、少し不便に感じる場合も出てきます。小型化によって女性でもつけやすいものとなりました。落ち着いたデザインで、家族の中で共有しやすいものにもなっています。

こちらのモデルも実用的な場面を想定されて作られており、夜間用の蛍光塗料にはクロマライトが使用されていて、暗所ではダイアルデザイン各部がロレックス独特のブルーに光ります。時計側部に設けられているリューズは100mまでの防水性能を想定しているので、二重による密閉構造が設けられています。時刻の調整などのために動かそうとするとだいぶ固いようです。リューズにはロレックスの王冠マークも施されていて、お洒落で上品な見た目となっています。

 

3位 GMTマスターⅡ 126710BLNR 青/黒ベゼル

特徴的な2色ベゼルのGMTマスターⅡシリーズから2021年からのニューモデルの126710、青黒モデルが3番人気となりました。GMTマスターシリーズは型番ごとに赤青や赤黒などの多様なベゼルタイプが存在します。その中でも特に人気となるのが青黒ベゼルのようです。口コミや購入者のレビューなどから読み取れるのは、スポーティなロレックスを好む人であっても、あまりガチガチに色が派手なものは避けたいようです。ロレックスを購入する人の多くは時計好きである程度のお年を召したユーザーとなってきます。そういった方々にとって赤青タイプのベゼル(愛好家の間ではペプシと呼ばれる)は若々しすぎて、自分に合っていないと感じるようです。

スポーティな中にも落ち着きが欲しい、その結果行きつくのが青黒ベゼルとなります。

型番のBLNRはフランス語で青黒を意味しています。この型番もクロノメーター規格を取得しています。ムーブメントには新世代ムーブメントとされるCal.3285が搭載されています。従来のモデルから搭載されていた衝撃吸収のための機構に加えて、独自開発されたクロナジーエスケープメントが盛り込まれました。これはエネルギー効率と耐磁性を高める効果があるので、長時間の使用や様々な場面での活用により耐えられるようになりました。自動巻きのパワーリザーブも70時間と長いので信頼度の高い時刻を刻み続けます。

 

4位 デイトナ 116500LN ブラックダイアル

3位までの型番とは打って変わりニューモデルではなく、2016年に発表されたデイトナの116500LNのブラックダイアルが4番人気となりました。発売から時間が経ってなお、多くのユーザーから支持されるのにはどういった魅力があるのでしょうか。

こちらは歴代のデイトナの第6世代にあたり、スポーティロレックスの中のハイエンドモデルになります。116500LNの第5世代から変更があった点としてはセロクラムベゼルになります。ロレックス独自素材のセロクラムは他の金属素材に比べて傷がつきにくく、紫外線などにも強いことから経年劣化を防ぐことができるようになっています。

デイトナのベゼルはタキメーターが刻印されていて、時間ごとの平均速度が計れるようになっています。日常生活において、仕事をしていてもこの表記を活用することは無さそうですが、タキメーター周辺にはプラチナコーティングが施されているので品格漂う光沢感があります。

デイトナシリーズの見た目で一番目立つのはインダイアルのデザインになります。並んだ小さな3つのダイアルはブラックダイアルであれば、インダイアル周辺が白にカラーリングされており、黒の中に白が映えるような出来となっています。

これはひと目見ただけで時計好きの人であればデイトナであることがわかります。つけるステータスとなるロレックスの中でもさり気なくアピールしやすいデザインとなっているわけですね。ダイアルカラーのバリエーションとしては他には白色や栗色(チェスナット)があり、ユーザーが好みによって選びやすくなっています。ただ、やはりどんな場面にも対応しやすいブラックが今回は人気となっているようです。

実用性の面では100m防水が備え付けられており、パワーリザーブは驚異の72時間と先ほどまで紹介してきたエクスプローラーやGMTマスター型番よりも長い仕様になっています。3日間分動き続ける動力を内部に確保することができるので、週末に腕から外していても月曜日には時刻のズレが無い状態で使い始めることができるのです。

スポーティロレックスの中でも人気の高いデイトナは年々市場価格が高騰しています。手に入れたいと考えた人は早いうちの判断が必須となるでしょう。

 

5位 シードゥエラー 126600 ブラックダイアル

ロレックスのダイバーウォッチにはサブマリーナーがシリーズとして存在すると紹介しましたが、実は上位機種となるシリーズが存在します。それがシードゥエラーです。シードゥエラーは1967年に飽和潜水などを必要とする深海での活動を前提に潜水会社との共同で開発された歴史的経緯を持ちます。最初のモデルが誕生以降も技術面での研究が続けられ、最初は200mまでだった防水性能は1978年に1220mの防水性能を獲得するに至りました。これはサブマリーナーシリーズの防水性能ともかけ離れており、まさしくプロのためのダイバーズウォッチと言えます。

この126600は2017年に50周年の節目に合わせて記念モデルとして製作されました。この際に全モデルの116600からの変更がありました。ケースサイズが大きくなり、43mmと大型になります。ダイアルには「SEADWELLER」のモデル名が入るようになりました。

このケースサイズ43mmは腕時計の中でも大型の部類に入ります。何故ここまで大きくなったのかといえば、これがサブマリーナーの上位機種となるダイバーウォッチであるからです。ダイバーが腕時計を装着する際には素肌に装着せずにウェットスーツの上に装着します。水中での時間管理にこの時計を使用することを想定すれば、見づらい環境でもすぐに時刻を把握しやすい大型のものが実用的となるわけです。

深い海の中でも見えるようにクロマライトが蛍光塗料に使われており、風防もサファイアガラスが使用されています。更にバックル部分にはブレスレットの長さをワンタッチで調整可能なグライドロックエクステンションシステムを採用しています。ウェットスーツを着込んだ状態でも簡単に長さ調整ができるようになっており、一刻を争うダイバーに寄り添った仕様になっています。

購入者によるレビューでは特にこの126600が赤くモデル名が印字されていることから「赤シード」としてレア物としての価値を高めているようです。中にはやはり大型であることを理由にサブマリーナーシリーズへの変更を考えるユーザーもいるようですが、装着している人が少ないことによるレア度は高いので、人と時計が被りたくないユーザーはシードゥエラーを求めるようです。堅牢な作りのため、他のシリーズに比べて厚みはありますが、仕事などで使用していても問題はなく、ベゼルや風防は多少当てた程度では傷がつきません。サブマリーナーやデイトナに比べると人気度が落ちることから比較的入手がしやすいようです。興味が湧いた方は早めにチェックしたいですね。

 

6位 サブマリーナー 126613LB ブルーダイアル

イエローゴールドと深い海のような青によってデザインされた126613LBブルーダイアルはこれまでの時計とは雰囲気が変わります。サブマリーナーシリーズのデイト付きのものであるので、300m防水を備えており、ケースサイズも41mmと少し大きくなっています。

しかし、この時計の特徴はなんといってもこのカラーリングにあるでしょう。ベルトとケースはスチールによって製造されていますが、ここにイエローゴールドのカラーリングが施されています。ただし、全ての箇所を黄色に塗っているわけではなく、スチール自体の銀色を残している部分もあるので派手過ぎない色合いになっています。対照的なのが文字盤となっており、文字盤はロイヤルブルーに染まっています。ベゼル部分は目盛りと時刻表記がイエローにカラーリングされ、それ以外の箇所がブルーに染められています。

この型番はとにかく美しい。そのデザインの洗練された美しさにユーザーも魅了されるようです。デザイン的に使用シーンはどうしても限られてしまいます。目立つものなので、仕事で使うのは難しいでしょう。青とのコンボであるとは言え、黄色は悪目立ちする可能性もあります。この時計が注目を浴びた理由のひとつにゴルフの松山英樹選手が装着していることもあります。ZOZO チャンピオンシップのアメリカツアーで優勝した際の表彰式でも松山選手は126613LBを装着していたようです。この優勝記念として購入を決めたユーザーもいたようです。

 

7位 エクスプローラーⅠ 124273 ブラック369

初代エクスプローラーから色のコンビネーションが入ったデザインのモデルが7位となりました。こちらの型番もブレスレットやベゼル部にイエローゴールドがあしらわれており、品格ある雰囲気を醸し出します。文字盤はブラックのため、ブルーダイアルなどにくらべると落ち着いた大人のイメージとなっています。ケースサイズは36mmとなっており、小柄な人や腕が細い人でもつけやすいサイズ感になっています。ノンデイトの型番となるので外観はシンプルな趣になっています。

こちらのコンビカラーリングではありますが、優しいイエローゴールドと黒の組み合わせになりますので、フォーマルな場面でも使っていけるものになります。むしろ手首から品性をアピ―ルすることもできるのではないでしょうか。

 

8位 エクスプローラーⅡ 226570 ブラックダイアル

こちらのモデルは2021年にエクスプローラーⅡの50周年を記念する形で発売されました。エクスプローラーが探検家などによる使用を想定されていることもあり、ケースサイズは42mmと大きく、100mまでの防水性能も備え付けられています。新しく発売された型番にはなりますが、デザインは堅実なものとなっており、目新しい部分は見られません。ベゼルもセロクラムではなく、メタルが使用されているので昔ながらの無骨な見た目となっています。70時間のパワーリザーブであることからフォーマルでもカジュアルでも使いやすい物となっています。購入したユーザーによるレビューではスーツに合わせると若干違和感があるとの意見が複数あったので、合わせるのであればカジュアルなシーンになるでしょう。無骨な印象が目立つ外観ゆえに、ロレックスの中ではユーザー間で好みが別れる型番となっていますが、購入したユーザーの満足度は非常に高いようです。

 

9位 デイトナ 116500LN ホワイトダイアル

4位として紹介したデイトナの116500LNのダイアルがホワイトに染められたホワイトダイアルが9番手の人気となっています。スポーティロレックスの中でもトップクラスの人気を誇るデイトナシリーズはこのブラックとホワイトの2つの間で人気が別れるようです。性能や大きさといった点はブラックダイアルと変わりませんが、ダイアル部の色が変わることで印象は大きく変わります。デイトナの黒は目立ち過ぎないため、仕事でも使いやすいが、この白は派手でよく目立つので仕事で使うには不向きなようです。ただ、人を惹きつけるデザインはカジュアルな場面でのステータスとなるでしょう。

デイトナは2016年のリニューアル以降、急激に人気が高まりました。これによる迷惑な話として、レプリカが出回ってしまったことがあります。大量のレプリカが出回ったために、身に着けていても価値が下がってしまったという印象を持つユーザーも多いようです。ただ、正規品の市場価値は上がり続けているので持っていることに損は無い一品となります。

 

10位 サブマリーナー 124060 ブラックダイアル

またもやサブマリーナーシリーズからのランクインとなっており、サブマリーナーの人気がうかがえます。こちらの型番の特徴はノンデイトであること、とにかく見た目がシンプルでロレックス本来の美しさが見られます。ノンデイトを選ぶユーザーの心理として多いのはデイト付き時計の日付を調整することが煩わしいというものです。時計を1本しか持っていなければそのように思うこともないでしょうが、複数本持っている人はその日の気分で選ぶたびにリューズを回して日付を合わせなければいけなくなります。そのため、時計を複数所有しているような時計愛好家にはノンデイトも利便性の高いアイテムとなります。サブマリーナーではデイト付きのものが昔から人気が高く、デイト付きの型番がなかなか手に入らないこともあってノンデイトの124060を所有する場合も多いようです。

エレガントな品格を持っていながら目立ちにくい外観は周りに嫌味な印象も与えません。どんな時でも身に着けておく相棒にするには最適なものになるかもしれませんね。

 

人気モデルにある魅力の共通点とは

ここまで人気ランキング上位10型番の詳細を確認してきました。サブマリーナーやエクスプローラー、デイトナといった定番シリーズからのランクインが多くありました。このことから、購入を決めたユーザーはシリーズの持つ魅力に惹かれた後に、細かなバリエーションの違いから自分に合ったものを選んでいることがわかります。では、どういった点がユーザーの人気を集めるのでしょうか。

 

  • 派手過ぎないデザイン

ランキング全体を通してあまり派手なデザインのものは選ばれていません。スポーティロレックスは元から秀逸なデザインを持っていることもあり、派手な物を選ばなくても品格をまとう物を選ぶことができます。また、ユーザーも中年層が多いことからあまり派手なものは選びにくいこともあるでしょう。

 

  • 仕事から遊びまで

仕事の場面からアクティビティにまで用いることができるスポーティなものが特に好まれます。ロレックスのような高級腕時計はやはりステータスになります。着けているのを露骨にアピールしたいわけではありませんが、人よりも良い物をつけているという状態は自分を安心させる効果もあります。そういった意味でもどんな状況でも装着していられるデザインや実用性を持ったスポーティなモデルの時計が好まれるのでしょう。

 

まとめ

ロレックスの腕時計の人気は年ごとに少しずつ変化します。元々はデイトナも高価であることからここまでの人気ではなかったのですが、リニューアルをきっかけとして高い人気を獲得しました。人気の変動によって市場も動きますが、自分が時計を選ぶ際には市場を気にしすぎずにデザインや機能性といった点を軸にして時計を選んでいきたいものですね。ロレックスでは秀逸なデザインと高い実用性を併せ持った時計がいくつもリリースされています。人気ランキングを参考に、自分の相棒を探してみてください。

ロレックス買取ページはこちら

サブマリーナ買取ページはこちら

エクスプローラーⅠ買取ページはこちら

GMTマスター買取ページはこちら

デイトナ買取ページはこちら

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る