ブランド時計
2021年11月5日

買取業者でも取り扱わない!偽物ロレックスには気をつけよう

NEW
買取業者でも取り扱わない!偽物ロレックスには気をつけよう

ロレックスと思い購入して使っていてもあるとき買取で偽物だと知らされるケースや、オーバーホールに出すと返されて戻ってきたことで正規品ではない事実を知らされるケースもあります。見た目には本物そっくりですので素人では気がつきにくいのですが、見分け方はないのでしょうか。

「偽物ロレックス」はどのようなものか

ロレックスは高級腕時計であり、新品や中古品に関係なく流通量そのものが多く、機会があれば購入したいと考える人は多いと言えます。ロレックスに限ったことではありませんが、高級ブランド品は偽物も多く流通しており、本物と信じて使っていたけれども買取に出したときに本物ではないと聞かされるケースなどもゼロではありません。偽物は一般の人々が一目見ただけでは本物と区別をつけることや見分けることができないコピー品です。ただ、ロレックスの偽物の多くは見た目上はそっくりであっても中身は全く異なります。その中身とはムーブメントを意味しており、部品の細部に至るところが本物とは異なりますので、プロの質屋や時計買取専門店などの鑑定士がそれを見れば一目瞭然なのです。また、ムーブメントそのものが雑になっていますので正確な時刻を表示しなかったり故障が起きたりすることも多いと言います。

 

素人が知っておきたい偽物ロレックスの見分け方

ロレックスを鑑定する専門家は、最初に時計を触ってみて重量感や手に当たる竜頭やベルト、クラスプなどの感触を確認すると言います。これは、いつものロレックスとは感覚が異なるなど偽物を見抜くための基本になる部分です。一般の人は、ロレックスの手触り感などわかりませんので本物との見分けには利用することができません。しかし、本体に耳を当てたときに、本物では機械時計特有のムーブメントの発するシュルシュルといった独特の音がしますが、偽物場合は小石が中に入っているようなカラカラなど乾いた音がします。ロレックスは手触りや着け心地などにこだわりを持つブランドで、竜頭のギザギザなど丁寧に磨きがかかっていて柔らかく滑らかな感触です。材料や作りが安っぽい印象を持つもの、裏側に粗がある、使い心地や着け心地が悪いなどは偽物の可能性が高いと言えます。

 

偽物レックスは時計の買取店でも対応してくれない

質屋や買取専門店が偽物を買取すること、そしてそれを販売することは、商標権の侵害とみなされる行為として商標法第37条2項の中で取り締まりが行われています。さらに、偽物と知って買取や販売を行うと買取を行った業者は法律違反として処分されることが、商標法第78条2項の中で定められており、偽物のロレックスを買取することはありません。では、これをレプリカで販売した場合はどうなるのかについて気になる人は多いと思います。レプリカとして販売を行い、購入した人がオークションなどでロレックスブランドの腕時計の形で出品をしてしまうと、その時点で詐欺罪に問われる可能性もあります。落札者側から訴えられてしまうなど、レプリカの形で流通させるリスクは高いと言えましょう。正規店で購入する場合は別にしても、中古品などを購入するときには信頼できるお店を使い、偽物を入手しないなどが大切です。

 

確実な販売ルートを利用すれば安心できる

ロレックスの偽物は多く出回っているといわれており、購入するときには十分な注意が必要です。ロレックスの正規代理店でもあるお店で購入すれば間違いなく新品のロレックスを買うことはできますが、歴代モデルが欲しい人や少しでも安いものを手に入れたい人、そして正規代理店では品薄状態でいつ商品が入ってくるのかわからないので中古品を探す人などは要注意です。ロレックスを買取するとき、それが本物であるのか否か入念にチェックを行い、その上で買取している、このようなお店が販売している商品はすべてが本物であり、確実な販売ルートを使うことで偽物を買わされてしまうリスクをゼロに近づけることができます。このとき、ロレックスの買取実績が多いお店を使えば種類も豊富にありますので、数多くのバリエーションの中から好みの素材やカラーの中から選択できるメリットもあり、おすすめです。

 

正しい販売ルートの見分け方

ロレックスの正規代理店を利用する場合であれば、偽物を手にすることはありませんが、ロレックスは人気ブランドでもあり、正規代理店では品切れになっていることも少なくありません。特に、デイトナやサブマリーナー、エクスプローラーやGMTマスターなどは正規代理店での購入は難しく、中古品を扱っている専門店や並行輸入業者を回らなければ手に入りにくいモデルです。中古品でも良いので少しでも安く買いたいときには、質屋や中古時計専門店を利用するケースになりますが、こういったお店であれば、いずれも購入した時計に何らかの不具合が生じたときなど誠実に対応して貰えます。それは何年もかけて得た信頼や販売実績を持っているからです。業歴が浅い業者や個人とインターネットを通じて高額のロレックスを取引しているところなどは、知らない間に偽物が流れ込んでいる可能性もありますので、経験および実績を持つお店を選ぶことが大切です。

 

こんなお店には要注意!

詐欺や偽物の販売を目的としたホームページが世の中には多数存在しています。ロレックスの偽物もこのようなホームページを通じて販売しているケースがあり、販売価格があまりにも安い、未使用品ではあるけれどもランク表示が行われていることがある、サイト内のどこかにコピー品やレプリカであることが明記されている、などには注意しなければなりません。サイトを運営している会社の情報は掲載してあっても嘘の住所が記載してあることもあります。一般的に、ブランド品の中古はランク付けが行われていることが多いのですが、それは傷や付属品類の有無などによるものです。未使用品の場合は傷もありませんし、付属品も基本的にはすべて揃っていることからもランク付けが行われている段階で怪しいと考えて良いでしょう。また、販売価格があまりにも安いといった部分も要注意で、ロレックスの中古市場での価格と比較すればそれが激安価格であることが一目瞭然です。

 

まとめ

ロレックスは、人気ブランドとの理由からも偽物が多く出回っています。中古市場でも高額なものが多く、偽物を売ればひと儲けできるなど、怪しいウェブサイトからの購入は危険です。なお、ロレックスの偽物を購入したときには、独立行政法人国民生活センターに問い合わせをすることで解決できるケースもありますが、すぐに確認ができなければ購入したサイトが閉鎖して二度と日の目を見ることもなくなります。自分でも本物と偽物の見分け方の違いをある程度把握することは大切です。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら