ロレックスのバックル種類の特徴をブレスレットごとに紹介

NEW
ロレックスのバックル種類の特徴をブレスレットごとに紹介

ロレックスの時計を比較する際には、デザインや機能性を重視する人も多いでしょう。しかし、バックル部分に注目する人は少ないのではないでしょうか。目立たないパーツであるバックルですが、ロレックスの見た目や着け心地に大きく左右する部分でもあります。こだわりの1本を選びたい人が覚えておきたい、ブレスレットごとのバックルの種類を紹介します。

 

ロレックスのバックルは大きく分けて2種類ある

ロレックスで採用しているバックルの種類は、シングルロック・ダブルロックの2タイプです。

デイジャストのようなドレスタイプは、シングルロックの採用が多くなっています。また、一部のスポーツモデルでもシングルロックを採用したものがあります。現行モデルで採用されているシングルロックは、可動ロック式です。サイズ調節が可能なため、好みの着け心地を調節できるでしょう。一方で、1990年中ごろより前のモデルでは、簡単なシングルロックです。シングルロックの共通点としては、ダブルロックと比べて外れやすいことです。個体によっては簡単に外れてしまい、調節が必要となることがあります。ただし、シンプルなデザインのため、ドレスタイプのロレックスと相性がよく、デザイン性や使いやすさの面でも、近年ではシングルロックの評価が高まっています。

シングルロックはロレックスの古いモデルで多く採用されていましたが、一方でダブルロックは新しいバックルです。1995年以降のスポーツモデルでダブルロックが多く採用されています。ダブルロックの魅力は、シングルロックと比べて外れにくいことです。スポーツシーンのように激しい動きに耐えられるよう設計されており、簡単に時計が外れてしまう心配がありません。デザイン面では、シングルロックは王冠のみのシンプルなつくりなのに対し、ダブルロックはタイル模様と王冠が入っておりデザイン性が高くなっています。ダブルロックは進化しており、誕生した当初より現行モデルは大きくなりました。バックルが小さめのものを選びたいときは、古いダブルロックを選ぶといいでしょう。一方で、外れにくさで選ぶなら、マイナーチェンジ後のバックルがおすすめです。

 

ロレックスのバックル種類1・ジュビリーブレス

ジュビリーブレスは、ロレックスのデイジャストに使われているブレスレットです。バックルは片開きのシングルロックで、このタイプのバックルはブレスレットに幅広く採用されています。ロレックスの王冠がバックルにつけられており、さりげないオシャレが楽しめるでしょう。バックルはコンパクトなため、日常生活において邪魔になる心配が少なくなっています。0.5コマ分の調節も可能となっており、むくみやすい時間帯の着用でも安心です。

このブレスレットは1945年に誕生したもので、5連リンクとなっています。細かいコマが使われており、ゴージャスな雰囲気があります。ドレスアップするときのアクセサリー代わりとしても使えるデザインでしょう。このタイプを採用しているデイジャストは、ドレスモデルが多くなっています。エレガントな印象で、ロレックスを華やかに見せたいときに最適です。

ジュビリーブレスの魅力は、着け心地がいいことです。5連リンクによりフィット感がよく、体に馴染みやすいでしょう。時計の着け心地がよいと、時計を身につけるときの負担が少なくなり、時計が体の一部のように感じられるはずです。また、ジュビリーブレスを採用しているデイジャストは、ブレスレットが主役になります。非常に洗練されたデザインで、時計の存在感を引き立ててくれるでしょう。5連リンクはコマの大きさが違うのも特徴的で、ブレスレットの位置により大きさを変えてあります。外側は大きめのコマを採用し、内側のコマは小さめです。大きさを変えることで、手首の内側部分にかけてブレスレットが自然と細くなっています。

 

ロレックスのバックル種類2・フリップロックブレスレット

フリップロックブレスレットは、サブマリーナーやヨットスターなどのスポーツタイプに採用されているブレスレットです。使用されているバックルは、オイスターロックです。オイスターロックは現行のスポーツモデルに採用されています。最新技術を採用しており、安定感のある着け心地を実現するでしょう。このバックルは強度が高いため、外れにくさを重視するならおすすめです。また、バックルのロックは2重になっており、スポーツシーンでも使いやすいでしょう。2重ロックはかなり激しい動きにも耐えられるつくりです。ダイビングの場合では、海中で時計が外れれば命にも影響を及ぼすため、より強固な2重ロックが採用されています。

サブマリーナーは、プロフェッショナル用のダイビングウォッチです。高い防水性能が特徴で、過酷な環境で時計を使用するダイバーに人気があります。防水性は300mとなっており、マリンスポーツを楽しむ人に便利でしょう。また、シンプルで日常使いがしやすいデザインであることから、ビジネスマンの愛用者も少なくありません。日常生活でフリップロックブレスレットのような2重ロックのバックルは重要ではないかもしれませんが、休日の趣味として海に出かける機会が多いなら役立つでしょう。

また、フリップロックブレスレットを採用するヨットスターも、マリンスポーツ向けの仕様です。サブマリーナーはダイバーズウォッチですが、ヨットスターはヨットでのクルージングなど遊びに活躍するモデルです。ハイクラスの時計で、上品で気品のある仕上がりとなっています。デザインは華やかでセレブリティがあり、ステータスの高さを主張できるモデルです。2重ロックつきのバックルが採用されているため、激しい動きで時計が外れてしまう心配が少なくなります。

 

ロレックスのバックル種類3・オイスターブレスレット

オイスターブレスレットはロレックスで古くから採用しているタイプで、現行ロレックスの定番ブレスレットでもあります。使われているのは、サブマリーナーやデイトナなどです。最初に誕生したのが1930年代のため、アンティークモデルの多くでも見かけることでしょう。オイスターブレスレットの特徴は強度が高いことで、バックル部分も外れにくい仕様です。

ブレスレットの名前にある「オイスター」とは英語で牡蠣のことです。オイスターケースはロレックスが開発した3大発明のひとつで、高い防水性と防塵機能を兼ね備えています。英語の牡蠣という名前が付けられているのは、牡蠣のような高い耐久性をもっていることが由来となります。オイスターケースを採用したものは丈夫な時計で、ブレスレットやバックルもそれに合う丈夫なものが必要とされました。それがオイスターブレスレットだったわけです。オイスターブレスレットは3連タイプで、見た目は男性らしさがあります。存在感のあるブレスレットのため非常に人気が高く、丈夫なつくりで実用性も兼ね備えているのが特徴です。平たい3連リンクは、装着したときの着け心地が高くなっています。

強度が高いことから、ロレックスを長く愛用したい人に人気があります。耐久性の高さから、中古市場でもよい状態のものが見つかりやすいでしょう。

 

ロレックスのバックルの種類4・プレジデントブレスレット

プレジデントブレスレットは、ロレックスの女性用モデルで多く採用されています。名前に「プレジデント」とつくのは、アメリカ大統領にプレゼントされた経緯があるからです。このブレスレットが採用されているのは、デイデイトや女性用デイジャストです。また、使われているバックルはシングルロックです。バックル部分が目立たないよう設計されており、ロレックスの王冠がポイントとなっているコンシールドタイプです。バックル部分が表面に出ておらず、ジュエリー感覚で身につけることができるでしょう。

デイデイトはロレックスの最高峰で、手にすることでステータスの高さを象徴することができるでしょう。成功者の証ともいわれるモデルで、著名人の愛用者も少なくありません。ブレスレットは半月型の3連リングで、ゴージャスな雰囲気です。ロレックスの一般的な3連リングは四角のものが使われていますが、デイデイトは半月型を採用しており柔らかい印象です。また、ブレスレットは、18金や950プラチナを採用しており、イエローゴールドやホワイトゴールドも選ぶことができます。サイズは小ぶりで、女性が身につける時計としてもおすすめです。

 

ロレックスのバックルの種類5・トリドールブレスレット

トリドールブレスレットは、高級モデルのブレスレットです。採用されているのはデイジャストで、専用のブレスレットとして開発されました。また、使われているバックルは、シングルロックです。プレジデントブレスレットと同様にバックル部分が見えないつくりで、ジュエリー感覚で使うことができるでしょう。このブレスレットが使われているモデルは、チェリーニや1990年ごろまでのデイデイトやデイジャストです。

ブレスレットの名前にある「トリドール」とはトリコロールのことで、3つの色を組み合わせた意味があります。ブレスレットには、ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの3色が使われています。素材は18金で、3色カラーがグラデーションとなっており、高級感や美しさを兼ね備えたタイプです。

チェリーニは製造本数が少ないため、希少価値が高くなっています。ロレックスの一般的なモデルではないため、あまり馴染みがないかもしれません。一般的なロレックスといえば、高い防水性や自動巻きが特徴でしょう。しかし、チェリーニはこの2つの要素を持っておらず、ロレックスらしくないモデルです。なぜ、防水性と自動巻きが採用されなかったかというと、チェリーニが誕生したのは1928年でまだこの2つは開発されていなかったからです。防水性はありませんが、ドレスウォッチとして活用しやすいでしょう。また、チェリーニは革ベルトを多く見かけますが、ダミエールブレスレットのものもあります。とくに価値が高いとされるのは18金素材を使ったものです。

 

ロレックスのバックルの種類で注意したいこと

ドレスモデルのロレックスなら、シングルロックを採用しており、途中でバックルが変更されたケースはありません。しかし、スポーツモデルではマイナーチェンジによりバックルの仕様が変わることがあるため注意しましょう。スポーツモデルで同じ型番であっても、バックルの違いにより価値が変わってしまうことがあります。

たとえば、デイトナ Ref.16520では、シングルロックかダブルロックかで価値が変わるでしょう。1998年までのモデルでは価値が低くなりやすいため、注意するようにしてください。また、GMTマスターⅡ Ref.16710も同様で、1995年以前の旧モデルではバックルの種類により価値が下がってしまいます。

 

まとめ

ロレックスで採用しているバックルの種類は、ドレスウォッチならシングルロック、スポーツウォッチならダブルロックが多いでしょう。それぞれ用途が異なっており、見た目や機能面で適したバックルが採用されています。ドレスウォッチはバックル自体が目立たないようなつくりで、スポーツウォッチは激しい動きにも耐えられる仕様なのが特徴です。それぞれのバックルの特徴を比較しながら、自分に合ったロレックスを選んでみてください。

ロレックス買取ページはこちら

サブマリーナ買取ページはこちら

ヨットマスター買取ページはこちら

デイトナ買取ページはこちら

GMTマスター買取ページはこちら

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る