1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド時計のお役立ちコラム
  4. ロレックスのデイトナ
    「116500LN」を
    買うなら
    知っておきたい情報

ロレックスのデイトナ
「116500LN」を
買うなら
知っておきたい情報

高級時計ロレックスなかでも、人気で存在感を放つモデルのデイトナ。初代の発売から現行モデルの116500LNまで高い人気を誇るモデルです。今回はデイトナのなかでも最新型の、116500LNについて、購入するなら知っておきたいことを解説します。デイトナの歴史や116500LNの細部の仕様、今後の予想まで、詳しく紹介します。ロレックスの時計を購入したいと考えている人は必見です。

デイトナ116500LNとは?どのような時計か解説

デイトナの116500LN2016年から製造がスタートし、現在も生産が続いている人気現行モデルです。スポーツロレックスの最上級モデルで、人気は衰えるどころか年々需要は高まっており、需要に比例して価格相場も急上昇しています。ロレックスの正規店でも品切れが続き、定価で買うことは難しいモデルです。並行輸入店でも完売続きで入手が困難となり、その希少性から価値が上がっています。

デイトナの正式名称は「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」です。プロのカーレーサーの需要に応える設計として作られ、現在でもその役割をしっかりと受け継いでいます。現在でもカウンターダイアルが備わっている特徴があります。

初代のデイトナは、1963年にモーターレースの「デイトナ・インターナショナルスピードウェイ」のオープンにちなんで発売されました。それ以降改良と仕様の変更を重ね、2016年の「バーゼルワールド」で116500LNが発売されました。ロレックスとモーターレースの絆は、2013年にFormula 1の世界に、ロレックスが参入したことにより強まっています。

基本的な仕様は前世代の116520から受け継いでおり、Cal.4130を搭載しています。Cal.4130116520で完全自社製を達成したムーブメントでロレックスの悲願を達成しました。ムーブメントが116520と同様なので、ケースの厚みや時計の重量に大きな変化はありません。

116500LNが絶大な人気を誇る理由は「セラクロムベゼル」が採用されたことにあります。セラクロムベゼルは、セラミックをベースに開発した素材で、ロレックスが特許を取得しています。従来のメタル素材よりも耐傷性、耐蝕性に優れて紫外線にも強く、経年劣化に強い特徴があります。

116500LNLNは「Lunette Noir」の略称で、フランス語で「黒いベゼル」の意味です。116500LNのカラーはホワイトとブラックがあります。白文字盤はベゼル以外のインダイアルにも黒みが加わり、インパクトのあるデザインに仕上がっています。セラクロムベゼルが開発されたことにより、116500LNは絶大な人気を誇るモデルとなり、定価を大幅に超えるプレミア価格がついています。リリース直後から注目度が高かった116500LNですが、販売開始から現在まで人気が衰えないモデルです。人気の高さから、この時計を知る人は多くステータス性にも期待できるでしょう。



デイトナ116500LNのテクニカルの詳細を解説


テクニカルの仕様を説明します。

・モデルケース
オイスター、40mm、オイスタースチールを使用しています。

ロレックスが防水性を高めるために「オイスターケース」を開発しました。金属をくりぬいて作ることで、継ぎ目がないケースです。防水性を高めるリューズを組み合わせて完全防水が可能になり、スイスで特許を取得しました。ムーブメントを水から保護することで、長期間の使用が実現しました。オイスターケースは、ロレックスの特徴とも言えます。

・素材
オイスタースチールを使用しています。

オイスタースチールは904Lスチール系統に属しており、耐蝕性に優れています。光沢仕上げを施すことができ、美しい輝きが特徴です。

・直径
ケース径は40mmと大きめサイズと言えるでしょう。ロレックスのレディースサイズは26〜28mmで、ボーイズサイズは36mmが主流です。スポーツモデルは男性仕様のものが主流で、しっかりとした存在感を放っています。

・ベゼル
ステンレス製からブラックのセラミック製モノグロックへと変更されました。116500LNLNは「Lunette Noir」を短縮したもので、黒いベゼルを意味し116500LNモデルの最大の特徴です。モノグロックセラクロムベゼルは、耐蝕性と耐傷性に優れており、紫外線による影響を受けにくい特徴があります。コスモグラフ デイトナには、プロのカーレーサーの需要に対応したモデルであるため、ターキメーターベゼルが搭載されているのがトレードマークです。ターキメーターベゼルでは、経過時間を計り、平均速度を読み取ることができます。最大時速400マイル、また時速の平均速度を測定できます。

・リューズチューブ
スクリュー式でトリプロック(三重密閉構造)になっています。ロレックスでは1997年頃から腐食を防ぐために、ステンレス無垢材や金無垢材を使用するようになりました。リューズの解除やねじ込みがスムーズになるように、金属製チューブの先端部のネジは切らないなどの工夫がされています。

・クリスタル
傷防止サファイアを使用しています。純度の高い酸化アルミニウムで出来ており、硬度が高く非常に硬い素材のため、傷に強く耐久性もあります。非常に固く加工が難しいため、高級腕時計の風防に用いられることが多い素材です。ロレックスのレンズは、日付表示のために開発し、特許を取得した拡大レンズです。二重反射防止のコーティングによって、日付の視認性を向上させています。

・防水性
オイスターケースの密閉構造によって、水深100m330フィート防水性能を保証しています。ロレックスは、1926年に世界初の防水ケースとなるオイスターケースの開発に成功しました。発明したオイスターケースは、ベゼルと裏蓋そしてリューズがねじ込まれた形で、特許を取得しています。防水性のリューズの構造により、ケースが完全に密閉されます。その機能性だけでなく、デザイン性にも優れており防水性と堅牢性を兼ね備えた、エレガントなケースが誕生しました。

・針
ロレックスの針やインデックスには、ゴールド製を使用しています。ゴールド製は腐食や耐磁性に優れています。立体的で視認性を確保しつつ、美しい仕上がりです。

・ムーブメント
パーペチュアルは機械式クロノグラフで、ローターが左と右のどちらに回転しても、自動でゼンマイの巻き上げ可能です。両方向回転式のパーペチュアルは1931年に特許を取得しました。レッドアルマイト硬化処理を施すことで、軽量で高い巻き上げ効率が可能になりました。ロレックスが製造するパーペチュアルムーブメントは、すべてスイス公認のクロノメーター検査協会の認定を受けています。精度や信頼性、耐衝撃製を保証するもので、文字盤の「SUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIED」の表記が特徴です。

・キャリバー
コスモグラフ デイトナには、ロレックスによる完全自社製造のCal.4130が搭載されています。Cal.4130は、ロレックスが開発・製造したもので、機械式自動巻クロノグラフムーブメントです。約72時間稼働可能なパワーリザーブを備えています。これは、標準的なクロノグラフよりも部品数が少なく、省スペース化したことにより、より大きなメインスプリングの搭載が可能になったことで実現しました。標準的なクロノグラフよりも部品数が少なくなったことにより、ムーブメントの信頼性も向上しています。

・精度
ロレックスは精度も優れていて、自動巻のモデルはスイス公認の、クロノメーター検査協会(COSC)の認定を受けています。平均日差は、COSCの平均が-4〜+6秒であるのに対し、ロレックスの基準は-2〜+ 2と驚異的な数字です。ひと月で約3分の誤差が生じるところ、ロレックスはひと月で約1分の誤差で納まります。

マイクロステラ・ナットと、巻き上げヒゲゼンマイによっても高精度を支えているのです。マイクロステラ・ナットは、テンワの中に備え付けられ、空気抵抗を小さくし影響が少なくなる工夫がされています。テンワも直径約10mmと他ブランドと比べると大きく、高精度の調整を可能にしており、振動や衝撃からの影響が少ない仕様です。

巻き上げヒゲゼンマイは、2005年にパラクロム製ヒゲゼンマイが開発されました。パラクロム製ヒゲゼンマイは、温度変化に強く耐磁性にも優れていて、耐久衝撃性もあり長期的に使えるでしょう。

ロレックスのテンプには、緩急針のないフリースプラング・テンプが採用されています。フリースプラングは、ヒゲゼンマイに直接触れるものがないので、摩擦による劣化防止に効果があります。振動子は、1秒につき8回の頻度で振動しているので、摩擦による劣化防止は、長期的に使用するために大切な役割を持つものです。また、ヒゲゼンマイに触れているものがないので、耐衝撃性に優れています。

オーバーコイル ヘアスプリングにより、完璧なバランスが実現しており、どのような向きでも高いクロノメーター精度を保っています。トラバーシング バランス ブリッジにより、振動子がしっかりと固定され、耐衝撃性が大きく高まりました。

・機能
中央に時針、分針、秒針、スモールセコンド(6時位置)が配置されています。1/8秒まで計測可能なクロノグラフ、積算計(30/3時位置と12時間/9時位置)を搭載し、秒針停止機能によって正確な時刻設定が可能です。

・振動子
常磁性ブルー、パラクロム・ヘアスプリングを使用しています。

ロレックスが常磁性合金から製造したブルーパラクロム・ヘアスプリングが備わり、キャリバーの等時性を保っているのです。振動子の振動は、1時間に28,800回のスピードです。振動子には高性能のパラフレックスショック・アブソーバが搭載されています。

・パワーリザーブ
Cal.4130の搭載により省スペース化が可能になったため、大きなメインスプリングを搭載し約72時間ものパワーリザーブを備えています。

・ブレスレット
オイスターブレスレットは、1930年代の後半に発表されたブレスレットです。堅牢で優れているブレスレットで、幅広の平らな3列のリンクで構成されています。オイスターコレクションの中では最も一般的なブレスレットです。オイスターパーペチュアルモテルでは、オイスタークラスプがオイスターブレスレットに採用されています。

・ブレスレット素材
合金のオイスタースチールは、貴金属に匹敵するほどの耐蝕性があります。美しい輝きを保ちつつ、長期間の使用が可能な素材です。

・クラスプ
オイスタークラスプは、ブレスレットを留めるための折り畳み式のバックルです。イージーリンク(5mmエクステンションリンク)を備えていて、操作性に優れたシンプルな構造です。セーフティキャッチ付のオイスターロックが採用されており、高い安全性と心地よい装着感を実現しています。

・ダイアル
ダイアルは時間や時刻に関する機能を、着用者に表示する大切な役割を持つものです。ダイアルにより、プロレーサーのドライバーはレースのタイムを正確に把握できるのです。中央のスイーブ運針によって1/8秒まで測定できます。2つのカウンターダイアルでは、時間経過を測定して表示します。

12時の位置にある、ロレックスの王冠マークは時計の顔となり、アワーマーカーは時計に豊かな個性を与えます。厳格な美的基準を満たし、視認性に関する条件をクリアしなければなりません。ロレックスのダイアルは、時計に光が差し込むと生命が吹き込まれたように美しく輝くのです。

・詳細
クロマライト ディスプレイ(青色発光の長時間継続ルミネッセンス)を採用しています。

ロレックスの夜光塗料は、初代のラジウムからさまざまな塗料に変更されながら、クロマライトへと至りました。主に針やインデックスに塗布されるもので、暗いところでも時間を分かりやすくするためのものです。クロマライトは、スーパールミノバを超える塗料として開発されました。約8時間もの長時間の暗所作業でも、視認性が確保されることが認められています。

・認定
ロレックスのクロノメーターは、スイス公認の協会に認定されています。クロノメーター検査協会(COSC)は、1973年に設立しスイス製のムーブメントの検査業務を行っています。厳しい基準をクリアしたものが認定を受け、「クロノメーター」は高精度であるムーブメントに与えられる称号です。ロレックスの新しい基準では、ケーシング後に検査を実施しており、COSCの基準よりさらに厳しい条件をクリアしています。その一例が、精度の項目で紹介した平均日差です。精度や持続時間、防水性などを最大限まで発揮するための検査で、厳しい条件によってロレックスの時計の品質が保証されます。


デイトナ116500LNのディテールの魅力とは?レビューも解説


デイトナ116500LNの一番の魅力は、セラクロムベゼル黒と言えます。デイトナ自体がレーサー仕様になっていてシンプルでスタイリッシュなデザインですが、セラクロムベゼルの登場によってさらにはっきりとした存在感のある印象になりました。

セラクロムベゼルは、2005年のGMTマスターII116718LNで初めて採用されました。

デイトナでは、メタルベゼルを採用しているモデルもありますが、セラクロムベゼルを採用しているモデルが、より人気を博しています。セラクロムベゼルは、セラミックにプラチナコーティングを施したもので、耐傷性に優れており紫外線による劣化にも強い素材です。また、耐蝕性にも優れていて耐金属アレルギー性も持ち合わせていることでも知られています。プラチナコーティングによって、高級感や光沢が備わり見た目も美しく仕上がりました。セラクロムベゼル1つを作るのに、約40時間を要すると言われており、ロレックスのこだわりが感じられます。

デイトナのブレスレットは、人間工学的に研究してデザインされており、フォルムと機能が融合した素晴らしい造りです。オイスタースチールは高い技術の加工と組み立てによって使用されていて耐傷性に優れています。堅牢性と信頼性に優れ、そのデザインとスチールの光沢のすべてがロレックスの時計の高級感を醸し出しています。ケースの厚みもブレスレットの厚みも薄く製造されています。着用感は「重量感はあるがブレスレットのつけ心地は良い」と感じる程度の重さです。「時計で時間を確認するとき以外は、着用していることを忘れる」と言われているほど、肌に良く馴染むつけ心地です。-リンクの連結部がなめらかな加工で、しなやかなブレスレットに完成しました。オイスタークラスプは堅牢な作りながら、操作は簡潔で使いやすくなっています。使い手の手首に的確に固定して快適な着用感を実現し、高い安全性を誇ります。簡単な調節機構が備わっており、5mmの延長が可能です。高い品質と精度が保証されていて、なおかつつけ心地にもこだわり抜いた時計です。


デイトナ116500LNの人気カラーは?ブラックとホワイト



デイトナ116500LNのカラーはブラックとホワイトの2つのカラーがあります。1つ前モデルの116520までは、ブラックの黒文字盤が人気でした。しかし、116500LNでセラクロムベゼルを採用したことにより、ホワイトの白文字盤の人気が急上昇する結果となりました。発売当初から白文字盤が注目されており、数年たった今も白文字盤の人気が衰えることはありません。

白文字盤と黒文字盤の定価は同じです。しかし、実勢相場は白文字盤が高値をキープしていることからも、人気があることがわかります。セラクロムベゼルの採用によって、白文字盤にメリハリができ今までにないデザインとなったことが人気の理由だと言えます。ホワイトダイアルの仕様変更では、インダイアルのサークル部分がシルバーからブラックに変更されました。これもまた、ホワイトの人気を押し上げる結果となりました。ブラックダイアルはオールブラックとして人気があり、ホワイトよりも価格が安いとして買いが集中している傾向があります。ホワイトとブラック共に人気があるモデルです。



デイトナ116500LNを購入する方法とステータス性



デイトナを定価で購入する方法は、ロレックスの正規店での購入です。しかしデイトナ116500LNは大人気モデルのため、店頭に在庫があることはほとんどなく購入が困難となっています。商品が入荷するタイミングに合わないと購入は難しく、数百回お店に通っても買えない場合もあります。

もう1つの購入方法は、中古時計専門店などで購入する方法です。こちらは中古品でも価格が高騰しているので、商品の状態にもよりますが価格相場の約400万円台からの購入となります。また新品の流通量は激減しているため、新品の入手は高価かつ困難ですが、正規店での購入よりもデイトナ116500LNを購入できる確率は高いと言えるでしょう。

ロレックスの時計は、身に付けるだけで自信のステータスを示すツールです。腕時計は、身に付けている人がどのような人物かを知るための、1つのツールとして利用されることがしばしばあります。質の良い時計を身に付けることで、腕時計の価値に見合った能力やステータスをもっている人物だと印象付けられます。収入面や社会的地位の面でも相手に安心感を与え、第一印象でポジティブな印象を受けやすい効果が期待できるでしょう。また海外に行くことが多い人には特におすすめです。海外では腕時計などのステータスシンボルによって、身分のしっかりした人とみなされ待遇が変わってくることがあります。デイトナ116500LNはその人気から認知度が高く、ステータス性も優れています。また人気が高いので話題のきっかけになることも多く、人間関係を気づくためのコミュニケーションツールとしての役割も果たします。



デイトナ116500LNの現在の相場と今後の予想



ブラックの相場は430万円台からです。ブラックの価格相場の推移は2017年から徐々に上がり続け2020年の価格相場が約265万円です。そこからまた急激に上がり、2021年の価格相場が約346万円台で現在の相場が約430万円であることからも、価格が高騰し続けていることがわかります。ホワイトの相場は約480万円台からです。2017年から徐々に上がり続け2020年の価格相場は約293万円です。そこからまた急激に上がり、2021年の価格相場が約398万円となり、ブラックを50万円ほど引き離しました。現在の価格相場が約480万円であり、ホワイトも価格が高騰し続けています。

デイトナ116500LNモデルはプレミア価格を更新し続けています。ブラックの相場は定価の2.7倍、ホワイトの相場は定価の3倍以上となりました。新品平行相場も上がり、2019年にはブラックが約290万円、ホワイトが約300万円超えと驚異の価格を記録しています。新型コロナウイルスの影響を受け、流通量減少や生産終了の噂が出回ったためさらに価格相場は高騰し、現在の新品平行相場はブラックが約460万円台、ホワイトが約490万円台と400万円を大きく上回る価格となりました。この資産価値の高さも魅力の1つです。2023年にデイトナ50周年を迎えるにあたり、新商品の発表が期待されるため、現在でも現行デイトナの購買行動は高まっています。

ロレックス116500LNのあまりの人気に、正規店で購入して時計買い取り店へ持ち込むといった「ロレックス投資」まで行われるようになりました。そのため、ロレックスは2019年から転売対策を行いました。おこなった転売対策は次の通りです。

・販売時にお店で保護シールを剥がす
・販売時にブレスレットの調整をおこなう
・人気モデルの販売時には身分証明書の提示、同一人物に対して同一型番は5年以内の購入を不可にする

転売対策をおこなったことにより、一度購入した商品は新品ではなく未使用品扱いになります。その結果、新品の流通量は激減し新品相場がさらに上昇する結果となりました。また新型コロナウイルスによる生産量の減少も、市場に大きな影響を与えました。流通量が減少しても、中古時計専門店では116500LNモデルは人気商品のため、必ず在庫を仕入れておきたい商品です。そのため買取り価格は上昇し、価格相場は上昇し続けることが予想されます。ロレックスの時計は資産価値が高く、値崩れしにくいために新品と中古の価格差が少ないといった現象が起こります。

まとめ

今回はデイトナの現行モデル116500LNについて紹介しました。

・どのような時計か
・テクニカルの詳細

・ディテールの魅力とは?レビューも解説
・人気カラーは?ブラックとホワイト
・購入する方法とステータス性
・現在の相場と今後の予想

デイトナ116500LNについて深掘りし、ロレックスの中でも高い人気を誇る理由を紹介しました。デイトナ116500LNはセラクロムベゼルによって人気を博している現行モデルです。精度や着用感、耐蝕性耐傷性などすべてにおいて高品質が保証され、長期の使用が可能なスペックと高いデザイン性を兼ね備えた素晴らしい時計です。時計の性能も良く、使い勝手やステータス、資産価値をすべて持ち合わせています。今後も資産価値は上がっていくと予測され購入はなかなか困難を極めますが、116500LNに出会えた際にはぜひ購入していただきたいモデルです。

ロレックス買取ページはこちら

デイトナ買取ページはこちら

GMTマスター買取ページはこちら

その他のロレックス
コラム記事

ロレックス買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す