1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド時計のお役立ちコラム
  4. ロレックスの
    入門機におすすめ出来る
    定番モデルデイトジャスト

ロレックスの
入門機におすすめ出来る
定番モデルデイトジャスト

ロレックスの入門機におすすめなのは、デイトジャスト36の126200モデルです。購入しやすい価格と薄型のケースで、場所や使用用途のTPOを選びません。シンプルで洗練された清潔感のあるクリーンなモデルなので、フォーマルにもカジュアルにも対応する、使い勝手の良さも魅力的です。

デイトジャストのメリット

ロレックスのデイトジャスト36の126200は入門機におすすめです。理由は普通に見えることがポイントで、クリーンでニュートラルなデザインはフォーマルでもカジュアルでも場所を選ばないので、自然と装着頻度が高くなって愛用しやすくなります。
36ミリサイズは腕の小さな男性でも装着しやすいサイズであり、40ミリオーバーのダイバーズウォッチなどのダイナミックさはないものの、日常の実用性では上かもしれません。軽量なので腕への負担も少ないですし、ケースの厚みが薄型なのでシャツやスーツの邪魔になりにくいのがメリットです。普通であることが最高の使い勝手を提供してくれます。
ベーシックなモデルであり意外に人気が高く、侮れない中古市場価格相場を形成しているのも嬉しいメリットです。入門機と購入してロレックスの魅力を味わって、そのまま使ってもいいですし、下取りに出して別のモデルを購入してもいいのかもしれません。資産価値が堅調なことは、ロレックスのデイトジャスト36の126200の利点の一つです。
36ミリサイズのフェイスは小さく感じるかもしれませんが、パイロットウォッチやダイバーズウォッチ、クロノグラフなどの特殊な用途以外ならば実用的なサイズ感です。メンズモデルとしては小振りなのは、現代のトレンド感からは間違いありません。しかしバブルバック時代などのロレックスは30ミリサイズが基本でした。時計のフェイスが大きくなったのは、1980年代以降のことなのです。
ロレックスだけではなく近年の腕時計は大型化をしておりますが、ナローモデルも同時に人気になります。大型モデルの方が内蔵する機械式ムーブメントや耐衝撃機能や対磁性能が上げやすいことは事実ですが、ロレックスの技術力によって36ミリサイズの薄型ケースでも遜色ない性能を持っているのです。
小型の36ミリケースとオイスターブレスレット、サイクロップレンズなど基本に忠実なロレックスのデイトジャスト36の126200は、この取り回しの良さや小振りなサイズがむしろメリットになります。休日はダイバーズウォッチを好んで装着する人が、セカンドロレックスに選ぶことも少なくありません。普通だからこそバランスが良く、ロレックス初心者から上級者まで期待に応えるのがロレックスのデイトジャスト36の126200なのです。

ロレックスのデイトジャストの
隠れた魅力

ロレックスのデイトジャスト36の126200は、オイスタースチールで36ミリサイズのケースを構成する人気の定番商品です。ポリッシュとヘアラインのコンビになっており、ドームベゼルにオイスターブレスレットなのでエクスプローラー系との共通点も多くなっております。
ドレス系のラインに設定されておりますが、そのシンプルな形状やロングパワーリザーブと搭載し70時間駆動のスペックなど、スポーツラインに匹敵する基本性能が嬉しいポイントです。ダイヤモンドベゼルやゴールド系など、高価格帯のモデルもありますがプレーンでソリッドなモデルならば100万円弱で購入出来ることも見逃せません。また少し大きめの41ミリサイズサイズも展開しているので、腕が大きめの人はこちらのモデルを検討してみてもいいでしょう。
機械式ムーブメントには定評があるCal.3235を搭載しております。2015年に発表されたモデルで、自社製ムーブメントとして10個以上の特許を持つ名品キャリバーです。加工技術や精度の向上により、脱進機のロスを減らし新設計の香箱は内部を薄くしてクリアランスを増加させ、ゼンマイを大型化することに成功しました。その結果パワーリザーブの駆動時間もアップしたのです。
デイト機能は日付が変わる午後8時付近から、日付が変わった午前4時までは竜頭の操作は厳禁になります。これはデイトジャストでも同様です。しかしCal.3235はカレンダー禁止時間帯がないと言われているモデルです。心配になるかもしれませんが、禁止時間帯の竜頭操作でも故障の原因にはならないとアナウンスされております。薄型ですが耐磁力性能や耐久性もあり、キャリバーを含めてロレックスのデイトジャストは隠れたメリットが沢山あるのです。
クロノグラフや名品と言われているスポーツモデルに、憧れを抱く気持ちは分かります。しかし自分のTPOなどを考えた上で、ロレックスのデイトジャストのことを詳しく知れば実は魅力的なモデルであることも理解してもらえるのです。スポーツ系のロレックスはシャープでストイックで、武骨な美しさを持っております。ロレックスのデイトジャストは、そうした構成モデルを選ぶことも出来ますが、ダイヤルの展開も複数あるのでバリエーションを楽しむことが出来ることも見逃せないポイントです。

ロレックスを選ぶポイント

ロレックスを直営店へ購入しに行っても、現在は全般的に人気があり市場在庫は枯渇しております。運が良ければ店頭でお目当てのモデルと出会えることもありますが、可能性としては残念ながら高くはありません。現実的にはデイトナやGMTマスターやサブマリーナなど、高い人気のあるモデルではなく、ロレックスのデイトジャストなどを選択肢に加えてもいいのかもしれません。
以前ならばエクスプローラー系のモデルも、デイトジャストと同じ立ち位置でした。人気はあるものの市場在庫は豊富で、シンプルなロレックスの良さを体現しているモデルなので、一本目に購入する人は少なくなかったのです。しかし現在はエクスプローラー系も、サブマリーナやデイトナに負けないぐらい人気になっており、直営店で販売が行われると争奪戦になっております。二次流通市場でもプレミアが付いており、2倍から3倍などの相場で取引きが行われているのです。もしかしたらデイトジャストも将来、エクスプローラーのようなプレミア化が起こるかもしれません。現在は比較的に購入しやすいので、今が入手チャンスなのです。
ロレックスのデイトジャストはバリエーションの多いモデルになります。定番のオイスターブレスレットとジュビリーブレスレットの選択、構成する金属素材も数種類あり、ダイヤルなどを含めて考えると20種類以上のバリエーションが選択肢になるのです。ゴールドやダイヤ入りベゼルなどのラグジュアリーラインは入門機から外すとしても、それでも悩むぐらいのバージョンがあります。こうしてバリエーションが多いのは、同じく人気モデルであるヨットマスターなどと同様です。
ロレックスのデイトジャストには2021年に、パームモチーフダイヤルが追加されました。植物のヤシをモチーフに幾何学的なデザインにアレンジしたダイヤルです。アロハシャツのようでもあり、騙し絵的でもあり、個性的なダイヤルになります。
他にもシルバーやブラックやホワイトやブルーのダイヤル、バーインデックスやローマンフォントなどを選択可能です。そしてフルーテッドベゼルとスムースベゼルまでチョイスが可能なので、必然的にモデルバリエーションはシリーズの中でも屈指になります。入門機として最もシンプルでプレーンなモデルが経済的ですが、ロレックスの場合は出会いも大切なのでタイミングで予算が許せばワンランク上の価格帯を狙ってもいいかもしれません。

ロレックスのデイトジャスト
36の相場

ロレックスのデイトジャスト36はエントリークラスの入門機になります。しかしシリーズ屈指のバリエーションモデルを擁しているために、上位モデルはミドル価格の価格設定になっていることも特徴の一つです。ロレックスはモデル名では判断出来ない変化が、各パーツの組み合わせや素材によって起こります。
ロレックスのデイトジャストは、シンプルなモデルも二次流通価格は美品ならば超えています。エクスプローラやサブマリーナみたいな、極端なプレミア化はないものの定価は上回っているのが相場価格です。買取価格の提示は約10万から20万円程度高額になり、市場価格は30%から40%程度高価になるケースになります。リセールとしては十分であり、購入して1年や2年大切に使用してUSEDになっても、定価付近では買取ってもらえる確率が高いです。資産価値としては十分狙い目のモデルになります。
人気のカラーは2021年の新作フルーテッドモチーフや、ミントグリーン系です。こちらのモデルならば相場は10万円程度は上昇します。スポーツ系のように定番カラーが高値になるのではなく、こうした新作や特定のカラーが人気になるのはドレス系の相場の側面かもしれません。その一方で組み合わせによっては薄型のエクスプローラのような仕様も選べるので、小型サイズの旧型のエクスプローラーが好きな人は現行のデイトジャスト36を購入の選択しにしている場合もあります。バーインデックスにしてソリッドな素材を選び、ダイヤルをブラックなど暗めの色を選ぶ革新的な組み合わせも、だから根強い人気があるのです。
デイトジャストには36モデルや41モデルがあります。イージーリンク搭載のオイスターベルト、小振りなケースサイズがマッチングして、装着感に優れていることもメリットです。ロレックスの評価を希少性や宝飾的な装飾性、プレミアムモデルなど選択することも一つの評価基準になります。デイトジャストのように普遍的で、ロレックスの持つ標準機能を持っており、価格帯も抑え気味ということも十分に評価に値するのです。入門機でありながらシーンを選ばずに、コンパクトで取り回しのしやすさなど、派手さはありませんがロレックスの良心に触れることが出来る定番の名シリーズがデイジャストになります。

ロレックスデイトジャスト36
を高く査定してもらうコツ

高級ブランドの時計全般に言えることですが、傷や曇りがないこと二次流通市場では高く評価されます。逆に外観のリペアを行い不自然であったり、ブレスレットが伸びているなど乱雑に扱われたり、リペアなどの手が入っていることは敬遠されます。不自然なリペアがしてあるぐらいならば、ケースやブレスレットに若干の傷があった方が評価されるのです。
もちろん使用感や傷がなければそれが一番になります。購入後にケースに収納されていたデッドストックや、室内保管で外には持ち出さずに大切にされていたモデルなど、コレクターからの放出品は高値になるケースが少なくありません。コンディションだけではなく来歴だって、立派なリセールバリューのプラスポイントになるのです。
また購入店などの情報がある場合も、査定的にはプラスになります。有名店などや国内正規店などが評価ポイントとしてはプラスです。これはメンテナンスが現在のところは、並行でも国内正規でも変わりませんが、他の時計ブランドのように価格差が設定されることが今後起こることも予想されていることが要因になります。
ロレックスを高く買取査定してもらうには、箱やマニュアルや収納袋などが全て揃っている完品状態であることも必要な条件です。付属品一式という言葉を二次流通市場の説明で見たことがある人も少なくないでしょうが、購入者がその後に手放す時にも、付属品があった方が高額で手放せるなどのメリットが少なくありません。だからこそ付属品は全て揃っていることが、高く査定してもらうポイントなのです。
時計のコンディションを保つためには、激しいスポーツや物理的な作業では外すのが当たり前のことですが重要になります。外す時には柔らかいクッションや布などを用意しておき、転がって落下しないように気を付けましょう。置き場所を決めておけば紛失するリスクもありません。ポケットに入れておいたり、外してテーブルの上に置くなど行動に一貫がないと、傷が付くこと以上に置き忘れてきてしまう心配があります。
温泉に行って着替えて入浴後にマッサージ機で休憩した際に、置いてきてしまうことだってあるのです。ロレックスを買取査定してもらう時には、事前の予想見積もりを複数社に依頼することがおすすめになります。現在は実店舗だけではなく、WEBの買取りサービスなどもあるので見積査定だけでも興味があれば依頼してみることもいいかもしれません。

まとめ

デイトジャスト36は長い歴史を持つシリーズで、このモデルは2019年にCal.3235を搭載してリリースされました。基本性能が高くお求めやすい価格設定が魅力です。入門機から機械式時計の上級者までカバーする魅力があり、実際に二本目三本目のロレックスとして選択する愛用者も少なくありません。

デイトジャスト買取ページはこちら

ロレックス買取ページはこちら

その他のブランド時計
コラム記事

ブランド時計買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す