ロレックスの正規ブレスレットを交換!自分だけのオンリーワンを作る!

NEW
ロレックスの正規ブレスレットを交換!自分だけのオンリーワンを作る!

ロレックスの愛好家や高級時計ユーザーなどは、ブレスレット交換をしたいなど興味を持っているケースは多いといるでしょう。こちらでは、正規ブレスレットを交換してオンリーワンにする魅力や、カスタマイズを依頼するときに専門店を利用することなど、役立つ情報をご紹介していますので参考にされることをおすすめします。

ブレスレット交換で自分だけのオンリーワンに

最近は、腕時計をする人は少ないけれども、つい腕を見て時間を調べようなどの動作をする人も多いようです。腕時計は時間を調べるときに使う道具としてだけでなく、ファッション性もあるアイテムです。そのため、腕時計はファッションの一部であり、同じ腕時計を利用している場合でもブレスレットの交換一つで全く違った印象に変えることもできます。ブレスレット交換ができるのであれば、スーツやワンピースなど洋服のスタイルに合わせて変化を楽しむこともできます。また、今まで同じ時計を使っていてそろそろ飽きたので別のものに変えようといったときにも、交換だけでリニューアルの効果が期待できます。

ロレックスは人気ブランドの一つですから、電車の中などで同じモデルの腕時計をしている人と遭遇する可能性も出てきます。その点、ブレスレットを変えるとオンリーワンアイテムに様変わりしますので、本体は同じでも全く違ったスタイルにできる魅力は大きいといえましょう。

 

ロレックスのブレスレットのカスタマイズは時計屋へ依頼しよう

ブレスレットのカスタマイズは、自ら行うこともできます。この場合は、バネ棒外しと呼ばれる工具が必須です。バネ棒外しは交換するブレスレットに付属していることもありますが、無い場合には別途購入する必要があります。ミニドライバーを使って行うこともできますが、ドライバーの先端などで時計に傷をつけてしまうこともあるので避けた方が無難です。

時計のブレスレットの付け根は、時計の製造年度により2種類のタイプが存在していて、時計の側面に穴がある場合はI型、穴がない場合はY型などバネ棒外しを使い分けします。時計は長期間使い続けていると、ブレスレットの付け根などに汚れが蓄積され、外したときに汚れが目立つことも少なくありません。きれいに掃除をしたいけれどもなかなか落とせずに諦めてしまうなどのケースもありますが、時計屋さんにブレスレットのカスタマイズをお願いすれば、汚れもきれいに掃除してくれる上、自分でバネ棒外しを使って交換するよりも安心してできるメリットもあるなどおすすめです。

 

ロレックスの正規ブレスレットに合うカスタマイズとは

ロレックスの交換そのものは専門店への依頼が安心に繋がるわけですが、お店は交換したいブレスレットを差し出せば短時間で交換対応を行ってくれるけれども、持ち込んだブレスレットと本体のデザインがマッチするのか否かまではアドバイスして貰えるケースは少なめです。そのため、正規ブレスレットにマッチするカスタマイズそのものは自らが考える必要があるわけです。組み合わせを間違えるとせっかくの高級腕時計が台無しになってしまうなど悲劇が起きることもあります。

ブレスレットのカラーは、黒やグレー、枯草色など比較的落ち着いたものを選ぶのがおすすめです。このような色合いのブレスレットであればビジネススーツを着用しているときでも違和感もありませんし、どのような時計にもマッチします。少し色にこだわりたい人は、文字盤やベゼル、秒針などロレックスが使用している色と同じものを選ぶと見栄えも良くなりおすすめです。夏場は汗をかく季節ですから、ラバー(ゴム素材)を選択すると快適です。

 

まとめ

ロレックスは人気を持つ時計ブランドで、モデルは色々あるけれども同じものを付けている人と遭遇する可能性も高めです。ブレスレットを交換することで同じロレックスでも見た目ががらりと変化する、スーツなどに合わせてコーディネートすればオシャレさをアピールできる魅力もあります。交換はバネ棒外しがあれば自ら行うこともできますが、時計への傷が心配な人などは時計屋さんにお願いするのがおすすめです。時計屋さんに依頼すると、ブレスレットを交換するついでにクリーニングも行って貰えることも少なくありません。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る