イエローゴールドの特徴は?選ぶメリットやアクセサリーの種類を紹介

NEW
イエローゴールドの特徴は?選ぶメリットやアクセサリーの種類を紹介

ゴールド素材のアクセサリーが欲しい人も多いと思います。ゴールド素材の中でも、特に日本人の肌になじみやすいとのメリットをもっているのがイエローゴールドです。

ここではイエローゴールドの特徴や種類、選ぶことで得られるメリットまでを解説します。ゴールド素材のアクセサリーを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

イエローゴールドとは?

イエローゴールドという名前は聞いたことがあるけれど、どんな素材なのかがよくわからない方も多いでしょう。まずはどんな特徴があるかを知ることで、アクセサリー選びがスムーズに進みます。

ここでは、イエローゴールドの特徴と種類について解説します。

イエローゴールドの特徴

イエローゴールドは、黄色みの強いカラーゴールドの一種です。金は金そのものだけでなく、銀や銅などを混ぜ合わせることで色味に変化が生じます。イエローのほかにピンクやホワイトがあり、同じゴールドでありながらも色味がまったく異なるのです。

色味がまったく変わるため、アクセサリーとしての見た目も違います。ゴールド別にさまざまなジュエリーが展開されているため、好みの色味を見つけることがおすすめです。実際に手に取って身につけることで、自分に似合うゴールドが見つかるでしょう。

イエローゴールドの種類

イエローゴールドには、K10やK18などの種類があります。この数字は、金の割合を表します。もっとも多く金が含まれるのはK24で、24はほかの素材が含まれていない純粋な金です。種類の中でももっとも、黄色みが強いといえます。

数字がもっとも低いのはK10です。K10には銀や銅が多く含まれているため、黄色みが少し薄れるもののリーズナブルな価格がメリットです。数字が低いほど価格設定も安くなるため、色味を重視するかコストを重視するかによって種類を選ぶといいでしょう。

 

イエローゴールドのメリットは?

イエローゴールドにはさまざまな特徴がありますが、選ぶことでどんなメリットを得られるのでしょうか。ここでは、イエローゴールドのメリットについて解説します。自分が求めるメリットがあるかをチェックしてみてください。

強度が高いため日常使いに最適

イエローゴールドは、強度が高いため日常使いのアクセサリー素材として最適です。金はもともと強度に弱い素材ですが、銀や銅を含ませることで強度を高められます。変質しにくいため、毎日身につける結婚指輪の素材としてもおすすめです。

イエローゴールドのアクセサリーはピアスやネックレスなど、種類が豊富です。強度が強ければ毎日身につけても破損の恐れがないため、気にせずおしゃれを楽しめます。軟らかい布でお手入れをしておけば変色の心配もありません。手軽なホームケアをおこなうだけで、美しい色合いとデザインを長く維持できます。

日本人の肌になじみやすい色合い

イエローゴールドは、日本人の肌になじみやすい色合いも特徴です。日本人は黄色みのある肌質の方が多く、黄色みの強いイエローゴールドがなじみやすいのです。色白な人にはピンクゴールドなども映えますが、黄色みの強い肌や小麦肌にはイエローゴールドがよく似合うでしょう。

イエローゴールドは多くの肌色に合う、オールマイティーの素材です。身につけることでエレガントな雰囲気や明るい印象を演出できるため、幅広い世代におすすめできます。種類によって価格帯もさまざまなため、予算に合わせて選べることもメリットだといえるでしょう。

 

まとめ

イエローゴールドはK10~K24までの種類がある、黄色みの強いカラーゴールドです。強度が強く変質しにくいため、日常使いのアクセサリー素材としておすすめです。イエローゴールドを使ったアクセサリーの種類も豊富なため、お気に入りのアクセサリーを毎日身につけたい人はイエローゴールドを選ぶといいでしょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る