イエローゴールドとは?お手入れ方法やアレルギーの可能性を徹底解説

NEW
イエローゴールドとは?お手入れ方法やアレルギーの可能性を徹底解説

イエローゴールドのアクセサリーが欲しいけれど、メンテナンス方法やアレルギーの有無が気になると悩んでいませんか?お手入れができなければ長く保つことができませんし、アレルギー持ちの方は、アレルギーによって身に付けられなくなるのでは……と不安に思ってしまうのではないでしょうか。

ここでは、イエローゴールドの詳細と自宅でのお手入れ方法、金属アレルギーの可能性まで徹底解説します。イエローゴールドが持つ意味や似合う人についてもご紹介しましょう。

大人女性に人気のイエローゴールドとは?

金にはカラーゴールドという物があり、その中にイエローゴールドやピンクゴールドなどの複数の種類があります。ゴールドによって金属割合や見た目が異なるため、好みのカラーゴールドを選ぶことが大切です。

ここでは、イエローゴールドの定義と金属割合、ほかの貴金属との違いについて解説しますので参考になさってください。

イエローゴールドの定義

イエローゴールドはカラーゴールドの一種で、金に銀や銅を混ぜ合わせた合金です。金はそのままでも美しいというメリットを持つ反面、強度が弱いというデメリットがあります。そのままアクセサリーにしてしまうと、強度の弱い装飾品となるため、すぐに壊れる可能性が高いです。

金に銀や銅を混ぜ合わせることで強度を補強することができます。銀や銅の配分量によって色味が変わり、金の割合が多ければ多いほど、純金と同じ輝きを持つ色味になるのです。

 

イエローゴールドの金属割合

イエローゴールドにはK10~24までの種類があり、数字が低いほど金の割合が少なく、24は金が100%配合されています。それぞれの金属割合は以下です。

 

  • K10:金42%、銀と銅を29%ずつ配合
  • K14:金58%、銀と銅を16%ずつ配合
  • K18:金75%、銀と銅を12.5%ずつ配合
  • K24:金を100%配合

 

K10は最も金の割合が少ないため、カラーゴールドの中でも比較的安く販売されています。数値が上がる毎に金額は高くなってしまいますが、金独特の美しい黄色みもより強くなります。

K24は強度がさほど強くないため、アクセサリーには不向きです。しかしK24を使ったジュエリーもいくつかあり、その価値は非常に高いとされています。

 

他のゴールドとの違い

カラーゴールドには複数の種類があり、イエローゴールド同様に人気となっているのがピンクゴールドです。ピンクゴールドはイエローゴールドに比べて銅の割合が多い、女性的な色味が美しい金です。

ピンクゴールドのほかにも、ホワイトゴールドがあります。ホワイトゴールドは、プラチナの代替品として誕生したゴールドです。優しい色合いが特徴のため、イエローやピンクとは異なる魅力を持ちます。

カラーゴールドは、カラーによって色味が大きく異なります。ジュエリーの印象が変わるため、どのカラーが自分に似合うかを確認することがおすすめです。

 

イエローゴールドとプラチナの違い

アクセサリーを選ぶときに、イエローゴールドとプラチナで悩まれた方も多いかと思います。プラチナはレアメタルの一種で、白く輝く美しさが特徴です。

イエローゴールドとプラチナは、素材が異なります。また、イエローゴールドは黄色みが強い貴金属であるのに対し、プラチナは白さが特徴の貴金属です。見た目が随分と異なるため、どちらも現物を実際に見ておくことをおすすめします。身に着けてみて、自分に似合う方を選択すると良いでしょう。

また、イエローゴールドとプラチナには価格の違いもあります。イエローゴールドはゴールドの中でも比較的リーズナブルな価格で手に入れられる金です。プラチナは以前に比べると安く購入できるようになりましたが、特殊な加工技術が必要なため、プラチナジュエリーは割高です。選ぶときは、双方の費用相場にも注目しましょう。

 

イエローゴールドのメンテナンスは自分でできる?

イエローゴールドは輝く黄色が特徴です。しかし、頻繁に身に着けることで色がくすみ、輝きが失われてしまいます。本来の美しさを取り戻すには、日々のお手入れが大切です。

ここでは、イエローゴールドのお手入れ方法について詳しくご紹介します。

自宅でのメンテナンス方法

自宅でイエローゴールドをお手入れするときは、軟らかい布で軽く拭きあげましょう。布は18金専用のクロスや、セーム革がおすすめです。いずれも宝飾店にて購入できるため、ジュエリー購入時に一緒に買っておきましょう。

多少の汚れは布で拭きあげることで落ちます。布で落ちない汚れに関しては、中性洗剤で落としていくと良いでしょう。水で薄めた中性洗剤を布に染み込ませ、汚れを軽く拭いてください。中性洗剤をそのまま使うと、色味が落ちてしまう恐れがあります。原液のまま使わないよう注意しておきましょう。

 

磨きすぎに注意が必要

汚れがなかなか落ちない場合、強く擦ってしまうかと思います。強く擦ることで落ちる汚れや細かな傷もありますが、イエローゴールドの黄色が変色する恐れがあるので注意が必要です。また、これまでになかった新たな傷ができてしまう可能性もあるため、強く擦らず、優しく拭きあげましょう。

まずはクロスで軽く拭いてみて、落ちなければ中性洗剤を使います。それでも落ちない場合は、無理に落とさず宝飾店に持ち込むと良いでしょう。

 

こまかな傷はクロスで拭き取り

ジュエリーにこまかな傷が付いても、貴金属用のクロスで拭けばきれいになります。貴金属用のクロスは市販でも販売されていますし、宝飾店で購入することも可能です。お手入れ用として、1枚用意しておきましょう。

ただし、装飾が施されているジュエリーにはおすすめできません。クロスで拭くことで装飾部分が削れてしまい、ジュエリーデザインが大幅に変わってしまう可能性があるからです。

装飾が施されているジュエリーの傷は、自身でリペアせず、宝飾店に持っていきましょう。装飾部分はそのままで、こまかな傷を直してくれます。

 

保管はアクセサリー別におこなう

きれいにお手入れしたアクセサリーは、個々に保管しておきましょう。K24は金が100%含まれているため、そのまま保管しておいても状態に変化はありません。しかし、K1018は銀や銅が含まれており、銀や銅は空気中の水分などに触れることで変質・変色する恐れがあるので注意しましょう。

水分で変質・変色するため、汗によってもゴールドがくすんでしまいます。イエローゴールドの色味を長く保ちたいのであれば、装着毎にクロスで拭きあげておくことが大切です。汚れをしっかり取っておくことで、良い状態のまま保てるでしょう。

保管するときは、アクセサリー別にジッパー付きの袋に入れておいてください。ジッパーをしっかり閉めておけば、イエローゴールドが空気に触れることもありません。

 

宝飾店に持ち込むことがおすすめのケース

自宅でのお手入れでは落ちない汚れや、消えない傷が付いてしまった場合は、宝飾店に持っていきましょう。宝飾店ではジュエリーのリペアをおこなっています。プロにお任せすることで、新品同様の状態にまで補修してもらえるでしょう。

特に汚れも傷もなく、自宅での手入れで間に合っているという方も、半年~1年に一度のペースで宝飾店に持っていくことをおすすめします。気付かない間に傷が付いている恐れもあるため、点検をしてもらいましょう。

 

イエローゴールドで金属アレルギーになる可能性は?

イエローゴールドを身に付けたいけれど、金属アレルギーの心配があるという方も多いとのではないでしょうか。ここでは、金属アレルギーの詳細とイエローゴールドでアレルギーが起きる可能性はあるのかを解説します。

 

金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは、金属を肌に付けることで、アレルギー反応が起きる症状を言います。金属から溶け出した金属イオンは、体内のたんぱく質と結合し、新たなたんぱく質に変化します。新たなたんぱく質は体にとっては異物です。そこでアレルギー反応が起こり、皮膚にさまざまな症状が現れます。

アレルギー反応には、赤み・かゆみ・湿疹などの症状があります。特定の素材を肌に付けることで、肌に何らかの異常が出る場合は、金属アレルギーかもしれません。

 

イエローゴールドでもアレルギーの可能性が

イエローゴールドは金のため、アレルギーが出にくい素材です。金同様に、プラチナもアレルギーが出にくい素材とされていますが、アレルギー反応が出ない可能性はゼロではありません。

イエローゴールドには金以外に、銀や銅が含まれていて、それらの素材によってアレルギー反応が起きる可能性もあります。K10など、銀や銅の割合が多い場合はアレルギー反応が出る可能性も高くなるため、注意が必要です。

K18は銀や銅の割合も少ないですが、数少ない素材からアレルギー反応が出る可能性もあります。どの種類にしても、肌に異常が出た場合はすぐに肌から離しましょう。

 

金属アレルギーの検査を受けておく

イエローゴールドを身に着けて肌に赤みや湿疹が出た場合は、装着をやめて検査を受けることがおすすめです。アレルギーは突然出ることも多くあります。大人になってから発症するケースも多いため、検査でアレルギーかどうかを確認しておきましょう。

アレルギー検査は病院にておこなえます。予約が必要なため、検査前に予約をしておきましょう。予約時に金属アレルギーの検査を希望する旨を伝えておいてください。

 

金属アレルギーの対処法について

金属アレルギーの方は、対処法を実践することでイエローゴールドなどの貴金属を身に付けられます。対処法にはいくつかあるため、実践しやすい方法を試してみましょう。

対処法の一つ目は、コーティング剤の使用です。金属アレルギーを防ぐためのコーティング剤が販売されており、ジュエリーをコーティングすることでアレルギー症状が起きにくくなります。毎日身に着ける場合はコーティング剤も早く取れてしまうため、12週間をめどに塗りなおしましょう。汗をかくことでコーティング剤も取れてしまうため、暑い時期は着用のたびに塗っておくことがおすすめです。

対処法の二つ目は、できるだけ肌に触れないようにすることです。指輪は肌に直に触れてしまうため、コーティング剤の使用をおすすめします。ネックレスやピアスは工夫次第で、コーティング剤なしで身に付けられます。ネックレスは首元に貴金属があたるため、チェーン部分をほかの素材に変えましょう。トップ部分が肌に触れないよう、チェーンが長めの物を選ぶことがおすすめです。

ピアスはシャフト部分を、ほかの素材に変えてください。ピアス全体がイエローゴールドであれば、ピアスカバーを使いましょう。カバーをモチーフとキャッチの間に挟むように付けることで、ピアスが耳に付着しません。

対処法を実践することで金属アレルギーは起こりにくくなります。しかし、アレルギー症状が出ない可能性はゼロではありません。症状が出た場合はアクセサリーを外し、ほかの対処法を実践してみましょう。

 

イエローゴールドはどんな人に似合う?

ゴールドにはイエローやピングなどの種類があるほか、貴金属には色味が異なるシルバーなどもあります。イエローゴールドのアクセサリーを身に付けたいけれど、自分に似合うのかわからない……とお悩みの方もいるでしょう。

ここでは、イエローゴールドの色味はどんな人に似合うのかをご紹介します。またイエローゴールドが使われているアクセサリーの種類もお教えします。

 

どんな肌色にもぴったり

イエローゴールドは、どんな肌にもぴったりの貴金属です。色白肌に合わせれば金の美しさが引き立ち、黄色みがかったオークル肌に合わせれば、アクセサリーが良く映えます。また、小麦色の肌にもイエローゴールドが良く馴染むため、イエローゴールドは万能な金属だといえるでしょう。

イエローゴールドのアクセサリーを選ぶときは、色味よりデザインを重視すると良いでしょう。デザインによって、その人の印象が随分と変わります。イエローゴールドは明るさやかわいらしさを演出できるため、自身の魅力を引き立たせるデザインを選んでください。

 

色白肌にはピンクゴールド

色白肌には、イエローゴールドだけでなく、ピンクゴールドもおすすめです。ピンクゴールドは大人っぽさやエレガントさを演出できます。色味が強い物は白い肌によく映えるため、アクセサリーの魅力を最大限に引き出せるでしょう。

黄色味がかった肌や、小麦肌にはピンクゴールドはNGです。肌の色味が強いと、ピンクゴールドの良さを引き立たせることができません。アクセサリー自体が目立ちにくくなるため、魅力も半減してしまうのです。

肌質によってぴったりの色味が異なるため、自分に似合うカラーを見つけてください。

 

大人っぽさを求める方にはコンビデザイン

イエローゴールドのアクセサリーは色味が明るいため、明るさやかわいらしさを演出できます。単体では大人っぽさは演出できませんが、イエローゴールド×プラチナやイエローゴールド×ホワイトゴールドなどのコンビデザインのアクセサリーで印象を変えることが可能です。

コンビデザインは、2つ以上の金属モチーフを掛け合わせた物を言います。黄色のモチーフに白を加えることで、大人っぽい印象を与えてくれます。好みの雰囲気によって、イエローゴールド単体か、コンビデザインかを選ぶと良いでしょう。

 

イエローゴールドが使われているアクセサリー

イエローゴールドが使われているアクセサリーには、以下の物があります。

 

  • 指輪
  • ネックレス
  • ピアス
  • イヤリング
  • イヤーカフ
  • ブレスレット
  • アンクレット

 

アクセサリーの種類が非常に豊富なため、好みの物を選べます。種類別にさまざまなデザインが用意されていることもポイントです。かわいらしさを演出できる物から、エレガントな印象の物まで幅広く用意されています。

指輪や日常使いに使える物から、婚約指輪や結婚指輪まで揃っています。装飾がほとんどない物は、ゴールドの美しさが際立つため日常使いや結婚指輪として最適です。特殊な加工が施されたデザインや宝石が埋め込まれた物は、特別な婚約指輪にぴったりでしょう。

 

イエローゴールドが持つ意味とは?

天然石に意味があるように、貴金属にもそれぞれ意味があります。おしゃれ以外に得られる効果が異なるため、貴金属を選ぶときは金属が持つ意味をチェックすることもおすすめです。

ここでは、イエローゴールドが持つ意味について解説します。

体内エネルギーの活性化

イエローゴールドは、体内エネルギーを活性化させる力があるとされています。体内エネルギーを活性化させることで、気力を復活させることが可能です。やる気がでなくて困っているとき、一番の勝負時にイエローゴールドを身に着けると良いでしょう。

また、イエローゴールドは気持ちを前向きにしてくれる効果もあると言われています。勝負時に弱気になり、マイナス思考に陥ってしまう方も多いでしょう。イエローゴールドを身に着けることで気持ちが前向きになるため、強い気持ちを持って勝負に挑めます。

 

幸運を引き寄せる

イエローゴールドには幸運を引き寄せる力もあるとされています。不利な状況を大きくプラスに変えられるため、形勢逆転を狙いたいときに身に着けることがおすすめです。重要なタイミングにチャンスを得られやすくなるため、ビジネスシーンにも重宝できるでしょう。

幸運を引き寄せるため、ビジネスシーンだけでなく日常使いにも最適です。最近いいことがないと感じている人は、イエローゴールドのアクセサリーを身に着けてみましょう。

金運を高める

昔から、金は財運と幸福を象徴するためのお守りとされています。幸運や財を与えてくれると言われているため、イエローゴールドのアクセサリーを身に着けることで金運を高められるでしょう。

貯蓄運も高めてくれるため、経済面を安定させたい方にぴったりです。また、くじ運をアップすることもできるため、宝くじをよく購入する方はイエローゴールドのアクセサリーを身に付けてくじを購入してみることをおすすめします。

人間関係を良好にする

イエローゴールドには、人間関係を良好にする力もあると言われています。対人運を良好にすることで良い友人に恵まれますし、職場の人間関係も円滑になるのではないでしょうか。家庭運もアップするとされているため、大きな喧嘩のない、穏やかな家庭を築けるでしょう。

心の奥底にある不安感や恐怖心を癒やす作用もあるため、常に心穏やかでいられます。ストレスを感じやすく、常に不安な気持ちを抱えている方はイエローゴールドのアクセサリーを身に着けてみましょう。気持ちが前向きになり、さまざまな幸運に恵まれます。

 

まとめ

イエローゴールドにはK10~24までの種類があり、種類別に黄色の濃さが異なります。自宅で簡単にメンテナンスできるため、好みの種類を選ぶと良いでしょう。状態によってはリペアが必要になるため、宝飾店で定期点検を受けることがおすすめです。どの種類も金属アレルギーになる可能性はゼロではないため、不安な方は検査を受けておきましょう。

 

イエローゴールドはさまざまな運を高めてくれる金です。肌色も問わないため、お気に入りのデザインを見つけてください。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら