海水には金が含まれている?含まれる貴金属と抽出できない理由を調査

NEW
海水には金が含まれている?含まれる貴金属と抽出できない理由を調査

私たちの身近にある海には、貴金属が存在していることをご存じですか?海は資源の宝庫であり、海水・海底にたくさんの資源が眠っています。しかし、現在海に眠る資源の採取作業は進んでいないようです。

ここでは、海水に金は含まれているのか、貴金属の抽出作業が進んでいない理由についてご紹介します。

海水のなかに金が含まれているって本当?

日本は海に囲まれた島国です。海沿いの県に住んでいれば海はとても身近ですが、このなかに金が含まれていると知って驚いた人もいるかもしれません。

ここでは、海水のなかに本当に金が含まれているのか、塩以外に何が含まれているのかを解説します。

およそ50億トンの貴金属が眠っている

全世界に広がる広大な海には、およそ50億トンの金が眠っているといわれています。含まれるのはそれだけではなく、レアメタルなどの希少性の高い鉱物も同様です。海には数多くの資源が存在するのです。

金は鉱脈にある鉱石や、川底にある砂金から採取できます。人類は、これまでに17万トンほどの量を採取しています。海にはその3万倍にもおよぶ金が眠っているのです。

海水には貴金属以外の元素も豊富に含まれている

海水には金などの貴金属や鉱物が含まれていますが、それ以外にも多くの資源が存在します。塩分である塩化ナトリウムはもちろん、マグネシウムやウランなど77種類の元素が混ざっているのです。

たくさんのものが存在する海ですが、実は資源や元素の採取作業はほとんどおこなわれていません。日本では、金の採取は主に鉱脈からおこなわれています。海に囲まれている日本にとっては採取先が多くあるにもかかわらず、なぜ作業が中断しているのでしょうか。

 

なぜ海から金を抽出できない?

身近にある海は資源の宝庫となっていますが、金やレアメタルなどは抽出されていません。なぜ資源の抽出がおこなわれていないのか、ここで解説します。日本で進行している別プロジェクトについてもご紹介しましょう。

技術的に採算がとれないため

前述したように、海には約50億トンもの金が存在します。しかしこの数字は世界中の海に対するものです。海水1トンにつき、金は1mg程度しか含まれていません。大量に採取するには多くの費用がかかるため、採算が合わないことから抽出作業が進んでいないのです。

海から金などの貴金属のみを採取するのは、極めて難しい作業です。長く研究が続けられていますが、なかなか実用段階には至っていません。しかし、今後研究が進められていけば、効率のいい金の採取作業が可能になるでしょう。

日本では別プロジェクトを進行

日本では海水ではなく、海底にある鉱物を採掘するプロジェクトが進行しています。海底にある鉱床は、海水が冷えてできたものです。海水の塊のため、水に含まれていた金やレアメタルといった貴金属類が豊富に存在します。

日本で進行しているのは、鉱床を引き上げる海底熱水鉱床プロジェクトです。2017年に引き上げに成功しており、これは世界初の掘削作業となっています。プロジェクトは進行中のため、今後この作業によって大量の資源が採取されるかもしれません。

 

海に含まれるレアメタルとは?

海水にはさまざまなものが混ざっていますが、レアメタルという言葉を初めて聞いた人も多いでしょう。ここでは、レアメタルとは何か、どんな用途で使われるのかを解説します。回収のために進められている研究についてもお教えしましょう。

珍しく価値の高い金属

レアメタルは、地球上に少量しか存在しない金属です。採取できる場所も限られているため、どこの国からも採取できる金属ではありません。採取場所が限られていること、存在する量が少ないことから、非常に価値が高いとされています。

レアメタルは産業用に主に使われています。自動車やハイテク産業にも使用されており、その需要は高まっています。

レアメタル回収のための研究も進行

海から金を抽出する技術の開発とともに、レアメタル回収のための研究も進められています。日本は島国であり、列島が海に囲まれています。研究をしやすい最適な環境であることから、佐賀大学では2012年に回収実験がおこなわれています。

金の46倍もの量が存在するとされるリチウムの回収実験は特に進んでおり、現在も効率よく採取する方法が開発されています。リチウムもさまざまな分野にて活用されているため、需要の高い貴金属のひとつです。

 

まとめ

海には、約50億トンの金などの貴金属が存在しています。資源も豊富にあるため、採取作業の研究が進めば大量の資源を効率よくとれるようになるでしょう。金が多く採取できれば多大な経済効果が期待できます。将来的に、金のジュエリーなども手に入りやすくなるかもしれません。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。