金投資で絶対に知っておきたい「金ETF」とは?

NEW
金投資で絶対に知っておきたい「金ETF」とは?

遠い昔から普遍の価値を有している金。「有事の時の金」と呼ばれているように、現代社会でも景気に不安がある時に投資対象としてかなり人気を有しています。そこで今回は金投資をするにあたって絶対に知っておきたい「金ETF」について解説していくので、金投資に興味がある方はぜひ参考にしてください。

金ETFとは?

そもそも金ETFとは、金そのものの市場価格に連動して値動きをするETFのことを指します。

日本では4つの銘柄が取り扱われており、「純金・純プラチナ・純銀・純パラジウム」それぞれの先物価格から評価して、その時々の価値が定められているのが特徴です。

金ETFを通して購入した貴金属地金は日本国内でひとまとめに保管されて、一定数を超えたら現物との交換ができます。

金ETF投資の特徴とメリット

外国為替や株式など一般的なものと比較すると、金ETFには知っておきたい独自の特徴がいくつか見受けられます。そこで以下では、金ETF投資がどのような特徴を有しているのか、投資する際のメリットについて詳しくみていきましょう。

金ETF投資の特徴

最大の特徴として挙げられるのが、購入したものが国内で保管されており交換可能な点です。何かあった時の金といわれているように、昔から権力者や経済力のある人たちにとっては常に投資の対象として人気です。そんな金を簡単に購入できるのは、金ETF投資における最大の特徴といえるでしょう。

1点注意したいのは、実際に本物と交換するためには、一定数以上の所有が必要不可欠な点です。交換しようかと考えている人は、あらかじめ注意してください。

金ETFは少額からも利用可能

少額から購入することが可能なのも大きな特徴です。金の現物を購入しようと考えると、まとまった金額が必要になってくるのは否めません。

しかし金ETFであれば、1口単位で購入できるので、まとまった金額を用意できない人でも投資が可能です。何かあった時のために、普段の投資に加えて金ETFを利用して積立をしておくのも賢い投資戦略の1つといえるでしょう。またNISAなども利用できるため、節税面でも非常に優秀です。

株と同じように取引ができる

株と同じように気軽に投資ができるのも、金ETFの優れた一面です。現在であればインターネットを通じてどこからでも購入ができるので、何か世界情勢に影響があるような事件などが起きたらすぐに自分の資産を金に換えられます。

 

金ETF投資の注意点

ここまで紹介してきたようにいくつも優れた特徴を有してはいますが、投資するにあたっては注意しなければいけない点があるのも事実です。そこで以下では、金ETFに投資するのであれば最低限知っておきたい注意点について詳しく解説していきます。

配当金がない

株と同じように取引ができるので勘違いされがちですが、金ETFには配当金がありません。もっとも金そのものに投資する場合であっても、配当金がないのは同じなため金投資を検討している人にとってはそこまで気にすべき点ではないかもしれません。

積立が不便 

自動で積立をすることがなかなか難しいので、積立投資を検討している人にとっては不便かもしれません。そのため毎月勝手に積立がされていることを期待している人や、めんどくさがりな人には不便に感じる可能性があります。

もっとも自分自身で操作をして定期的に積立をすることはできるので、一手間を惜しまない人であればそこまで気にする必要はないでしょう。また手続きも難しいものは一切ないので、すぐに投資ができ安心です。 

手数料がかかってしまう 

金そのものに投資するのとは異なる点として挙げられるのが、手数料がかかってしまうところです。インゴットなどを購入するのであれば特に手数料などはかからないのですが、金ETFの場合信託手数料がかかってしまいます。

特に長期投資を検討している人にとっては、手数料は馬鹿にならないのでどのくらいかかるのかを必ず事前に確認しておく必要があるでしょう。長期で金を保有するのであれば、インゴットなどを購入してしまうのも効率的な選択です。

 

まとめ

金ETFは現物そのものに投資するのとは異なり、違った特徴を有しています。特に少額からでも利用ができるので、金を購入するお金はないが投資はしたい人にとっては非常にありがたい金融商品だといえるでしょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。