純度だけで選んでいませんか?最適な金製品の選びかた

NEW
純度だけで選んでいませんか?最適な金製品の選びかた

金を購入する時、純度が高ければ価値があると思っていませんか?金属としては純度が高い方が価値がありますが、ジュエリーとしての金は一概に純度だけでは測れない価値があります。この記事では用途に応じた金製品の選び方を解説します。

金の純度とは?

金の純度を表す言葉、24金、18金、14金などを耳にしたことがありますか?24金は純金、18金はお手頃な金ととらえている方もいらっしゃることでしょう。実は明確な基準があり、金の含有量を示しています。

古くから貴重なものとして考えられてきた金は、そのころ使われていた「24分率」という基準が使われます。24を最大量として、含有量に応じて数字が割り当てられます。

代表的なものだと、24金は100%、18金だと75%、14金だと58.4%金が含まれているということです。

金よりも新しい時代に使われるようになったプラチナやシルバーは1000分率が採用されています。pt900と刻印されているプラチナは「プラチナが9割含まれていますよ」とより現代人にもわかりやすい基準で含有量が表示されています。

 

金の純度が必ずしも重要ではない理由

金の金属としての価値は、24金が最上級です。しかし、ジュエリーとして金製品を購入される場合は、その他多くの判断基準があることを知っておくと良いでしょう。

まずはその色合いです。純金は黄色がかった黄金色しかありませんが、合金は混ぜ合わせる金属によって様々な色を作ることができます。

女性に人気のピンクゴールドは、金に銅を混ぜることで美しいピンクの色合いを生み出すことに成功しました。ホワイトゴールドはパラジウムなどの白金属を混ぜることで、白く輝く色合いを生み出しています。イエローゴールドは金、銀、銅を混ぜ合わせることで、純金より明るいイエローを生み出しました。

金を合金にし、様々な色合いの金がつくられたことで、宝飾品としての表現の幅が広がりました。その結果、有名ジュエラーから数々の名作ジュエリーが産まれたのです。

 

用途に合った金製品を選ぼう

金は柔らかい金属といわれ、ぶつけたり力を加えることで簡単に変形してしまいます。そのため、ジュエリーには向いていないと言われれることもありました。しかし、金は合金にすると強度が増すため、結婚指輪やカフスボタンなど、長時間身に着ける、ぶつけやすい場所につけるジュエリーにも使えるようになったのです。

また、金の合金はメッキや着色とは異なり、長い間美しい色合いを保つことができます。酸化しにくい金の特徴を受け継ぐからです。そのため、身に着けるジュエリーには、合金のほうが好まれて使われます。

逆に、仏像などの置物や、記念金貨など飾ることが前提で傷がつきにくいものには、資産価値を重視して純金が好まれると言われています。

 

まとめ

金の金属としての価値は24金が一番純度が高く、グラム当たりの価格も高くなります。しかし、身に着けるジュエリーは、硬く傷つきにくい、色合いのバリエーションが豊富な合金が好まれることが多いと言われています。デザインや色合いが気に入っていたり、好きなブランドのジュエリーなら、金の純度は重要視せず、デザインを重視しても間違いではありません。用途に合った金の価値を見極めたいものです。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。