おすすめの金商品購入方法は?目的に合った3つの方法を徹底解説

NEW
おすすめの金商品購入方法は?目的に合った3つの方法を徹底解説

金商品の購入を検討しているけれど、どの商品を購入すべきかで迷っている人も多いでしょう。金商品にはいくつかの種類があるため、購入前に商品の特徴を把握することが大切です。

ここでは、目的別の金商品購入方法を詳しく解説します。

目的別に金を購入する方法とは?

金商品にはいくつかの種類がありますが、目的によって最適な商品が異なります。ここで目的別におすすめの商品2選をご紹介しましょう。自身の目的にマッチする商品を見つけてください。

コツコツ積み立てたいなら純金積立

コツコツお金を積み立ていく方法が合っているのなら、純金積立がおすすめです。純金積立とは、毎月一定額を貯金し貯金したお金で金を購入することをいいます。すぐに金商品を購入するわけではないため、はじめから高額のお金を必要としません。

積み立てていくお金は個人の自由です。最初は小額からはじめ、多く積み立てられるときは金額をアップしてもいいでしょう。購入した金商品を相場が高騰しているときに売却すれば、利益を手に入れられます

元手が多いならゴールドバーの購入

元手が多い人には、ゴールドバーの購入がおすすめです。ゴールドバーは金の現物です。購入後すぐに手に入るため、購入時より相場が高くなっているときにいつでも売れるメリットがあります。

ただし、ゴールドバーは500gからの購入しかできません。400万円ほどの元手がないと購入すらできないため、購入前にまとまった資金を用意しておきましょう。

 

投資経験者におすすめの金ETFとは?

投資経験がある方におすすめの金商品購入方法として、金ETFがあります。先ほどご紹介した金商品購入方法とは異なるため、投資をしていた、または現在投資をしている人は金ETFについてもチェックしておきましょう。

金ETFについて

金ETFとは、金の上場投資信託のことです。金に投資をする方法となっているため、金の現物は手に入りません。手元に金がないため、現物をすぐに売却するわけにはいきません。しかし証券会社が破綻しても、投資者の資産は守られるという大きなメリットを持ちます

証券会社によっては、ETFと金の現物を交換することも可能です。手元に現物を置いておきたい人は、現物交換ができる証券会社と取引しましょう。

株式投資のリスクヘッジとして活用

株式投資をおこなっている人のなかには、購入した株式の一部を売却し売却金を金ETFの購入資金にあてる人もいます。前述したように金ETFは証券会社が倒産しても資産が守られるため、株式投資の損失を防ぐ目的で活用しているようです。

ただし、金ETFには配当などがありません。株式同様に安定した収入が得られるものではないため、株式投資と金ETFに精通した人でないと活用しにくいデメリットがあります。

 

まとめ

金商品は、購入時の資金に合わせて最適な種類が異なります。元手が少ない人は純金積立を、元手が多い人はゴールドバーを購入しましょう。投資の知識がある人は、金ETFに挑戦することもおすすめです。自身に合った最適な商品購入をおこない、大きな利益を手に入れてください。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る