金の買取でマイナンバーは必須?かしこい税金対策の方法を解説

NEW
金の買取でマイナンバーは必須?かしこい税金対策の方法を解説

金の売買をする時、マイナンバーがどうしても必要になるケースがあります。そうはいっても税金対策の関係でマイナンバーの提出をしたくない人が多くいるのも事実です。そこで賢い税金対策をするためにも、マイナンバーが必要になる場面について詳しく解説しています。

なぜ金の買取でマイナンバーが必要になるのか

金の売買をするときに、場合によってはマイナンバーが必要になるケースがあります。これはこれまで金やプラチナなどを譲渡する際に、譲渡所得の申告漏れが多数見受けられたことによって導入された制度です。小さい額の取引であれば必要はないですが2,000,000円を超える多額の取引の場合、税務署に対してマイナンバーの記載をした書類を提出しなければいけません。

この制度が導入されマイナンバーの記載をした書類を提出することで、税務署も売買がどのように行われたかを把握でき申告漏れを防ぎ税金を徴収しやすくなりました。

 

買取の時に必要になる書類について

仮に2,000,000円より高額な金売買をするとなった時に必要になる書類は、それぞれ以下の通りです。

  • 顔写真入り身分証明書と通知カード
  • 個人番号カード

既に個人番号カードを作成している人はそれ単体で大丈夫ですが、通知カードしかない人は顔写真が入っている身分証明書を用意しなければいけません。もし2,000,000円以上の売買をする予定がある人は、事前にカードの作成をしておくと後の手続きがスムーズになります。申し込みをしてから発行されるまでにはラグがあるので、余裕を持って手続きを進めましょう。

 

マイナンバーを提出せずに買取をするかしこい方法

税金対策など様々な側面から、できるだけマイナンバーを提出せずに買取手続きを進めていきたい人も多いのではないでしょうか。そういった方にオススメなのが、金を「分割」して買取をしてもらう方法です。

なぜ分割がオススメなのか

そもそも2,000,000円を超えることがなければ、マイナンバーの提出は必要ありません。そのため分割して買取をしてもらえば、手続きも簡単に進めることができます。2,000,000円を超える金額の取引をしたときに制作しなければいけない「支払調書」は、かなり手続きも煩雑で分かりにくくめんどくさいので分割での取引はかなりオススメです。かなりの高額の金を所有しているにもかかわらず、手続きをめんどくさく感じていた人は精錬加工して分割で売ることも検討してみましょう。

分割で得られる節税効果

また金の売買における一時所得では、控除額500,000円があるので分割して取引をすることで納税の義務もなくなります。そのため1度に多額の金を売買するよりも、かなり節税効果を期待することができるのです。また分割することによって、相続などの際にも均等に分配することができるようになります。相続税の側面からみても、かなりの節税効果が期待できるため分割による取引はかなりオススメだといえるでしょう。現在金を子供や孫に相続させたいと考えている人は、早いうちに精錬加工して分割しておくと残された家族の人も困りません。

 

金を分割するデメリット

分割して取引をすることはメリットばかりではなくデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのかあらかじめ知っておくことで、トラブルに巻き込まれることなく金を売ることが可能です。そこで以下では、金を分割するデメリットについて詳しく解説していきます。

手数料がかかる

金を分割する際には「インゴット」という状態に精錬加工をしなければいけません。しかしこの加工には手数料が必要になるケースがあります。業者によっては手数料を法外な金額に設定しているところもあるので、加工を依頼する先にはかなり注意しなければいけません。また精錬加工だけではなく買取にも手数料を設定している場合があり、そのような業者に金を売ってしまうとかなり損をしてしまう可能性があります。手数料がどういった場合にどのくらい必要なのか、事前に調べておきましょう。

金が売れなくなる状態になってしまう可能性も

金の精錬加工には非常に優れた技術が必要になります。そのため加工技術がない悪質な業者に依頼をしてしまうと高く売れない状態にされてしまったり、当初には必要なかったはずの追加費用がかかってしまったりする可能性も。マイナンバーの提出をせずに節税対策目的で分割加工をしたはずが、思いもよらない損をしてしまうことも考えられます。加工を依頼する業者は慎重に選びましょう。

相場が下落してしまうリスク

分割加工をしている間に、金相場が下落してしまうリスクも考えられます。為替相場とは異なり金相場はそこまで値動きは激しくないですが、世界情勢の変化などで売ろうとしていた時よりも価値が下がってしまう可能性は否めません。そのため分割加工をする際には、かなり余裕を持って手続きを進めていった方が良いでしょう。また金を売る予定がなくても、できるだけ前もって精錬加工をしておくのも良いかもしれません。

 

まとめ

金買取の際にマイナンバーが必要になる理由と、提出せず税金対策をする方法について詳しく解説してきました。昔から「有事の時の金」といわれているように、安定した資産として信頼性も高いのが金の特徴です。2,000,000円以上の取引を考えている方は、インゴットに分割加工することも検討してみましょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る