金地金投資において注意しなければいけないポイントとは

NEW
金地金投資において注意しなければいけないポイントとは

アメリカと中国の世界を巻き込んだ貿易摩擦や新型コロナウイルス感染拡大によって、世界中に経済への不安が広がっています。そのなかで安定資産として注目を浴びているのが金です。そこで今回は、金地金投資で注意しなければいけないポイントについて解説していきます。

株式や外国為替とは異なる金相場

前提として株式や外国為替とは大きく異なる特徴を有しているのが、金相場です。他の金融商品とは異なる特徴を把握していなければ、大きな損をしてしまう可能性も。以下では、金相場や金そのものに関する基礎的な知識について詳しく解説していきます。

 投資をはじめるのが難しい

金投資において1番最初に立ちはだかる問題は、まとまった金額を用意しなければいけないため投資をはじめるのが難しい点です。

特に現物に投資を考えている人は、インゴットなどを購入するのにまとまった金額を用意しなければいけないでしょう。投資初心者や、資産がそこまでないという人にはなかなかはじめるのは難しい可能性があります。

もっとも近年は金ETFなどの投資信託も利用できるので、ハードルは下がりつつあります。

値動きがあまりない

仮想通貨や外国為替とは異なり、金はそこまで激しい値動きはありません。

世界中の人に安定資産と考えられていることもあり、他の金融商品と比較しても取引の総数が少ないからです。売買を繰り返して、大きく利益を得たい人にとってはあまりおすすめできません。

もっとも世界を巻き込む景気変動や、テロなどによる社会不安が高まると大きく価値を高める傾向にあります。どうしても金で大きな利益を得たい人は、常日頃からさまざまなニュースを見逃さないようにしなければいけないでしょう。

売買や精錬加工で手数料が必要

金は現物を売買する際や精錬加工するためには、高額の手数料が必要になる場合があります。

金の量などによっては必要ないですが、最近では相続対策のために精錬加工を依頼する人も多いです。

特に現物がある金融商品であるため精錬加工は金特有の特徴です。悪徳な業者などは、精錬加工に必要な手数料を法外な金額に設定して利益を得ようとするところも存在します。

精錬加工などの手数料で損をしないために、依頼する業者には注意する必要があるでしょう。

金地金投資における注意点

ここまで金地金投資における独特の特徴や相場の他とは異なる点について、詳しく解説してきました。この点を踏まえて、実際に投資する際にはどのような点に注意すればよいでしょうか。以下で詳しく解説していきます。

所持しているだけでは損をする可能性も

ほかの金融商品は配当など、ただ所持しているだけでも利益を得る可能性があります。

しかし金はそもそも現物が存在しているので、所持しているだけでは配当などの利益を生むこともありません。同じ金額を株式投資などに費やした場合と比較すると、所有しているだけなので相対的に損をする可能性もあります。

一方で株式などは紙切れになるリスクもありますが、金は価値がすこし下がることはあっても0になる可能性は限りなく低いでしょう。

盗まれる可能性も?

インターネットを通じて仮想通貨や株式に投資をする場合と大きく異なるのは、盗まれる可能性がある点です。

現物を有している以上、常に第三者に盗まれてしまう可能性はつきまといます。

万が一盗まれてしまった場合は費やしたお金が全てマイナスになってしまうため、しっかりと管理をする必要があるでしょう。もっとも管理のために金庫を借りる場合、その維持費もかかるので事前にどのくらいの金額が必要になるか調べておかなければいけません。

まとめ

金地金投資の特徴や相場、注意しなければいけないポイントについて詳しく解説してきました。金投資は他の金融商品と比較しても、独特の特徴があります。事前に知っておかないと、損をする可能性があるため今回の記事をきっかけに金投資に関して詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る