宝石・ジュエリー
2021年11月5日

女性らしいナチュラルなジュエリーといえばティファニーの「ビーン」

NEW
女性らしいナチュラルなジュエリーといえばティファニーの「ビーン」

ティファニーのビーンは、豆をモチーフにした女性らしいデザインが特徴です。繊細な曲線が美しく、身に着けるだけでワンランク上のお洒落が演出できます。珍しいデザインのため、個性的な装いを楽しみたい時にも活躍します。

ビーンコレクションは人気デザイナーのエルサ・ペレッティによって生み出された

ティファニーには代表的なデザインが多くありますが、その中でも特に目を引くのはビーンです。名前の通り、豆のような形をしているのが特徴です。ビーンを生み出したのはデザイナーのエルサ・ペレッティで、自然をモチーフにしています。他にもエルサ・ペレッティはティファニーで人気のジュエリーを数多く誕生させましたが、ビーンはひときわ目立つ存在です。豆をモチーフにした理由は、生命の源だからといわれています。また豆は滑らかで美しい曲線を描いており、女性らしさを感じさせるからです。斬新な発想から生まれたビーンですが、コンセプトに共感して身に着ける女性も少なくありません。定番なのはペンダントで、愛らしい印象を与えます。サイズはそれほど大きくないので、首元をさり気なく上品に演出してくれるのが魅力です。これほど個性的なデザインは珍しいため、個性的なジュエリーを求めている方に適しています。幅広い年齢層の方々が身に着けられる素晴らしいジュエリーで、長く使い続けることができるでしょう。人気のコレクションなので、種類が豊富にそろっている点も素晴らしいです。指輪やピアスなど、さまざまなジュエリーで豆のモチーフが使われていて、使用している素材は異なりますが、ゴールドが最も有名です。華奢な首元にペンダントをつければ、鎖骨が美しく見えます。

 

おすすめのビーンコレクションはこちら

代表するビーンのコレクションは、幅広くそろっているのが魅力的です。その中で特におすすめしたいのは、ペンダントです。中心に小ぶりのビーンがついたペンダントは定番ですが、もう少し斬新なデザインもあります。チェーンに複数のビーンが施されていて、個性的な仕上がりです。バランス良く配置されているからこそ、首元を華やかに見せてくれます。もちろんシンプルにビーンが中心についている商品も、身に着けるだけで愛らしい印象を与えます。華奢なので派手さはありませんが、美しい曲線が首元にしっかりとなじむので、カジュアルな洋服に合わせても調和して、浮くこともないです。さまざまなシーンで身に着けられるので、おすすめのジュエリーです。次に人気があるのは指輪で、ビーンの幅は0.8センチ程度ですが、そこまで大きくないので、意外とインパクトがあります。指輪のトップに施されており、つけると手元に高級感がプラスされます。存在感があるからこそ、指を美しく見せてくれるのも素晴らしいです。パヴェダイヤモンドが使われた指輪もあるので、より華やかさが欲しい方にぴったりです。ピアスやイヤリングも同様に人気があって、耳元が豪華になります。ビーンのサイズが0.9センチなので指輪よりもが大きく、曲線が繊細で女性らしさを感じさせます。

 

高品質でビーンになじむ素材を見てみよう

大人気のティファニーのビーンでは、いくつかの素材が使われています。どの素材も高品質なので、長く使っていても劣化することはありません。こまめにお手入れをしていれば、何歳になっても身に着けていられます。ビーンで使用している素材は主に5つあり、定番なのは18Kのローズゴールドです。普通のゴールドとは違って、ピンクが入っているのが特徴です。ゴールドは華やかな印象が強いですが、ピンクが加わることで女性らしい色合いに変わります。曲線が魅力的なビーンをローズゴールドで表現することで、愛らしい仕上がりになります。カジュアルな装いの時につけても調和するため気品を感じさせます。次に使用されていることが多いのは18Kのゴールドで、ピンクは一切入っていません。黄味が強くなるので人によっては浮くことがありますが、アジア人の肌になじみが良いカラーです。華やかさが加わって、幅広いシーンで活躍します。通勤や休日はもちろん、フォーマルな場所で身に着けていても違和感がありません。これらの素材が肌に合わない時は、スターリングシルバーのビーンを愛用するのもおすすめです。スターリングシルバーは、ティファニーで伝統的な素材として使われ続けています。少し控えめでありながら、肌のトーンを明るく見せてくれるのも特徴です。ブラックシェードやプラチナもよく使用されています。

 

ティファニーのビーンを持てば気品があるやわらかな女性になれる

どんなジュエリーを身に着けるかによって、一気に雰囲気が変わります。あまりに個性的なデザインだと出番が少なくなりますが、定番のモチーフを持っておくと非常に便利です。ティファニーで気品のあるジュエリーを探しているなら、ビーンが適しています。その名の通りに豆がモチーフで、滑らかな曲線を描いており、とても女性的です。18Kやプラチナなどの高級な素材が使用されているため、気品があるのも魅力的です。このようなデザインは珍しいので、個性があるのも事実です。他のブランドでは見られないモチーフだからこそ、唯一無二の存在です。ビーンのジュエリーを持っていれば、さまざまな場所で活躍するでしょう。特にペンダントは中央に小さなビーンが付いていて、華奢な印象があります。そのため、存在感はないですが、丸みを帯びたビーンが鎖骨を綺麗に見せてくれるでしょう。ゴールドだけではなく、ローズゴールドやスターリングシルバーなどもあるので安心です。その中からご自身の肌になじむものを選ぶとよいでしょう。また、個性的なデザインの指輪やピアスなどが欲しい時も、ビーンはおすすめです。ペンダントよりもサイズが大きくて、存在感があります。それでもビーンの丸みが女性らしさを表現しているので、指や耳元を華やかにしてくれるでしょう。

 

飽きることなくいつまでも使い続けることができる

自然をモチーフにしたジュエリーはいろいろとありますが、世界的に最も有名なのはティファニーのビーンです。豆の形をしていて個性的ですが、ティファニーらしく上品さを兼ね備えています。ジュエリーの流行も移り変わるので、せっかく購入してもすぐに時代遅れのデザインになるでしょう。そうなると長く使い続けることが難しいですが、流行に左右されないデザインなら安心です。ティファニーのビーンは昔から代表的なデザインで、現在でも世界中の女性たちから愛されています。生命の源であり、繊細で女性らしさが込められたデザインです。曲線が滑らかで気品があるので、幅広い世代の方々が身に着けています。高品質のK18やプラチナ、ダイヤモンドなどが使用されているのも特徴です。最高級の素材で作られたビーンのジュエリーは、デザインも含めて飽きることはありません。胸元や耳、手元を美しく見せてくれる素晴らしいジュエリーです。いろいろな洋服と調和するので、コーデしやすいでしょう。通勤やお出かけ、デートやパーティーなどの特別な日にもぴったりです。代表的なコレクションなので、種類が充実していて選びやすいです。自分に合ったデザインのものを選べば、いつまでも愛用できます。使われている素材によっても雰囲気が変わるため、何種類かのビーンをそろえるのもおすすめです。

 

まとめ

ビーンは人気デザイナーのエルサ・ペレッティが生み出した、ティファニーを代表するジュエリーです。豆がモチーフになっていて、生命の源や女性らしさを表現しています。個性にあふれるデザインですが、ビーンの曲線は上品さを感じさせます。気品があって可愛らしく、どんな世代の方々にも合うジュエリーです。場所や洋服を選ばない上、流行に左右されることもありません。18Kやダイヤモンド、プラチナなど、最高級の素材が使用されています。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。